ITライフハック

三菱

【速報】美しい映像を実現!三菱、3D表示対応レーザーテレビを発売へ



映画界で話題の3D映像が注目を集めていることから、今後はブルーレイディスクなどのパッケージコンテンツや3D放送の増加と合わせ、3D市場が拡大すると見込まれます。そうした3D市場に対し、三菱電機は新たな商品を投入する。

三菱電機株式会社は2010年7月29日、色鮮やかな映像を大画面で楽しめ、さらに高画質の3D映像も楽しめる、75V型レーザーテレビ「LASERVUE」を8月21日に発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

省エネだけじゃない!三菱電機の液晶テレビは大迫力だ



三菱電機株式会社は2010年3月3日、液晶テレビ「REAL」MXシリーズの新製品として、年間消費電力量※1を従来の同型機よりも削減した液晶テレビ3機種(LCD-32MX45/40、LCD-26MX45)を3月15日より順次発売すると発表した。
価格は、いずれもオープンプライス

新製品は、番組本編からCMに変わる時や入力ソースを切り替えた時に変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能など、使い勝手に配慮した豊富な機能を搭載している。
※1:平成20年度改正省エネ法に基づき、型サイズや受信機の種類別省エネガイドの算定式により、一般家庭での平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した1年間に使用する電力量の目安

■新製品発売の狙い
液晶テレビ市場は、リビングユースの大型モデルを中心に需要伸長が顕著である一方、寝室や書斎などのパーソナルユース、さらには2台目向けとして、中・小型モデルにおいても本格的需要期を迎えている。

2009年度はエコポイント制度の効果もあり、前年比約150%(当社予測)と大幅な伸長で推移しており、2010年度もエコポイント制度の継続や2011年アナログ停波前の需要喚起により、引き続き好調な需要が見込まれる。

同社は今回、本格的需要期を迎える中で省エネ性と使い勝手に対するニーズが高まっている中・小型モデルゾーンへの対応として、年間消費電力量を削減し、入力ソースを切り替えた時などに変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能など、使い勝手に配慮した豊富な機能を搭載した液晶テレビ「REAL」の新製品を発売するに至った。

■ここがスゴイ!液晶テレビ「REAL」MX
●年間消費電力量をさらに削減
新製品は、高効率バックライトの採用で消費電力の少ない「ECOパネル」を搭載した。バックライトの効率的コントロールで、年間消費電力量を従来の同型機よりさらに削減した※2。
また、省エネ効果を画面上で確認できる「ECOメーター」「ECOモニター」のほか、「明るさセンサー」や「ECO画質モード」などの「7つの省エネ設計」により、省エネに貢献する。
※2 LCD-32MX45とLCD-32MX35、LCD-32MX40とLCD-32MX30、LCD-26MX45とLCD-26MX30各々の比較

●使い勝手に配慮した機能
番組本編からCMに変わる時や入力ソースを切り替えた時に変化する音量を安定した音量に自動調整する「おすすめ音量」機能を搭載した。さらに、リモコン操作でテレビ画面が左右に振り向く「オートターン」機能※3、電子番組表の番組タイトルなどを音声で知らせる「しゃべるテレビ」機能など、テレビの使い勝手を良くする機能も充実している。
※3 LCD-32MX40を除く

●クリアで臨場感のある高音質
クリアな高画質と臨場感のある高音質を実現した点も見逃せない。
高画質回路「DIAMOND Engine VIII」の搭載により、ノイズの少ない滑らかで鮮明な画質で、さまざまな映像を最適に再現。また、同社が培ってきたDIATONE音響技術をベースに開発した「DIATONEリニアフェイズ」回路などの搭載により、よりクリアで臨場感のある高音質を実現した。

三菱液晶テレビ「REAL」製品情報
三菱電機株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
本日より開催!ユーザー参加型の写真展「GR BLOG」
これは便利!電子マネーの残額がいつでもわかる小道具
大容量化だけじゃない!超高速なSDHCカードが登場
新エコポント基準導入に伴い、液晶テレビ緊急値下げ

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ