自作PCが安いと言われたのは昔の話、いまではショップブランドのホワイトボックスPCのほうが圧倒的なコストパフォーマンスを誇る。メーカー製PCの値段もそれほど違わなくなってきた。そんな状況でPCを自作する場合は、人と同じモノでは嫌だったり自分だけのオリジナル構成にしたいといった特別な理由があったりする。

しかし、例えばメーカー製のスリムなデスクトップPCを購入し、特に不満もなく使っていた人が、何かをきっかけに結構なスペックを必要とするゲームをしたいと考えるようになった場合、CPUのスペックは満たしているが、グラフィックスが強化できない、ハードディスクの空き容量は十分余裕があるけどメモリー容量が足りないといった中途半端に要件を満たしているような場合、わざわざ新規でPCを購入する必要があるだろうか? と考えると、これまた微妙だったりする。


続きを読む