ITライフハック

ハーマンインターナショナル

AI Sound Boostで新次元に突入! ポータブルBluetoothスピーカー「JBL XTREME 4」

main

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー6年連続販売台数No.1※1に輝く「JBL」より、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL XTREME 4 (エクストリーム 4)」を2024年3月8日(金)より順次発売する。

■新次元に突入したエクストリーム・サウンド
本製品は、スピーカーを最大限に駆動する次世代のアンプ技術「AI Sound Boost」を搭載したポータブルBluetoothスピーカー。AIアルゴリズム・テクノロジーを使用してラウドスピーカーの動きとパワーレスポンスを予測しつつ、同時に入力信号をリアルタイムで分析する。

ドライバーの可能性を最大限に引き出し、ダイナミックレンジをフル活用して、質の良いパワフルなサウンドをお届けする。大音量でも音の歪みを低減、低域出力と全体の音量を最大化することで、これまでにない新次元のパワフルサウンドを実現する。

sub6


■屋外でもタフに使えるポータビリティに長けた設計
防水・防塵対応のIP67※2に準拠。川辺のキャンプやビーチなど、水や砂埃が気になる屋外でも安心して使用できる。また、優れた耐久性を誇る筐体の両サイドおよび底面には、衝撃吸収素材を用いた耐衝撃バンパーを搭載。前モデルでは3点で筐体のフチをカバーしていたところを、本モデルでは4点に強化しただけでなく底面にも追加し、万が一の落下時でも衝撃から本体を守る。

さらに、「XTREME」シリーズの特徴である付属のショルダーストラップは引き続き装備。滑り止めのグリップがついているため、肩にかけて持ち運びやすい仕様になっている。ストラップの長さ調節金具部には、ボトルオープナー(栓抜き)の機能を装備しているため、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンでも活躍する。

sub5


■モバイルバッテリーにもなるチャージ機能
9,444mAh/68Whの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載しており、最大約24時間※3のワイヤレスでの音楽再生が可能です。急速充電にも対応しており、10分間の充電で約2時間分再生できる。

さらに充電・給電可能なUSB Type-C端子の搭載により、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを充電することが可能です。コンセントが遠い場合や屋外で電源設備がない環境でも、モバイルバッテリーとしても活躍する。

sub7


■LE Audio対応による充実のワイヤレス機能
長らく使用されてきた従来のBluetooth音声規格(Classic Audio)に代わり、LE Audioに対応している。これにより、JBLの複数の対応機に同時にオーディオを配信し、共有できる「Auracast」機能など、最新のワイヤレス機能もお使いいただけるようになる。

同じ機能を搭載したスピーカー同士を複数台接続して一斉に音楽再生をする「PartyBoost」機能はそのままに、「Auracast」によってさらなる拡張性を備えている。「JBL Portable」アプリを使用することで接続される複数の機種を一元管理出来るだけでなく、同機種のステレオペアリングや本体起動時のサウンドのオンオフなど、細やかな設定も可能だ。

sub8


<主な仕様>
sub9

※仕様、価格は変更となる場合がある。

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2024」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を6年連続で獲得した。
※2 IP67は粉塵がスピーカー内部に侵入しなく、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されている。
※3 充電・再生時間は使用環境により異なる。

<製品のポイント>
・新次元に突入したエクストリーム・サウンド
・屋外でもタフに使えるポータビリティに長けた設計
・モバイルバッテリーにもなるチャージ機能
・LE Audio対応による充実のワイヤレス機能
・「Auracast」搭載によりカテゴリー横断の接続を実現

JBL 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

パソコンに関連した記事を読む
日本の魅力を世界へ伝える!PFU「HHKBカラーキートッププロジェクト」
USB-IF認証取得、安心の高品質・高耐久!産業用USBハブ
モバイルPCの最高峰へ、機動力・高性能・連携性が進化!「LG gram」2024年モデル
AIを活用してホームページを作れる!ソースネクスト「WebSite X5 Pro」新バージョンを提供
必要なポートをスマートに増設!Surface Pro 9専用ドッキングステーション






アプリなしで選べるプリセットEQ搭載!Type-C接続インイヤーイヤホン「JBL TUNE310C」

sub9

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー6年連続販売台数No.1に輝く「JBL」より、最大96kHz/24bit対応のDACを内蔵、USB Type-C接続で幅広いデバイスに接続可能なインイヤーイヤホン「JBL TUNE310C (チューン310C)」を2024年2月22日(木)より発売する。

■最良のサウンドを選択できる
スマートフォンやタブレットなどあらゆるデバイスの端子がUSB Type-Cに統一されつつあることで、幅広いデバイスへの接続が可能になったUSB Type-Cの有線イヤホンは販売数を伸ばし、急激な成長を続けている。このような背景を受け、今回発売する「JBL TUNE310C」は、新たに接続部分にUSB Type-Cを採用した有線型インイヤーイヤホンだ。

sub3


96kHz/24bitのDACを内蔵しており、広い音域と高解像な音を手軽に楽しめる。さらに、3種類のイコライザーが本体にプリセットされており、アプリなしで簡単に切り替えることができる。声にフォーカスしたいWEB会議や、低音を感じて迫力を楽しみたい映画の視聴やゲームプレイの際など、あらゆるシーンに応じて手を煩うことなく最良のサウンドを選択できる。

sub2


〇製品のポイント
・USB Type-C接続で最新のデバイスにも幅広く対応
・本体で操作する3種のプリセットイコライザー搭載
・音量調整・曲の操作・通話が可能なマイク付き3ボタンリモコン搭載
・オーディオグレード96kHz/24bitのDAC内蔵
・絡まりにくく断線しにくいフラットケーブルを採用
・環境にやさしいプラスチック不使用の製品パッケージを採用

sub1


■USB Type-C接続で最新のデバイスにも幅広く対応
本体の接続部分にUSB Type-Cを採用。iPhone 15やGoogle Pixelなどのスマートフォンをはじめ、Nintendo Switchなどゲーム機器を中心に、あらゆるデバイスへの接続の機会を広げる。また、有線のため、ワイヤレスで懸念される安定性や突然の充電切れなどの心配もなく、通勤や通学での使用やリモート会議でも安心して使用できる。

sub9


■本体で操作する3種のプリセットイコライザー搭載
リモコン部分に、「BASS」、「VOCAL」、「DEFAULT」の3種のプリセットイコライザーを搭載。アプリを起動することなく、ボリュームボタンとマイナスボタンを同時に押すことで設定の切り替えが可能になる。映画などで低音による迫力を楽しむ際には「BASS」、WEB会議などでは「VOCAL」に切り替えることで声にフォーカスして聞き取りやすい音声を届けます。音楽の曲調や使用シーンに合わせて簡単にお好みの設定に調整できる。

sub4


■豊富な機能を搭載したマイク付き3ボタンリモコン
ケーブルにはマイク付きの3ボタンリモコンを搭載しており、音量調整・曲の操作(再生・一時停止・曲頭戻し・曲送り)・ハンズフリー通話応対などの操作が可能です。移動中や作業中などでもカバンからスマートフォンなどを取り出すことなく、片手で素早く操作ができる。

■オーディオグレード96kHz/24bitのDAC内蔵
JBL初のハイレゾ認証を取得した9mm径ダイナミックドライバーを採用。エントリーモデルとしても手に取りやすい価格帯でありながら音質には妥協せず、JBLらしい力強い低音とクリアな高音域を実現した有線型インイヤーイヤホンで、ハイレゾサウンドクオリティを手軽に楽しめる。

sub5


■絡まりにくく断線しにくいフラットケーブルを採用
カバンなどに収納した際に絡みにくく、ケーブルを束ねた際にも断線しにくいフラットケーブルを採用。急いでカバンから取り出しても絡まずすぐ使うことができるほか、各パーツの接続部分の耐性も強化した設計のため、安心して使用できる。

sub6


■環境にやさしいプラスチック不使用の製品パッケージを採用
本体を包装しているパッケージも、環境負荷の少ない仕様となっており、FSC森林認証取得の紙素材の全面採用や、生分解性の大豆由来インクによる印刷を施している。

■対応製品リスト
以下のQRコードより、本製品に対応する検証済み製品のリストを確認できる。(2024年1月末現在)

sub7


<主な仕様>
製品名:JBL TUNE310C (チューン 310C)
タイプ:USB Type-C接続有線インイヤーイヤホン
カラー:計2色(ブラック、ホワイト)
接続:USB Type-C
ドライバーサイズ:9mm径ダイナミックドライバー
周波数特性:20 Hz-40 kHz
リモコン:3ボタン
質量:約14.3g
付属品:イヤーチップ(S、M、L / M装着済)
販売価格:オープン価格※JBLオンラインストア販売価格3,850円(税込)
発売日:2024年2月22日(木)
※仕様、価格は変更となる場合がある。

JBL 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

カルチャーに関連した記事を読む
使いやすいこだわり機能が満載!乱雑な機器やケーブルを、まとめて収納できるケーブルボックス
静岡県産マッシュルームと静岡県銘柄鶏“ふじのくに いきいきどり”を使った新商品!「ほたてフライバーガー ~静岡県産マッシュルーム入りグラタンソース~」
貼り付けるだけ!周辺機器をまとめて、持ち運べる、後付けポケット
町田啓太さん、とにかく明るい安村さん、野口啓代さんが登壇!「ポケモンかいふくDays」イベント
TVCMを放送開始!肉が食べたい欲求を満たすなら「バーガーキングにいらっしゃい!」






完全ワイヤレスイヤホン!ハーマン「JBL TUNE BEAM GHOST」

sub2

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー5年連続販売台数No.1※1に輝く「JBL」より、完全ワイヤレスイヤホン「JBL TUNE BEAM GHOST(チューン ビーム ゴースト)」を2023年12月14日(木)より、JBLオンラインストア、JBL Store(横浜)、JBL公式楽天市場店、JBL公式Yahoo!店およびAmazon JBL公式ストアにて限定発売する。

オリジナルモデルとなる「JBL TUNE BEAM」は、「GRAB&GO(購入しやすい価格でカジュアルにすぐ使える)」をコンセプトとする、「TUNE」シリーズの完全ワイヤレスイヤホンとして2023年8月に登場。JBL独自開発のショートスティック型デザインを採用することで圧倒的な装着感を実現し、どんな形状の耳にもフィットしやすく、イヤホンの落下や紛失の懸念を払拭している。

sub7


また、JBLが展開する完全ワイヤレスイヤホンの上位モデルが備える、マルチポイントやLEオーディオ接続(対応予定)、アプリ対応などの機能を踏襲するほか、アクティブノイズキャンセリング機能の搭載、長時間再生の実現、防水対応(IP54※2)など、最新機能を盛りだくさんに詰め込んでいる。これらの機能の充実さから、発売以来、特にそのコストパフォーマンスの高さを評価され、楽天市場では「TV・オーディオ・カメラ部門」にて1位を獲得した。

sub3


今回発売となる「TUNE BEAM GHOST」はそのオリジナルモデルに昨今のファッション業界でもトレンドとなっているスケルトンデザインをあしらったスペシャルモデルだ。内部のパーツや構造が透けてみえる素材には、航空機の窓などにも使われ、水のような高い透明度と、衝撃強度、耐熱性を併せ持ったハイグレードポリカーボネートを採用。表面の硬さを測定する「鉛筆硬度試験(旧JIS K5400)」を合格し、さらにキズ防止用のUVオイルを塗布することでより傷がつきにくい仕様となっており、メカニカルで近未来感を漂わせながらも、高級感あふれるデザインに仕上がっている。

sub5


<製品のポイント>
・メカニカルで近未来感を漂わせながらも、高級感あふれるスケルトンデザインを採用
・快適な装着感を追求したJBLショートスティックタイプの完全ワイヤレスイヤホン
・聴きたい音だけ取り込める機能とアクティブノイズキャンセリング搭載
・Bluetoothバージョン5.3 LE Audioに対応予定
・2台のデバイスに同時接続可能な「マルチポイント」に対応
・安定した接続で最大約48時間※3の長時間再生
・片方のイヤホン単体使用も可能な「デュアルコネクト+Sync」機能

<主な仕様>
製品名:JBL TUNE BEAM GHOST(チューン ビーム ゴースト)
タイプ:ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン
カラー:全2色(ブラック、ホワイト)
接続:Bluetooth 5.3 (LEオーディオ対応予定)
対応プロファイル:A2DP 1.3.2, AVRCP 1.6.2, HFP 1.8
ユニット:6mm径ダイナミックドライバー
周波数特性:20 Hz – 20 kHz
対応コーデック:SBC、AAC、LC3対応予定※5
防水規格:IP54※2(イヤホン本体のみ、充電ケースは非対応)
重量:イヤホン本体各約5g 、充電ケース約50.3g
連続使用時間※3:ANCオフ時:イヤホン本体約12時間+充電ケース使用約36=約48時間
         ANCオン時:イヤホン本体約10時間+充電ケース使用約30=約40時間
         急速充電対応(15分の充電で約4時間再生可能)
付属品:充電用USB Type-Cケーブル、イヤーチップ x 3サイズ (Mサイズ装着済)
発売日:2023年12月14日(木)
価格:JBLオンラインストア/JBL Store(横浜)/JBL公式 楽天市場店/
   JBL公式 Yahoo!店/Amazon JBL公式ストア 価格 13,420円(税込)
※仕様や価格は変更となる場合がある。
※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2023」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を5年連続で獲得した。
※2 防水性能IP54は、粉塵が内部に侵入することを防止、または若干の侵入があっても正常な運転を阻害しない。

「JBL TUNE BEAM GHOST」製品情報

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
『あつあつ』の打ち立て!12種類から選べる「丸亀うどん弁当」
「東京卍リベンジャーズ 描き下ろし新体験展 最後の世界線」メディア内覧会
三浦翔平、高橋ひかるがMCに就任!人気漫画家も審査員で登場する「MANGA甲子園」
数量限定で順次発売!『ミスド福袋2024』
安定性のある形状の脚部と、手すり付きで安全に昇り降りできる!3種類の脚立・踏み台






新色ブラックがラインアップ!Harman Kardon「SoundSticks 4」

main

ハーマンインターナショナル株式会社は、優れた音響技術と先進的なデザインの融合で世界中の音楽ファンから愛されるオーディオブランド「Harman Kardon (ハーマンカードン)」から、アクティブスピーカー「SoundSticks(サウンドスティックス)4」の新色ブラックを2023年12月8日(金)に発売する。

■プレミアムオーディオブランド
Harman Kardonは、無駄を排したシンプルな造形美を厳選したマテリアルで実現しながらも、50年に及ぶ音響技術の蓄積により息を飲むようなサウンド体験を提供するプレミアムオーディオブランド。その代表作である「SoundSticks」シリーズは、初代モデルの誕生から約20年経った今もなお、その美しいデザインと豊かなサウンドの融合で世界中を魅了している。中でも同シリーズの第2世代の「SoundSticks II」はニューヨーク近代美術館MoMAの永久収蔵品となり、大きな注目を集めた。

そんな伝説的なシリーズから2021年に登場した「SoundSticks 4」は、「スティックスタイル」のサテライトスピーカーと「ドームスタイル」のサブウーファーで構成する2.1chアクティブ・スピーカーシステムの最新モデル。現代の音楽ストリーミング時代のニーズに応え大幅にアップデートを施した本モデルから、新たに端正な佇まいのブラックカラーのラインアップが決定した。

<製品のポイント>
・アイコニックでタイムレスなスケルトンデザインに新色追加
・2.1ch構成によるクリアな高音域と深みのある重低音
・Bluetooth搭載によりワイヤレス再生が可能
・リサイクル素材を採用したサスティナブル設計

■近未来的なアイコニックデザインにブラックが追加
既存のホワイトに加え、新たに端正な印象を与えるブラックがラインアップ。発売当初から注目を集めた、画期的な透明のドームデザインのシルエットは、あらゆるトーンのインテリア空間とも違和感なく調和する。

そして、音楽の美しさを表現した流線と透明感のあるブラックが、上品な佇まいで存在感を放つ。筐体中心部はライティング機能も搭載し、柔らかな光とともに、視覚的にも音楽をたのしめる。

sub2


■2.1ch構成で味わうバランスの取れたHarman Kardonサウンド
クリアで生き生きとしたサウンドが楽しめる35mm径フルレンジユニット4基搭載の40W(20W×2)のサテライトスピーカーと、130mm径ウーファーユニットを搭載した2.1ch構成。安定した深みのある低音を楽しめる100Wのドーム型サブウーファーにより、総合140Wのハイパワー駆動を実現し、類い稀なる豊かなサウンドを体感できる。

また、前モデルの「SoundSticks Wireless」から採用されたBluetoothワイヤレス機能も搭載しており、スマートフォンなどさまざまな機器と接続して、音楽や動画再生などを本モデルでも楽しめる。

<主な仕様>
製品名:Harman Kardon SoundSticks 4(サウンドスティックス 4)
タイプ:アクティブスピーカー
カラー:ブラック
Bluetooth:バージョン4.2
対応プロファイル:A2DP 1.3、AVRCP 1.6T
周波数特性:40Hz – 20kHz
使用ユニット:サテライトスピーカー(35mm径フルレンジユニット×4基)×2
       サブウーファー(133mm径ウーファーユニット)×1
対応コーデック:SBC
定格出力:最大140W(20W×2 + 100W×1)
入力:Bluetooth、3.5mm AUX
サイズ(高×幅×奥):サテライト部:271×84×84(mm)
           サブウーファー部:231×276×231(mm)
重量:4.4kg
発売日:2023年12月8日(金)
標準価格:オープン価格 49,500円(税込)

※仕様や価格は変更となる場合がある
・Bluetoothは、米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標。
・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標。

ハーマンインターナショナル株式会社

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
「音楽、最高ッ!」キャンペーンで、JBLが渋谷の街をジャック!音と光に包まれるポップアップイベント「JBL MEGA BOX」内覧会
USB給電でどこでも使える!小型なのに最大10時間も使える卓上加湿器
Apple純正アプリの「探す」に対応!紛失防止タグ
吸い込み×吹き飛ばし!1台2役、充電式ハンディクリーナー
最大10倍に拡大!6つのLEDで大きく明るく見える、デジタルルーペ






ポップアップイベント「JBL MEGA BOX」内覧会!「麻布台ヒルズ」内覧会【まとめ記事】

sJBL MEGA BOX (18)

ハーマンインターナショナル株式会社が提供するアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」では、音楽好きが、音楽好きであることを誇りに思い、楽しみ、また音楽で人と繋がることをメッセージとして掲げ、ウィンターキャンペーン「音楽、最高ッ!」を10月より開催している。その第2弾として、JBLの音と光にまみれる体験ができるポップアップイベント『JBL MEGA BOX』を2023年11月22日(水)から11月26日(日)の5日間限定で、ZeroBase渋谷にて開催する。

森ビル株式会社等が、約300件の権利者の方々とおよそ35年かけて進めてきた「麻布台ヒルズ」が、2023年11月24日(金)に開業する。開業に先立ち、プレス関係者向けに内覧会が実施された。「麻布台ヒルズ」は、"Modern Urban Village~緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街~"をコンセプトに、"Green & Wellness"人々が自然と調和しながら、心身ともに健康で豊かに生きることを目指す街だ。

「音楽、最高ッ!」キャンペーンで、JBLが渋谷の街をジャック!音と光に包まれるポップアップイベント「JBL MEGA BOX」内覧会
ハーマンインターナショナル株式会社が提供するアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」では、音楽好きが、音楽好きであることを誇りに思い、楽しみ、また音楽で人と繋がることをメッセージとして掲げ、ウィンターキャンペーン「音楽、最高ッ!」を10月より開催している。その第2弾として、JBLの音と光にまみれる体験ができるポップアップイベント『JBL MEGA BOX』を2023年11月22日(水)から11月26日(日)の5日間限定で、ZeroBase渋谷にて開催する。同時に、渋谷スクランブル交差点とシブクロビジョンで人気若手アーティスト・詩羽さん(水曜日のカンパネラ)をイメージキャラクターに起用した屋外広告を展開する。開催に先立ち、内覧会が実施された。


人々が自然と調和しながら、心身ともに健康で豊かに生きることを目指す街!「麻布台ヒルズ」内覧会
森ビル株式会社等が、約300件の権利者の方々とおよそ35年かけて進めてきた「麻布台ヒルズ」が、2023年11月24日(金)に開業する。開業に先立ち、プレス関係者向けに内覧会が実施された。「麻布台ヒルズ」は、"Modern Urban Village~緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街~"をコンセプトに、"Green & Wellness"人々が自然と調和しながら、心身ともに健康で豊かに生きることを目指す街だ。約8.1haの広大な計画区域には、約24,000m²の圧倒的な緑が広がり、延床面積約861,700m²の空間に、オフィス、住宅、商業施設、文化施設、教育機関や医療機関など、多様な都市機能が集積する。


複数の周辺機器をパソコン2台で切り替えできる!ドッキングステーション+パソコン切替器
サンワサプライ株式会社は、2台のパソコン間で接続機器を一括切り替えできるパソコン切替器「SW-KVM2DK」を発売した。「SW-KVM2DK」は、複数の周辺機器をパソコン2台で切り替えて使えるパソコン切替器。PC1側はType-Cケーブル1本の接続、PC2側はHDMIケーブル・USBケーブルでパソコンと接続し、2台のパソコンを切り替えて映像出力/USB機器の切替共有ができるドッキングステーションの機能とパソコン切替器を一体化させた製品だ。


モスバーガー×ファミリーマート!コラボ商品「モスバーガー監修 テリヤキクリームチーズ肉まん」
モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスと株式会社ファミリーマートは、コラボレーション商品「モスバーガー監修 テリヤキクリームチーズ肉まん」を 2023 年 11 月 14 日(火)より全国のファミリーマート約16,500店で発売した。モスバーガーの期間限定商品「クリームチーズテリヤキバーガー」の味わいをイメージした中華まん。2 種類の豚ひき肉を使用し、ごろっとした肉感に、モスバーガー監修の「特製テリヤキソース」とコクのあるクリームチーズを合わせて生地で包んだ。


リクライニング機能付きで、傾斜角170°まで倒すことが出来る!ファブリック素材チェア
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、作業に集中することができる前傾姿勢にすることができる特殊座面。体を包み込むことが出来るバケットシート形状を採用したファブリック素材のゲーミングチェア「150-SNC133」を発売した。 本製品は、背もたれを約170度まで倒してリラックスできるリクライニングチェア。右サイドのレバーを引くだけでリクライニングできる。


ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
最大10倍に拡大!6つのLEDで大きく明るく見える、デジタルルーペ
仕事からプライベートまでシームレスにサポート!高性能な完全ワイヤレスイヤホン『ATH-TWX7』
フックやマグネット付きで、どのシーンでも役に立つ!LEDライト
壁面にカメラを設置できる!カメラマウント
全員の顔が一度に映る!360度パノラマ撮影が可能なWEBカメラ






「音楽、最高ッ!」キャンペーンで、JBLが渋谷の街をジャック!音と光に包まれるポップアップイベント「JBL MEGA BOX」内覧会

sJBL MEGA BOX (18)

ハーマンインターナショナル株式会社が提供するアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」では、音楽好きが、音楽好きであることを誇りに思い、楽しみ、また音楽で人と繋がることをメッセージとして掲げ、ウィンターキャンペーン「音楽、最高ッ!」を10月より開催している。

その第2弾として、JBLの音と光にまみれる体験ができるポップアップイベント『JBL MEGA BOX』を2023年11月22日(水)から11月26日(日)の5日間限定で、ZeroBase渋谷にて開催する。同時に、渋谷スクランブル交差点とシブクロビジョンで人気若手アーティスト・詩羽さん(水曜日のカンパネラ)をイメージキャラクターに起用した屋外広告を展開する。開催に先立ち、内覧会が実施された。

sub15


■音と光が広がる非日常的空間!ポップアップイベント『JBL MEGA BOX』 渋谷にて開催
2023年11月22日(水)からの5日間限定で、渋谷道玄坂下交差点前に“音”と“光”を全身で体感できる『JBL MEGA BOX』が登場する。

sub2


渋谷の街から一歩踏み入れると、巨大なネオンポップアートが広がり、イルミネーションの光とJBLサウンドを楽しめるスピーカー「PULSE」シリーズや「PartyBox」シリーズが集結した非日常的な空間へと誘う。

sJBL MEGA BOX (11)


DJによるスペシャルプレイや、グラフィックアーティスト LUCKSTOCK(ラックストック)さんの手による巨大ウォールアートがブラックライトで浮かび上がるなど、見て、聴いて存分に楽しめる企画を予定している。

sJBL MEGA BOX (16)


さらに、会場内ではスピーカーで作られた「スピーカーウォール」が出現。普段の生活では味わうことのできない、たくさんのスピーカーに囲まれたフォトスポットも必見だ。

sJBL MEGA BOX (25)


●ポップアップイベント内容
・「PULSE」シリーズと「PartyBox」シリーズがお出迎え!暗闇で光と音に包まれる全身没入空間
sJBL MEGA BOX (10)


・グラフィックアーティスト LUCKSTOCKさんによるブラックライトで浮かび上がる巨大ウォールアート公開!
sJBL MEGA BOX (9)


・渋谷カルチャーを音と光に乗せて発信!DJスペシャルプレイ(時間制)
sJBL MEGA BOX (20)


・JBLを代表するスピーカー大集合!レトロムードのフォトスポット
sJBL MEGA BOX (28)


<LUCKSTOCK(ラックストック)プロフィール>
sub3

グラフィックアーティスト。ポップな色使いと毒のあるイラスト・タイポグラフィーを組み合わせた作品が特徴で、音楽やスポーツイベントを中心にグラフィックを提供している。

●展示アイテム
サウンドとライトで視覚的に場を盛り上げる「Pulse 5」、「PartyBox」シリーズのほか、クラウドファンディングサイト“GREEN FUNDING”で先行発売中の怪物級大出力スピーカー「PartyBox 710」といった最新モデルのパーティー系Bluetoothスピーカーを実際に体感できる。

また、地下1階ではスタジオモニターシリーズや「L Classic」シリーズなどで作られたスピーカーウォールがフォトスポットとして登場します。それらのスピーカーの思想を受け継いだ最新のWi-Fiスピーカー「Authentics」シリーズとJBLブランド初のレコードプレイヤー「Spinner BT」を展示する。ほかにも、今年数々の賞を受賞した話題の完全ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンの新製品を見ることができる。

sub5
展示製品一部抜粋。左からPULSE 5、PartyBox Encore Essential、PartyBox 710、Authentics 300


sJBL MEGA BOX (30)


●来場特典!SNS投稿で当たる豪華賞品キャンペーン
来場者限定のSNS投稿キャンペーンとして、指定のハッシュタグと会場写真をアップすると抽選で「音楽、最高ッ!」キャンペーンのイメージキャラクターを務める詩羽さん関連グッズのほか、完全ワイヤレスイヤホン・ポータブルBluetoothスピーカーなど豪華JBL製品やノベルティが当たるキャンペーンも開催する。詳細は会場で確認のこと。

●ポップアップイベント概要
イベント名: JBL MEGA BOX
期間:2023年11月22日(水) ~ 11月26日(日)
時間:11:00~20:00
場所:ZeroBase 渋谷(東京都渋谷区道玄坂2-5-8)

sub1


■抽選でJBLオリジナルグッズが当たる!購入特典キャンペーン実施
キャンペーン第2弾では、期間内に対象商品を対象の店舗で購入して、専用フォームから申し込んだ人の中から、抽選で合計2,000名にJBL オリジナルグッズをプレゼント!もし外れてしまった場合でも、さらに抽選で10名には冬の食卓を彩る豪華グルメが当たるWチャンスも実施する。寒くなるこれからの季節に、自宅での時間を楽しく過ごせるような特典を用意している。

①キャンペーン期間
対象商品購入期間:2023年11月14日(金)~2024年1月10日(水)
応募受付期間:第1回締め切り 2023年12月15日(金)23:59
第2回締め切り 2024年 1月15日 (日)23:59

②対象商品
完全ワイヤレスイヤホン:TOUR PRO 2、Soundgear Sense
ワイヤレスヘッドホン:TOUR ONE M2、LIVE 770NC
Bluetoothスピーカー:FLIP 6、Charge 5、Charge 5 Wi-Fi、Xtreme 3、BoomBox 3、BoomBox 3 Wi-Fi
PULSE 5、PartyBox 110、PartyBox 310、PartyBox Encore Essential、PartyBox Encore

③対象店舗:JBL正規販売店
キャンペーンの対象店舗は下記のURLより確認のこと。
https://jp.jbl.com/consumershop.html

④賞品
・オリジナルグッズ:各500名、計2,000名
(今治ハンカチタオル、ガジェットポーチ、マイクロファイバータオル、ヘッドホンホルダー)
・味わうWチャンス:10名

リリース用
左から今治ハンカチタオル 、ガジェットポーチ、味わうW チャンス(一例)

※画像はイメージ。実際の賞品とは色や仕様、デザインが異なる場合がある。

その他、キャンペーンに関する詳細は、下記特設サイトより確認のこと。
・ウィンターキャンペーン特設サイト:https://jp.jbl.com/winter2023

■詩羽さんを起用した「音楽、最高ッ!」の屋外広告を公開
本キャンペーンでは、JBLのイメージキャラクターである若手人気アーティスト・詩羽さんの出演の動画やビジュアルを公開中。「音楽、最高ッ!」のコピーが目を引く、屋外広告や店頭展示なども各地で展開し、ウィンターキャンペーンの盛り上がりを後押しする。

sub16


●屋外広告 展開期間
・渋谷6面ビジョンプレミアムシンクロ:11月20日(月)~11月26日(日)
・シブクロビジョン:11月20日(月)~11月26日(日)
・ヨドバシカメラ LINKS UMEDA:12月1日(金)~12月31日(日)
・ヨドバシカメラ マルチメディア秋葉原:11月14日(火)~12月31日(日)
・池袋ヒットビジョン:12月18日(月)~12月31日(日)

●キャンペーンCM公開中
・『音楽、最高ッ!』篇 (出演:詩羽)
・YouTube:https://youtu.be/owf1t48I81I

<プロフィール>
詩羽(水曜日のカンパネラ)

sub4

2001年生まれ、東京都出身。2021年9月、水曜日のカンパネラの2代目・主演&歌唱担当として加入。昨年リリースの「エジソン」がSNSで話題となりMVがYouTubeで5000万を突破。今年23年、水曜日のカンパネラとして、コカ・コーラのCMで「I feel Coke」をカバー歌唱。

また、音楽活動だけでなく、アーティスト、女優、モデルなどマルチな表現方法で自己表現を行う。今年7月、詩羽初映画出演となる映画『アイスクリームフィーバー』が公開、日本テレビ系7月期ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』でも生徒役で出演するなど女優としての活動も広げている。来年3月16日には水曜日のカンパネラとしては2度目、詩羽としては初の日本武道館での単独公演が決定している。

JBLブランド公式サイト

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
最大10倍に拡大!6つのLEDで大きく明るく見える、デジタルルーペ
仕事からプライベートまでシームレスにサポート!高性能な完全ワイヤレスイヤホン『ATH-TWX7』
フックやマグネット付きで、どのシーンでも役に立つ!LEDライト
壁面にカメラを設置できる!カメラマウント
全員の顔が一度に映る!360度パノラマ撮影が可能なWEBカメラ






ポータブルWi-Fi/Bluetoothスピーカー!「JBL CHARGE 5 Wi-Fi」「JBL BOOMBOX 3 Wi-Fi」

sub16

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー5年連続販売台数No.1※1に輝く「JBL」より、Wi-Fi接続に対応したポータブルWi-Fi/Bluetoothスピーカー「JBL CHARGE 5 Wi-Fi(チャージ5ワイファイ)」と、「JBL BOOMBOX 3 Wi-Fi(ブームボックス3ワイファイ)」の2製品を2023年11月10日(金)より発売する。

■音質面や操作性が飛躍的に向上
音楽ストリーミング配信の普及や動画配信サービスの需要拡大などの影響も伴い、一般的にもポータブルBluetoothスピーカーが普及した。コンパクトなサイズ感や接続の手軽さなどから、旅先のお供としてやパーティーシーンでの活用など、アクティブなシーンで活躍するポータブルBluetoothスピーカーだが、普段は自宅でのオーディオシステムとして多くの時間使用されているという側面がある。このようなライフスタイルやユースケースにとってさらに快適な使用感を提供すべく、自宅の無線LAN環境で安定した接続のもと上質な音楽を楽しめるよう、BluetoothだけではなくWi-Fi接続にも対応したポータブルWi-Fi/Bluetoothスピーカーを2機種導入する。

今回発売となる2製品は、すでに市場に定評のある「JBL CHARGE 5」と「JBL BOOMBOX 3」の仕様や品質をベースとしながら、Wi-Fi接続によって対応した高品位な音声フォーマットのきらびやかで深みのある再生を実現するため、さらに設計をブラッシュアップしたモデルです。ポータブルスピーカーとしての携帯性や防水・防塵対応、ロングバッテリーなどの基本性能はそのまま踏襲しつつ、ネットワーク対応したことにより音質面や操作性が飛躍的に向上したことで別次元のオーディオ体験を提供することが出来るようになった。

また、2つの内蔵マイクを使用した自動音質調整機能により、どんな環境下でも自動で最適化されるので、複雑な操作なしで常に心躍る音楽を楽しむことが可能だ。

02


■Wi-Fi 6 対応による高速で安定した接続と上質なサウンド
今までのBluetooth接続での再生に加えWi-Fi接続を付加することで、使用場所に合わせて最適で上質な音楽再生の選択が可能になった。Wi-Fi 6の対応により、自宅などの無線LAN環境において同一のネットワークを通じてワイヤレス接続ができ、Wi-Fiが繋がる距離であればあらゆる場所で、安定した接続で音楽を楽しめる。

また、Wi-Fiは大きなデータ量の音声フォーマットの非圧縮伝送も可能なため、解像度の高い繊細な音を堪能いただけることも特徴だ。普段、自宅で音楽を楽しまれることが多い方にとって、高速で安定性のある上質なサウンドを実現するWi-Fi対応モデルが、家庭内における音楽のある生活をさらに充実させる。さらに、最新のWi-Fi接続だけでなく、従来通りBluetooth接続にも対応しているため、アウトドアなど外に持ち出すシーンでも手軽に心躍る音楽を堪能できる。Wi-FiとBluetoothの両立という、あらゆるニーズに応える最先端のオーディオ体験を楽しめる。

sub12


■専用の「JBL ONE」アプリでWi-Fi対応製品の設定から音楽再生まで一元管理
JBLのWi-Fiネットワーク対応製品を、設定から音楽再生まで一元管理する統合型アプリ「JBL ONE」をご用意。複雑になりがちな初期設定も対話形式のUIで迷うことなく完了できる。Wi-Fi設定やキャリブレーションなどの機器設定や音質調整をはじめ、各種音楽サービスをまたがった楽曲検索など、このアプリ1つでいままでにないシームレスな体験を提供する。

sub4


<主な仕様>
製品名:JBL CHARGE 5 Wi-Fi
タイプ:ポータブルWi-Fi/Bluetoothスピーカー
最大出力:最大30W+10W
スピーカー構成:52×90m径ウーファー×1、20mm径ツイーター×1、パッシブラジエーター×2
周波数特性:60Hz - 20kHz
オーディオ入力:Bluetooth, Wi-Fi
Wi-Fiネットワーク:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:バージョン 5.3
対応プロファイル:A2DP 1.3, AVRCP 1.5
再生時間※2:最大20時間再生
防水機能※3:IP67
サイズ(H×W×D):97 x 223 x 94(mm)
重量:約1.0kg
付属品:充電用USB Type-Cケーブル(1.2m)
発売日:2023年11 月10日(金)
価格:オープン価格  ※JBLオンラインストア販売価格 33,000円(税込)

製品名:JBL BOOMBOX 3 Wi-Fi
タイプ:ポータブルWi-Fi/Bluetoothスピーカー
最大出力:最大80W + 40W×2 + 10W×2
スピーカー構成:189 x 114 mm 長円形サブウーファー、80.9 x 80.9 mm ミッドレンジドライバー x 2、
20 x 20 mm ツイーター x 2
周波数特性:40Hz – 20kHz
オーディオ入力:Bluetooth, Wi-Fi
Wi-Fiネットワーク:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:バージョン 5.3
対応プロファイル:A2DP 1.3, AVRCP 1.5
再生時間※2:最大24時間再生
防水機能※3:IP67
サイズ(H×W×D):257×482×200(mm)
重量:約6.8kg
付属品:電源ケーブル(2.0m)
発売日:2023年11 月10日(金)
価格:オープン価格  ※JBLオンラインストア販売価格 77,000円(税込)

※仕様や価格は変更となる場合がある。
※各商標
・AirPlayは、アメリカ合衆国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標。
・Google、Chromecast built-in は、 Google LLC の商標。
・Alexaは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標。

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2023」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を5年連続で獲得した。
※2 充電・再生時間は使用環境により異なる。
※3 防水性能 IPX67 は、粉塵がスピーカー内部に侵入せず、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されている。

JBL 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
JR埼京線にて、運行開始!乃木坂46『国消国産』ラッピング電車
「座る」「寝る」ができる!リクライニング付きゲーミングチェア
松屋“台湾上陸”5周年記念企画!台湾フェア第2弾「魯肉飯」
自由&コンパクトに使える!フォールディングデスク
独自技術「コアバランスストレッチ」を提供!ストレッチ専門店Dr.stretch「虎ノ門ヒルズ店」がオープン【虎ノ門ヒルズ】






JBLポータブルBluetoothスピーカーの人気モデル!「JBL CHARGE 5」に新色が追加

main

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー5年連続販売台数No.1※1に輝く「JBL」より、パワフルなサウンドと幅広いシーンに馴染むデザイン、そしてモバイルバッテリーとしても使用できることで人気のポータブルBluetoothスピーカー「JBL CHARGE(チャージ) 5」の新色として「ピンク」と「ホワイト」を2023年10月6日(金)よりJBLオンラインストア、JBL Store(横浜)、JBL公式楽天市場店、JBL公式Yahoo!店およびAmazon JBL公式ストアにて限定発売する。

今回は、先に登場したブラック、レッド、グレー、ブルー、スクワッドの5色に加え、ピンクとホワイトを新たに用意。すでにご好評いただいてるボディとロゴのカラートーンを合わせたデザイン性の高い 「TONE on TONE(トーンオントーン)」を採用している。

『JBLのハイクオリティな音質を体感する音楽スピーカーとして、時にはスマートフォンやタブレットの充電器として、日常の様々なシーンの中で「CHARGE 5」をお楽しみください。』

■新色ピンクとホワイトを追加ラインアップ
先に登場したブラック、レッド、グレー、ブルー、スクアッドの5色に加え、今回新たにピンクとホワイトを追加ラインアップ。あらゆるシーンで使いやすいベーシックなカラーから、アクティブなシーンで映えるカラーまで、豊富なカラー展開でお好みの1台を選べる。また、防水防塵対応でありながら、日常に馴染みやすいファブリック素材を採用することで、家の中からアウトドアまで幅広いシーンでお使いいただけるデザインに仕上げた。

sub4
ピンク(新色)


■洗練された上質感のあるプロダクトデザイン
本体のフロントに施されたブランドロゴは、JBLポータブルBluetoothスピーカーのデザイン・アイデンティティとなる「JBLボールドデザイン」を採用。ロゴのエッジ部分にブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることでJBLブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出する。また、ボディとロゴのカラートーンを合わせた 「TONE on TONE」を採用することで、より調和のとれた、使いやすくファッショナブルなデザインに仕上げた。

さらに、本体フロントに搭載のバッテリーインジゲーターは、一目でバッテリーの残量が分かるよう改良。視認性を向上することで、充電が切れるまで気づかないなどのハプニングを防ぎ、より快適に使用できる。

sub11


■本格的な2ウェイ・スピーカー構成を踏襲し、ダイナミックな高音質を実現
本体のフロントに施されたブランドロゴは、JBLポータブルBluetoothスピーカーのデザイン・アイデンティティとなる「JBLボールドデザイン」を採用。ロゴのエッジ部分にブランドカラーであるオレンジを配したメタル素材を用いることでJBLブランドのカラーを主張しつつ、より洗練された上質感を演出する。また、ボディとロゴのカラートーンを合わせた 「TONE on TONE」を採用することで、より調和のとれた、使いやすくファッショナブルなデザインに仕上げた。

さらに、本体フロントに搭載のバッテリーインジゲーターは、一目でバッテリーの残量が分かるよう改良。視認性を向上することで、充電が切れるまで気づかないなどのハプニングを防ぎ、より快適に使用できる。

前モデルの「CHARGE 4」からオーディオパーツを大幅にアップデートし、本格的な2ウェイ・スピーカー構成を採用。感度を向上させた独自開発による大口径のウーファーにより、ラウドネスが増幅し、よりダイナミックな低音を再現。また、新たに搭載した20mm径ツイーターは、JBLが誇る明瞭度の高い高音域を実現。さらに、エッジと重量を増幅したデュアル・パッシブラジエーターは、より量感と奥行きのある豊かな低音の再生を可能にする。

sub8


■最大約20時間再生※2を可能にしながらモバイルバッテリーとしても活躍する2WAY機能
前モデルを継承した、7,500mAh/27Whの大容量バッテリーを搭載。コンパクトなボディでありながら最大約20時間※2のワイヤレス連続再生が可能だ。また、本体の背面には電力供給専用USBポート※4を装備しているため、スマートフォンやタブレットなどを複数回充電できるモバイルバッテリーとしても使用できる。

さらに、本モデルより新たに、USB Type-C型充電端子を防水対応にしたことで、接続部分のフタをなくし直接の差し込みも可能になり、水辺でも安心してお使いいただけるようになった。音楽を楽しむ機能性の高いポータブルスピーカーとしてだけではなく、どこでも使えるモバイルバッテリーとしても、2WAYで活躍する。

sub12


■屋内外でも安心して使える防水・防塵機能(IP67※3)にアップデート
 防水性能に加え、新たに防塵にも対応したIP67※3を採用。突然の雨や落水が気になるアウトドアシーンや、家の中のお風呂・キッチンなどの水周りでの使用はもちろん、ビーチやキャンプ場などの砂埃などが気になる屋外でも安心して使用できる。また、本体背面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能だ。

sub9


■充実のワイヤレス機能「PartyBoost」により100台まで同時接続可能
スピーカー本体のボタンを押すだけで、アプリで操作をせずとも同機能を搭載したスピーカー同士を100台まで接続して一斉に音楽再生することが可能な「PartyBoost」機能を搭載。ソーシャルモードにも対応しており、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを2台までBluetooth接続で同時にペアリングでき、交互に音楽再生することができる。接続した2台のデバイスのうち、最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生され切り替えも簡単。アウトドアやホームパーティ、スタジオなど、広い会場で本格的なサウンドを楽しみたい時に活躍する。

sub10


<主な仕様>
製品名:JBL CHARGE 5(チャージ5)
タイプ:ポータブルBluetoothスピーカー
カラー:ピンク、ホワイト
Bluetooth:バージョン 5.1
防水・防塵機能:IP67※3
対応プロファイル:A2DP 1.3, AVRCP 1.6
周波数特性:60Hz - 20kHz
定格出力:30W
連続再生時間:最大20時間再生※2
充電時間:約4時間(5V/3A)
オーディオ入力:Bluetooth
使用ユニット:52×90mm径ウーファー×1、20mm径ツイーター×1、パッシブラジエーター×2
サイズ(H x W x D):96.5 x 223 x 94(mm)
重量:約960g
USB給電※4:USB Type-C:最大5V/2A
付属品:充電用USB Type-Cケーブル(1.2m)
発売日:2023年10月6日(金) 発売 ※その他カラーは発売中
価格: JBL オンラインストア/JBL Store(横浜)/JBL 公式 楽天市場店/
    JBL 公式 Yahoo!店/Amazon JBL 公式ストア 24,200 円(税込)
※仕様、価格は変更となる場合がある。
※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2023」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を5年連続で獲得した。
※2 再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なる。
※3 IP67は粉塵がスピーカー内部に侵入せず、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されている。
※4 USBポートは電力供給専用です。USBポート経由で音楽再生することはできない。

■発売記念キャンペーン
本製品の発売を記念し、楽天市場・Yahoo!ショッピングのJBL公式ストアにて専用ケースプレゼントキャンペーンを実施する。

実施期間:2023年10月6日(金)~10月19日(木)購入分まで
実施内容:購入者全員にCHARGE 5 専用ケース プレゼント
対象商品:CHARGE 5 全色
キャンペーン対象店舗:以下サイトにて本製品を購入
・JBL公式楽天市場店:https://item.rakuten.co.jp/jblstore/charge-5/
・JBL公式Yahoo!店:https://store.shopping.yahoo.co.jp/jblstore/charge-5.html

sub13


※JBLオンラインストア(JBL.com)、JBL公式ストア Amazon、JBL Store(横浜)での購入は対象外となる。
※専用ケースは、商品出荷時に同梱される。

「JBL CHARGE 5」製品情報

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
食欲の秋ならではの肉天合い盛り!天丼はま田「豚と鶏の肉天丼」
短期出張に最適!リュックにして背負える、ビジネスキャリー
蔦屋家電・蔦屋書店で開催の企画展『山の吉野家』で「常温牛丼の具」を販売中
コンパクトながら高耐荷重150kg!オフィスにも在宅ワークにも最適なチェア
夜の金沢城の五十間長屋や石垣、木々などが、永遠に変化し続ける光のアート空間に!「チームラボ 金沢城 光の祭」オープン






オープンスタイルでも妥協ないダイナミックサウンド!「JBL SOUNDGEAR SENSE」発売へ

main

ハーマンインターナショナル株式会社は、開放された音の世界を提案するイヤーウェア完全ワイヤレスイヤホン「JBL SOUNDGEAR SENSE(サウンドギア センス)」を2023年10月13日(金)より発売する。

■耳をふさがない2ウェイのオープンスタイル
本モデルでは、空気伝導方式によるオープンスタイルを採用。音波による鼓膜の振動を通して音を聴くため、一般的なイヤホンと同様の自然なリスニング体験が可能だ。完全に耳をふさぐことがなく、音楽を楽しみながらも周囲の音が届き、安全性も確保された“ながら聴き”に特化したスタイルを提案する。

sub10


■装着感もパーソナライズ。角度調整可能なイヤーフック構造を採用
イヤホン本体は、4段階で角度調整可能なイヤーフック構造を採用、ご自身の耳に合う角度にパーソナライズできるため、快適な着け心地を実現すると同時に低音から高音域までワイドレンジかつパワフルなJBLサウンドを届けることを可能にした。また、脱着式ネックバンドを付属しており、イヤーフックの先端に装着することでイヤホン本体の紛失のリスクも軽減。シンプルなイヤーフックのみか、落下の心配もないネックバンドスタイルの2ウェイを選べる新デザインだ。汗やちょっとした水しぶきに強いIP54※3の防水防塵にも対応しているため、運動時などでも安心して使用できる。

sub13


■極限まで音漏れを軽減し音質も妥協しない"OpenSoundテクノロジー"
大口径16.2mmダイナミックドライバーと独自のBASSエンハンスメント(低音強化アルゴリズム)を含む特別なサウンドチューニングにより、JBLらしいパワフルな低音域とクリアな高音域の両立を実現する。また、オープンスタイルならではの音漏れの懸念も解消。ドライバーユニットが前後に振動することで、音波の位相が 180 度異なる場合に生成される逆位相サウンドを当てることで音の拡散を低減させ、音漏れを最小限に抑えプライバシーも守る。専用の「JBL Headphones」アプリではイコライザー設定も可能なため、お好みのサウンドを作成して音楽を楽しめる。

■最大約24時間再生※2を可能にしたロングバッテリー
最大約24時間の連続再生(イヤホン本体約6時間+充電ケース使用18時間)※2を実現。長時間の音楽・動画視聴でも頻繁な充電切れを心配せずに使用できる。また、約15分で約4時間分チャージ可能な急速充電にも対応しており、急な会議の予定や外出時などイヤホンが必要になった場面でも安心だ。

■2台のデバイスに同時接続可能なマルチポイント対応
2台のBluetoothデバイスに同時接続とスムーズな切り替えが可能な「マルチポイント」に対応。普段、音楽再生をしているスマートホンなどにBluetoothで接続しながら、デスクトップやタブレットなど他のデバイス1台ともペアリングできるため、電話着信があっても聞き逃しや取り逃しを防ぐことができる。

sub1


■片方のイヤホン単体使用も可能な「デュアルコネクト+Sync」機能
JBLの完全ワイヤレスイヤホン他モデルと同様に、左右どちらか片方のイヤホンだけでも使用可能なデュアルコネクト機能を搭載。片方のイヤホン単体で音楽再生や通話が可能なため、残りの片側を充電しながら、もう一方で音楽や動画視聴も楽しめるなど、ながら聴きやバッテリーの節約にも貢献する。再度両側を着用すると、自然とステレオ再生(左右再生)に戻るところも、ストレスフリーなオーディオ体験を実現しているポイント。また、「Sync」機能により、一度ペアリングしたデバイスへの2回目以降の接続は、充電ケースを開くと自動的にペアリングが開始されるため、接続の手間やわずらわしさを軽減するGoogle Fast Pairにも対応している。

ssub8


■合計4つの通話用マイクで屋外でもクリアな音声通話を実現
イヤホン内部に左右合計4基のビームフォーミングマイクを搭載。異なるマイクでの集音により、環境音と話している声を的確に切り分け、周囲が騒がしい環境下においても、話し声だけを明瞭に届けることが可能だ。電話や音声通話はもちろん、リモート会議やオンライン講義などでも質の高い双方向コミュニケーションを実現する。

<主な仕様>
製品名:JBL SOUNDGEAR SENSE(サウンドギア センス)
タイプ:イヤーウェア完全ワイヤレスイヤホン
カラー:全2色(ブラック・ホワイト)
Bluetooth:バージョン5.3 (LE Audio対応予定)
対応プロファイル:HFP 1.8, A2DP 1.4, AVRCP 1.6.2
ユニット:16.2㎜径ダイナミックドライバー
周波数特性:20Hz – 20kHz
対応コーデック:SBC、AAC、(LC3対応予定)
防水規格※3 :IP54(イヤホン本体のみ)
重量:イヤホン本体各約13.1g 、充電ケース約69.5g
連続使用時間※2 :イヤホン本体約6時間+充電ケース使用約18時間=最大約24時間 急速充電対応(15分の充電で約4時間再生可能)
付属品:充電用USB Type-Cケーブル、脱着式ネックバンド
発売日:2023年10月13日(金)
標準価格:オープン価格 ※JBLオンラインストア販売価格 22,000円(税込)
※仕様や価格は変更となる場合がある

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2023」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を5年連続で獲得した。
※2充電・再生時間は使用環境により異なる。
※3 防水性能IP54は、粉塵が内部に侵入することを防止、または若干の侵入があっても正常な運転を阻害しない。また、いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない。と定義されている。

ハーマンインターナショナル株式会社

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テレビにコードをつなぐだけ! いつでも手軽に使えるお手元スピーカー
面ファスナーかフックで、壁に貼り付け設置できる!プロジェクタースクリーン 100インチ
手のひらサイズでコンパクト!持ち運びに便利な電動エアダスター
8種類のフィルムに対応!テレビに出力できる、フィルムスキャナー
机に固定できて使いやすい!クランプ式USBポート付き電源タップ






手軽に、より充実した低域再生を実現!パワードサブウーファー「JBL L10cs」

sub3

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、同ブランドのさまざまなスピーカーとの組み合わせにより、手軽に、より充実した低域再生を実現する250mm径パワードサブウーファー「JBL L10cs」を2023年4月末より発売する。

■大迫力の低域再生を実現
今回発売となる「JBL L10cs」は、音質面では大口径250mm径ポリセルロース・ホワイトコーン・ウーファーを搭載。このウーファーユニットを強力な250W出力の内蔵アンプにより駆動することで大迫力の低域再生を実現する。

main


機能面では、オートパワーオン/オフ機能、連続可変調整が可能なクロスオーバー、フェーズ切替、ボリューム調整とパワードサブウーファーに必要とされる基本機能をすべて装備。さまざまなスピーカーシステム、サブウーファー出力端子を持ったアンプ、JBL 4305Pに代表されるパワードスピーカーなどに手軽に組み合わせて使用することが可能だ。

sub2


さらにウォールナットのリアルウッド仕上げを特徴とするエレガントなキャビネットを採用し、あらゆる室内装飾にシームレスに溶け込むように設計されている。

sub4


2チャンネル・オーディオシステム、またはマルチチャンネル再生やホームシアターシステムにプラスすることで、「JBL L10cs」は音楽や映像に迫力と深みを与え、ご自宅のシステムを手軽にグレードアップできるサブウーファーだ。

sub1


<製品のポイント>
・大口径250mmウーファーユニットを搭載
・250W (RMS) / 500W (dynamic)出力の強力パワーアンプ内蔵
・シンプルなRCA入力対応
・便利なオートパワーオン/オフ機能
・連続可変調整可能なクロスオーバー搭載により、幅広いスピーカーとの組み合わせが可能
・底面にユニットを装着することで置き場所を選ばず最適な低域増強が果たせる
ダウンファイリング型デュアル・リアバスレフ方式を採用
・JBLスタジオモニターや好評のL-Classicシリーズ、「L75ms」などをはじめとする
新旧さまざまなJBLスピーカーシステムとの組み合わせにマッチするウォールナット突板仕上げを採用

<主な仕様>
製品名:L10cs
形式:ダウンファイリング型デュアル・リアバスレフ方式パワードサブウーファー
ユニット:250mm径ポリセルロース・ホワイトコーン・ウーファー
内蔵アンプ:250W (RMS) / 500W (Dynamic)
クロスオーバー周波数:50Hz ~150Hz(連続可変)、-24dB/oct.
周波数特性:32Hz ~ クロスオーバー周波数設定値
入力:RCA×1
操作機能:オートスタンバイのオン/オフ設定、フェーズの切り替え、ボリューム調整
消費電力:Standby : 0.5W以下 / Max : 335W
寸法(幅×高さ×奥行き) :335×390×395mm(脚含む)
重量:14.1kg
付属品:電源ケーブル(1.4m)、取扱説明書
発売日:2023年4月下旬発売予定
標準価格(税込):¥99,000-
※仕様、価格は変更となる場合がある。

JBL 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テンションダイヤル機構により、優れた平面性を実現!プロジェクタースクリーン
人の心拍を光で表現!イヤリングデバイス「e-lamp.ONE」
最長400mの長距離通信可能、10ギガビット高速通信に対応!OM4光ファイバケーブル
スマホの音楽を車内で楽しめる!Bluetooth対応FMトランスミッター
45度の傾斜と回転羽根で、混ぜながらコーヒー豆を焙煎できる!『ムラなく焙煎電熱直火式コーヒーロースター』






完全ワイヤレスイヤホン「JBL WAVE BUDS」!「から揚げの天才」に期間限定「ハンバーグ弁当」【まとめ記事】

main

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1に輝く「JBL」より、シリーズ最小・最軽量のコンパクトボディを採用した「JBL WAVE BUDS(ウェーブバッズ)」を発売した。

揚げたてから揚げとテリー伊藤こだわりの玉子焼き「から揚げの天才」は、期間限定「ハンバーグ弁当」を11月1日(火)より期間限定で販売する。肉厚ジューシーなハンバーグ弁当は、2つの味が楽しめる。濃縮バーベキューは、「米崎(よねさき)りんご」を使ったフルーティーな、本格バーベキューソース。濃厚チーズは、チーズを包んだハンバーグの上にさらにチェダーチーズをかけた、こだわりの逸品だ。どちらも天才名物デカから1個&テリー伊藤こだわりの玉子焼き1カットが入った、ボリューム満点な弁当。

耐候性・耐水性・温度対応性に優れ、屋外でのネットワーク構築に最適!カテゴリ6A LANケーブル
サンワサプライ株式会社は、耐候性・耐水性・温度対応性に優れ、屋外でのネットワーク構築に最適なカテゴリ6A LANケーブル「KB-T6AWPシリーズ」を発売した。「KB-T6AWPシリーズ」は、屋外でのネットワーク構築に最適なカテゴリ6A LANケーブル。ケーブル構造がPE(ポリエチレン)外被、PVC(ポリ塩化ビニル)内被の二重被膜構造で、耐水性(IP68防水)、耐候性に優れています。さらに使用温度範囲が-40℃~80℃と幅広く、温度環境の良くない場所でも安心して使用できる。


NobleWedge・NanoSaver・標準タイプの3種のセキュリティスロットに対応!一体型セキュリティワイヤー
サンワサプライ株式会社は、3×7mmの標準ロック、3.2×4.5mmのNobleロック、2.5×6mmのNanoロックに対応するセキュリティワイヤー「SL-89」「SL-90」を発売した。「SL-89」「SL-90」は、ノートパソコンのセキュリティスロットに取り付けできるセキュリティワイヤー。DELLやhp、NECなどの法人向けノートパソコンに備えられた小型スロットの3.2×4.5mmのNobleロックや2.5×6mmのNanoロック、そして標準サイズスロット3×7mmに対応します。シリンダ部のダイヤルを回すことで、先端部分を無段階に調整できるため、各スロットへの取り付けが可能になっている。


小さな耳にも最適にフィット!完全ワイヤレスイヤホン「JBL WAVE BUDS」
ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1に輝く「JBL」より、シリーズ最小・最軽量のコンパクトボディを採用した「JBL WAVE BUDS(ウェーブバッズ)」を発売した。


3か月間にわたって開催! 出前館、大人気TVアニメ「SPY×FAMILY」とコラボ
日本最大級のデリバリーサービス『出前館』(運営:株式会社出前館)は、2022年にTVアニメ化され、第2クールも絶賛放送中の大人気TVアニメ「SPY×FAMILY」と2022年11月1日(火)よりコラボキャンペーンを開催した。


肉厚ジューシー、こだわりの逸品!「から揚げの天才」に期間限定「ハンバーグ弁当」
揚げたてから揚げとテリー伊藤こだわりの玉子焼き「から揚げの天才」は、期間限定「ハンバーグ弁当」を11月1日(火)より期間限定で販売する。肉厚ジューシーなハンバーグ弁当は、2つの味が楽しめる。濃縮バーベキューは、「米崎(よねさき)りんご」を使ったフルーティーな、本格バーベキューソース。濃厚チーズは、チーズを包んだハンバーグの上にさらにチェダーチーズをかけた、こだわりの逸品だ。どちらも天才名物デカから1個&テリー伊藤こだわりの玉子焼き1カットが入った、ボリューム満点な弁当。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
自家製明太子を丸ごと1本!東京たらこスパゲティ「生七味と明太クリームスパゲティ」
デスク上を整理できる!クランプ固定で2段式の机上台
アデランスが約15年の歳月を経て開発に成功!特許技術採用の同社第三の機能性人工毛「CYBER X(サイバーエックス)」
丸亀製麺、『うま辛担々うどん』“タル鶏”の新作!2種類のタルタルソースの『タル鶏南蛮ぶっかけうどん』
キービジュアルを使用した豪華グッズが景品に!アニメ『ダイの大冒険』の「eeoくじ」






小さな耳にも最適にフィット!完全ワイヤレスイヤホン「JBL WAVE BUDS」

main

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1※1に輝く「JBL」より、シリーズ最小・最軽量のコンパクトボディを採用した「JBL WAVE BUDS(ウェーブバッズ)」を発売した。

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2022」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を4年連続で獲得した。

■さまざまなシーンで長時間使用できる
ケーブルが無いことによる快適さと、その使いやすさから市場でも人気を集め、すでに高いシェアを持つ完全ワイヤレスイヤホン。最近では音楽視聴だけでなく、テレワークや動画視聴など、使用用途は多岐にわたり、より装着時の負担が少なく、長時間でも快適に装用できる小型・軽量なモデルに対するニーズが高まっている。

ハーマンインターナショナル株式会社は、シリーズ最小・最軽量のコンパクトボディとオーバルシェイプ・サウンドチューブによる快適な装着感、そして手軽に使用できる機能性の両立により、さまざまなシーンで長時間使用できる完全ワイヤレスイヤホン「JBL WAVE BUDS」を提案する。

sub1


■シリーズ最小・最軽量のコンパクトボディとオーバルシェイプ・サウンドチューブによる快適な装着感
前モデル「JBL WAVE100TWS」からイヤホン本体のボタン操作をタッチ操作へ変更などに伴う内部構造の大きな見直しにより、機能やサウンドを損なうことなく、イヤホン本体のサイズを約20%ダウンサイジング、小さな耳の方にも圧迫感無く装着できる。

さらに今年春に発売し、市場でも高い評価と人気を得ている上位モデル「JBL LIVE FREE 2」から採用された楕円形の様相を施したサウンドチューブ(音筒)「オーバルシェイプ・サウンドチューブ」を採用することで、高い遮音性と装着感を実現。あらゆる耳の形・大きさに最適にフィットすることで長時間でも快適に使用することができる。

sub2


■“フタ無し”ユニークデザインの充電ケース
前モデルから採用された、使用する際のフタを開けるというワンアクションの手間を減らし、イヤホン本体の取り出しやすさを実現したフタ無し充電ケースのユニークデザインを踏襲。さらに本モデルではJBL国内初となるケース自体も防水性能対応(IPX2※2)となった。新たに防塵機能を搭載しIP54※3にアップグレードしたイヤホン本体と合わせて、アウトドアやスポーツなど、より幅広いシーンでお使いいただけるようになった。
※2 垂直落下だけでなく、ごくわずかに斜めに落ちてくる程度なら防げる。と定義されている。
※3 防水性能IP54は、粉塵が内部に侵入することを防止、または若干の侵入があっても正常な運転を阻害しない。また、いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない。と定義されている。

イヤホン本体は約8時間再生、充電ケースに入れることで24時間分の充電が可能であり、最大約32時間※4の長時間ワイヤレス再生が可能だ。さらに、10分の充電で約2時間分の再生時間を確保する急速充電にも対応しているため、外出時や通話など、急遽イヤホンが必要になる場面での対応力にも優れている。 充電ケースの前面にLEDインジケーターも搭載しているため、充電状況の把握も簡単だ。
※4 充電・再生時間は使用環境により異なる。

sub3


■妥協のないJBLのパワフルサウンドを提供
聴きたいときに手軽に良い音をすぐにお楽しみいただけるというコンセプトのもと誕生した「WAVE」シリーズでは、手に取りやすい価格帯ながら、音質面は妥協せず、約8mm径のダイナミックドライバーを搭載。JBLが誇る豊かでクリアなパワフルなサウンドを手軽に堪能いただけ、「MY FIRST TWS(マイファーストトゥルーワイヤレス)」として、完全ワイヤレスイヤホンのデビューモデルにも最適だ。

sub13


<主な仕様>
製品名      :JBL WAVE BUDS(ウェーブバッズ)
タイプ      :完全ワイヤレスイヤホン
カラー      :全4色(ブラック・ホワイト・ベージュ・ミント)
Bluetooth    :バージョン5.2
対応プロファイル :A2DP V1.3, AVRCP V1.6, HFP V1.7
ドライバーサイズ :8mmダイナミックドライバー
周波数特性    :20 Hz – 20 kHz
対応コーデック  :SBC, AAC
防水規格     :イヤホン本体:IPX54※3、充電ケース:IPX2※2
重量       :本体各約4.5g
最大再生時間※4 :イヤホン本体約8時間再生+充電ケース使用約24時間
急速充電対応   :(10分の充電で約2時間再生可能)
付属品      :充電用USB Type-Cケーブル、イヤーチップ(S, M, L)
発売日      :2022年11月4日(金)
価格       :JBLオンラインストア/JBL Store(横浜)/JBL公式 楽天市場店/
          JBL公式PayPayモール店 6,600円(税込)

ハーマンインターナショナル株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
自家製明太子を丸ごと1本!東京たらこスパゲティ「生七味と明太クリームスパゲティ」
デスク上を整理できる!クランプ固定で2段式の机上台
アデランスが約15年の歳月を経て開発に成功!特許技術採用の同社第三の機能性人工毛「CYBER X(サイバーエックス)」
丸亀製麺、『うま辛担々うどん』“タル鶏”の新作!2種類のタルタルソースの『タル鶏南蛮ぶっかけうどん』
キービジュアルを使用した豪華グッズが景品に!アニメ『ダイの大冒険』の「eeoくじ」






光と音をカスタマイズできる!ハーマン、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL PULSE 5」

0929_2022_HARMAN_110

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1に輝く「JBL」より、進化したLEDライティングによる躍動感のあるイルミネーションと高音質サウンドが特徴の、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL PULSE 5(パルス5)」を2022年10月7日(金)より発売した。報道関係者向けの内覧会では、ポータブルオーディオ製品担当者に「JBL TUNE FLEX」の魅力について語っていただいた。

■華やかなイルミネーションとJBLサウンドを360度全方位で楽しめる
今回発売となる「JBL PULSE 5(パルス5)」は、華やかなイルミネーションとJBLサウンドを360度全方位で楽しめる「JBL PULSE」シリーズの最新モデル。デザインと性能を大幅にアップグレードし、気分やシーンに合わせて、より自由に演出ができるパーソナライズ性の高いモデルとして登場した。

sub4


本モデルは、筐体の透過領域を拡大し、前モデルからさらに15% 増設した合計149基の LEDを搭載したことで、より鮮やかな彩りを放つイルミネーションを楽しめるようになった。また本体の底面にもLEDを新搭載し、接地面に反射する間接的な光が独特の浮遊感を生み出す。50fpsでなめらかに変化するLEDが音楽にシンクロして視覚化することで、高精細で全く新しい視聴体験を提供する。また 、波”、“虫の声”、“焚き火”、“森”、“せせらぎ”の5種類の環境音モードを搭載。屋内外問わず、音楽を再生していないときでも、豊かな自然を感じられるリラックスした空間を演出することができる。専用のアプリでは、ライティングカラーやパターン、環境音モード、音質を気分に合わせて細かくカスタマイズすることが可能だ。

sub5


音質面では、新開発のツイーターとウーファーが同軸状に並ぶ2ウェイスピーカーと、本体の底面に前モデルから表面積を15% 拡大したパッシブラジエーターを搭載。また、キャビネット容量も33%アップ。アンプ自体も前モデルの20Wから30w+10wに大幅パワーアップさせることにより、一段上のスケール感を体感いただけるようになった。JBLならではのキレのある豊かな低域から実体感のあるボーカル帯域、そしてクリアな高域まで、360度全方位に広がるプロフェッショナル由来のパワフルサウンドが進化した。

sub10


さらに、IP67規格の防水・防塵に対応し、持ち運びに便利なストラップも筐体の背面に新採用。リビングやベッドルームはもちろん、バスルームでのリラックスタイムをはじめ、屋内外の水濡れや砂塵が気になる場所にも手軽に持ち運んで楽しめる。自宅でのリラックスタイムからアウトドアやパーティ会場など様々なシーンで活躍する。
気分を盛り上げたい時から、心を落ち着かせたい時まで、「JBL PULSE 5」が進化した光とサウンドで演出する。

sub17


<主な仕様>
製品名        :JBL PULSE 5 (パルス5)
タイプ        :ポータブル Bluetoothスピーカー
カラー        :ブラック
再生時間・充電時間 :最大約12時間・約4時間充電
防水・防塵機能    :IP67
サイズ(W x H x D) :107 x 214 x 131 mm
重量         :1.47kg
Bluetooth       :バージョン 5.3(LE Audio アップデート対応予定)
対応プロファイル   :A2DP 1.3、AVRCP 1.6
スピーカー構成    :46 mm ウーファー × 1、16 mm ツイーター × 1、パッシブラジエーター ×1
定格出力       :30W(ウーファー)+10W(ツイーター)
周波数特性      :58Hz~20kHz(アキシャル、- 6dB)
付属品        :JBL ブランド USB Type C ケーブル×1, クイックスタートガイド×1, 安全シート×1,
            保証書×1
価格         :オープン価格
            ※JBLオンラインストア販売価格35,200円(税込)

ハーマンインターナショナルのポータブルオーディオ製品担当者が語る!「JBL PULSE 5」の魅力

YouTube:https://youtu.be/j6n81qNVoBM

JBL.com公式ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
照射サイズを最大4倍まで調整できる!エメラルドグリーンレーザーポインター
インテリアに馴染む!木目柄の10個口電源タップ 2色
耳をふさがず周りの音を聞きながら使える!骨伝導ヘッドセット
強力マグネットで、支柱や壁面に取り付けできる!カメラマウント
USB電源のタッチセンサータイプと人感センサータイプのLEDバーライト






オープン型と密閉型の2ウェイ仕様!ハーマン、完全ワイヤレスイヤホン「JBL TUNE FLEX」

0929_2022_HARMAN_005

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1に輝く「JBL」より、初の「オープン型」と「密閉型」を用途に合わせて選べる2ウェイ仕様のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン「JBL TUNE FLEX(チューンフレックス)」を2022年10月7日(金)より順次発売する。報道関係者向けの内覧会では、ヘッドホン製品担当者に「JBL TUNE FLEX」の魅力について語っていただいた。

■JBL初の2ウェイ使用を可能にした画期的な製品
一般的に「カナル型」と呼ばれるイヤホン本体を耳の奥に入れ込んで使用する遮音性の高いモデルが多く発売されている中、近年「ながら聴き」イヤホンの人気も拡大し、高い密閉感で音楽に集中したいユーザーと、周囲の音を聞きながら気軽に使用したいユーザーと、イヤホン市場の需要も多様化している。

今回新発売となる「JBL TUNE FLEX」は、使用シーンに合わせて気分を変えて使いたいという多様化するニーズに対応する製品として登場する。2種類のイヤーチップの付け替えにより、「ながら聴き」ができる軽い装着感の「オープン型」と、遮音性が高く音楽に集中できる「密閉型」のJBL初の2ウェイ使用を可能にした画期的な製品だ。着け心地だけでなく、それぞれの異なる音の広がりや響きなどを楽しめる。

sub6


デザイン面では、ファッション業界でもトレンドとなっているスケルトンを採用。内部のパーツや構造が透けてみえる素材には、航空機の窓などにも使われ、水のような高い透明度と、衝撃強度、耐熱性を併せ持ったハイグレードポリカーボネートを採用。表面の硬さを測定する「鉛筆硬度試験(旧JIS K5400)」を合格し、さらにキズ防止用のUVオイルを塗布することでより傷がつきにくい仕様となっている。メカニカルで近未来感を漂わせながらも、高級感あふれるスケルトンデザインに仕上がっている。

sub14


機能面では、通常のアクティブノイズキャンセリング機能に加え、外音を取り込める「アンビエントアウェア&トークスルー」機能を搭載している。必要に応じて周囲の環境音を取り込み屋外でも安全に使用できるだけでなく、ショッピング中などイヤホンを外す手間なく急な呼びかけへの対応もできるため、煩わしさなく便利で快適に利用できる。

連続再生時間は最大で約32時間と長時間のため、頻繁な充電切れを気にすることなく、音楽を楽しめる幅が広がる。また、急速充電にも対応しており、約10分の充電で2時間使用いただける、高い利便性と実用性を誇る。
加えて左右合計4つのマイクが搭載されており、好きな使用感や音質で音楽を楽しむだけでなく、外出先や周囲が騒がしい状況でもクリアな音声を相手に届けることができ、クリアな音声通話も可能だ。

0929_2022_HARMAN_008


アクティブノイズキャンセリング機能や、独自のサウンドテクノロジーを搭載した高い機能性に加え、選べる装着感、持ち歩きたくなるファッショナブルなデザイン性、高い利便性と実用性を兼ね備えた本モデルで、気分やお好みに合わせて、上質なJBLサウンドを楽しめる。

なお、本製品は二子玉川 蔦屋家電(東京都世田谷区)内「蔦屋家電+」にて製品展示を実施中。

<蔦屋家電+ 展示詳細>
展示期間:2022年9月15日(木)~2022年11月7日(月)
場 所 :二子玉川 蔦屋家電内「蔦屋家電+」

ハーマンインターナショナルのヘッドホン製品担当者が語る!「JBL TUNE FLEX」の魅力

YouTube:https://youtu.be/JsuqACOcwbg

JBL.com公式ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
照射サイズを最大4倍まで調整できる!エメラルドグリーンレーザーポインター
インテリアに馴染む!木目柄の10個口電源タップ 2色
耳をふさがず周りの音を聞きながら使える!骨伝導ヘッドセット
強力マグネットで、支柱や壁面に取り付けできる!カメラマウント
USB電源のタッチセンサータイプと人感センサータイプのLEDバーライト






防塵防水にも対応した最高峰のオールラウンダー!ポータブルBluetoothスピーカー「JBL BOOMBOX3」

smain

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1※1に輝く「JBL」より、存在感のあるキャビネットサイズから繰り出されるパワフルなサウンドが特長のポータブルBluetoothスピーカー「JBL BOOMBOX(ブームボックス 3)」を2022年9月9日(金)より発売する。

■より高音質で音楽を堪能できる
「JBL BOOMBOX3」は、JBLが展開するポータブルBluetoothスピーカーの中でも最大級のキャビネットサイズから繰り出される圧巻のパワフルサウンドで人気の「BOOMBOX」シリーズ最新モデル。スピーカー構成の見直しにより、前モデルよりも更に進化したサウンドを楽しめるようになった。長円形サブウーファーを1基、そして、左右2基のミッドレンジドライバーとツイーターを同軸上に配置した3ウェイスピーカーシステムを採用したことで、今まで通りの大迫力の低音とクリアで抜けの良い高音域はもちろん、極めて高い定位感を実現することでより高音質で音楽を堪能できる。

ssub17


また、筐体デザインもさらにブラッシュアップし、流線形が強調されたシルエットに仕上がった。「BOOMBOX」シリーズを印象付ける大きなハンドル部分は、樹脂製からアルミニウム製に刷新したことで高級感が増し、握った際の手馴染みの良さも向上している。ハンドルの内側には滑り止めシリコンラバーもあしらっているため、持ち運びの際も安心だ。本体正面のブランドロゴも「JBLボールドデザイン」にリニューアルし、筐体とロゴのカラートーンを併せる「TONE on TONE(トーンオントーン)」を採用したことで、より存在感のある外観にアップグレードしている。

ssub9


最大約24時間※2 の連続ワイヤレス再生とチャージ機能、スピーカーを複数台接続可能な「PARTYBOOST」機能は前モデルより踏襲し、本モデルから防水性能のほかに防塵性能も加わったIP67※3に新対応。砂塵による汚れが気になる屋外などでもより安心して使用できるようになった。

ssub16


さらに、最新の本モデルでは、JBLのポータブルBluetoothスピーカーでは初となる最新規格「Bluetooth バージョン 5.3」に対応し、また注目の「LE Audio」規格にも対応予定。進化したサウンドクオリティと洗練されたデザインにより、圧倒的な存在感を放つ「JBL BOOMBOX3」で、よりパワフルで上質なJBLサウンドを体感できる。
また、「JBL BOOMBOX3」は、現在開催中の「買って当てよう!先着1万名様のプレゼントキャンペーン」の対象商品だ。

ssub5


<「買って当てよう!先着1万名様のプレゼントキャンペーン」概要>
対象期間に、JBLの正規販売店にて対象製品を購入した先着1万名に、QUOカードPayが必ずもらえるプレゼントキャンペーンを実施している。
・対象購入期間:2022年7月20日(水)~9月11日(日)(先着1万名)
・応募受付期間:2022年7月20日~9月30日(金)23:59
       ※応募受付期間最終日までに1万名に達した場合は、期限前の場合でも
        その時点で締め切りとなる。
・プレゼント内容:先着1万名に「QUOカードPay 500円分」をプレゼント
・応募ページ:https://jp.jbl.com/SummerCampaign2022
・応募方法:1.JBL正規販売店およびJBL公式ストアで対象商品を購入
      2.公式サイトの応募ページ( https://jp.jbl.com/SummerCampaign2022)から
       フォームに必要項目を記入し購入証明書(レシート等)の画像をアップロード
      3.内容確認後、約2ヶ月以内にメールでQUOカードPayを送付
・対象商品:公式サイトの応募ページをご覧ください。( https://jp.jbl.com/SummerCampaign2022)

【主な仕様】
製品名      :JBL BOOMBOX3
タイプ      :ポータブルBluetooth スピーカー
カラー      :ブラック
再生時間・充電時間:約24時間再生※2・約6.5時間充電
防水機能     :IP67※3
サイズ(H x W x D):257×482×200(mm)
重量       :約6.7kg
Bluetooth     :バージョン 5.3(LE Audio アップデート対応予定)
対応プロファイル :A2DP 1.3, AVRCP 1.6
スピーカー構成   :189 x 114 mm 長円形サブウーファー、80.9 x 80.9 mm ミッドレンジドライバー x 2、
           20 x 20 mm ツイーター x 2
最大出力     :最大80W + 40W×2 + 10W×2
周波数特性    :40Hz – 20kHz
付属品      :電源ケーブル(2.0m)
発売日      :2022年9月9日(金)
価格       :オープン価格
          ※JBLオンラインストア販売価格66,000円(税込)

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2022」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を4年連続で獲得した。
※2 充電・再生時間は使用環境により異なる。
※3 防塵・防水性能IP67は、粉塵がスピーカー内部に侵入しなく、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されている。

ハーマンインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Honda Racingとコラボ!通称「赤バッジ」の塗料を文字板に採用した、CASIO『EDIFICE』
「磁性流体」ビジュアライザーを搭載! 視覚と聴覚で楽しめるスピーカー「Ferro01」
ビデオ・写真・録音・再生・Webカメラをこの1台に!1080P次世代レコーダー「X5」
最大100Wの出力に対応、ポータブル電源やUSB機器へ給電できる!ポータブルソーラーパネル
有線と無線接続に対応!ネックスピーカー






高級ステレオを体感できる3日間!ハーマンインターナショナルが“HARMAN Sound Summit in TOKYO”を開催

sub2

ハーマンインターナショナルは、 2019年11月22日(金)、 23日(土)、 24日(日)の3日間、ハイエンドオーディオを試聴できる「HARMAN Sound Summit in Tokyo」を東京・銀座にて開催する。

■多くの高級ステレオブランドを持つハーマンインターナショナル
世界最大級のオーディオメーカーであるハーマンインターナショナルは、複数のブランドを有している。オーディオ業界をリードし続ける伝統ブランドJBL、米国を代表するハイエンド・オーディオブランドMark Levinson、個性的な製品開発を続ける気鋭のブランドREVEL。これらのブランドが提供する精緻なサウンドは、世界中のオーディオファン、ホームシアターファンを魅了し、ライブ感あふれる音楽再現性が音楽好きの人々を虜にし続けている。HARMAN Sound Summit in Tokyoでは、これらの実力派オーディオブランドによる魅惑のハイエンド・オーディオ・コンポーネントを体験できる。

■HARMAN Sound Summit in Tokyo概要
会場:銀座SOLA(東京都中央区銀座2-2-18 TH銀座ビル10F)
入場:無料
開催日時:
・2019年11月22日(金)13:00~19:00
・2019年11月23日(土)11:00~19:00
・2019年11月24日(日)11:00~17:00

※試聴会のスケジュールは下記をご覧ください。試聴会以外の時間はフリータイムとなります。
※入退場はご自由ですが、試聴会は混雑時立ち見になることが予測されます。ぜひご予約の上ご来場ください。

■試聴会スケジュール
・Project EVEREST DD67000 Project EVEREST DD67000
■11月22日
14:00~ インテグレーテッドアンプで鳴らすブックシェルフスピーカー
15:30~ ステレオパワーアンプで鳴らす4367WXスタジオモニター
17:00~ モノラルパワーアンプで鳴らすProject K2
18:30~ New HFDriver搭載EVERESTを満喫!
■11月23日
12:00~ インテグレーテッドアンプで鳴らすブックシェルフスピーカー
13:30~ インテグレーテッドアンプで鳴らすフロアスピーカー
15:00~ ステレオパワーアンプで鳴らす4367WXスタジオモニター
16:30~ モノラルパワーアンプで鳴らすProject K2
18:00~ New HFDriver搭載EVERESTを満喫!

・4367WX 4367WX
■11月24日
12:00~ インテグレーテッドアンプで鳴らすブックシェルフスピーカー
13:30~ インテグレーテッドアンプで鳴らすフロアスピーカー
15:00~ ステレオパワーアンプで鳴らす4367WXスタジオモニター
16:30~ New HFDriver搭載EVERESTを満喫!

※各回定員25名です。
※各回とも所要時間は30分で、定刻に開始いたします。
※お電話等での受付は行っておりません。上記のサイトに必要事項をご入力のうえ、ご予約ください。
※定員になり次第、予約受付は終了いたします。

sub1

main


試聴会予約サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
周囲を気にせずに自分だけが起きられる!光と振動で起こしてくれる「アイマスクアラーム」
こんなオシャレなカメラバッグ見たことない!機能性抜群で普段使いもできるカメラバッグ「comora(コモラ)」がKibidangoでプロジェクト挑戦中
いつまでも足先あったか!バッテリーを収納してコードレス感覚で使える「モバイルバッテリーポケット付き USBあったかスリッパ」
パナソニックから「テクニクス」ブランドのステレオヘッドホン「EAH-DJ1200」が登場
集中力向上!!JVCケンウッドより高い遮音性能で不快音や騒音から耳を守るイヤーマフ「EP-EM70」






JBLから完全ワイヤレスのイヤホン新モデル「JBL FREE X」登場

d12767-145-103904-0

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、完全ワイヤレスイヤホン新モデル「JBL FREE X」を2018年10月26日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、公式通販サイト販売価格は1万4,880円(税別)。

■左右独立型でBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホン
今回発売する「JBL FREE X(フリーエックス)」は、 JBLの左右独立型のBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホン。JBL初の完全ワイヤレスイヤホンである「JBL FREE」の特徴を引き継ぎ、 Bluetooth接続性、通話音量、音楽再生音量等の基本性能を向上させた。

ケーブルがないので、ストレスフリーな環境で使用することができる。スタイリッシュなデザインは、人間工学に基づき設計し、しっかりと耳にフィットする快適な装着感を実現。 3種類のイヤチップと2種類のソフトカバーも付属しているので、自分の耳にあった組み合わせを選ぶことができる。また、プレミアム5.8mm径ドライバーの採用により、いつでもどこでもJBLならではの良質なサウンドを堪能することができる。

■充電機能付きケースを活用すれば最大24時間再生が可能
イヤホン本体は、 Bluetooth接続に対応し、最大約4時間のワイヤレス音楽再生ができるだけでなく、充電機能付きイヤホンケースを活用することで最大約24時間の音楽再生が可能だ。さらに、時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているので、約15分の充電で最大約1時間の音楽再生ができる。

また本製品は、イヤホン本体のJBLロゴ部分にあるボタン操作により、音楽再生や曲のスキップなどができるため、かばんからスマートホンを取り出すことなく、快適に音楽を楽しめる。また、右イヤピースにはマイクを搭載しており、ボタンをワンプッシュするだけで、高品質なハンズフリー通話も可能だ。さらに、左イヤピースの電源をオフにし、右イヤピースのみで音楽再生・通話をおこなうこともできる。

加えて、雨天時や汗をかいた際にも安心して使えるスプラッシュプルーフ(IPX5防水機能)に対応。いつでもどこでも手軽にJBLサウンドを楽しめる。

■主な仕様
製品名:JBL FREE X(フリーエックス)
カラー:ブラック、ホワイト
Bluetooth:バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、障害がない場合)
対応プロファイル:A2DP v1.3、 AVRCP v1.6、 HFP v1.6、 HSP v1.2
ユニット:5.8mm径ドライバー
周波数特性:10Hz-22kHz
重量:イヤホン:約15g、充電ケース:約84g
電池(イヤホン):充電: 約2時間 音楽再生: 最大約4時間
電池(ケース):イヤホン充電可能時間:最大約20時間
付属品:イヤチップ(S、 M、 Lサイズ) ※Mサイズ装着済、ソフトカバー(M、 Lサイズ)、充電ケース、充電用ケーブル

※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※充電・再生時間は使用環境により異なります。


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
本格的な“挽きたて”コーヒーが全自動で楽しめる「Toffy全自動ミル付4カップコーヒーメーカー」
スマホの画面に耳の中を映し出して耳掃除ができる「スマホでWi-Fi耳かきスコープ」
もうHDMIケーブルの抜き差しは不要!入出力に対応する「1台2役双方向HDMI切替器」
タニタから水や洗剤で丸洗いできるデジタルクッキングスケール2機種
エレコム、ロック機能搭載で水がこぼれにくいアロマ加湿器「エクリア ミスト」発売




カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ