ITライフハック

プリント

揃いの色や柄、オリジナルプリントで一体感!ポロシャツのプロが運営するユニフォームタウン



販促イベントや催事、展示即売会、運動会や体育祭、文化祭、音楽祭といった行事で統一感を出したい場合、お揃いの服(Tシャツやポロシャツ、つなぎ等)であるユニフォームを用意するのが定番だ。かといってお揃いのユニフォームとしてポロシャツを揃えたいと思っても、どこで入手したらいいのかといったところがイマイチよく理解できないといった人も多いだろう。

車で大きな街道沿いを走っていると「作業服・ユニフォーム」といった看板を立てたお店を見かけたりするし、都内なら東日本橋界隈の衣料系問屋街にも作業服やユニフォームといった看板のお店を見かける。そうしたお店に行って注文すればいいと思うのだが、中々入れないというか入る勇気が出ないことがある。

正直言うと、街道沿いのお店も入りにくいし、問屋街に至っては「素人さんお断り」といった雰囲気があって、お店に入るのにも気が引けてしまう。もし仮にお店に入れたとしても、最低十数枚単位じゃないと注文できない場合もあるし、探していたデザインのモノがなかったとき、今度は「この店どうやって出ようか?」ということになりそうで気が引けてしまうようなことになりそうだ。

続きを読む

格安プリンタでも品質は十分!プリントサービスとのコスト差は?【デジ通】

印刷クオリティも十分な安いプリンター


とりあえずの応急処置ということで、インクと大差ない価格で購入したキヤノン PIXUS MP493だが、使ってみるとたまに使うだけなら十分な性能を持っていることがわかった。

プリンターに求めることは人それぞれだろうが、個人的には多くても月に数回ちょっとした書類を印刷したり、名刺印刷ができればそれでいい。

MP493でも、写真用紙に印刷するなど一通り性能をチェックしてみたが、家庭用プリンターとしては個人的な感覚ながら品質も全く問題ないことがわかった。さらに、フラットベッドスキャナ機能もついているのだから、なんとお買い得な製品なのだろう。

続きを読む

東日本大震災!郵便が無料に 水にぬれたプリントを復活



今回発生した地震は気象庁が、東北地方太平洋沖地震と命名したが、地震による災害の名称はNHKと民放、新聞社で異なっていた。
しかし、ここにきて首相官邸サイトが“東日本大震災”と呼んでいることに気付いた。これは閣議で決まったそうだ。あわせて、政府は被災地復興を担う震災担当相も創設する。復興構想会議を発足させ、復興計画を作り上げていくこととした。

復興に向けた動きが活発になっていくなか、なかなか進まない原発問題も残されているがそれは政府や東京電力などにまかせて、ここからはもっと身近で自分でできるような、ちょっと気になった震災対策を中心に紹介していこう。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ