ITライフハック

ブルーライトカット

レンズのブルーライトカットコーティングが無料!メガネ販売のZoffが自社販売レンズのブルーライトカットを追加料金「0円」へ価格改定

main

メガネ・サングラスの販売を行っている「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティックは、 スマートフォンやPCなどの液晶ディスプレイから発生するブルーライトを浴びる時間が増加していることによる人々の健康への影響を考慮し、 2020年4月29日(水)より、レンズに行うブルーライトカット用コーティングの追加料金を従来の3,000円から 0円へと価格改定すると発表した。

■新サービス3つのポイント
1)ブルーライトカットコート追加料金を3,000円から0円に
Zoffでは、 これまでブルーライトカットコートの追加料金を3,000円に設定していたが、 2020年4月29日以降は、 フレーム代に追加料金0円で選ぶことができるようになる。

2)「透明度」と「カット率」 選べる2タイプ
従来の【ブルーライト約50%カット】に加え、 「視界が黄色っぽく見える」「見られたときの違和感」を軽減した透明度重視の【ブルーライト約33%カット】を新たに導入する。【約33%カット】のコートも、 追加料金0円で対応する。

※ブルーライトカット率の測定基準は、 光の波長380~500nm、 レンズの中心肉厚約2mmでの平均カット率

3)薄型非球面や遠近両用等にも対応、 どんなレンズでもブルーライトカットを0円で
選んだレンズに、 追加料金なしでブルーライトカットコートを負荷することが可能に(約33%カットもしくは約50%カット)。薄型非球面レンズや、 遠近両用、 中近両用、 近近両用レンズにも対応することで、幅広い層に向けてブルーライトカットを啓発するとしている。

■新サービス概要
改定内容:3,000円(税別)のブルーライトカットコートを0円に改定。
改定時期:2020年4月29日(水)より開始
対象店舗:Zoff全店、 Zoff オンラインストア、 Zoff 楽天市場店(予定)
対象レンズ:セットレンズ(標準レンズ)、 薄型非球面レンズ・遠近両用レンズ、 中近両用レンズ、 近近両用レンズ
※特殊機能レンズなど、 一部ブル―ライトカットコートができないレンズもあります。
※フレーム代は別料金です。
※レンズ交換のみの場合、 レンズ料金は発生しますが、 ブルーライトカットコートの料金は発生しません。
※遠近両用・中近両用・近近両用レンズは全て特注品につき、 お受け取りまでお日にちをいただきます。
※新型コロナ感染拡大の影響により一部の特注レンズに遅れが生じる可能性があります。



特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


カルチャーに関連した記事を読む
おやつカンパニーが生まれた時の体重と同じ重さのベビースターラーメンが当たる!“ドデカイ”感謝プレゼントキャンペーンを実施
展示会場はオンライン空間!チップワンストップが「チップワンストップ オンライン展示会2020春」を開催
自分はもらえる?もらえない?弁護士ドットコムが新型コロナ対策に関する給付金(生活支援臨時給付金(仮称))簡易診断をスタート
コロナ感染の原因となる”3蜜”を避けるためにYahoo! MAPがエリアやターミナル駅周辺の混雑度を表示する「混雑レーダー」を再提供
新人VTuberを発掘せよ!レノボ・ジャパンが「Lenovo Legion VTuber オーディション」の募集を開始





ブルーライトを3割カットしてくれるiPhone 5s/5C/5対応強化ガラス製保護フィルム

人気のiPhone 5シリーズだが、やはり液晶を割ってしまう人が多いようで、自分で修理するキットを使って修理するという話を聞く。アップルケアにや保証を付けていれば、新しい端末に交換できると思うのだが、端末のIDが変わってしまうのがイヤだったり、データーのバックアップが完了していないため、とりあえず使えるようにしたいというニーズが多いようだ。

続きを読む

目に危険とされるブルーライトをカットする液晶モニター保護プロテクター~週末こぼれネタ~

※画像の備品は商品に含まれません。


通常の記事更新では扱わない(扱えない)ような製品を紹介する週末こぼれネタ。本日は、目に危険とされるブルーライトを装着するだけで5割もカットしてくれる液晶モニター保護プロテクターを紹介しよう。



続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ