ITライフハック

トリュフ

セブン‐イレブン、バレンタイン限定商品の第2弾を販売開始

main

カカオ豆の栽培からチョコレートの製造・販売まで一貫して手掛けるDari K 株式会社は、全国のセブン‐イレブン(※1)にてバレンタイン向けギフト商品を1月23日(日)から期間限定で順次販売開始した(※2)。

■展開する商品は2種類
第1弾で販売を開始しているカシューナッツチョコレートに続いて販売する第2弾の商品は、セブン‐イレブン用にオリジナルで開発したチョコレート・トリュフ。Dari Kといえばトリュフや生チョコと言われるほど、創業当初からトリュフには強いこだわりを持っており、これまでコンビニでは自社監修のトリュフを販売することはなかった。

しかし、セブン‐イレブンでの販売は、コロナ禍においてコンビニエンスストアでこだわりのチョコレートを購入できるという利用者の利便性に加え、「カカオの生産地で付加価値を創出することで、カカオ農家の収入の安定と向上を図る」というDari Kのミッションにセブン‐イレブンに共感してもらい、消費者も生産者も環境もすべてを笑顔にする「All-winなチョコレート」を実現できる取り組みとして、今年は初めてセブン‐イレブン向けオリジナル・チョコレート・トリュフの開発に至った。

今回展開する商品は2種類あり、1つは「ピスタチオ&ミルクトリュフ」で、まろやかな甘みのミルクトリュフと当社初のピスタチオフレーバーをアソートにした。もう1つの「ストロベリー&ミルクトリュフ」は、ミルクに加えストロベリーの酸味が引き立つストロベリーフレーバーのアソートとなっている。ピスタチオとストロベリーには、カカオの香りを活かしたナチュラルホワイトチョコレートを使用し、個性豊かな味わいを作り出している。

『バレンタインデーまでの限定商品ですので、ぜひお近くのセブン‐イレブンでお楽しみください。』

※1 一部店舗では取り扱いがない場合がある。
※2 売り切れ次第終了となる。
sub1

Dari K

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
レモン大使 市川美織さんが「香りも味も全然違う」と絶賛!モスバーガー「とり竜田バーガー」
書斎やオフィスに馴染む!モダンアンティーク調のレザーチェア
620円で食べ放題!時短営業限定、『焼売のジョー』焼売
配達料金無料、2,000円分クーポンプレゼント!DiDi Foodにサンマルクカフェが加盟
「軽い背負い心地」を演出するショルダーベルト”SPACE-WING”採用!軽量ビジネスリュック






ちょっと贅沢な新春に! チェントペルチェントの「フォアグラリゾット」と「苺のロマノフ」

sub2

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、「ごちとん」を運営している株式会社バックパッカーズは、イタリア料理のカジュアルレストラン「チェントペルチェント」にて2022年1月7日(金)より季節限定メニュー「フォアグラリゾット」、「苺のロマノフ」の販売を開始した。

■新春はトリュフ香る極上卵かけご飯で
チェントペルチェント2022年最初の期間限定メニューは「フォアグラリゾット」が新登場。
軽くソテーしたフォアグラは、甘みのあるソースと絡め、くちどけ感がありながらも濃厚な味わい。お米は鶏のブイヨンで炊き上げ、トリュフの香りをつけた卵黄をのせ仕上げた三位一体の極上卵かけご飯を楽しめる。期間限定で楽しめる季節のデザートは、ロシアのロマノフ王朝の皇帝に捧げたイチゴのデザートが由来と言われ苺の酸味とクリームが軽い口当たりの「苺のロマノフ」を用意している。

■商品概要
〇フォアグラリゾット 1,100円(税込1,210円)
sub2

〇季節のピアットウニコ 1,200円(税込1,320円)
 ワンプレートに盛り込んだ前菜、季節のパスタ、ドリンク
sub1

〇苺のロマノフ 550円(税込605円)
sub4

〇その他メニュー
sub9

sub7

sub8

sub6

sub5


イタリア料理のカジュアルレストラン「チェントペルチェント」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
予約で最大200円引のメニューも! ほっともっとの恵方巻 のり弁巻/から揚巻/チキン南蛮巻
最強ビュッフェがスタート!アニメ「鬼滅の刃」×ストロベリースイーツ
あなたの運勢ランキングは第何位? 生年月日&血液型で2022年あなたの運勢ランキングを発表
新年を彩る贅沢天丼!豪快かつ華やかに「大海老天丼」
テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編 スクエアマグネット(全7種)






家庭でマルゴットの味を堪能!マルゴット・エ・バッチャーレ「マルゴットBOX」

sub2

世界最高峰のトリュフを、様々な手法で極上の一皿を創り上げるマルゴット・エ・バッチャーレは、好評だった“ご自宅で丸ごとマルゴットを堪能いただける「マルゴットBOX」”を1箱\21,600(税込+送料)の受注を開始した。

■自宅で簡単にマルゴットの料理を楽しめる
「マルゴットBOX」は、全国の人に自宅で簡単にマルゴットの料理を楽しめるように、“黒毛和牛ハンバーグ”、“和牛ほほ肉の赤ワイン煮”、“豚バラ肉のビール煮”、“三河一色産の鰻蒲焼”、“奈良県榛原牛のコンソメスープ”を、2名様分、1人前ずつ真空パック冷凍にし、特製Boxにて国内に配送している。
sub3

コロナウィルスの影響により結婚式も挙げられていない中での新郎新婦へのお祝い、“父の日”にご両親へのサプライズギフトや、家族で楽しんでもらえる等、兄弟シェフ 加山賢太氏、加山順平氏が「マルゴットBOX」で、食卓が華やかに、笑顔につつまれますようにと想いを込めて創る
main

マルゴットは2014年9月2日に西麻布にオープンしたレストラン。店名の“Margotto”は、「丸ごと」を意味し、そこには「トリュフを1個丸ごと楽しんでほしい」というシェフの思いが込められている。

「マルゴットBOX」
定価: ¥21,600(税込)+送料
内容: 黒毛和牛ハンバーグ、
和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、
豚バラ肉のビール煮込み、
三河一色産鰻蒲焼、
奈良県榛原牛のコンソメスープ
sub1

購入方法:
https://www.margotto.jp/box
*写真の料理は盛り付けイメージになります。料理の付け合わせは付いていません。
*賞味期限は料理ごとにパック裏面に記載しています。
*電子レンジでの調理は不可となります。

<店舗概要>
名称:  マルゴット・エ・バッチャーレ
住所:  〒106-0031 東京都港区西麻布4丁目2−6 菱和パレス西麻布1F
電話:  03-3406-8776
アクセス:  広尾駅から徒歩8分 六本木駅から徒歩11分
営業時間:  18:30~ ※コロナウィルスの影響により営業時間については、お店にご確認ください
予約方法:  https://omakase.in/r/mg118591
または、一休レストラン、ぐるなび、食べログ、OZmall、POCKETCONCIERGEでも可能。

Homepage  https://www.margotto.jp/
Facebook   https://www.facebook.com/margottoebaciare/
Instagram  https://www.instagram.com/margotto_e_baciare/
※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標、および著作物。

マルゴットBOX

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
島のソムリエおすすめ初夏の一品!「常識破りな岩牡蠣」をおうちで堪能
【ほぼ1/2】選べる楽しさ!お持ち帰り限定「ニブンノニショクドン」かつやに新登場
鬼滅の刃、水柱「冨岡義勇」が登場! 1/12スケールアクションフィギュア BUZZmod.第7弾
片手でスムーズに開閉できる!スマートな人のためのスマートすぎる完全全自動スマート傘
銀座コリドー街に新業態がオープン!グリルレストラン「スーパーグリルブラザーズ」試食会





料理のきほん練習帳 かんたん!お店の味
小田 真規子
高橋書店
2013-07-27

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ