ITライフハック

ブラックベリー

政治的ハッカー組織「TeaMp0isoN」がRIMブログをハッキング 【役立つセキュリティ】



英国で暴動が続いており、コミュニティは略奪と暴動の4夜目を迎えようとしている。

「拡散する市民暴動」は数日にわたって広がっており、伝えられるところでは、RIMのBlackBerry Messager(BBM)は、自称無政府主義者たちが自らを組織するために利用している拡散コンポーネントの一つだ。その結果、RIMは英国当局に協力するという公式声明を発表した。次に起こったことは、(少なくとも我々には)容易に予測可能なものだった。

続きを読む

日本発売の期待もある?BlackBerry Bold 9700が発売【世界のモバイル】

3G対応、機能が向上したBlackBerry Bold 9700

 ビジネスユーザーに人気のBlackBerryに待望の新機種が登場した。3G/HSDPAに対応したBold 9700だ。BlackBerryの3G対応機種は実は少なく、QWERTYキーボードを備えた端末としては8707、Bold 9000、Tourに続き4機種目である。
Bold 9700の対応通信方式はGSM 4バンド+W-CDMA 850/1900/2100MHz。同じ方式に対応したBold 9000の後継機といえそうである。Bold 9000と比較すると本体サイズは109x60x14mm、122gと一回り小さくなっている。外見は若干カジュアル感が増したが、これは同社のカジュアル路線端末「Curve 8520」と類似のボディーデザインだからだろう。ディスプレイやキーボードサイズもCurve 8520とBold 9700は共通する部分が多い。だがBold 9700は背面を革調仕上げにしているなど、ビジネスユーザーにもアピールする製品となっている。

機能面ではディスプレイサイズがBold 9000の2.6インチに対し2.46インチと若干小型化されたものの、解像度は480x360ピクセルと高くなっている。またポインティングデバイスがここ数年採用されていたトラックボールからトラックパッドに変更された。埃などの進入による動作不良が起きず、指先で細かい操作ができるなど操作性が高まっている。またカメラは3.15メガ、オートフォーカスとマクロに対応するなどコンシューマーユースも考えたものになっている。

このようにBold 9700は細かい機能が向上しており、現行のBold 9000ユーザーにとっても乗り換えるに値する端末と言えるだろう。だが本体小型化にあわせキーボードサイズも小型化されたため、キーの押し具合は若干異なったものになったようだ。Bold 9000のキーボードは長文を楽に打ててしまうほど打ちやすいものだが、Bold 9700のキーボードはやや固めといった印象。長文を打つならBold 9000、小型化を取るならBold 9700、といった選択になるだろう。

実際、BlackBerry端末はこれまでも新機種が発売された後も従来モデルも併売されることが一般的だ。このためBold 9700発売後も、しばらくはBold 9000も併売されていくだろう。欧米人など手のサイズの大きい人にとってもBold 9000のほうが手に持ちやすいというメリットもあるだろう。一方アジアではBold 9700への乗換えが急速に進みそうである。

ちなみにBlackBerryを開発・販売するRIMの業績は絶好調だ。2009年度第3四半期の決算報告によると利益は昨年同期比159%増加、販売台数は1000万台で、BlackBerry端末の累計販売台数も7500万台に達している。特に伸びが著しいのがコンシューマー層で、新規利用者の80%に達しているとのことだ。BlackBerryといえばビジネスユーザー向けというイメージが強く、企業に一括大量導入されることで販売台数を伸ばしてきたが、ここ数年は個人のビジネス層だけではなく、SMSやメール、SNSサービスを利用する一般コンシューマー層にも広く受け入れられているということである。
コンシューマー層を意識したBlackBerryの広告

さて3G対応ということで、Bold 9700の日本発売が気になるところだ。NTTドコモはこの冬BlackBerryの限定モデルとしてBold 9000のホワイトバージョンを発売した。冬のイメージの「白」をまとったボディーでユーザー層拡大を狙ったものだが、Bold 9000の発売からそろそろ1年、新機種が登場してもおかしくない時期だろう。すでにBold 9700のアジア向けバージョンは日本語入力にも対応しているなど、日本での発売には問題ない状態だ。なおさら日本での発売に期待がかかる。
海外では他の機種にもホワイトバージョンが登場

NTTドコモは年明けにもSony EricssonのAndroid端末「Xperia X10」を発売する予定など、スマートフォン戦略を着々と強化している。料金プランもスマートフォンに適合したプランが出てきており、あとは日本語の使える端末であれば日本でいつでも販売できる状況だ。日本のユーザーは端末そのものの機能も重視する上に、海外ユーザーよりも端末を使いこなす傾向にある。ビジネス向けのメール端末から一歩脱却したBold 9700は日本市場にこそ向いている端末と言えるかもしれない。
山根康宏
著者サイト「山根康宏WEBサイト」

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

【世界のモバイル】をもっとみる
「Twitterケータイ」が登場、SNS端末はトレンドになるか
Palmの復活なるか? Palm Preがヨーロッパで発売
Androidの皮を被った中国製「Ophone」は、本家Google携帯を凌ぐか
シェア急上昇!iPhoneを上回ったBlackBerryの戦略
Vodafoneのネットブック登場!世界バンドル格安で「キャリアノートPC」時代がくる

できるポケット+ BlackBerry Bold
法林 岳之 一ヶ谷 兼乃 清水 理史 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 5011
おすすめ度の平均: 3.0
3 一通りのことは書いてあります。
2 もの足りない内容です
3 普通です
3 可もなく不可もなく

ワークスタイルが変わる?「BlackBerryDay 2009」を開催へ

「BlackBerryDay 2009」の告知


ドコモとリサーチ・イン・モーション・ジャパンは2009年11月26日~27日の2日間、BlackBerryの魅力が詰まったイベント「BlackBerry Day 2009 - DISCOVER! Your work style Innovation. - 」を東京国際フォーラム ホールB5にて開催する。

会場では、BlackBerryのデモ機を触れるほかに、BlackBerryを活用している企業の導入事例や、ビジネスを加速させる様々なアプリケーション、サービスの活用方法を見ることができる。

また、スペシャル・セッションとして、慶應義塾大学教授の國領二郎氏、経済ジャーナリストの伊藤洋一氏、およびBlackBerry導入企業のシスコシステムズ合同会社より廣?淳一氏を招き、「ワークスタイルの変革」をテーマとしたセッションも開催される。

このほか、リサーチ・イン・モーション本社のプレジデント ヴァイス氏よる企業向けワイヤレスソリューションを紹介するセッションや、ドコモ代表取締役副社長の辻村清行氏による「日本におけるBlackBerryソリューションの展開について」のプレゼンテーションも予定されている。

本イベントへの参加は、BlackBerry導入を検討している法人企業のほか報道関係者も参加が可能。

ドコモスマートフォンサイト
http://www.nttdocomo.co.jp/

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
驚異の20枚/秒連写から世界最薄まで!これが個性派揃いのau 09年秋冬の新ケータイだ
海外のお供には旅行カバンとSIMカード【カリスマ店長の一押し】
ドコモ、女性向けに「BlackBerry Bold」の限定新色を追加
高画質な動画を見放題!iPhone向け無料配信サイトがオープン

ドコモ、女性向けに「BlackBerry Bold」の限定新色を追加

「BlackBerry Bold」のホワイト


ドコモは2009年11月6日、現在提供を開始しているdocomo PRO series「BlackBerry Bold」に、新色「ホワイト」を追加すると発表した。

ホワイトモデルは、1万台限定で、主に女性をターゲットとして、2009年12月より全国のドコモ取扱店を通じて発売される予定。

ドコモスマートフォンサイト
http://www.nttdocomo.co.jp/

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
海外のお供には旅行カバンとSIMカード【カリスマ店長の一押し】
高画質な動画を見放題!iPhone向け無料配信サイトがオープン
手にピッタリおさまる!世界で使えるグローバルケータイ「S002」
セコムに見守られて安心!ジュニアケータイ「mamorino (マモリーノ)」

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ