ITライフハック

フリー

完全個室のフィンランド式サウナ、ひとりでストレスフリーに「ととのう」

main

tune株式会社は、ひとりで「ととのう」完全個室サウナを提案するブランド ソロサウナtune(チューン)を立ち上げ、東京・神楽坂に1号店を2020年11月にオープンする。

■すべてが一つの個室で完結
2020年11月、東京・神楽坂に、完全個室の本格的なフィンランド式サウナが、ひとりで楽しめるソロサウナtune(チューン)をオープンする。通常のサウナ施設は、本場フィンランドでも、集団で入るサウナが中心だ。ソロサウナtuneは、完全なプライベート空間のため、着替え・サウナ室・冷水によるクールダウン・リラクゼーション、のすべてが一つの個室で完結する。コロナ禍で人と接することに抵抗がある方や、不特定多数の人々と同空間に入ることが苦手な方も、サウナを手軽に楽しむことができる。

本場フィンランドから輸入したサウナストーブによるサウナ室を、ひとりで楽しむことができる。また、プライベート空間だからこそ、ストーブ内のサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させ発汗作用を促進する入浴法、フィンランド式ロウリュも、自分の好きなタイミングで体験できる。また、サウナ室内のベンチで横になったり、自分の好きな音楽をかけたり、自由に過ごすことができる。

チラー(冷却機)により、一年中、常時15℃前後の水温を維持。大量の冷水により、頭部から体全体をクールダウンさせることが可能な400口径の大型オーバーヘッドシャワーを各個室に完備。また、シャワーヘッドからは、水温調節が可能な、ミスト状の冷水を浴びることもできる。
また、事前予約していただくことが可能なため、サウナ室の順番待ちや、冷水待ちのストレスがない。

『ソロサウナtuneで、サウナ初心者からプロサウナーまで、自分なりの「ととのい」を体験してみてください。』

※「ととのう」とは
サウナと冷水によるクールダウンを繰り返すと、交感神経と副交感神経が共存し神経伝達物質のセロトニンが上昇する「ととのった」状態になる。

サウナ室
サウナストーブは、本場フィンランドから直輸入したストーブを使用。プライベート空間だからこその、セルフロウリュを楽しめる。

ロウリュとは、サウナストーブ内のサウナストーンに、水をかけることにより、水蒸気を発生させ、体の芯から体感温度を上げ、湿度によって発汗作用を促がす行為。この水蒸気のため、通常のサウナにおける乾燥による息苦しさや肌のヒリヒリ感が、解消される。ソロだからこそ、自分の好きなタイミングで、ベストコンディションの温度・湿度のサウナ環境を楽しむことができる。また、ソロサウナtuneではロウリュの水に、白樺の香りがするアロマ水を用意している。

sub1

サウナ室に設置された横幅2メートル、奥行き60センチのベンチは、通常のパブリックサウナでは体験しづらい、横になったり、ストレッチをしたり、自由な体勢で、自分だけの時間を過ごすことができる。

クールダウン
クールダウンの水は、チラー(冷却機)を完備し、1年中15℃前後を維持。400口径のオーバーヘッドシャワーから大量の大粒の冷水を、シャワーヘッドからはミストの冷水を浴びることができる。

休憩スペース
集中・瞑想がしやすいよう、黒で統一されたプライベート休憩スペース。アームチェアに座ると、ほのかな照明と、幅広のサーキュレーターによる柔らかい風が、身体全体を包み込む。

サウナ後
各種アメニティグッズが揃ったパウダールームの利用が無料でできる。
また、併設されたカフェで、クラフトビールやサウナ飯を楽しんだり、仕事をすることも可能だ。

sub3

予約可能な完全個室制
事前に、好きな日時を予約することが可能。直接来館された後に、待つといったストレスがない。

ソロサウナtune店舗概要
店舗名:ソロサウナtune
住所:〒162-0808 東京都新宿区天神町23-1(UNPLAN Kagurazaka1F)
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」徒歩3分/東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」徒歩7分/都営大江戸線「牛込神楽坂駅」徒歩9分
営業時間:未定
料金:未定
WEB:https://www.solosauna-tune.com/
Facebook:https://www.facebook.com/solosauna.tune/
Instagram: https://www.instagram.com/solosauna_tune/
Twitter: https://twitter.com/solosauna_tune
sub4

UNPLAN

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
願いが叶うパワースポット!明智光秀の霊を祀る「御霊神社」【京都 明智光秀ゆかりの地】
発酵と熟成がテーマの日本料理レストラン!「GINZA豉KUKI」が開店二周年
折りたたんで厚さわずか7cm! サンコー、省スペースで容量アップ「折りたたみスリムスーツケース」
「麒麟がくる」大河ドラマ企画展を開催! 福知山光秀ミュージアム【京都 明智光秀ゆかりの地】
10月もランチ・ディナー、終日開催! 大人気の「真牡蠣食べ放題」






フリーが密かなブーム!ストレス"フリー"なブルーレイも登場



2010年の流行語大賞は、NHK連続テレビ小説で話題になった「ゲゲゲの女房」の、「ゲゲゲの」に決定した。トップテンには、「イクメン」「なう」「ととのいました」など、馴染み深い言葉が並んだ。そんな流行語大賞には惜しくも選ばれなかったが、さまざまな商品で使われた言葉がある。それは「フリー」だ。

「フリー」は、ノンアルコールビールをはじめ、ノンカロリーコーラ、さらにブルーレイのプロモーションにまで使われた。そんな「フリー」という言葉を振り返ってみよう。

続きを読む

性能だけじゃない使いやすさも最上級のHTCのDesire HDに期待大【世界のモバイル】



スマートフォンメーカーの「本家」とも言えるHTCからハイスペックな新製品が登場する。日本でも発売が決まった「HTC Desire HD」と、文字入力に優れたQWERTYキーボードを備える「HTC Desire Z」だ。この2機種は使い勝手の向上や同社の新サービスに対応するなど、総合的な使いやすさを追求・提供する同社の次世代スマートフォンとも言える製品である。台北で行われたHTCの製品発表会で、その2機種をさっそくチェックしてみた。

続きを読む

国際定額化が止まらない ドコモ、ソフトバンクの定額を凌ぎWiMAXが無料で利用可能に【世界のモバイル】

UQコミュニケーションズは9月1日からアメリカでの国際ローミングサービス「WORLD WiMAX」を開始した。しかも料金は2011年3月末まで無料だ。ソフトバンクモバイル、NTTドコモが相次いで国際ローミング時のパケット定額サービスを開始したが、UQコミュニケーションズの「アメリカでの利用無料」は出張の多いビジネス層には魅力の大きなサービスとなるだろう。

アメリカでは2008年から各通信事業者が携帯電話料金の定額化に踏み切っており、音声通話に関しては「使い放題」が一般的なサービスになっている。これに対してデータ通信料金は定額サービスは無く、100MBや1GBといった利用量に応じたパッケージ料金が提供されてきた。

2009年6月、WiMAX方式で新規参入したClearwireは当初からデータ定額でサービスを開始。モバイル向けサービスは30ドル/月の定額で、速度の速さと相まって大きな話題となった。当初はUSBモデムのみの提供だったが、現在はWi-Fiルーターも用意されネットブックやスマートフォン、ポータブルゲーム機などWi-Fi内蔵端末からも手軽に利用することができる。
アメリカでWiMAXサービスを展開中のClearwire


続きを読む

SIMロックフリーiPadは日本にも必要!iPadを加速させる香港の料金競争【世界のモバイル】

タブレット型デバイスとして販売好調なAppleのiPadは他社から類似製品がまだ登場していないことから依然として各国で品薄状態が続いている。特に3G搭載モデルは移動中であってもネットアクセス可能な製品ということもあり、Wi-Fiモデルよりも人気が高まっている。

iPadは携帯電話やスマートフォンとも、ネットブックなどの低価格ノートPCとも異なる全く新しいカテゴリの製品だ。そのため各国の販売状況を見ても、通信事業者が販売を行う国もあれば、Appleストアや家電店のみで販売されている国もある。

日本ではiPad 3GモデルはiPhone同様にソフトバンクモバイルの回線とのセット販売で、SIMロックありの販売となっているためiPad=通信事業者が販売するものというイメージになっている。しかし、香港ではAppleの販売店と家電量販店のみで販売されおり、スマートフォンとは違う位置づけの製品として取り扱われている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ