ITライフハック

ハイブリッド

オーディオ評論家 野村ケンジ監修!平面駆動ハイブリッドイヤホン「月 - Moon - 」

main
ORB社のClear force Light MMCX 4.4φと月 - Moon -のセット品

ポータブルオーディオ好きのユーザーがオーディオ評論家の野村ケンジ協力のもと、音にこだわったものづくりに挑戦していくコミュニティ「#オトモノ」を運営する株式会社ベタベタは、自社ブランドInitial Aの平面駆動型ドライバーとバランスドアーマチュアを搭載したハイブリッドイヤホン「月 - Moon - 」を2024年2月9日(金)より自社サイトInitail A store(イニシャルAストア)にて販売を開始した。

■クラウドファンディングでは、2,797,580円の支援額
2023年5月31日に終了したクラウドファンディングでは、2,797,580円の支援額で204名の支援があった。クラウドファンディングモデルで得た要望などを改善しているモデルとなっている。また今回ORB社のケーブルセットモデルは、音質も良く利用者に喜んでもらえる製品に仕上がった。

sub1
ORB社のCelestial force MMCX C4 MMCX 4.4φと月 - Moon -のセット品


sub2


■価格や販売サイトについて
Initial A store URL : https://initial-acoustic.com/

Moon 販売価格
標準モデル:19,800円(税込)/ 18,000円(税抜)
標準モデル+Clear force Light MMCXケーブル 3.5φ:26,180円(税込)/ 23,800円(税抜)
標準モデル+Clear force Light MMCXケーブル 4.4φ:26,180円(税込)/ 23,800円(税抜)
標準モデル+Celestial force C4 MMCXケーブル4.4φ:48,180円(税込)/ 43,800円(税抜)
月 - Moon - 標準モデルの内容

sub3
月 - Moon - 標準モデルの内容


■オーディオ評論家 野村ケンジ氏による製品レビュー
イニシャルA「月 -MOON-」

実はイニシャルAブランドのファーストモデルになるはずだった「月 -MOON-」がいよいよ登場します。こちらに採用されている10mm口径のプラナードライバーは、ジェントルな音色傾向と音場的な広がりがスムーズな素性のよいキャラクターを持ち合わせていて、フルレンジドライバーとしても充分に活用できますが、BAドライバーの組み合わせによって更なるクオリティアップを果たしています。

sub4


まず、ヴォーカルは程よい距離感で、声がとても自然な印象です。宇多田ヒカルはちょっとだけ鼻にかかった甘やかな、安月名莉子は特徴的な歌い回しのよさがしっかりと伝わる伸びやかな歌を楽しませてくれます。米津玄師も僅かにハスキーな、落ち着きある歌声を聴かせてくれます。いっぽう、帯域バランスはフラット志向ながら、低域がローエンドまでしっかり伸び、かつ量感も充分に確保されているので、Jポップ系を聴いても迫力が損なわれることはありません。なかなか絶妙なバランスに纏まったと思います。

もうひとつ、「月 -MOON-」ならではの特徴といえるのが、プレーヤーやアンプの特徴がストレートに反映されることです。付属品レベルのDACケーブルでも小気味よく清々しいサウンドを奏でてくれますが、SNのよいプレーヤーや駆動力のあるアンプと組み合わせることで豹変し、活き活きとした、それでいて繊細なニュアンス表現がしっかり伝わる、魅力的なサウンドを聴かせてくれるようになります。懐の深い実力の持ち主、といえばいいのでしょうか。幅広い製品で楽しむことができる製品だと思います。とはいえ、AK「SP3000」やLUXURY & PRECISION「P6Pro」との組み合わせは格別なので、皆さんもチャンスがあったらぜひ聴いてみてください。

ケーブルは、製品としては付属している銀コート線にてトータルバランスをとっているものの、ORBケーブルとのセットによって更にクオリティアップしたサウンドが楽しめます。

「Clear force Light」との組み合わせでは、ぐっとフォーカス感の高まってくれるため、ダイレクト感の高い明瞭なサウンドに生まれ変わります。おかげで、ヴォーカルそれぞれの歌声の魅力がしっかりと伝わってくれます。低域も充分な量感を保ちつつもキレがよくなり、いちだんとリズミカルな演奏に感じられます。手持ちのシステムにもよりますが、SNのよさから4.4mmバランスをオススメしたいところです。

ORB「Celestial force C4」との組み合わせでは、さらに音色傾向が変わります。ひとことで表すならば“ジェントルな音色とバランス”。丁寧なディテール表現、量感タップリだけど聴き心地よい低域、整った帯域バランスと、「月 -MOON-」ならではの音の魅力を最大限引き出してくれます。「月 -MOON-」本体よりもケーブルのほうが高価というアンバランスなセットのため万人にお勧めできるものではありませんが、「月 -MOON-」のコスパの高さを改めて実感させられる組み合わせだともいえます。

イヤーチップは、付属するADV.の楕円タイプ「Eartune Fidelity U」は相性抜群ですが、水月雨(MOONDROP)の「清泉 -Spring Tips」やAZLAの「SednaEarfit MAX」あたりもオススメです。是非、こちらもチャレンジしてみてください。

最後に。「月 -MOON-」の音については、発売が遅れてしまうくらい色々と口出しさせていただきました。結果として、人によっては大いに気に入ってもらえるだろう(もちろん好みに合わない人も少なからずいると思います)、いい意味で既存のイヤホンとは一線を画す外観とサウンドを持つ製品に仕上がってくれたと思います。機会があったら体験してみてください。
オーディオ評論家の野村ケンジ氏


sub6
オーディオ評論家の野村ケンジ氏


■高純度チタニウムを使った経緯について
軽くて丈夫な素材のチタンですが、イヤホンのハウジングとして採用されるケースはこれまでもありました。私たちは、チタンを加工すると玉虫色に色が変化する特性を使ったイヤホンが市場にほとんどない(おそらく無い)と思い、透明なレジンでチタン部分を挟むようなデザインで一部チタン部分が見えるようなデザインにこだわりました。
左の写真は、チタン本来の色 中央はチタンブルーになった状態 右は採用した加工。
商品化までと販売価格を変更した経緯

商品化するにあたり、クラウドファンディングを2023年3月21日から5月31日まで実施しました。原価計算をしていたのが2023年1月だったのですが、ドルが130円前後で当時はまた円高に進んでいくだろうと思っており、12,800円を最安の価格でクラウドファンディングを実施し一般販売価格も16,800円で良いだろうと思っておりました。ところがどんどん円安に進み当初予定よりも約1.2倍ほど原価が高くなってしまい。今回価格を19,800円とさせていただきました。

また円高に進み130円を下回ったあたりで価格改定をしたいとは思います。また、商品自体も今回クラウドファンディングモデルから改善させていただきました。透明の樹脂ですと接着剤の糊後が目立っていると取り扱いを断られてしまった為、急遽糊と樹脂を改善し再生産して今回の販売となりました。
株式会社ベタベタ 代表取締役 安藤省吾


sub7
株式会社ベタベタ 代表取締役 安藤省吾


■今後のイヤホンラインナップ予定と売上目標に関して
2月から新たにインナーイヤー型のハイブリッドイヤホン「秋 - Aki - 」のクラウドファンディングでの先行予約販売を予定している。詳細は追って発表されるが、 Inital A初のダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアのハイブリッド構成となっている。

また、14mmの平面駆動ドライバー搭載の結が好評でしたので結のインイヤーモニタータイプやモデルチェンジも現在試作品を作っている。

Initial Aとして2024年は結、月、THE韻、秋と4モデルのラインナップとなり、新商品もいくつか控えているので、売上目標として年間1000万円を目標にしている。

<仕様>
ドライバー:10mmプラナードライバー、バランスドアーマチュアドライバー
インピーダンス:16Ω±15%
出力音圧レベル:92±3dB at 1KHz
周波数帯域:20Hz - 20kHz
ケーブル長:1.4m
プラグ:3.5mmジャック - MMCX
サイズ/重量:約W23.9×H22×D26.8mm / 約7g(片耳)
カラー展開:チタンカラーPVD加工
素材:高純度チタン、レジン(カスタムIEM等で使用される素材)
使用方法:3.5mmポートを搭載したオーディオ機器にて使用
保証期間:6ヶ月 
生産国:中国
パッケージ内容:イヤホン本体、3.5mmジャック - MMCXケーブル(1.4m)、イヤーピース:ADV. Eartune Fidelity U×4サイズ+シリコンイヤーピース×3サイズ、専用ポーチ

Initial A store

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
アジア最大級のオールジャパンイベント!「JAPAN EXPO THAILAND 2024」に「Japan VTuber Greeting」を出展
バレンタインは、これで決まり!ホリエモン、小麦の奴隷「とろ生チョコバスクチーズケーキ」
ワインの飲み方など、見所満載!「絶品ハンガリーの推しグルメを召し上がれ!~ワインで乾杯~」
2024年1月21日(日)、東京・国立代々木競技場 第一体育館で迎えたツアーファイナル!Vaundy、「one man live ARENA tour “replica ZERO”」
みやざきブランド食材をタイ料理で!「マンゴツリー東京」×「Meeeat Up! MIYAZAKIひなたダイニング」






ハイブリッドスイーツ!「マフィノワズリ アールグレイ・マロン」

main
「マフィノワズリ アールグレイ・マロン」400円(税込432円/440円)

株式会社プロントコーポレーションが運営し、フランスのルデュッフグループが展開する「Brioche Dorée(ブリオッシュドーレ)」※1は、2022年9月1日(木)より「マフィノワズリ アールグレイ・マロン」や「オランジュデニッシュ」や「キューバサンド」などの新商品を発売した。

■テイクアウトやお土産にも嬉しい秋の新作が勢ぞろい
「マフィノワズリ アールグレイ・マロン」は、表面カリっと、中はふんわりバターが香るクロワッサン生地のマフィンでアールグレイ風味のクリームを包んだ。マロングラッセをトッピングしたマフィン×クロワッサンのハイブリッドスイーツ。

sub1
左から「焼きリンゴデニッシュ」350円(税込378円/385円)、「オランジュデニッシュ」350円(税込378円/385円)


「焼きリンゴデニッシュ」、「オランジュデニッシュ」は、クロワッサン生地にクリームを絞り、焼きリンゴやキャラメリゼしたオレンジをトッピングした。フルーツの旨味が贅沢に味わえる季節限定商品。

sub2
「キューバサンド」560円(税込604円/616円)


「キューバサンド」は、アメリカ・フロリダ州が発祥地とされているサンドイッチ。ブリオッシュドーレオリジナルの「キューバサンド」は、イエローマスタード、スチームハム、ローストポーク、レッドオニオン、ピクルス、熱々のチェダーチーズソースをチーズクロワッサンで挟んだ。

その他にもフランス本場のレシピを再現した「リュスティック チキンシーザー580円(税込626円/638円)」や「フレンチピッツァ シャンピニョン 380円(税込410 円/418円)」、「フレンチピッツァ マルゲリータ 380円(税込410円/418円)」など、テイクアウトやお土産にも嬉しい秋の新作が勢ぞろい。

「Brioche Dorée」公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
松屋銀座、銀座地区 ”初”ブランド 多数入店!ハイクオリティ 冷凍食品売場 「GINZA FROZEN GOURMET」誕生
ココナッツミルクたっぷり!マンゴツリー、鶏のイエローカレー『ゲーン カリー ガイ』
さっぱり彩り豊かな『山菜おろし冷かけうどん』、がっつり焼きたての『旨辛肉つけうどん』
『ワンピース』2週連続で首位、『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』最終回を機にTOP5入り
徹底してパーツを『白色』に統一!オールホワイトゲーミングチェア

小麦の郷 ミニクロワッサン 10コ入
ライフコーポレーション





USBとコンセントが使える!急速充電QC3.0対応ハイブリッド電源タップ

main

株式会社CIOは急速充電QuickCharge3.0搭載のUSBポートと、コンセントに対応したハイブリッド電源タップ『KJ-C03』をAmazonなどにて販売する。USBもコンセントの両方を使用することができ、更にケーブルを本体へコンパクトに収納できるので、持ち運びが便利な上に、荷物の軽減に役立つ。QuickCharge3.0ポートを搭載、GalaxyやXperia等の急速充電に対応している。

■持ち運びが便利
『KJ-C03』はAmazon.co.jpなど各ECサイトにて販売する。
クーポンコード『CIOKJC03』を利用する事で2021/01/19 9:00~2021/01/25 23:59 迄限定で380円OFFにて購入可能だ。
sub1

○充実の充電ポート
コンセントの挿し口が色々なタップで埋まっている、コンセント口が不足して電化製品を使うたびに抜き差ししている…そんな悩みを解消する。
ハイブリッド電源タップ『KJ-C03』はUSB-Ax4ポート・コンセントx3ポート搭載で配線もスッキリ綺麗。パソコン机回りや、リビングなど部屋の様々な場所に設置可能だ。
sub2

○急速充電QuickCharge3.0(QC3.0)搭載
QuickCharge3.0(QC3.0)ポートを搭載。GalaxyやXperia等の急速充電に対応している。更にQC3.0ポートとは別に2.4A出力のポートを3ポートを搭載しており、4ポート合計最大5.4Aに対応。
QCポートは独立しており、3Aを維持。残りの3ポートはSmartIC搭載で2.4Aの電流をデバイスごとに最適化し振り分けられる。

sub3

○ケーブルが収納可能なコンパクト設計
電源タップは大きくなりがちでケーブルも長く邪魔になりやすい…そんな声をもとにケーブルが収納できるようにした。外出時も軽くて薄型なので持ち運びも楽々。旅行や出張のアイテムにピッタリだ。
sub4

sub5

<『KJ-C03』の製品仕様>
入力:AC100V 50/60Hz 0.8A
出力:ACコンセント 合計1400W
USBポート出力:4Port 合計5.4A Max 27W
5V/2.4A Max(3ポート合計最大12W SmartIC搭載)
QuickCharge3.0ポート出力:3.6-5V/3A 6.5-9V 9-12V/1.5A
サイズ:約120 x 65 x 25mm
重量:約150g
ポート数:USB QC3.0 x 1ポート + 通常USB x 3ポート・コンセント x 3ポート
収納ケーブル長さ:約250mm

コンセントに対応したハイブリッド電源タップ『KJ-C03』

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
中を見ながら煮出せる電気ポット!『煮出し&温度調整ができる電気ティーポット』
テレビに“後付け”できる!WEBカメラ台としても使用可能なサウンドバー台
AVナビゲーションシステム!JVCケンウッド、彩速ナビゲーション搭載の3機種を発売
複数人でのWEB会議に最適!広角レンズを採用した4K対応のWEBカメラ
ボタンで自由に具材を動かせる!『具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」』






Windows&LinuxのデュアルOS! Thinkpad X1 Hybrid 3/9より発売開始!



1月のCESでアナウンスされ、試作段階とは思えない完成度の高さ、「日本発!大和研究所魂」で多くのThinkpadフリーク達の注目を集めたハイブリッドノートPCがレノボ・ジャパンの「Thinkpad X1 Hybrid」だ。発売日の詳細は不明で、春までに発売を開始すると言われていたが、いよいよ3月9日より発売が開始される。

続きを読む

旧式Macで禁断のパワーアップ!最新PCやソフトを一挙にチェック【ITフラッシュバック】



テレビやTwitterと連携できるパソコンや、プロセッサや切り替わるパソコンなど、面白いパソコンが次から次へと登場した。旧式Macの禁断ともいえるパワーアップ方法から、NECの最新PC、話題のThinkPad X1 Hybrid、新セキュリティソフトまで一挙に紹介しよう。

続きを読む

FOMA回線使い放題の端末が届いた!「DTI ハイブリッドモバイルプラン」開封レポート



2980円でFOMA回線使い放題は損?最安値に隠された通信速度の違い」で紹介したように、「DTI ハイブリッドモバイルプラン」は、サービス内容でコストを考えてみると、お得なプランだ。

NTTドコモのFOMA 3G回線のエリアは、とにかく広い。国内であれば、ほとんどの場所で快適なデータ通信ができるだろう。極端な話、こっそり温泉に行ったとしても、インターネットに繋げて仕事ができそうだ。

早速、「DTI ハイブリッドモバイルプラン」に申し込んでみたところ、端末が届いたので、開封レポートをお届けしよう。

続きを読む

ホンダ「フィットシャトル」が絶好調!8割以上が選択するハイブリッドの秘密は



東日本大震災の影響で部品供給が不安定になり、自動車業界はいまだに以前の生産体制には戻っていない。ホンダの5月の国内生産体制も前年の5割以下となっている。
そんな暗い話題ばかりではない。ホンダが6月16日に発売開始した「フィット シャトル/フィット シャトル ハイブリッド」(「フィット」は5月の登録車、いわゆる乗用車部門の販売実績で1位となっている)が約2週間の累計受注台数が、月間販売計画4000台の3倍となる約1万2000台を記録し、好調な立ち上がりを見せている。しかも86%がハイブリッドを選択しているのだ。その秘密はホンダのハイブリッドシステムにある。

続きを読む

2980円でFOMA回線使い放題は損?最安値に隠された通信速度の違い

昨今のインターネット市場において、携帯電話がPCの出荷台数を追い越し、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機器などといった非PCを利用した高速無線通信が次のメインストリームとなる可能性が広がっている。

そうした中、フリービットは2011年3月1日、MVNO(仮想移動体サービス事業者)事業への参入を公表し、自社展開のほか、同様のサービスへの参入を検討するISPや家電・通信機器メーカー等の事業者様向けを対象としたMVNO支援サービス「YourNet MOBILE」の提供を開始した。

そのフリービットの「YourNet MOBILE」サービスを利用し、ユーザーに、日本全国、ご自宅でも外出先でもあらゆる端末から「いつでもどこでもつながる」高速無線通信サービスを提供しようというのが、ドリーム・トレイン・インターネットが昨日発表した3Gと公衆無線LANのハイブリッド型高速無線サービス「DTI ハイブリッドモバイルプラン」だ。

「DTI ハイブリッドモバイルプラン」は、お得なのか、損なのか。モバイルユーザーの視点から見てみよう。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ