ITライフハック

パーティション

周囲からの視線を遮りパーソナルスペースを確保できる!フェルト製3面卓上パーティション

main

サンワサプライ株式会社は、集中力アップに最適な、フェルト製3面卓上パーティション「SPT-DPFシリーズ」を発売した。

■フェルト製3面卓上パーティション
「SPT-DPFシリーズ」は、パーソナルスペースを確保できるフェルト製3面卓上パーティション。
01

本製品は接合部分がファスナー式なので、簡単に切り離しや連結ができる。また、ファスナー部には少し隙間があり、そこからケーブルなどを通すことで、パソコンなどの機器を充電しながら作業ができる。
02

フェルト素材には吸音性があるため、周りの声や音が届きにくくなり集中しやすい環境を作れる。設置することによって周囲からの視線を遮ることができるので、プライバシーに配慮が必要な書類やデータを取り扱う際にも便利だ。また、使用しないときは折り畳んで平らな状態にして保管することができるため収納性にも優れている。
03

本製品は、幅1350mmタイプの「SPT-DPF140シリーズ」、幅1150mmタイプの「SPT-DPF120シリーズ」、幅750mmタイプの「SPT-DPF80シリーズ」の3種類あります。カラーバリエーションは、ベージュ・グリーン・ライトブルーの3種類。

使用する環境や好みに合わせて選択できる。

吸音フェルト卓上パーティション「SPT-DPFシリーズ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
カルチャーに関連した記事を読む
秋の味覚×タイ料理!キノコの炊き込み“スパイシー”カオマンガイ
おうちハロウィンにぴったりなプティスイーツを!アンテノール、ハロウィン限定ケーキ
びっくりドンキー史上最⼤級のボリューム!400gの「ガリバーバーグ」が期間限定で登場
上質感やすっきりとした飲み心地!サントリー「伊右衛門 ホット京都ブレンド」
受賞アート作品を決定!飾りたいと思う写真展『アートの競演 2021新涼』【Art Gallery M84】






アクリルを使用!自立式の3連透明パーティション

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、圧迫感の無い透明タイプ、キャスターで簡単に移動ができる3連パーティション「100-SPT020WC」を発売した。

■様々なレイアウトで使用できる3連パーティション
本製品は、キャスター付きで、様々なレイアウトで使用できる3連パーティション。
sub2

パネルに透明のアクリルを使用した自立式で、キャスター付きで360°回転するため、柔軟なレイアウトが可能だ。間仕切りが透明なのでオフィスのイメージを大きく変えることなく、飛沫感染防止への配慮ができる。
sub10

透明度の高いアクリル製のため、視線と光を遮らず空間を明るく仕切れる。透明なので、圧迫感がなく見通し良好でミーティングスペースなどのエリア分けにも便利だ。
sub7

また、外気の侵入や、空調の流れを調節する用途にも使える。パネル部が透明でもフレームが白色のため、パーティションとして認識できる。
sub18

本製品のサイズは約W1800×D400×H1600mm(パーティション3枚を開いた時)、重量は約16.3kg。

3連パーティション「100-SPT020WC」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
からあげ&辛いもの好きにはたまらない!夏は旨辛、「赤カリ」登場
猫ちゃんの快適空間が簡単に作れる!冷温ヒーター付きペットハウス「アニマルカプセルホテル」
夏のお出汁スパゲティ!東京たらこスパゲティ「炙り明太子とじゃこトマトの冷製スパゲティ」
科学的に味覚相性を証明!レモン胡椒と餃子は好相性
「鬼滅の刃」コラボ商品が初登場!エポック社のアーツ&クラフト玩具「ホイップる」






低価格かつ高機能な「EaseUS PDF Editor」、「鰻と焼きとり弁当」が新登場【まとめ記事】

image001

「EaseUS PDF Editor」(以下、PDF Editor)は、低価格かつ高機能なPDF編集ソフトである。EaseUS社は、2004年に創業した中国のソフトウェア開発会社であり、データリカバリやデータバックアップ、パーティション管理などのツールを開発・販売しており、同社のツールはコストパフォーマンスが高く使いやすいことで定評がある。
アークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、からあげ専門店「からやま」などを運営するエバーアクション株式会社は、2021年6月4日(金)より国内の「からあげ・とり弁 縁」にて、「鰻と焼きとり弁当」を期間限定で販売する。

M&Aアドバイザーが一度に担当できるディール数増加に寄与!Digitalize M&Aの結果を発表
株式会社M&A総合研究所は、独自に自社開発したM&A仲介DXシステム「Digitalize M&A」を2020年10月より運用を開始し、その結果、M&Aの成約期間の短縮化や社員の生産性向上などの成果が得られたことを明らかにした。同社は社内にて無作為に抽出した15名のM&Aアドバイザーを対象に調査を実施。独自開発したDXシステム「Digitalize M&A」の運用前の6ヶ月間(2020年4月〜2020年9月)と運用後の6ヶ月間(2020年10月〜2021年3月)を比較し、生産性の改善、M&Aが成約に至るまでの期間などを比較した実証結果を発表した。


PDFを自由に作成・編集できる!低価格かつ高機能な「EaseUS PDF Editor」
「EaseUS PDF Editor」(以下、PDF Editor)は、低価格かつ高機能なPDF編集ソフトである。EaseUS社は、2004年に創業した中国のソフトウェア開発会社であり、データリカバリやデータバックアップ、パーティション管理などのツールを開発・販売しており、同社のツールはコストパフォーマンスが高く使いやすいことで定評がある。PDF Editorは、Windows対応のソフトであり、対応OSはWindows 10/8.1/8/7となっている。



ひとつのビーコンで最大6種発信できる!マルチアドバタイズBLEビーコン
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、BeaconとEddystoneの両方に対応し、ひとつのビーコンで複数の信号を同時発信可能な、マルチアドバタイズBeacon「400-MMBLEBC4-1」を発売した。iBeacon・Eddystoneに対応したBLEビーコンです。最大で6スロット同時発信するマルチアドバタイズが可能だ。6スロットを同一データフォーマットで発信することも、全て異なったデータフォーマットや使用したいデータフォーマットのみで設定することも可能だ。IP66の防塵・防滴性がある。


ガリガリ君とポケモンカードゲームが今年もコラボ決定!大人なガリガリ君ゴールデンパイン
赤城乳業株式会社は、「大人なガリガリ君ゴールデンパイン」 を2021年5月31日(月)から全国で発売する。 大人なガリガリ君ゴールデンパインは、パイン味のアイスキャンディーに、ガリガリ食感のジューシーなパイン味のかき氷を入れたアイスキャンディー。ゴールデンパイン果汁を33%使用した、本格的な果汁感が味わえる商品。 従来のガリガリ君よりも氷の粒を細かくすることで、冷凍パインのようなシャリシャリとした食感も楽しめる。


肉厚の鰻を香ばしくふっくら焼きあげた!「鰻と焼きとり弁当」が新登場
アークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、からあげ専門店「からやま」などを運営するエバーアクション株式会社は、2021年6月4日(金)より国内の「からあげ・とり弁 縁」にて、「鰻と焼きとり弁当」を期間限定で販売する。店内で揚げたてのからあげと焼きとりで、ライブ感をお届けするテイクアウト専門店「からあげ・とり弁 縁(ゆかり)」。期間限定のやきとり弁当シリーズに、夏メニュー「鰻と焼きとり弁当」が新登場。鰻と焼きとり、主役級のグリルをひとつのお弁当に盛り込んだ夏にぴったりのスタミナメニュー。「鰻と焼きとり弁当」は、Uber Eatsでデリバリーも可能だ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
USB3.2 Gen2の高速転送10Gbpsに対応!電圧・電流チェッカー搭載ドッキングステーション
Type-CとUSB3.2A、どちらも接続できる!モニター2台へ出力可能なドッキングステーション
2台の機器をまとめて設置できる!ノートパソコン用縦置きアクリルスタンド
オンライン会議に最適!Anker初の高画質ウェブカメラ「Anker PowerConf C300」
簡単に取り付けできる!モニター裏収納背面ポケット






PDFを自由に作成・編集できる!低価格かつ高機能な「EaseUS PDF Editor」

image001

PCやスマートフォンのユーザーなら、かならずお世話になるのがPDFファイルだ。PDFとは、Portable Document Formatの略で、デバイスやアプリーケション、OSを問わず、同じ見た目の文章や図版を表示するために開発されたフォーマットである。PDFはもともとAdobeが開発したもので、閲覧にはAdobe Acrobat Readerが、編集や作成にはAdobe Acrobatが必要であった。2008年にISOによってPDFがオープンな国際標準規格として公開され、WindowsやMac OSなどがOS標準で、PDFファイルの閲覧ができるようになった。

PDFファイルは、デバイスやブラウザなどに依存せずに文書や図版を表示できるため、電子書籍やマニュアル、ニュースリリース、ビジネス書類など、さまざまな分野で使われている。PDFをを閲覧したり、印刷するだけならOSの標準機能やフリーソフトでも十分だが、PDFを一から作成したり、文字や画像を追加するといった編集を行うには有料のPDF編集ソフトが必要になる。

今回紹介する「EaseUS PDF Editor」(以下、PDF Editor)は、低価格かつ高機能なPDF編集ソフトである。EaseUS社は、2004年に創業した中国のソフトウェア開発会社であり、データリカバリデータバックアップパーティション管理などのツールを開発・販売しており、同社のツールはコストパフォーマンスが高く使いやすいことで定評がある。

PDF Editorは、Windows対応のソフトであり、対応OSはWindows 10/8.1/8/7となっている。

■WordやExcel、PowerPoint、画像などとの相互変換が簡単にできる
PDF Editorは、オールインワンのPDF編集ソフトであり、PDFファイルの作成から編集、形式変換、結合、分割など一通りの機能を全て備えている。

まずは、形式変換機能から紹介する。ニュースリリースなどのPDFファイルを受けとったときに、Word形式に変換して編集したいとか、逆に誰かが作ったPowerPoint文書をPDFファイルに変換して配布したいといったニーズは多い。

PDF Editorは、画面デザインやUIもシンプルで分かりやすい。上によく使う機能のアイコンが並んでいるので、直感的に使える。PDFファイルから他の形式への変換は、「変換」アイコンをクリックするだけだ。「変換」アイコンをクリックすると、変換後の形式がずらりと並んで表示されるので、目的の形式を選ぶだけで変換が開始される。変換可能な形式は、Word、Excel、PowerPoint、HTML、BMP、JPEG、PNG、GIF、TIFFと幅広い。環境によってはフォントが置き換わることもあるが、図表を含めて変換精度は高く、レイアウトが崩れるようなことはない。
image003
PDF Editorの起動画面

image005
PDFファイルをWord形式に変換する

image007
Word形式に変換したファイルをWordで読み込ませたところ

反対にWordやExcel、PowerPointなどで作った文書や画像をPDFファイルに変換することも簡単だ。左上の「作成」アイコンをクリックし、「ファイルから」を選択、ファイルを読み込ませるだけで自動的にPDFファイルに変換される。PDFファイルに変換可能な形式は、先ほどのPDFファイルからの変換と同じである(Word、Excel、PowerPoint、HTML、BMP、JPEG、PNG、GIF、TIFF)。こちらも、ほぼ完璧にPDFファイル化が可能であった。
image009
こちらはPowerPoint形式の文書をPDFファイル化したもの

また、一からPDFファイルを作りたいのなら、「作成」アイコン→「空白のドキュメント」を選べばよい。テキストを入力したり、画像を貼り付けるなどして、自由にPDFファイルを作成できる。
image011
一からPDFファイルを作成する場合、文書のサイズを指定する

image013
文字のサイズや色などを自由に変更でき、画像も貼り込める

■既存のPDFファイルの編集も自由にできる
PDF Editorでは、既存のPDFファイルに文字や画像を追加したり、注釈を入れるといったことも自由にできる。注釈を入れるには、「注釈」アイコンをクリックし、注釈の入れ方を選んで、注釈を入れる場所をクリックすればよい。また、PDFファイルの文章に文字を追加したり、文字を削除することもできる。
image015
PDFファイルに注釈を入れることができる

image017
文章の修正も可能

さらに、複数のPDFファイルを1つに結合したり、特定のページだけ抽出する、パスワードで保護するといった、業務でよく必要になる機能ももちろん備えている。なお、スキャン画像などから作成したPDFファイルについては、OCRによって文字認識を行うことができるとされているが、筆者が試したところでは、OCR機能自体は選択、実行できるもののテキストはうまく認識されなかった。29言語に対応したOCR機能を備えていると謳われているが、日本語OCRについてはまだ未実装なのかもしれない。また、PDFファイルに「ドラフト」や「社外秘」などのウォーターマークを入れることも可能だ。
image019
OCR機能では29言語に対応しているとのことだが、日本語OCRはうまく動作しなかった

image021
「ドラフト」などのウォーターマークを入れることもできる

■純正Acrobatに比べて大幅に安いことが魅力
PDF Editorは、動作も軽快で、ページ数の多いPDFファイルも快適に扱える。機能的にも充実しており、一般的な使い方なら、Adobe純正のAcrobatを購入する代わりにPDF Editor」を導入すればほとんど用が足りる(もちろん、Acrobatの機能を全てPDF Editorが備えているわけではないが)。Acrobatの最新バージョンは、サブスクリプションまたは永続ライセンスで販売されているが、前者は月額1,738円(Acrobat Pro DC)または月額1,518円(Acrobat Standard DC)、後者は79,442円(Acrobat Pro 2020)もする。

それに対し、PDF Editorは、月間ライセンスは3,949円とAcrobatよりも高価になっているが、年間ライセンスは6,589円、永久無料アップグレードは10,549円と手頃な値段となっている。永久無料アップグレードは、永久にソフトを利用可能で、しかも新バージョンが登場する度に無料でアップグレードできるので、非常にお得だ。

PDFファイルを普段から取り扱っていて、PDFファイルを他のファイル形式に変換したり、自由に編集・作成したいと思っている人には、特にお勧めしたい。
テクニカルライター 石井英男


オールインワンのPDF編集ソフト「EaseUS PDF Editor」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
USB3.2 Gen2の高速転送10Gbpsに対応!電圧・電流チェッカー搭載ドッキングステーション
Type-CとUSB3.2A、どちらも接続できる!モニター2台へ出力可能なドッキングステーション
2台の機器をまとめて設置できる!ノートパソコン用縦置きアクリルスタンド
オンライン会議に最適!Anker初の高画質ウェブカメラ「Anker PowerConf C300」
簡単に取り付けできる!モニター裏収納背面ポケット






デスクに取り付けできる! 飛沫感染防止用アクリルパーティション

main

サンワサプライ株式会社は、デスクに取り付けできる、飛沫感染防止用クランプ式パーティション「SPT-DP60CL」と、貼り付け式パーティション「SPT-DPHT60CL」を発売した。

デスクに取り付けできる飛沫感染防止用アクリルパーティション■
「SPT-DP60CL」「SPT-DPHT60CL」は、デスクに取り付けできる飛沫感染防止用アクリルパーティション。

高さは600mmで、パーティションが顔よりも高くなるので飛沫防止に最適な高さだ。
01

「SPT-DP60CL」はクランプ取り付け式のパーティションだ。デスク天板を挟んで固定するので、パーティションが動いたり、倒れたりする心配がない。また、デスクの素材などの関係で両面テープ固定ができない場合にもおすすめだ。
02

サイズは幅600×奥行き55×高さ650mmで、クランプ部分を除いたデスク上での高さは600mm。
02

「SPT-DPHT60CL」は両面テープ取り付け式のパーティション。両面テープで貼り付けるだけなので、デスクへの固定が簡単にできる。天板の構造などによりクランプ固定ができないデスクでも使える。
03

サイズは幅600×奥行き43×高さ600mmで、両面テープを3枚付属している。
04

両製品とも透明度が高いアクリル製なので見通しがよく、光を遮らないので圧迫感がない。本製品は水や汚れに強く、パーティションに付着した飛沫などの汚れの掃除が簡単にできる。
05

透明なパーテーションなので、間を仕切りながらも相手の表情や様子を伺うことができる。不特定多数の人と向かい合って話す受付業務や窓口、対面の座席に長時間座るオフィスなどにおすすめな製品だ。また、こまめな掃除が必要な飲食店などでの設置にも適している。

飛沫感染防止用クランプ式パーティション「SPT-DP60CL」
貼り付け式パーティション「SPT-DPHT60CL」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
1,800円、300gの国産黒毛和牛!ステーキ屋松、牛肉の王様「サーロイン」を販売
『鬼滅の刃』より主人公炭治郎の妹「竈門禰豆子」!お手頃価格の「POP UP PARADE」で登場
医療従事者への感謝を行動に!「資生堂 Hand in Hand Project」メッセージ動画を公開
ステーキガストは『コンボ』がお得!テイクアウトキャンペーン
家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』!PlayStation 5、Xbox Series X|Sで発売決定






飲食店やオフィスに簡単に設置できる!透明アクリル製卓上パーティション

main

サンワサプライ株式会社は、飲食店やオフィスに簡単に設置できる透明アクリル製卓上パーティション「SPT-DP102C」「SPT-DP103C」を発売した。

■透明アクリル製の卓上パーティション
「SPT-DP102C」「SPT-DP103C」は、透明アクリル製の卓上パーティション。
01

透明度が高いアクリル製を採用しているため卓上に設置しても圧迫感がなく、違和感なく馴染む。
02

飲食店のテーブルやオフィスのデスク間などに設置したり、受付などのお客様と対面する場所に仕切りとして設置するなど、ウィルス感染対策・飛沫対策としておすすめだ。
03

本体に付属の脚パーツを取り付けるだけの簡単組み立て。「SPT-DP102C」は脚パーツの取り付け位置を変更でき、内側にすることでパネルをデスク天板から100mmはみ出して設置することもできる。
04

パネルサイズは「SPT-DP102C」が幅600×高さ600mm、「SPT-DP103C」が幅1000×高さ600mm。
05

透明アクリル製卓上パーティション「SPT-DP102C」
透明アクリル製卓上パーティション「SPT-DP103C」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
わんぱくオムそばで、おなかいっぱいに!かつや、テイクアウト専用「全力飯弁当」
発酵と熟成がテーマの日本料理レストラン!GINZA豉KUKI、新ディナーメニューが登場
面倒なトイレ掃除を電動で楽々!『自動でブラシをUV除菌!「電動回転キュキュブラシ」』
888円、ビールを含む飲み放題!モンテローザ、LINE会員限定セール
結婚式よりも、結婚式らしい!ウエディングフォトスタジオ「LUMINOUS Tenjin」をオープン






失敗することなく簡単にパーティションの管理が行える!「EaseUS Partition Master Professional」

image015

パソコンに内蔵される1台のハードディスクやSSDを使って複数のOSを利用したり、ファイルを用途別に簡単に管理できるように、複数のパーティションを確保して運用している人もいるだろう。ただ、複数のパーティションを確保してしまうと、それぞれのパーティションサイズを変更したくなっても、非常に面倒な作業が伴ってしまう。そこで今回は、手軽にパーティションを操作、管理できるソフト「EaseUS Partition Master Professional」を紹介する。

image001
EaseUS Partition Master Professional

■幅広い環境でパーティション操作が行える
パソコンを利用している大多数の人は、HDDやSSDなどの内蔵ストレージを単一パーティションのみで運用していると思う。しかし、1台の内蔵ストレージでWindowsとLinuxなど複数のOSを同時にインストールして使い分けたり、OSをインストールするパーティションとデータを保存するパーティションを分けて使うというように、複数のパーティションを確保して運用している人も少なからず存在する。

そのように、内蔵ストレージに複数のパーティションを確保してパソコンを利用している場合に困るのが、パーティションの構成を変更したくなった場合だ。パーティションの構成によっては、Windows 10に用意されている「ディスクの管理」を利用することで、確保しているパーティションサイズを変更できる場合もある。しかし、実際には様々な制限があるため、思い通りにパーティション構成を変更できない場合がほとんどだ。そうなると、必要なデータを全てバックアップした後に、ドライブのパーティションを全て削除し、OSインストールからやり直しつつ、目的通りにパーティションを作成しなければならず、非常に面倒な作業が必要となる。しかも、操作を誤ってしまうと、データを失ってしまう危険性もある。
image003
Windows 10の「ディスクの管理」でもパーティション操作は可能だが、思い通りの操作は難しい

しかしパーティションを操作、管理できるソフト「EaseUS Partition Master Professional」だ。EaseUS Partition Master Professionalを利用すれば、そういった面倒な作業不要で、パーティション構成を自由に変更できる。

EaseUS Partition Master Professionalでは、ドライブ内にパーティションを作成したり、既存パーティションを削除するといった基本的な作業はもちろん、パーティションのサイズ変更、パーティションの移動といった高度なパーティション操作を、わかりやすいUIで簡単に行えるようになっている。また、基本的なパーティション管理だけでなく、パーティションの結合やコピー、削除したパーティションの復元、ファイルシステムの変更など、高度な機能も網羅している。

対応OSや対応デバイス、対応ファイルフォーマットも多岐に渡っている。OSはWindows XPから最新のWindows 10まで幅広く対応。デバイスは、IDE接続のHDDやSATA接続のHDD、SSD、SCSI接続のHDD、PCI Express接続のSSDに加えて、RAID構成のドライブ、IEEE 1394やUSB接続kの外付けドライブなどもサポートしている。さらに、ファイルシステムもFAT 32やNTFSといったWindowsで利用されているファイルシステムはもちろん、FAT16、EXT2/3、ReFSなど、MS DOSなどの旧OSやLinuxなどのファイルシステムにも対応しており、非常に幅広い環境に対応できる。そのため、上級者にも十分に満足できるツールと言える。
image005
EaseUS Partition Master Professionalなら、わかりやすいUIで高度なパーティション操作が行える

image007
パーティションの作成や削除に加え、パーティションのコピーや移動など、多くの機能が用意されている

■わかりやすいUIで簡単にパーティション管理が可能
EaseUS Partition Master Professionalの魅力は、機能が充実している点に加えて、グラフィカルなUIによってわかりやすく操作できる点もある。

EaseUS Partition Master Professionalを起動すると、パソコンに搭載、または接続されているドライブのパーティション情報が一覧表示される。そして、操作したいパーティションを選択してサイズ変更や削除などの変更を加え、最終的に操作を完了させると、実際にパーティション構成が変更される。最終的に完了の操作を行わない限り実際のパーティション構成は変更されないため、途中でやり直すことも問題なく行える。

では、実際にCドライブとDドライブと2つのパーティションサイズを調整する手順を紹介する。今回は、いずれのパーティションにもデータが存在する状態で、Cドライブのサイズを増やしてみた。

まずはじめに、Dドライブのパーティションを選択して「パーティションのサイズ調整/移動」を選択。今回は前方のCドライブの容量を増やすため、Dドライブ前方のスライドバーを利用してDドライブの容量を減らす。そして、Dドライブの前方に目的の容量の空き領域が確保されることを確認したら、まずここで左上のチェックマークのアイコンをクリックして操作を完了させる。

パーティション構成の変更が完了し、空き領域が確保されたら、次はCドライブを選択し、同じように「パーティションのサイズ調整/移動」を選択後、後方のスライドバーで容量を増やす。そして、先ほどと同じように左上のチェックアイコンをクリックして操作を完了。以上で、双方のドライブの容量が変更される。もちろん、保存ファイルも失われることなく残されたままだ。
image009
Dドライブを選択し、右クリックメニューから「パーティションのサイズ調整/移動」を選択

image011
Dドライブのパーティション前方のスライドバーを操作し、目的の容量までサイズを減らす

image013
左上のチェックマークのアイコンをクリックし、操作を完了

image015
Dドライブのパーティションサイズが調整される

image017
未割り当て領域が確保されたら、次はCドライブを選択し「パーティションのサイズ調整/移動」を選択

image018
パーティション後方のスライドバーを操作し、未割り当て領域をCドライブに加える

image029
メインメニュー左上のチェックマークアイコンをクリックし操作を完了

image021
操作前のドライブの状況。Cドライブ、Dドライブともに460GBほどの容量が確保されていた

image023
操作後、Cドライブの容量が636GBに増え、Dドライブの容量は294GBに減った

image025
一連の操作を行っても、Dドライブに保存していたデータは問題なく保持されたままだ

続いて、EaseUS Partition Master Professionalならではの便利な機能となる、パーティションの結合を試してみよう。こちらは、複数のパーティションを結合する機能だが、それぞれのパーティションに保存しているデータを失うことなく結合できる点が特徴となっている。実際に、DドライブとEドライブの2つのドライブを用意し、それぞれにデータを保存した状態でDドライブにEドライブを結合してみた。作業は簡単で、EaseUS Partition Master Professionalを起動してDドライブを選択し、メニューから「パーティションをマージ」を選択。続いて、結合したいEドライブを選択。その後、左上のチェックアイコンをクリックして操作を完了させると、双方のドライブが1つのドライブとして結合される。
結合後にDドライブをチェックしてみると、Eドライブに保存していたデータが失われることなく専用フォルダにまとめて保存されていた。双方のパーティションのデータを保存することなく結合できる点は、非常に便利だ。
image027
結合元となるパーティションを選択して「パーティションをマージ」

image018
結合したいパーティションを選択

image037
設定が完了したら、左上のチェックマークアイコンをクリックして操作を完了させる

image031
DドライブとEドライブが結合され、Eドライブに保存されていたファイルは専用フォルダに格納される

間違って削除したパーティションの復元も、非常に簡単だ。EaseUS Partition Master Professionalを起動して「パーティションの復元」機能を起動すると、削除したパーティションが自動的に検出される。あとは、復元したいパーティションを選択して操作を完了させるたけで、削除したパーティションが復元される。もちろん、保存していたファイルもそのまま復元される。
image033
パーティションの復元機能を利用すれば、削除したパーティションを復元できる

image035
ドライブの未割り当て領域が検索され、削除したパーティションが見つかる

image037
パーティションの復元は短時間で終了する

image039
パーティションが復元されると、保存していたデータも復活する

こういったパーティション操作以外にも、特定のパーティションやディスク全体を別のドライブにコピーする機能も用意。こちらは、バックアップツール「EaseUS Todo Backup」に用意されている「ドライブ複製機能」と同じようなもので、OSなどのシステムやアプリなども含めて丸ごと異なるドライブにコピーや複製が可能だ。この機能は、パソコンの内蔵ドライブをより大容量なものに変更したい場合や、HDDからSSDに変更したい場合などに有効。

合わせて、HDDからSSDに変更する場合に便利な「4kアライメント調整」機能も備える。HDDとSSDではクラスタサイズが異なるため、単純にドライブを複製した場合にはSSDの性能が最大限引き出せなくなる場合がある。しかしEaseUS Partition Master Professionalには、4kアライメント調整機能によってSSDのクラスタサイズを考慮してデータ配置が調整されるため、従来の環境をそのまま再現しつつ、SSDの性能も最大限引き出せる。こういった細かな配慮も、利用者にとって嬉しい部分と言える。

■失敗のないパーティション操作を行いたい人の必需品
このようにEaseUS Partition Master Professionalは、簡単かつ失敗なくパーティション管理が行える、非常に便利なツールだ。通常、パーティション構成を変更する必要が発生する場面はそれほど多くないかもしれない。ただ、EaseUS Partition Master Professionalはパーティション操作だけでなく、間違って削除したパーティションの復元や、パーティションやディスクの複製機能を利用することで、内蔵ドライブを大容量HDDやSSDに交換する場合にも活用できるため、持っていて損のないツールとだろう。
ライター平澤寿康

EaseUS Partition Master Professional

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
業務用パソコンに特化した高機能バックアップソフト「EaseUS Todo Backup Workstation 11.5」
もしもの場合への備えはもちろん、ドライブ換装時にも活用できる!EaseUS Todo Backup Home
間違ってフォーマットしても大丈夫!簡単操作でファイルを復元できる「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」
富士通、モノ作りの最高峰を目指したパソコン「X」を発売
MacBookやSurfaceのトラックパッドに貼るとテンキーになる超便利グッズ「Nums」






転ばぬ先の杖!再起動でパソコンの環境を元通りに

- 個人でも企業でも手軽に使えるWindowsパソコン用ユーティリティーソフト2品を発売へ -
株式会社アーク情報システムは、個人から学校、企業まで幅広く手軽に活用することができるWindowsパソコン用ユーティリティソフト2製品、システムやデータを完全防御する「HD革命/WinProtector Ver.3」と、パーティション操作ソフト「HD革命/Partition EX」を2010年4月9日より発売すると発表した。
価格は、「HD革命/WinProtector Ver.3」が通常版9,480円(税込み)、「HD革命/Partition EX」が通常版4,980円(税込み)。ダウンロード版やアカデミック版なども用意されている。

「HD革命/WinProtector Ver.3」は、ハードディスクに対する全ての書き込みをハードディスクまたはメモリ上に作成した一時ファイルに退避させる※ことにより、パソコンの環境を一定に保つユーティリティソフト。前バージョンは、システムドライブのみが保護対象だったが、今回のバージョンでは同一ハードディスク内のデータドライブも完全に保護することができるようになり、より高いセキュリティ性を実現した。
※データを本来書き込む場所とは別の場所へ一時的に記憶させておく

「HD革命/Partition EX」は、新たに開発したパーティションをコントロール(パーティションの作成、サイズ調整、分割、結合)するソフト。同社の旧製品「HD革命/Partition Lite」の使いやすさを継承しながら、多彩なパーティションニーズに適応する仕様であり、機能や処理能力が大幅にアップしている。

製品情報
株式会社アーク情報システム

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとよくみる
6万円台で購入できる!動画に強い高性能ノートPCが登場
高速化だけじゃない!快適なパソコン環境を実現するソフト
子供たちに夢を!ロボットの体感イベントを開催へ
3連休限定!ノートPCやデスクトップパソコンが激安に

HD革命/BackUp Ver.9 Pro
HD革命/BackUp Ver.9 Pro
posted with amazlet at 10.03.23
アーク情報システム (2009-04-10)
売り上げランキング: 547

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ