ITライフハック

フォト

withコロナ「新しい時代」の新しい結婚式!「LUMINOUS La Maison」を大阪にて開始

smain

タメニー株式会社のグループ会社であるタメニーアートワークス株式会社が運営するフォトウエディングブランド「LUMINOUS」は、結婚式場でのフォトウエディングサービス「LUMINOUS La Maison」を大阪にて開始した。

■ドラマティックで特別な花嫁体験を
今回の新型コロナウイルス感染拡大によって、数多くの新郎新婦が結婚式を延期・中止せざるを得ない状況になった。一方で、現在、従来の結婚式の代替案として、フォトウエディングを検討される新郎新婦が増えている。こうした中TAWでは、結婚式を挙げられないかわりに結婚式場での写真を残したいという新郎新婦のために、「結婚式場」という特別なロケーションのもとで、結婚式同様の花嫁体験ができる「LUMINOUS」の撮影技術やサービスを提供したいとの想いから、2020年6月に「LUMINOUS La Maison」を開始した。

■関西初の「LUMINOUS La Maison」
TAWのお台場スタジオでのフォトウエディングは2020年12月のお問い合わせ数が前年比で約347%となり、「LUMINOUS La Maison」も開始から約半年で東京、横浜、千葉、名古屋、福岡の5都市に進出し、多くの新郎新婦に好評を得ている。そして、今回関西初として「La Maison 大阪堂島」と「La Maison 大阪港」を、大阪にオープンする。

従来の結婚式よりもリーズナブルでありながら、本格的な花嫁体験や二人だけの特別な時間を、関西に住んでいる新郎新婦​にも体感してもらえる。本サービスでは、本物の結婚式場というロケーションを生かして、ブライズルームでのお仕度シーンや神聖なチャペルでの撮影も行う。新郎新婦の最高のひと時と色褪せない一枚を、「LUMINOUS La Maison」で創り出していくとしている。

sub1

■2つの会場と提携
今回の関西初展開は、「ラグナヴェール大阪」(La Maison 大阪堂島)と「AKARENGA WEDDING」(La Maison 大阪港)の2つの結婚式場との提携によって実現した。

「ラグナヴェール大阪」では、高級レジデンスを思わせる多彩なフロアが、新郎新婦二人だけの特別な空間を創り出す。
窓に目を向けると青空が広がる開放的なフロア、緑や花に彩られたナチュラルなフロアで一生の思い出に残る時間を過ごすことができる。

sub2
「ラグナヴェール大阪」(La Maison 大阪堂島)

「AKARENGA WEDDING」では、クラシカルで趣のある赤レンガ倉庫で、ラグジュアリーで大人の結婚式を挙げることができる。
100年近くの永い歴史を積み重ねた赤レンガ倉庫は、優美で荘厳な空間が広がり、大切な人と永遠の愛を誓うのにぴったりの場所だ。

sub3

La Maison 大阪堂島
La Maison 大阪港

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
999円で魅惑のひとときを!45分間 ブッフェ食べ放題特別コース
バーサスモードに竈門炭治郎&竈門禰󠄀豆子が参戦!家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』
デスクに取り付けできる! 飛沫感染防止用アクリルパーティション
100%植物性で無添加の代替肉ハンバーグ!「NEXTハンバーグ1.0」
鬼滅の刃、2連リング! 竈門 炭治郎ほか、12種が発売





1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365
ノア・D・オッペンハイム
文響社
2018-04-27

結婚式よりも、結婚式らしい!ウエディングフォトスタジオ「LUMINOUS Tenjin」をオープン

sub3

タメニー株式会社のグループ会社である、タメニーアートワークス株式会社が運営する、フォトウェディングブランド「LUMINOUS」は、ウエディングフォトスタジオ「LUMINOUS Tenjin」をオープンした。

■「LUMINOUS」の想い
新型コロナウイルスの影響で、2020年3月以降、非常に多くのカップルが結婚式を延期・中止することになった。
一方で、現在結婚式の代替案として、フォトウエディングを検討される新郎新婦様が増えている。同社のお台場スタジオでも、フォトウエディングを希望する新郎新婦様が増え、12⽉の問い合わせ数は前年⽐ 約347%と好評だった。

こうしたなか、現在スタジオを構える東京・名古屋以外にお住まいの新郎新婦様にもLUMINOUSのフォトウエディングを届けるため、2021年1月7日に福岡県(天神)に完全貸切型のフォトスタジオ「LUMINOUS Tenjin」をオープンする運びとなった。

sub4

結婚式よりも、結婚式らしい、フォトウエディングを実現したいとの想いから、「LUMINOUS」では、世界一美しい花嫁姿を実現するため2018年にお台場に「LUMINOUS Odaiba」をオープンし、こだわり抜いた撮影28セットで「映画のワンシーンを切り取ったようなフォトウエディング」を提供し、これまで高い評価(※)を得てきた。

sub2

『撮り終わった写真が何年後も見返せるよう上質なアルバムを残すことはもちろんですが、花嫁様が体感する時間と空間を私たちはとても大事にしております。新しいフォトウエディングのスタイルを、今だからこそできる花嫁体験を、心を込めてお届けしてまいります。』

■「LUMINOUS Tenjin」について
スタジオは、日本で古くから愛され続けている和の心をあらわす桜と十字架を融合させたチャペルや、茶室にインスパイアされた伝統的な日本文化の空間など、ドレスでも和装でも花嫁様が引き立つようデザインしている。また、撮影当日の花嫁様により本物を体感してもらうことを考え、壁には本物のタイルや木材をふんだんに用いるなど、各シーンをつくる素材にもこだわった。

main

■本物の結婚式場でのロケーション撮影プラン
「LUMINOUS」ではスタジオでの撮影プラン以外にも、「結婚式場」、「チャペル」という特別なロケーションでの撮影プランも用意している。天井の高いチャペルや華やかなバンケット、厳かな階段などでの撮影ができるほか、新郎新婦様の入場シーンなど、本物の結婚式場ならではの写真を残すことができる。

sub1

『引き続き、「LUMINOUS」ではアフターコロナ時代に適応した結婚式の形も見据えて、結婚式をあげる花嫁様よりもっと花嫁様らしい体験ができる新たなフォトウエディングのスタイルを探求し、お客様の幸せと笑顔を実現してまいります。』

※顧客アンケート・ポータルサイトの口コミで大変高い満足度を獲得しており、
ウエディングフォトサービス専門のポータルサイト「Photorait」では「LUMINOUS Odaiba」が口コミ満足度4.3(5点満点)を獲得している。

ウエディングフォトスタジオ「LUMINOUS Tenjin」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
驚異の2000kcalオーバー!3日間限定「メガ盛パワー2000弁当」
故ダイアナ元妃の公式フォトグラファーの作品も展示!写真展『Iconic Figure』を開催【Art Gallery M84】
使い捨てができて衛生的!ヘッドセットに使えるマイクスポンジとイヤースポンジ
今年はおウチで"ウチ鉄"だ! 鉄道博2021 ONLINE
本格麻辣で、痺れる辛さがクセになる!かつや、「胡麻担々チキンカツ」新登場






写真に国境はない!海外の応募含む1244作品から選ばれたアート写真たち【新-写真空間】



今年で10回目を迎えたリコーフォトコンテストの入賞作品50点の展示が、本日から東京・銀座リコーフォトギャラリーRING CUBEにおいて始まった。

10回目となる今回のテーマは、「視点を変えるだけで、世界はいくらでも面白くなる」というメッセージを込めた『new angle, new day ~私の視点~』だ。通常のコンテストとは異なりテーマの自由度が大きく、撮影者にとっては難しいテーマにも関わらず、応募総数1244作品が集まった。応募年齢は、4歳から83歳までと幅広く、参加国も日本語、ドイツ語、中国語、英語などに対応したこともあり、国内だけでなくアジア・欧州などからの応募の多さも際だっている。

続きを読む

3Dがもっと身近に!ニコン、ネット活用で3Dコンテンツを普及へ



昨今、大ヒットを記録した様々な3D映画をきっかけに、3Dテレビをはじめとした立体視可能な製品が大きな注目を集めている。また、デジタルフォトフレーム市場も拡大の一途をたどっている。こうしたマーケットの変化を受けて、ニコンはさらに新しい楽しみ方を提案する。

ニコンは2010年10月26日、インターネットを通じて通常のデジタル画像を3D画像に変換し、専用のデジタルフォトフレームで再生、鑑賞できる新しいサービス「my Picturetown 3D」を12月上旬より開始することを明らかにした。
料金は、月額会員費1,995円もしくは年額会員費1万9,950円。

続きを読む

iPod/iPhoneの写真や音楽、動画も楽しめる!業界最薄のデジタルフォトフレーム



iPodやiPhoneのユーザーの中には、写真や音楽、動画を楽しんでいる人も多いだろう。これらのデジタルコンテンツは、自宅や会社ではパソコンでも楽しめるが、パナソニックから発売されるデジタルフォトフレームなら、もっと手軽に楽しむことができる。

パナソニックは2010年10月7日、業界最薄の薄さ9.4mmスリムスタリッシュデザインのデジタルフォトフレーム「MW-20」「MW-15」の2機種を10月22日より発売すると発表した。
価格は、いずれもオープンプライス。

続きを読む

無料で簡単!手作りフォトブック「zine」でデジカメの楽しさ倍増



デジタル一眼の普及で高画質な写真が簡単でキレイに撮れるようになったが、撮影後にすぐ写真を見られるため、一度見たらパソコンに保存したままとなってはいないだろうか。

せっかく撮影した写真をパソコンの中にしまいっぱなしというのは、なんとももったいない。

そう思っている人は、世界中にいるようで、今、フォトブック「zine(ジン)」が注目されている。

続きを読む

テーマは私の視点 リコーがフォトコンテストを開催



株式会社リコーは2010年6月11日、リコーのコンパクトデジタルカメラで撮影された写真を対象に「new angle , new day~私の視点~」をテーマとした「第10回 リコーフォトコンテスト」を開催中だ。

同社は、
「今回のテーマ「new angle, new day~私の視点~」は、「視点を変えるだけで、世界はいくらでも面白くなる」というメッセージをこめて設定いたしました。このメッセージをリコーは今後も継続的に発信していくとともに、新たな視点で捉えた自由な感性と、幅広い題材を扱った作品が、日本国内のみならず世界中から寄せられることを期待しております。」と、コメントしている。

■写真に親しんで参加してもらいたい
今回で10回目を迎える「リコーフォトコンテスト」は、「カメラを持ち歩き、気軽に撮影した写真を大事にしたい」というリコーの提唱する「Candid Photo」文化を育み、写真を楽しんでいる幅広いユーザーに、写真に親しんで参加してもらうコミュニケーション企画として、2004年6月から実施している。

審査員には、第一線で活躍されている写真家の大和田良さん、岡嶋和幸さん(五十音順)を迎え、各賞の選出を行っている。
作品はWebサイト上で募集し、最優秀賞をはじめ計50点の作品を入賞作品として選定し、同社のWebサイト上での公開を予定(11月上旬予定)。募集サイトは、日本語、英語、独語、中国語を用意し海外からの応募にも対応する。

また入賞作品を全紙サイズにプリントして展示する写真展の開催を予定しており、さらに入賞作品の中からカレンダー用に表紙を含めて13作品を選定し、「2011年リコーフォトカレンダー」の制作を行う予定だ。

リコーは、「リコーフォトコンテスト」を通じて、写真の楽しみ方や新しい発見の機会になることを願い、多くの応募を期待しているとしている。

「リコーフォトコンテスト」の詳細
応募期間:2010年6月14日(月)~2010年8月31日(火)
応募方法:専用応募サイトから応募
テーマ:「new angle, new day ~私の視点~」
応募資格:プロフェッショナル・アマチュアは問わないが、リコーデジタルカメラで撮影した写真に限る
賞品:  審査結果の発表時点での最新製品を予定

「リコーフォトコンテスト」
リコー

■AV関連の記事をもっと見る
現代は女性の時代か 境界線を越えていく女性たち
表情がわかる!可愛すぎる人の心を科学する最先端のロボット
新たな空間を創出!シャープ、マルチディスプレイシステムを発売
激安でも高性能!アクトビラにも対応した、お買い得な地デジ液晶テレビが登場

RING CUBE、第36回東京都写真展「東京の今」を開催

第36回東京都写真展「東京の今」の様子


株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、全日本写真連盟東京都本部が毎年開催しているフォトコンテストの入賞作品約60点の展示を開始した。

今回のテーマは「東京の今」。2008年9月から1年間に島部も含む東京都全域で撮影され、応募された中から選ばれた作品となっている。

開催期間:2009年11月4日(水)~2009年11月16日(月)
     11:00~20:00(最終日17:00まで)
     入場無料。火曜日休館

RING CUBE
東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター(9F受付)地図
RING CUBEの連絡先: 03-3289-1521

「RING CUBE」 - 公式サイト
株式会社リコー

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

RING CUBE バックナンバーをもっとみる
写真こそ、我が人生!アレックス・マヨーリ氏が語る写真展「ONE JUMP!」
映画人のジャンプを撮影!アレックス・マヨーリ氏の写真展「ONE JUMP!」
ほぼ原寸大だから迫力が違う!RING CUBE、写真展「銀座どうぶつ園」
旅の魅力を幻想的なシーンに再現!RING CUBE、三浦 誠氏の写真展「彷徨の視覚」

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ