ITライフハック

プラットフォーム

ものすごいベンチャー展、7月開催!成長企業約120社の最新ツールやトレンドが知れる5DAYS

main

『kyozon』を運営する株式会社コミクスは、注目企業として選出した120社が登壇する『ものすごいベンチャー展』を5日間にわたり開催する。

■開催の背景
昨年11月、ベンチャー企業にスポットライトをあてた、ものすごいベンチャー展を開催。初開催にも関わらず申込者2,688名を記録し注目を集めたイベントとなった。昨今の状況下において、各社の課題解決に繋がる最新ツールの情報を⼊⼿しやすい場の創出が求められている。そこで新たな時代の展⽰会プラットフォームとして、この度『ものすごいベンチャー展』を5日間にわたって開催する。

約120社もの最新ツールを知ることができるだけではなく、今回は公式セッションも各日で予定しており、様々な業界で最前線で活躍している方々が登壇する。特にFacebook.Inc Anand氏へのインタビューには必見だ。また、スタートアップ企業に多くの注目が集まる機会の創出として、最終日にスタートアップピッチ大会を予定している。最も優秀なピッチを行った企業には賞金も用意されており、すでに水面下では熱いバトルが始まっている。
sub1

■ものすごいベンチャー展6つの特徴
1.注目企業120社 × 5分登壇
2.最新のツールや各社の取り組みを効率よく知ることができる
3.参加者は顔を出さずにZoomでどこでも参加可能
4.公式セッションあり
5.スタートアップピッチ大会あり
6.費用無料

■今回の登壇予定企業(各社5分、スポンサー企業10分のプレゼンとなります/順不同)
NTT東日本/株式会社チェンジ(東証一部 3962)/ 丸紅情報システムズ株式会社/株式会社エイトレッド(東証一部 3969)/株式会社オービックビジネスコンサルタント(東証一部 4733)/川崎重工業株式会社(東証一部 7012)/ 株式会社ピアラ(東証一部 7044)/Chatwork株式会社(東証マザーズ 4448)/株式会社カオナビ(東証マザーズ 4435)/株式会社ジーニー(東証マザーズ 6562)/株式会社インティメート・マージャー(東証マザーズ 7072)/ HUNT BANK株式会社/ Qasee株式会社/Nota株式会社/アイブリッジ株式会社/WealthPark株式会社/パートナーサクセス株式会社/ディヴォートソリューション株式会社/メディアリンク株式会社/ファストドクター株式会社/株式会社Asobica/ラーナーズ株式会社/株式会社FCEトレーニング・カンパニー/株式会社FCEプロセス&テクノロジー/株式会社LeanGo/株式会社MyRefer/株式会社Legaseed/株式会社MTGプロフェッショナル/株式会社PRECS/株式会社Retool/株式会社N2i/株式会社QuickWork/株式会社RevComm/株式会社アッテル株式会社soeasy/株式会社顧問バンク/株式会社ネオキャリア/株式会社コーナー/株式会社ネクスウェイ/株式会社コラーニング/株式会社ネットショップ支援室/株式会社バリューワン/株式会社デジタルワークス/株式会社ネットプロテクションズ/株式会社デジタルシフト/株式会社スキルアカデミー/株式会社エフェクチュアル/株式会社デルタマーケティング/株式会社コウェル/株式会社KSKアナリティクス/株式会社TIMERS/株式会社シーズクリエイト/株式会社コミクス など
※登壇企業の都合により登壇企業を変更する可能性もある。

■日別カテゴリー
7月12日(月)「セールス強化」「CRM」「マーケティング強化」
7月13日(火)「HR」「働き方改革」「福利厚生」
7月14日(水)「AI」「バックオフィス」「会計・財務」「不動産」
7月15日(木)「情報セキュリティ」「業務自動化」
7月16日(金)「EC」「店舗支援」「スタートアップピッチ大会」


■公式セッション 登壇者紹介(順不同/敬称略)
Facebook.Inc VP, Head of Business Products Karandeep Anand
株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長 鉢嶺登
株式会社チェンジ 代表取締役 福留大士
StockSun株式会社 代表取締役 株本祐己
株式会社ネオキャリア 代表取締役社長 西澤亮一
株式会社ビジョン 代表取締役社長兼CEO 佐野健一
トゥモローゲート株式会社 代表取締役 西崎康平
M-Force 共同創業者 取締役/株式会社コラーニング 社外取締役 西口一希
株式会社シンクロ 代表取締役社長/株式会社コラーニング 取締役CMO 西井敏恭
One Capital株式会社 代表取締役CEO 浅田慎二

<概要>
ものすごいベンチャー展
日時:2021年7月12日(月)~16日(金)各日13:00~16:00
   ※途中参加、途中退出可能
場所:Zoomにて
参加対象:どなたでも参加可能
参加費:無料
参加方法:下記申込ページより(15秒で入力完了)
http://comix.hubspotpagebuilder.com/ja/monosugiventureten

主催:株式会社コミクス
協賛:株式会社シーズクリエイト https://seeds-c.jp/
後援:きらぼし銀行 https://www.kiraboshibank.co.jp/
   CXOバンク株式会社 https://www.cxobank.jp/
LRM株式会社 https://www.lrm.jp/
Avintonジャパン株式会社 https://avinton.com/

ものすごいベンチャー展(申込ページ 15秒で入力完了)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ひとつのビーコンで最大6種発信できる!マルチアドバタイズBLEビーコン
M&Aアドバイザーが一度に担当できるディール数増加に寄与!Digitalize M&Aの結果を発表
扉で収納物を目隠しでき、室内をすっきり見せる!木製プリンタスタンド
ネクイノが医療のデジタル化、DXのあるべき姿を考える
緊急開催決定!補助⾦×⼈気の厳選商材を知る「補助⾦活⽤サミット」



スタートアップ企業の経営管理を学ぶ
藤浦 宏史
中央経済社
2021-04-24


ベンチャー企業による資金調達の法務
鳥養 雅夫
商事法務
2019-07-31

アララ、ARプラットフォーム「ARAPPLI」を展示【Japan IT Week 春 2015】

リード エグジビション ジャパン 株式会社は2015年5月13日~15日の3日間、東京ビッグサイトにおいて「Japan IT Week春」を開催中だ。Japan IT Week春はソフトウェア開発環境展、クラウド コンピューティングEXPO春、スマートフォン&モバイルEXPO春など全部で11のIT専門展から構成されている。毎年多くの企業の情報システム部門、経営企画部門、マーケティング部門などの方々が来場し、出展企業と熱心に商談をする場でもある。

今年はソフトウェア開発環境、データウェアハウス&CRM、データストレージ、組込みシステム、情報セキュリティ、Web&モバイル マーケティング、スマートフォン&モバイル、クラウド コンピューティング、データセンター構築運用、ワイヤレスM2M、通販ソリューションなどの各種関連製品、サービスが展示されていた。

続きを読む

クリエイターと読者が創るソーシャル時代の電子書籍サービス「Yomuca」



2012年に入り、5インチ液晶のスマートフォンや高解像度なiPadやHD画質のタブレットなど、電子書籍を利用しやすい環境は着実に整いつつある。また角川グループが電子書籍ビューワの開発発表や世界的に人気の電子書籍ビューワkindleの日本版登場も期待されている。

電子書籍の閲覧環境が整ってきたことで、今後重要となるのが読むべき電子書籍コンテンツの質と量だ。一般に電子書籍といっても、2種類ある。1つは既に紙媒体のデジタル化した電子書籍。もう一つは最初からデジタルで作成された電子書籍だ。

特にオリジナル電子書籍はこれからの電子書籍市場の成長にとって大きな役割をもつといってもよいだろう。



続きを読む

ついに実現!スマートフォンで滑らかに動く3Dアバター

株式会社スプリュームは、映画のように滑らかにアニメーションする、高精細な立体的に表現されたアバターを実現し、スマートフォンでのさまざまなアプリやサービス向けオープン・プラットフォームとして提供すると発表した。

スマートフォンの登場により、携帯電話のリッチ化が一層進んでおり、「ツイッター」や「USTREAM」などライブ性(同期性)の高いサービスが急速に普及している。また、映画「アバター」のヒット、3Dテレビの発売によって、一般ユーザーがデジタルキャラクターに慣れ、ビジネス向けも含めた広範なネットサ―ビスにおいて、ハイクオリティな3Dアバターが活用される素地もできた。

こうした状況の中、「アバター」は、ユーザーにとってネットのコミュニケーション活用のための、サービス提供事業者にとってはマネタイズのための、ひとつの核になっていくと考えられる。スプリュームでは、こうした背景にあわせ、スマートフォン向けに、「動き」で豊かな感情表現ができる、高精細な3Dアバター「ハイエンドアバター」を提唱する。さまざまなネットサービスの事業者/開発者にAPIを公開し、プラットフォームとして提供する。

スプリュームはこれまで、自社開発のPC向け3Dインターネット技術を核に、仮想空間共有サイトを展開してきたが、スマートフォンの登場により、こうしたノウハウがモバイルに活かせるようになった。スマートフォンの高解像度で大きな液晶画面では、従来のようなイラストを用いた簡易型のアバターではなく、高精細な画質とハイクオリティな質感をそなえ、映画のように滑らかに動く3Dアバターが実現できる。こうした次世代型アバターは、米国のソーシャルアプリに見られる新しい傾向のように、これまでアバターを利用してきた若年層だけでなく、広い年齢層に受け入れられていくと考えられる。

高精細な「ハイエンドアバター」プラットフォームは、Android携帯向けアプリケ―ションを販売する「Androidマーケット」や、iPhone向けの「App Store」などにおけるプリケーション流通、デジタルコンテンツ課金、広告の3つのマネタイズ軸を中心にしたサービスやアプリケーションでの活用を想定している。2010年夏から秋よりAPIの試験的な公開をはじめ、また、ツイッターでアバターを活用して、アバターのつぶやきがツイッターに流れるようなアプリも、活用事例として公開していく予定。

スプリュームでは今後、自社単独でクローズドにプラットフォームの開発、提供を進めるのではなく、さまざまな分野の企業、開発者、クリエーターと連携をとりながら、世界に発信できる新しいプラットフォーム環境の確立を目指す、「クラウド型」でプロジェクトを進めていくとしている。

株式会社スプリューム

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■モバイル関連の記事をもっとみる
天下分け目の合戦が激化か!ケータイ 夏の陣
最新の人気スマートフォンに対応!中身がそのまま見えるクリアケース
瑛太が「いいね~」 富士通ケータイ 2010年夏モデル CM発表会
電池切れ心配無用!XperiaもiPhoneも出先でチャージ

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ