ITライフハック

ネットワーキング

武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部、東京都「大学発スタートアップ創出支援事業」に選出

main
シンガポール国立大学(NUS)の学生たちと EMC生と(2023年9月、NUSにて)

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)は、東京都が進めるスタートアップ戦略「Global Innovation with STARTUPS」の一環として展開される「大学発スタートアップ創出支援事業」に、10大学の中の1大学として選ばれた。海外大学や企業とのネットワーキング、学生の海外インターンシップ等を進め、グローバルアントレプレナーの輩出に取り組み、武蔵野EMCを中心としたグローバルコミュニティ“武蔵野バレー”構想を実現させる。※EMC= Entrepreneurship Musashino Campus の略

■各大学の実情に応じ、必要な支援を実施
本事業では、東京都がコーディネーターである株式会社キャンパスクリエイトと連携し、大学発スタートアップの創出に向けた大学等の各種取り組みに対して、経費支援および伴走支援を提供する。
「タイプⅠ:事業促進型」と「タイプⅡ:環境構築型」の2タイプを設定し、各大学の実情に応じ、必要な支援を実施する。

・事業化促進型:大学等に眠るシーズ等を活用した新事業の創出に向けた支援
・環境構築型:大学等のシーズや事業アイデアを活用した起業・新事業創出を促進する学内の仕組みづくり・体制整備等に対する支援

本学は、「アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)を中心としたグローバルコミュニティ“武蔵野バレー”構築の実現に向け、海外大学や企業とのネットワーキング構築、学生の海外インターンシップ等を進め、グローバルアントレプレナーシップの輩出に取り組む」を事業概要として、事業化促進型の支援対象として選出された。

sub3


■武蔵野EMCとは
武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)は、国内唯一のアントレプレナーシップ(起業家精神)醸成を目的とした学部で、令和3年4月に開設。開設後2年半で起業実績9社、個人事業主5名、ゼミとしてカンボジアでの起業など、少しずつ学生スタートアップが育まれる土壌が築かれている(令和6年1月31日現在)。武蔵野EMCは長期ビジョンとして、学部を中心として「日本が再び立ち上がる」ためのグローバルコミュニティ“武蔵野バレー”の構築を掲げている。

教員の大半が社会の第一線で活躍する現役実務家教員であり、政財界や各大学・高校とのリレーションを築く中で、高大接続プログラムの実施や地方自治体等の協定締結など、武蔵野EMCでの各種取り組みが少しずつ成果をあげてきている。

また、教育分野やビジネス分野での連携・協力を視野に入れた視察を年間100件以上の受け入れるなど、社会からの注目が高まってきていることもあり、一歩一歩“武蔵野バレー”構想は実現に向かっているが、さらに「日本を再び立ち上がらせる」ためには、グローバル展開(①ネットワーキング、②人材交流、③グローバルアントレプレナーの輩出)が欠かせません。すでにシンガポールやインドへのオフィス拠点の設置等グローバル展開へのアクションを開始しており、今回のサポートによって、武蔵野EMCのグローバル展開を加速させていく。

sub2
武蔵野大学武蔵野キャンパス


■武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長 伊藤 羊一氏のコメント
武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)での2年半超の取り組みにより、学生スタートアップが育まれる環境が整いつつあり、また私たちが長期ビジョンとしている“武蔵野バレー”構想も少しずつ進捗しております。しかしながら、国内で取り組むだけでは「ガラパゴス」となるだけであり、日本の未来のためには、グローバルで活躍するアントレプレナーの育成は急務です。

そこで私どもは、現在の取り組みを加速しながら、次のステップとして世界をフィールドにしたコミュニティを形成し、日本の再興を支援する体制を構築してまいります。これは、起業家、ベンチャーキャピタリスト等、多くの実務家教員を抱え、大学でのアントレプレナーシップ教育を学部として唯一実施している私どもだからこそできることです。パーソナルコンピューターの父と言われるAlan Kayはこう言っています。
“The Best way to predict the Future is to Invent it.”未来は予測するものでなく創るもの。

我々の創る未来に皆様に共感いただき、ご支援をいただきながら、この国の未来を支える人材を輩出して参りたく存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

sub1
武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長 伊藤 羊一氏


・武蔵野大学アントレプレナーシップ学部HP:https://emc.musashino-u.ac.jp/
・アントレプレナーシップ研究所HP:https://www.musashino-u.ac.jp/research/laboratory/entrepreneurship_Institute.html
・東京都のプレスリリース:https://www.startupandglobalfinancialcity.metro.tokyo.lg.jp/startup/initiatives/university-startup-support

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部HP

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
アジア最大級のオールジャパンイベント!「JAPAN EXPO THAILAND 2024」に「Japan VTuber Greeting」を出展
バレンタインは、これで決まり!ホリエモン、小麦の奴隷「とろ生チョコバスクチーズケーキ」
ワインの飲み方など、見所満載!「絶品ハンガリーの推しグルメを召し上がれ!~ワインで乾杯~」
2024年1月21日(日)、東京・国立代々木競技場 第一体育館で迎えたツアーファイナル!Vaundy、「one man live ARENA tour “replica ZERO”」
みやざきブランド食材をタイ料理で!「マンゴツリー東京」×「Meeeat Up! MIYAZAKIひなたダイニング」






マッチング10,000組を突破/推定経済効果は30億円! 営業革命をもたらすビジネスマッチングアプリ「CXOバンク」α版

main

CXOバンク株式会社が提供する「CXOバンク」α版では、営業同士の良質なビジネスマッチングが毎日創出されている。SNSと口コミを中心に広まり毎日登録数は増え続けており、マッチング件数10,000組を突破致した。2019年4月にWEBブラウザ版をローンチ、続いて2020年4月にアプリ版をローンチし1年4か月間での達成となる。

■興味のある者同士がマッチング
営業革命をもたらすダイレクトネットワーキングサービス「CXOバンク」は実名制且つ10項目以上にも亘る厳密な完全審査制であり、審査通過したユーザーだけが使える完全無料のアプリケーションとなる。新たなビジネスマッチングを求めているユーザーだけが利用できるため、興味のある者同士がマッチングすることができる。

双方有益なビジネスチャンスを生み出せ、従前のSNSではできなかったことが、このダイレクトネットワーキングサービス「CXOバンク」では可能となる。面識のなかったユーザー同士がマッチングし、売上拡大やM&A等に繋がっています。 その経済効果を試算すると過少に評価しても30億円(自社調べ)となっている。
(出典元:一般社団法人日本能率協会「新型コロナウイルス感染症に関連するビジネスパーソン意識調査結果」)

CXOバンクを利用するメリット
1.完全無料
2.テレアポやメルマガ不要で売上拡大を狙える
3.採用コスト0円でCXO人材の採用に繋がる
4.国内200万社以上の中小企業やスタートアップ企業のM&Aや事業提携に発展する
5.毎日経営者3名(年間1,095名)とのビジネスチャンスが手に入る

大手企業からスタートアップまで執行役員以上であれば登録可能。登録はワンクリックで完了。プロフィールの入力は一切不要。審査通過者のプロフィールは当社独自の自動システムにて入力。

CXOバンク株式会社 代表取締役社長CEO 中村 一之氏
「急なニューノーマル時代到来により、展示会やダイレクトセールス(訪問)ができず、新たなビジネスがうまれづらい状況であります。その課題解決が図れる「CXOバンク」はSNSと口コミで広まりユーザーが急増し、この約1年間で10,000組のマッチングを突破し、予想を上回るペースで増加してます。この組数を人力では到底難しく、改めて当社アプリの需要の多さを実感し、少しずつではありますが営業革命を起こせていると感じております。

いずれのアプリもiOS版およびandroid版をリリースしていますが、私のバンク構想は更なるプラットフォームを目指すべくオンラインビデオ機能などのツールの実装やC2Cのマッチングまでをも無料開放する準備をしております。その為、まだα版としています。

人が介在せずに、会いたい人に、直接インターネット上で出会える次世代SNSを目指し日本発のダイレクトネットワーキングサービスを構築して参ります。」

sub3

CXOバンクLP

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ランドスケイプが「名刺将棋」を開発! 特許技術により人脈を可視化
「りんな」がマイクロソフトから独立、新会社「rinna株式会社」を設立し業務開始
講演・出展社が続々と決定! 日本最大級のオンライン展示会「IT&MARKETING EXPO2020」
セールスフォース・ドットコム、「Salesforce Live: Marketing」「Salesforce Live: Commerce」を開催
クラウド録画のセーフィー、遠隔業務を変革するウェアラブルカメラを提供






カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集


l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ