ITライフハック

プラネックス

どこにいても遠隔地の状況確認ができる!プラネックス「どこでもセンサー」

ws-usb0304

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、遠隔地に住む親の見守り、無人施設の防犯、環境調査、行動調査などに利用できる2種類の「どこでもセンサー」を発売する。

■何処にいても遠隔地の状況を把握することができる
「どこでも環境センサー WS-USB03-THP」は気温、湿度、気圧のデータを、「どこでも人感センサー WS-USB04-PIR」は人や動物の接近を検知しクラウドに記録し、何処にいても遠隔地の状況を把握することができる。価格はオープンプライス。想定売価は、2機種とも5,980円(税込)。8月上旬より販売を開始する。

環境センサー「WS-USB03-THP」は気温、湿度、気圧のデータを常時計測しその値 を、人感センサー「WS-USB04-PIR」は赤外線検知により人や動物の接近を常時検知し、検出した日時などをクラウドに保存する。気温、湿度、気圧が設定した値を上回ったり、下回ったりした際に、人感センサー「WS-USB04-PIR」は検知回数が設定した値を超えると、メールで通知することができる。

img_setting01


「どこでもセンサー」はUSB給電で稼働するので、USB電源アダプタやモバイルバッテリーがあれば何処でも設置できる。Wi-Fi 4(2.4GHz帯)を利用してクラウドにデータをアップロードするので、Wi-Fiルーターやスマートフォンのテザリング、モバイルルーターなどと組み合わせて使用する。

img_graf01

img_graf02


■監視カメラより設置しやすく、様々なシーンでゆるい見守り
遠隔地に住む親の見守りに使用する場合、人感センサー「WS-USB04-PIR」は人が行動していることを検知する。環境センサー「WS-USB03-THP」で室温を計測し、夏場にエアコンの稼働状況を確認することで熱中症の予防などもできる。親族であってもプライバシーの観点で監視カメラの設置が躊躇されるケースでも、「どこでもセンサー」は“ゆるい見守り”ができるので設置の精神的ハードルを下げることが可能だ。

深夜のオフィス、遠隔地の倉庫やビニールハウスなどに人感センサー「WS-USB04- PIR」を設置すれば、侵入者を検知しメールで通知することができる。監視カメラと比べると侵入者、動物の特定などはできませんが、グラフを見るだけなので映像に比べ確認時間を短縮することができる。

環境センサー「WS-USB03-THP」は室温の上昇によるシステムトラブルを避けたいサーバールーム、常に温度を一定に保ちたい恒温室などの利用はもちろん、節電対策として遠隔で全国のオフィスのエアコンの稼働状況を1箇所でモニタリングできる。人感センサー「WS-USB04-PIR」は残業時間を把握するためのデータ収集にも利用できる。

オフィスの使用でも監視カメラと比較して社員に不要なプレッシャーを掛けることがないため、設置のハードルを下げることが可能だ。

img_graf03


■リアルタイムな確認、シームレスな計測を実現
USBタイプやK型熱電対プローブを使用する温度ロガー(記録装置)はUSBやSDカードに記録したデータをパソコンに取り込む必要がある。そのため取り込み中は計測を中止する必要があったり、取り込むまでデータを確認できなかったりする。

環境センサー「WS-USB03-THP」は常にクラウドにデータを保存しているので、計測中でもリアルタイムに環境の変化を確認することができ、データ取り込みも計測を中断することなくクラウドからデータをダウンロードできるので、シームレスな計測が可能だ。数日~数十日にわたる長期の環境変化を記録する際に大きなメリットとなる。

■データ保存期間を3年間に
2019年発売の環境センサー「WS-USB01-THP」は気温、湿度、気圧のデータを20秒ごとに記録し1ヶ月分のデータをクラウドに保存する仕様だった。利用しているユーザーから20秒ごとのデータは処理しづらい、保存期間を長くして欲しいとの声を受け、「WS- USB03-THP」は気温、湿度、気圧の1分ごとのデータを1ヶ月間、1時間ごとのデータを3年間クラウド保存する仕様に変更した。人感センサー「WS-USB04-PIR」も検出時刻を1ヶ月間、検出回数を3年間保存可能だ。「どこでもセンサー」のクラウド利用料は導入から1年間は無料、2年目から年額2,400円(税別)となる。計測したデータはグラ フで確認するだけでなく、CSVファイルとしてダウンロード保存することも可能だ。

■API公開
「どこでもセンサー」をより便利にお使いいただけるよう、「どこでもセンサー」のAPIを公開予定。取得したデータを別のシステムでも使用できるようになる。

img_graf04

img_graf05


<「どこでもセンサー」の特長>
・環境センサー「WS-USB03-THP」は気温、湿度、気圧を常時計測可能
・人感センサー「WS-USB04-PIR」は人や動物の接近を常時検知可能
・Wi-Fiを利用して計測データをクラウドに保存、何処からでも確認可能
・電源はUSBから供給。USB電源アダプタやモバイルバッテリーが利用可能
・測定値が設定したしきい値を超えると、メールにて通知可能
・データ取り込みで中断することなく、リアルタイム、シームレスな計測が可能
・データ保存期間は3年(2年目からクラウド利用料 年額 税別2,400円)
・管理サーバーは安心の国内運用


「どこでもセンサー」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スガキヤ×鬼頭明里!コラボレーションキャンペーン開催へ
エビもビーフも楽しめる!バーガーキング「シュリンプワッパー」3商品を発売
夏の定番、新作3種が登場! 和カフェ Tsumugi、天然水の削り氷シリーズ
NASやHDD、ルーターなどの小型機器の設置、保管に最適な機器収納ボックス
整理しやすく、膨らみにくい!4ポケット仕様のガジェットポーチ






テレワークでも高速通信が可能! プラネックス、Macで使えるUSB Type-Cの有線LANアダプターを発売

usbc-lan5000r_04

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、USB Type-C接続で最大5Gbpsの通信速度を実現する有線LANアダプター「USBC-LAN5000R」と、USB Type-C接続で最大2.5Gbpsを実現する「USBC-LAN2500R」を2020年8月31日より発売する。

■アクセスの高速化を実現
NTT東日本・西日本「フレッツ 光クロス」、KDDI「auひかり ホーム10ギガ」、NURO光 10Gsなど高速なインターネット回線のサービスがスタートした。各サービスが提供するルーターは10GBASE-Tに対応し、オフィスや家庭内で1Gbpsを超える有線LANの環境が整いつつある。テレワークが急速に広まる中、自宅での高速通信の可能性が広がっている。

有線LANアダプター「USBC-LAN5000R」「USBC-LAN2500R」はWindows PC、Macなどに対応。高速通信の可能なUSB Type-C接続ができる。RJ-45ポートに有線LANケーブルを接続することで、「USBC-LAN5000R」は最大5Gbps(理論値)、「USBC-LAN2500R」は最大2.5Gbps(理論値)の高速通信が可能となります。インターネットの利用だけでなく、VPNによるオフィスへのアクセス、LAN内に設置したファイルサーバーなどへのアクセスの高速化が実現される。
usbc-lan2500r_04

USBC-LAN5000R

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
6,980円のペンタブレット、RAYWOOD「TSUKISHIRO」を発売
Mad Catz「EGO Arcade FightStick」が復活! ゲームパッド、限定ハイエンドゲーミングマウスを新発売
チュートリアルビデオも一発録りできる高機能PC画面録画ソフト「EaseUS RecExperts」レビュー
Apple T2搭載Macに対応した待望のデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」レビュー
クーポンで899円、HDMI VGA変換アダプター「AUKEY CB-V4」






赤ちゃんやペットの見守り向け!プラネックスから月明かりでも撮影が可能なネットワークカメラ

スマカメ2 ローライトPoE「CS-QS20」

プラネックスコミュニケーションズは、かんたんネットワークカメラ「スマカメ」シリーズの新ラインアップとして、スマカメ2 ローライトPoE「CS-QS20」を発売する。本製品は防犯用の監視映像、赤ちゃん・ペットの見守り映像をスマホで簡単に設定することができる。価格はオープンプライス。1月下旬より発売予定。

■赤外線照射なしで夜間の監視ができる
本製品はソニー製高感度CMOSセンサー IMX323を搭載しており、0.1ルクス(月明かり程度)の照明下でカラー撮影が可能だ。赤外線暗視機能を使わなくても常夜灯(ナツメ球)程度の明るさでカラー撮影ができるため、夜間の赤ちゃんの様子やペットの行動を見守ることができる。また街灯のある夜の住宅街は約1ルクスの明るさがあるので、自宅やオフィス周りの夜間監視にも最適だ。

■動体検知機能で、録画開始やスマホへの通知が可能
本製品は映像に動きがあったときにmicroSDカードへの自動録画やスマートフォンに通知を行なう動体検知機能を搭載している。動体検知の設定は最高/高/中/低/オフの5段階の設定ができる。映像の録画は連続録画(常時録画)/動体検知と連動して録画/録画しないから選択が可能だ。microSDカードの容量がいっぱいになった場合は上書き録画され、最新の映像を残すことができる

●「CS-QS20」の特長
・夜間のカラー撮影ができるムーンライト機能を搭載
・暗視機能の切り替え可能
・最新のH.265を採用だから高効率で映像を伝送
・フルHDだから細部までくっきり見える
・有線LAN・PoE対応で設置の自由度が向上
・マイク&スピーカー内蔵でお声掛けも可能
・動体検知で映像に動きがあれば録画開始、スマホへ通知ができる
・常時録画と動体検知連動録画に対応
・手軽に本格的な監視・防犯システムを構築できる「スマカメPro」に対応
・カメラ接続用の管理サーバーは安心の国内運用
・最大転送速度150Mbpsなので高画質設定でも安心
・プラネックス・イフト・サービス対応しており、スマートスピーカーで操作ができる


「CS-QS20」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Lightning&MicroUSB、Type-C&MicroUSBなど2種のケーブルを本体に収納できる大容量モバイルバッテリー
スマホと定期を一緒に持ち運べる!クール&シンプルなシリコン製の定期入れ兼スマホスタンド
スマホゲームを見やすくする画面拡大機能付きゲームコントローラー兼スタンド
タブレット端末の肩掛け&首掛けが簡単にできるストラップのような肩掛け式タブレット用ケース
バッチリとメモれる電子メモパッド機能付きのQi対応モバイルバッテリー







iPhoneで映像が見られる! プラネックス、ネットワークカメラ「SpotCam-HD-Eva」内覧会

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は2016年5月18日、都内 「Racer's Cafe」において、報道関係者向けにネットワークカメラ「SpotCam-HD-Eva」の内覧会を開催した。
本製品は、ライブ映像閲覧・録画のためのサーバーをクラウドサービスで提供するネットワークカメラだ。

続きを読む

テレビも接続できる!使用量がわかるUSB3.0のハードディスク



新興国をはじめとした世界的なノートPC市場の好調により2.5インチを中心に数量ベースでHDD市場が拡大している。容量が大きくなるにつれて、高速なデータ転送ができるタイプが望まれる傾向にあるようだ。
プラネックスが発売を開始した2TBの容量を持つ外付けHDD「PL-35STU3-2TB」もそのひとつだ。
続きを読む

ケーブルが邪魔にならない!携帯に最適なBluetooth一体型イヤホン



iPhoneに代表されるスマートフォンをはじめ、携帯電話やポータブル音楽プレイヤーの中にも、最近はBluetooth機能を備えた機器が増えてきた。そうした機器のために、「小型キーボード」「腕時計型コントローラー」など、Bluetooth関連商品が増えてきた。そうした時代の波に乗るように、プラネックスコミュニケーションズも新たな商品を投入する。

プラネックスコミュニケーションズは、耳に装着するイヤホン部と機器との通信を行う Bluetooth部が一体になっているバッテリ内蔵型のBluetoothイヤホン「BT-07AHSシリーズ」を、発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は、6,000円(税抜き)。カラーバリエーションは、ブラックとブルー、レッドの3色。続きを読む

ドラえもんもビックリ!デジタル家電やゲーム機の煩わしいLANケーブルをなくすアイテム



デジタル家電やゲーム機など、LANポートを搭載したネットワーク対応機器が増えているが、配線が面倒だったり、ケーブルが邪魔になったりすることが多々ある。そうしたわずらわしいケーブルをなくすことができる周辺機器があったらすごく便利だ。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、LANポートを搭載したネットワーク対応機器につなげるだけでかんたんに無線化することができるシンプルコンバータ「GW-SC150N」を2010年7月10日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3,800円(税込)。

続きを読む

デジタル家電に革命か!万能型の無線ガジェットが登場

デジタルフォトフレーム機能付無線LANルータ「Rugby」

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、タッチパネル式液晶モニタを搭載したデジタルフォトフレーム機能付無線LANルータ「Rugby」の発売を本日(2010年1月23日)より開始した。。
価格は、オープンプライス。市場想定価格は、2万4,800円(税別)。

「Rugby」は、3.5インチのタッチパネル式液晶モニタを搭載し、各種操作はもちろん、初期設定もパソコンを使わずに簡単に行うことができる。通常の無線LANルータとして使用しながら、デジタルフォトフレームとしての使用やFMラジオ、MP3音楽プレーヤーとしての使用することができる。
あらゆるインターネット環境で活躍する

さらに「YouTube」やTwitter、 Frickr、Picasaなどのコンテンツが利用できる「FrameChannel」、「インターネットラジオ」を楽しむなど、多彩な機能を搭載している。

多彩な機能と簡単設定を備えた「Rugby」は、全く新しい無線LANルータのカタチと言えるだろう。

「Rugby」製品情報
プラネックスコミュニケーションズ株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■PC関連の記事をもっとみる
地デジとラジオ?オンキヨーの新ネットブックはスゴイ
iPhoneやiPodで動画を持ち歩く!サイバーリンク、高速動画変換ソフトを発表
軽くて速いPDFビューアで業務も効率化
春モデルは技術で勝負!NEC 渡邉氏が語るPC戦略
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ