ITライフハック

バッテリ

業務用に適したポータブル電源!「EcoFlow DELTA 2 Max」が登場

10

EcoFlow Technology Japanは、業務用やDIYに適したポータブル電源「EcoFlow DELTA 2 Max」が登場した。都内の会場で発表会も行われたので、その模様をお届けしよう。発表会は同社のマーケティングディレクターを務める中井拓氏が進行する形で行われた。

01
今回発表されたEcoFlow DELTA 2 Max


02
EcoFlow Technology Japanマーケティングディレクター 中井拓氏


DELTA 2 Maxは2048Whのリン酸鉄リチウム電池を搭載するポータブル電源。2048Whから6144Whまで拡張でき、屋外でのDIYや業務利用に適したサイズだ。5月25日から同社のオンラインストアの他、Amazon店や楽天市場店、Yahoo!ショッピング店や、全国の家電量販店、正規販売代理店で発売された。本体の価格は25万4100円だ。このほか専用エクストラバッテリーを14万9600円で、キャリーカートを1万8700円で販売する。

中井氏は前モデルの「DELTA Max」ユーザーのアンケートを紹介しつつ、利用者は屋外作業などの業務用用途が20~30%、自営業のユーザーが30%、月1回以上使う人が80%以上という割合で、不満点は本体が重すぎて運ぶのが不便だということを紹介。このほか中井氏が訪れた屋外イベントでは発電機を使っている人が多かったという。しかし今後はポータブル電源が発電機を上回ると予想する。「ポータブル電源は持ち運びが簡単で環境に優しい上にニオイがなく、音も小さい。メンテナンスも簡単だ」(中井氏)。

03
DELTA Maxのユーザー調査


04
発電機とポータブル電源の市場


05
発電機とポータブル電源の長所


06
DELTA 2 Maxの利用については、一般ユーザーと業務用ユーザーの半々を想定している


DELTA 2 Maxはこのほか、前モデルと異なりエクストラバッテリーを2台接続できるほか、ソーラーパネルも使うとエコな形電気を利用できるようになるのが特徴だ。全て接続すると6kWの電力が利用可能だ。中井氏は「3人家族で1日だいたい12kW程度の消費電力。半日くらいはバッテリーで生活できる」と語る。またバッテリーは約3000サイクルまで充電できるので、毎日使っても最大10年は利用可能だ。このほか難燃性の素材でできているので、大きな火災が起きる心配も低減されている。家庭向けだけでなく業務用ユーザーにも満足できる仕上がりとなっているのがDELTA 2 Maxというわけだ。

07
DELTA 2 Maxの概要


08
大容量で使えるDELTA 2 Max


■DELTA 2 Maxを使って家具とホットサンドを作成
発表会ではこの他、アウトドアインフルエンサーのYurie氏とバンライフビルダー鈴木大地氏によるトークセッションも開催されたほか、THE STANDによるキッチンカー展示と、三浦産小麦を使ったキューバサンド「Cuban Sandwich」が振る舞われた。

鈴木氏はさまざまなバンをキャンピングカーに改造するプロフェッショナル。Yurie氏のバンも自分で作ったあとは鈴木氏がリノベーションしたそうだ。Yurie氏は仕事が忙しくてキャンプに行けなくなり、それをきっかけに空間ごと移動できる車中泊であれば仕事もキャンプもできると思い、2017年に日産のバネットを購入。その後は北海道から九州の鹿児島まで回って車中泊をしていたそうだ。「短いときは1泊2日、長ければ10日や2週間くらいかけていくこともあります」(Yurie氏).

09
アウトドアインフルエンサーのYurie氏(左)と、バンライフビルダーの鈴木大地氏(右)


10
Yurie氏のバン


DSC02155
鈴木氏の作業デモも行われた


鈴木氏が使う工具はバッテリー式が主流だが、一部コード式のものがあるので、バッテリーを使って作業することもあるという。「持ち運びが楽で2個つなげると十分の容量になるので、ポータブル電源をぜひ導入したいですね」と鈴木氏。DELTA 2 Maxに対する期待も高そうだ。

11
当日振る舞われたキューバサンド

テクニカルライター 今藤 弘一


EcoFlow公式オンラインストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新しいWeb3の冒険が始まる!日本最大級クリプトカンファレンス「IVS Crypto 2023 KYOTO」 主要コンテンツ発表
AIvsプロライター!ChatGPTとプロライターの本気の文章がぶつかるイベントを開催へ
たった1回、5分の採血だけで全身のがんのリスクを発見できる!セルクラウド、「マイクロCTC検査」サービスの魅力
DXに取り組んでいる中堅中小企業は19.1%!業務デジタル化の”カギ”は人材・知識不足をサポートする「アナログな相談相手」
INFORICHとティーガイア、シンガポールにおける「ChargeSPOT」フランチャイズ展開に合意






本格的にオープンした「EcoFlow House」を訪ねてみた!大坂寛写真展『女性美』【まとめ記事】

01

ポータブル電源メーカーのEcoFlow Technology Japanが昨年9月より始動している「EcoFlow House」。その本格オープンを前に、EcoFlow Houseの内外を体験するプレス向け内覧会が開催されたので、その模様をお届けしよう。

Art Gallery M84は、 大坂寛写真展『女性美』を2023年5月22日(月)より開催する。今回の作品展は、Art Gallery M84の第128回目の展示として実施する企画展。アートコレクターである服部良夫(はっとり・よしを)氏の所蔵する「大坂寛氏のデビュー当時からコレクションした女性美の表現を追求した作品」で、モノクロームのゼラチンシルバープリントから厳選した約35点を展示、販売する。入場は、成人限定。

パスワードロックとハードウェアロック!保存データをしっかり守る、USB3.2 Gen1メモリ
サンワサプライ株式会社は、パスワードロックにより保存データを守り、さらに暗号化機能AES256対応のUSB3.2 Gen1メモリ「UFD-3HN8GW(8GB)」「UFD-3HN16GW(16GB)」を発売した。「UFD-3HNシリーズ」はセキュリティ機能付きのUSBメモリ。パスワードの設定を行うことで、保存データにパスワードロックをかけることができます。紛失した時でも大事なデータを守る。


新年度、情報漏えいリスクを無料でチェック!アララ、個人情報検出ツールを2ヶ月試せる「セキュリティ強化応援キャンペーン」を実施
4月から新年度という企業も多いだろう。入退社や人事異動も多いタイミングであることから、その対応や研修にかかわる人事総務部や情報システム部にとっては、大忙しの時期である。新卒や入社・異動した新たなメンバーへさまざまな研修が用意されていると思うが、中でも企業のリスク対策に欠かせないのがセキュリティ教育だ。


本格的にオープンした「EcoFlow House」を訪ねてみた
ポータブル電源メーカーのEcoFlow Technology Japanが昨年9月より始動している「EcoFlow House」。その本格オープンを前に、EcoFlow Houseの内外を体験するプレス向け内覧会が開催されたので、その模様をお届けしよう。


厳選した約35点を展示、販売!大坂寛写真展『女性美』【Art Gallery M84】
Art Gallery M84は、 大坂寛写真展『女性美』を2023年5月22日(月)より開催する。今回の作品展は、Art Gallery M84の第128回目の展示として実施する企画展。アートコレクターである服部良夫(はっとり・よしを)氏の所蔵する「大坂寛氏のデビュー当時からコレクションした女性美の表現を追求した作品」で、モノクロームのゼラチンシルバープリントから厳選した約35点を展示、販売する。入場は、成人限定。


初夏を先どり、爽やかに薫る!からやま「梅おろしからあげ定食」
とんかつ専⾨店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の⼦会社、エバーアクション株式会社は、2023年4月5日(水)より国内の「からやま」にて「梅おろしからあげ定食」、「からやま」「からあげ縁」にて「梅からあげ」の販売を開始した。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
数多くの桜の木が植えられている、靖國神社【千代田区「春のプチトリップツアー」】
千鳥ヶ淵ボート場でボートに乗船!ライトアップされた夜桜を鑑賞【千代田区「春のプチトリップツアー」】
IOWN1.0を活⽤した⽇本初のeスポーツイベント!「Open New Gate for esports 2023~IOWNが創るeスポーツのミライ~」を実施
落ち着いた空間のカフェ「VMG CAFE 九段会館テラス」が利用できる、九段会館テラス【千代田区「春のプチトリップツアー」】
桜を見ながら、桜をテーマにした特別メニューが味わえる!ホテルグランドアーク半蔵門【千代田区「春のプチトリップツアー」】






本格的にオープンした「EcoFlow House」を訪ねてみた

01

ポータブル電源メーカーのEcoFlow Technology Japanが昨年9月より始動している「EcoFlow House」。その本格オープンを前に、EcoFlow Houseの内外を体験するプレス向け内覧会が開催されたので、その模様をお届けしよう。

■“オフグリッド”な家
EcoFlow Houseは長野県伊那市の山中にある。元スキー場とキャンプ場だったという地には他に建物もなく、電気も水道も通っていない。4月になっても最高気温が20度、最低気温が2度という日較差も大きい厳しい環境。このような場所に立地するEcoFlow Houseの電気をまかなうのは同社が販売しているソーラーパネルとポータブル電源だ。いわゆる“オフグリッド”な家なのだ。厳しい自然環境と共存する家。これもEcoFlow Houseの目的の1つだ。

このEcoFlow Houseは同社のポータブル電源を購入した人向けにキャンペーンが行われており、抽選で選ばれたユーザーが宿泊できる。2023年3月17日より募集を開始しているが、すでに30組、80名を超える応募があり、当選者は4月中旬から順次宿泊することになっている(応募は9月30日まで)。

同社が掲げるEcoFlow Houseプロジェクトの目的は以下の通りだ。

1. 地域活性化貢献: 新たな観光資源の発掘、横山地域PRに貢献すること
2. 移住希望者の増加: 人口減少や高齢化といった解決の糸口に少しでも役立つこと
3. 地元企業様との連携: 新しい出会いやビジネスの創出の場、また雇用機会の創出をすること
4. 災害対策: ポータブル電源やソーラーパネルの活用により防災体験拠点として活用すること

伊那市は中央アルプスと南アルプスに囲まれた自然豊かな土地。旧来より厳しい自然環境で生活をしてきた土地が、EcoFlowのビジョンを体感できる場所だと感じたために、EcoFlow Houseを設置したという。

EcoFlow Houseに配置されているポータブル電源は、メインとしてパワーシステムと5kWhのバッテリー×2、400W据置型ソーラーパネル×4、100W据え置き型ソーラーパネル×4を電力として、DELTA PROやDELTA 2といった同社のポータブル電源が部屋などに配置されている。なお1日あたりのEcoFlow Houseの発電量を12kWhとして、バッテリーとソーラーパネルが用意されている。3人家族が1日あたり試用する電気は12.2kWh程度なので、十分まかなえるという計算だ。

なおEcoFlow Houseに至る山中は電波も来ていない場所だったが、EcoFlow Houseにはスターリンクが導入されているのでWi-Fiも利用可能。また筆者のau回線も使えた。

02
EcoFlow House外観


03
EcoFlow House内部。入るとすぐにあるのは大きなホール


04
その奥には居住スペースがある


05
冷蔵庫などの設備も用意されている


06
ソファーなども設置


07
ロフトには寝室がある


08
こちらがメインのパワーシステム


09
屋根に用意されているソーラーパネルとスターリンク


■山と気候変化とエネルギーと題した講演も
内覧会では地元で活動する団体による講演会も開催された。パラグライダーの日本代表選手として活躍したこともある呉本圭樹氏は、伊那市でパラグライダーを広げる活動を展開している。

10
呉本圭樹氏


山下勝彦氏はエアブラシアートや彫刻、巨大壁画の職人として活動している。大塚製薬の壁画を描いたこともあるそう。伊那に移住して5年くらいだと言うが、もともとは木曾の出身で、宿場町としてのあり方や、バードプロジェクトに参加しつつ活動しているとのこと。

11
山下勝彦氏


花谷泰広氏は20歳の時にネパール・ヒマラヤのラトナチュリ(7035m)に初登頂して以来、世界各地を股にかけるアルピニストだ。2012年には登山界のアカデミー賞と呼ばれているピオレドール賞を受賞している。

12
花谷泰弘氏


呉本氏はパラグライダーで飛んでいることで気候の移り変わりに気付いたという。パラグライダーは乾燥した上昇気流が強いときに良いフライトができるが、「大昔はここもまだ大雪が残っていたが、今はほぼ雪が降らない場所になっている。日本でもビッグフライトができる場所が多くなってきているし、今まで環境がよかったのにコンディションが整わず、飛べなくなっている場所もある。氷河や永久凍土が溶けているという話を聞くが、空の中を飛んでいても環境が変わってきていると感じる」とも。

13
パラグライダーで飛んでいる様子


花谷氏は登山の楽しさについて、「日常生活では失敗したら死ぬかもしれないという場面はほぼないが、自然を相手にしているといつ何時何が起きるか分からない。それに対してはある程度予測するし対処するが、リアルな命の駆け引きがあり、それが自然体験の本質的なところだと感じる」と語る。

14
花谷氏の登山の様子


山下氏は木曾の御嶽山で体験した山小屋のアルバイトを引き合いに出しながら、「御嶽山をなんとかして盛り上げたいという思いがあり、インバウンドに対応できるようなプロジェクトを進めているという。

15
内覧会当日に開催された山下氏によるアート制作


16
当日は伊那の食材を生かした料理も振る舞われた。右が伊那谷のそばで作られた信州伊那谷ガレット。左は伊那谷野菜を使った伊那谷生パスタ。とてもおいしかった


地球環境の変化を感じる現代。EcoFlow Houseのような場所が増えていけば環境に対する負担、負荷の軽減に役立つだろう。

EcoFlow Houseの募集はまだまだ続いているので、同社のポータブル電源を購入した人は、ぜひとも応募してみてはいかがだろうか。
テクニカルライター 今藤弘一


EcoFlow 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
数多くの桜の木が植えられている、靖國神社【千代田区「春のプチトリップツアー」】
千鳥ヶ淵ボート場でボートに乗船!ライトアップされた夜桜を鑑賞【千代田区「春のプチトリップツアー」】
IOWN1.0を活⽤した⽇本初のeスポーツイベント!「Open New Gate for esports 2023~IOWNが創るeスポーツのミライ~」を実施
落ち着いた空間のカフェ「VMG CAFE 九段会館テラス」が利用できる、九段会館テラス【千代田区「春のプチトリップツアー」】
桜を見ながら、桜をテーマにした特別メニューが味わえる!ホテルグランドアーク半蔵門【千代田区「春のプチトリップツアー」】






最新スマホを外で長時間使う裏技!ドコモ MEDIAS U N-02E 用大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「MEDIAS U N-02E」は、カジュアルなデザインのスマートフォンだ。
耐落下衝撃性能や、傷に対する優れた耐性を持った強化ガラスの採用で防キズ性能を実現。さらに、新塗装によって、指紋がつきにくい防汚コーティングを施している。しかも、防水(IPX5/8)防塵(IP5X)対応なので、様々なシーンで活躍できる。そんなアクティブなスマートフォンだからこそ、バッテリーの持ちが気になる人も多いだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ MEDIAS U N-02E 用スタンダード大容量バッテリー」と「ドコモ MEDIAS U N-02E 用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

最新スマホを外で長時間使う裏技!ドコモ LUMIX Phone P-02D 用大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「LUMIX Phone P-02D」は、風景も人肌もカメラにまかせてキレイに撮れる ルミックス フォンだ。お気に入りの写真をすぐに選べ、ピクチャジャンプでSNSへかんたんにアップできるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ LUMIX Phone P-02D 用スタンダード大容量バッテリー」と「ドコモ LUMIX Phone P-02D 用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

最新スマホを外で長時間使う裏技!ドコモ Xperia AX SO-01E 用大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「Xperia AX SO-01E」は、約4.7インチの高解像度HDディスプレイと1.5GHzデュアルコアCPU搭載したスマートフォンだ。手にしっくりと収まるデザインとサイズが自在な操作を実現したうえに、圧倒的な映像・写真・音楽体験できるスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ Xperia AX SO-01E 用スタンダード大容量バッテリー」と「ドコモ Xperia AX SO-01E 用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

Ultra WiFi 4Gをより長く使う裏技!Ultra WiFi 4G 101SI 用大容量バッテリー【モバステ通信】



ソフトバンク「ULTRA WiFi 4G 101SI」は、次世代高速通信 SoftBank 4G対応の高速データ通信端末だ。
業界最速の下り最大76Mbpsの通信速度を誇る端末であるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ULTRA WiFi 4G 101SI 用スタンダード大容量バッテリー」と「ULTRA WiFi 4G 101SI 用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

最新スマホを外で長時間使う裏技!ドコモ Optimus G L-01E 用大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「Optimus G L-01E」は、約4.7インチIPS液晶ディスプレイと1.5GHzクアッドコアCPU搭載したスマートフォンだ。防水機能、ワンセグ視聴機能、おサイフケータイ、赤外線通信対応に加え、スマホ向け放送サービス「NOTTV」にも対応した高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ Optimus G L-01E 用スタンダード大容量バッテリー」と「ドコモ Optimus G L-01E 用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

スマホが長時間つかえる秘密兵器!ドコモ GALAXY Note II SC-02E 用大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「GALAXY Note II SC-02E」は、 大画面5.5インチ有機ELディスプレイと1.6GHzクアッドコアCPU搭載したスマートフォンだ。ダイレクトに思いのままに操作できる革新的なUIと進化したSペン機能を備え、次世代通信サービスXiにも対応した高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ GALAXY Note II SC-02E 用スタンダード大容量バッテリー」と「ドコモ GALAXY Note II SC-02E 用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

話題のスマホに強い味方が登場!ドコモ、ARROWS X F-10D用 大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「ARROWS X F-10D」は、最新のAndroid 4.0を搭載したスマートフォンだ。受信最大75Mbpsの超高速通信「Xi(クロッシイ)」に対応したうえ、モバイルWi-Fiルーターとしても使用できる高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ ARROWS X F-10D用スタンダード大容量バッテリー」「ドコモ ARROWS X F-10D用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

話題のスマホに強い味方が登場!ドコモ、Xperia GX SO-04D用 大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「Xperia GX SO-04D」は、最新のAndroid 4.0を搭載したスマートフォンだ。受信最大75Mbpsの超高速通信「Xi(クロッシイ)」に対応したうえ、モバイルWi-Fiルーターとしても使用できる高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ Xperia GX SO-04D用スタンダード大容量バッテリー」「ドコモ Xperia GX SO-04D用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

スマホが長時間つかえる秘密兵器!ドコモ AQUOS PHONE st SH-07D 用スタンダード大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「AQUOS PHONE st SH-07D」は、最新のAndroid 4.0を搭載したスマートフォンだ。独自のミュージックプレイヤー「Music'n Player」を搭載した高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ AQUOS PHONE st SH-07D 用スタンダード大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

スマホが長時間つかえる秘密兵器!ドコモ GALAXY S III SC-06D 用スタンダード大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「GALAXY S III SC-06D」は、最新のAndroid 4.0を搭載したスマートフォンだ。高速な1.5GHzデュアルコアCPUを搭載し、次世代通信サービスXiにも対応した高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ GALAXY S III SC-06D 用スタンダード大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

最新モバイルルーターに強い味方!ドコモ BF-01D用大型大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモの「BF-01D」は、超高速通信「Xi(クロッシィ)」対応のモバイルルーターだ。受信時最大75Mbpsの高速で快適なインターネットを楽しめるのが大きな魅力だ。そんなユーザーの中には、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ モバイルルーター BF-01D用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

最新スマホに最強兵器が登場!ソフトバンク AQUOS PHONE 104SH対応大容量バッテリー【モバステ通信】



ソフトバンクの「AQUOS PHONE 104SH」は、最新のAndroid 4.0を搭載したスマートフォンだ。さらに、高速な1.5GHzデュアルコアCPUを搭載し、「ULTRA SPEED」にも対応した高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ソフトバンク AQUOS PHONE SoftBank104SH対応スタンダード大容量バッテリー」「MugenPower AQUOS PHONE104SH対応 大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

最新スマホに最強兵器が登場!ソフトバンク AQUOS PHONE 103SH対応大容量バッテリー【モバステ通信】



ソフトバンクの「AQUOS PHONE 103SH」は、薄型のスタイリッシュなボディに高精細な4.0インチQHD(960×540ドット)NewモバイルASV液晶を搭載したスマートフォンだ。さらに、1.4GHzの高性能CPU「Qualcomm MSM8255」を搭載した高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ソフトバンク AQUOS PHONE SoftBank 103SH対応スタンダード大容量バッテリー」「MugenPower AQUOS PHONE103SH対応 大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。続きを読む

Galaxy Noteを1日フルに使い倒せる!2.2倍の大容量5400mAhバッテリの便利さと使い勝手



Galaxy Noteは、5.3インチの大画面とペン入力というスマートフォンの新しいスタイルを見事に実現した端末です。国内向けのNTTドコモ版は、LTE高速通信Xiに対応していることで、単体で高速通信できるだけでなく、テザリングを利用してWiFiタブレットやノートPCのモバイルルーターとしても活用できます。

こうした多様な使い方ができるのもスマートフォンとして最大となる2500mAhの大容量バッテリを搭載しているところにあります。現在販売中のXiスマートフォンのバッテリ容量は最大で1800mAhですが、Galaxy Noteは約30%近く多い容量を搭載しており、その分、Xiやテザリングを活用できます。バッテリの消費に気を配りながら利用すれば十分1日持たせて利用することもできます。

とはいっても30%前後多いだけですので、テザリングやXiを本気でバリバリを使えばバッテリはみるみる減り、バッテリが1日持たないことにはかわりはありません。

せっかくの大画面、高速Xi通信とテザリングですので、バッテリ消費を気にしないで使いたいものです。
今回は、電池を気にせず使える5400mAhの大型大容量バッテリーを入手したので、早速レポートしてみます。

続きを読む

話題のスマホに強い味方!ドコモ MEDIAS ES N-05D用大型大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモの「MEDIAS ES N-05D」は、薄さ6.7mmのスリムボディに4.3インチ高精細HD液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンだ。「スマートフォンあんしん遠隔サポート」 にも対応している。高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ MEDIAS ES N-05D用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

話題のスマホに強い味方!ドコモ MEDIAS LTE N-04D用大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモの「MEDIAS LTE N-04D」は、デュアルコアCPUと4.3インチ高精細液晶を搭載した防水スマートフォンだ。受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbpsの超高速データ通信「Xi」に対応したうえに、防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線などの便利機能もしっかり備えている。高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ MEDIAS LTE N-04D用スタンダード大容量バッテリー」「ドコモ MEDIAS LTE N-04D用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

話題のスマホに強い味方!ドコモ Galaxy Note SC-05D用大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモの「Galaxy Note SC-05D」は、高性能CPUを搭載したスマートフォンだ。受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbpsの超高速データ通信「Xi」に対応したうえに、ペン操作や手書き入力ができる。高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ Galaxy Note SC-05D用スタンダード大容量バッテリー」「ドコモ Galaxy Note SC-05D用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集








l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ