ITライフハック

世界のモバイル

韓国・台湾に続くのは中国!世界に躍り出たZTEの日本侵食は避けられない【世界のモバイル】



スペインで開催されていた世界最大のモバイル・通信関連イベント「Mobile World Congress 2012(MWC2012)」が閉幕した。会期中は各メーカーが連日新製品発表会を開催していたが、圧倒的な製品数で話題となったのが中国のZTEだ。

発表会で紹介されたスマートフォン新製品は8機種。それに加えてタブレットや開発中の製品なども紹介され、同社のブースにはそれらの製品がずらりと展示されていた。

続きを読む

Appleとの一騎打ちに死角?スマホシェア1位Samsungが抱える激動の2012年【世界のモバイル】



携帯電話各メーカーの2011年第4四半期が出揃った。この時期はクリスマスセールの期間でもあり、1年の中で最も利益を稼ぎ出す重要なシーズンでもある。同四半期に新製品iPhone 4Sを投入したAppleが絶好調であったのは当然として、他社の状況を見てみると明暗がはっきりとし、各社の状況をそのまま物語った結果となっている。

続きを読む

2012年の注目スマホメーカーはここだ!ソニエリ・LG・モトローラも危うい?【世界のモバイル】



ファーウェイ(Huawei)は、日本を含む世界中にUSBタイプのデータ通信端末を販売していることでも知られている。また、お手軽価格のスマートフォンを立て続けに市場投入するなどスマートフォンメーカーとしての認知度も着々上げている。特に通信事業者の独自ブランドによる価格の安いスマートフォンにはファーウェイ製のものが多くなってきた。

日本でも、同社のスマートフォンはソフトバンクのVision SoftBank 007HWやイー・モバイルのGS02といったミッドレンジクラス製品のほか、イー・モバイルのPocket WiFi Sも実はAndroid OSを搭載したエントリークラスのスマートフォンだ。このPocket WiFi Sの同系モデルは世界各国の通信事業者からも超低価格でも販売されているほどだ。

そのファーウェイが、2012年1月にアメリカ・ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクスショー「CES2012」で新しいスマートフォンの発表会を開催した。これまでの同社のラインナップを見ている限り、発表されるのは新興国向けのコストパフォーマンスに優れた製品ではないかと予想されていたが、発表された2製品はいずれも大手メーカーのハイエンド機種にも匹敵する上位モデルだったのだ。

続きを読む

iPhone5はドコモから発売されるか!世界から見た日本のモバイル市場【世界のモバイル】



最新のモバイル事情をお伝えするのが、「世界のモバイル」の連載だ。世界から日本のモバイル市場を見てみよう。

続きを読む

スマホ時代突入の今が最後のチャンス!パナソニックの海外進出が期待できる理由【世界のモバイル】



パナソニック モバイルコミュニケーションズは2012年から海外市場へ本格的に展開すると発表した。まずはヨーロッパ市場に参入し、機種を増やしながら販売数を引き上げていく予定だという。日本メーカーの海外進出はこれまでもほぼ"全滅"状態が続いていたが、果たしてパナソニックに勝算はあるのだろうか?

続きを読む

iPhone 5は本当にドコモから発売されるのか?可能性を徹底分析【世界のモバイル】



来年登場が噂されるiPhoneの新機種の販売に関し、AppleとNTTドコモが交渉を結んだとのニュースが流れた。ネットは騒然となり、モバイル関係者からも、様々な分析や意見がネットで飛び交った。

この報道に対し、ドコモは公式には否定はしているものの、これまでのAppleを取り巻く噂話が現実化した前例も考えると、今回の報道が誤報だと言いきれない。

市場の状況をみれば、誤報と言い切れない理由も垣間見えてくるからだ。

続きを読む

使い捨てスマホ時代がくる?1万円スマートフォンの先にあるスマホ価格破壊【世界のモバイル】



東南アジアやインドなどの新興市場向けに低価格携帯電話を投入するG'Five。同社は、まだ日本では無名に近いが、2010年の年間携帯電話生産台数は2,000万台を超えており、これは日本国内シェアトップメーカー シャープの倍以上の数だ。世界シェアも10位前後と着々と販売台数を伸ばしている。

続きを読む

4Gスマホ時代突入で日本の起死回生チャンスとなるか?4Gの世界動向を斬る【世界のモバイル】



NTTドコモは2011年10月18日、2011年冬-2012年春モデルの新製品発表会を行った。製品のラインナップを見ると実にスマートフォンが15機種と過半数以上を占めており、もはやスマートフォンが主力商品であることが明確にアピールされている。

しかも高速なLTEサービス「Xi」対応端末も4機種が一気に発表された。海外の事業者はLTEを開始してもまだデータ端末だけを提供しているところも多い中、スマートフォンで出遅れたドコモは一気に海外の状況を追い越そうとしている。

続きを読む

4Gスマホ時代到来!超高性能機種の登場とクラウド化の加速がスマホを変える【世界のモバイル】



7月にLTEサービスが2つの事業者から開始された韓国で、LTE対応のスマートフォンが続々と発売開始になっている。中でもLG電子のOptimus LTEはライバル他社の製品より高いスペックを誇っており、同社が巻き返しを図るために満を持して投入した最終兵器とも言える製品だ。

続きを読む

Kindle Fireが世界を変える!アマゾン発のタブレット価格破壊という革命【世界のモバイル】



書籍販売のAmazonが電子書籍端末「Kindle」の新製品を発表、機能だけではなくその価格にも注目が集まっている。電子インクを利用したモノクロ画面の新・Kindleは広告配信を受けるWi-Fiモデルで79ドル、画面のタッチ操作に対応し3Gを搭載したモデルは同じく広告配信モデルが149ドル。通勤や移動中に電子書籍を利用し、購入は自宅などでと考えている消費者にとって、100ドルを切るWi-Fiモデルは魅力的なものに映るだろう。

また新しくAndroid OSをベースとしたカラー画面モデル「Kindle Fire」も発表された。こちらは199ドルで、見た目は他社の7インチタブレットと類似したものになる。

Amazonが提供する全てのサービスも利用可能で、書籍のみならず動画や音楽、そしてゲームなども利用できる。単純にハードウェアスペックを比較すればAppleのiPadには及ばないだろうが、目的がはっきりしていればこの価格でこれだけのことが出来るKindle Fireは十分満足できる製品だ。

続きを読む

いよいよ日本登場か!成功が期待できるWindows Phone 7スマートフォンの実力【世界のモバイル】



Microsoftの日本法人は7月上旬に経営方針説明会を開催、Windows Phone 7の日本投入が公の場で初めて明言された。果たして日本市場でWindows Phone 7は受けいれられるのだろうか?

Microsoftのスマートフォンは、1998年に投入された通信機能を持たないPalm-size PCが最初としている。その後Pocket PC Phone Editionで携帯電話機能を搭載し、Windows Mobileと名前を変えて本格的なスマートフォン製品が続々と市場に投入されてきた。だがスマートフォンでは一度もNokiaの牙城を崩すことはなく、後発のAppleやAndroidにあっという間に抜き去られてしまっている。

そのNokiaも、現在のスマートフォン市場では苦戦を強いられているが、Windows Mobileは苦戦だけではなく市場からの撤退直前まで追い込まれてしまった。ビジネス向け端末としてオフィスアプリとの親和性や企業のプッシュメールが利用できるなどの利点があったものの、ペンを中心としたユーザーインターフェースは、iPhoneやAndroidが出てくるや一般消費者からの興味を一気に無くしてしまったのだ。

続きを読む

タブレット市場の将来が見えた!iPadの未来を揺るがす海外メーカーのスマホ新戦略【世界のモバイル】



ファーウェイ(Huawei、華為)のスマートフォン戦略がいよいよ本格的になってきた。
これまで同社のスマートフォンは、エントリーレベルのモデルを各国の通信事業者を通して販売してきた。だがシンガポールで6月に開催されたCommunicAsia 2011で、同社はスマートフォンやタブレットの最新製品を発表、ラインナップにはハイエンドモデルが加わり、製品バリエーションは大手端末メーカーにも匹敵するバラエティー豊かなものとなっている。

続きを読む

米国でもSIMロックフリーiPhone開始!孤立する日本は変わるのか【世界のモバイル】



アメリカでSIMロックフリーのiPhone4の販売がいよいよ始まった。iPhoneの販売は全世界で基本的に通信事業者を通して行われており、特にアメリカではAppleとAT&Tとの間で密接な販売協力体制が結ばれてきた。だが、そのアメリカで事業者を経由しない単体販売が開始されたことにより、AppleのiPhone販売戦略は大きな転換を迎えることになりそうだ。

では、この動きは今後日本にもやってくるのだろうか?

続きを読む

掟破りのSIM2枚挿しスマホ!ポストネットブックで加速するタブレットの最新モバイル事情【世界のモバイル】

2011年5月31日から6月4日まで台湾・台北で世界最大のPC関連展示会「Computex Taipei 2011」が開催された。中でも大きなブースを構えていたのは台湾の大手PC関連メーカーだ。

各社のブースはマザーボードやデスクトップPC、そしてハイエンドノートPCからネットブックまで様々な製品を揃え来場者に大きくアピールしていたが、昨年よりも増えていたのがタブレットやスマートフォンの展示である。

特にタブレットは「ポストネットブック」として各社が力を入れており、OEM/ODMメーカーも合わせると10社以上、展示製品の種類は会場全体で50以上を超えるほどと盛況であった。

続きを読む

iPad 2の登場で各社の競争激化へ!スマホがノートPCを凌駕する【世界のモバイル】

アップルのiPad 2がついに発売された。iPadが開拓したタブレット端末の市場は、Andoridタブレット端末やストレートPCが登場するなど、今や戦国時代とも言うべき状況だ。スマートフォン市場に目を向けると、キャリア各社が様々な端末を発売し、こちらも激しいシェア争いをしている。そうしたモバイルの最新情報を、携帯電話研究家 山根康宏氏がお届けするのが「世界のモバイル」だ。モバイルの世界の移り変わりを振り返ってみよう。

続きを読む

世界同時値下げの震源は初代iPad!タブレット市場を激震させた影響【世界のモバイル】



AppleのiPad 2の販売が4月下旬よりアジア各国でも開始された。初代iPadよりも軽量化され、さらにカメラも搭載されるなど完成度が高くなったiPad 2はアジアでのタブレットブームを大きく加速させるだろう。Android陣営のタブレットも数が多数出てきているが、本命のiPad 2が登場したことで、各社の競争はより一層激しいものになりそうだ。

さてiPad 2の発売直前にAppleは初代iPadの価格をアジア各国で大きく引き下げた。特にこれまでアメリカやヨーロッパからiPad 2を輸入して転売する販売店の多かったアジア各国では、この値下げにより初代iPadの割安感が大きく高まっている。

続きを読む

未来を大胆予想!キーボード合体型スマートフォンがノートPCを凌駕する【世界のモバイル】



スマートフォンやタブレットなどフルタッチデバイスが増えてきたことで、画面上に表示されるソフトキーボードの利用も定着してきている。簡単なメールの返事やTwitterでのちょっとしたつぶやき程度ならばソフトキーでも十分実用になるものだ。ソフトキーの操作性の改善も進んでおり、触れたキーを大きく拡大表示したり、触れた瞬間にバイブレーションで反応を返すなど、使いやすいソフトウェアキーボードの開発にメーカーも力を入れている。

続きを読む

タブレット製品のラインナップを強化へ!Samsungの狙いが見えた【世界のモバイル】



Samsungがタブレット製品のラインナップ強化を進めている。2011年2月に10.1インチディスプレイモデルを発表したのに続き、わずか1ヵ月後の3月には8.9インチモデルを追加しタブレット製品を3種類に増やしている。また10.1インチモデルは1ヶ月で早くも改良され、世界最薄の8.6mm厚タブレットとして全世界で発売される予定だ。

続きを読む

海外市場でがんばる日本!京セラ2画面スマホ「Echo」の日本のモノづくり【世界のモバイル】


2011年3月にアメリカで開催されたCTIA Wireless 2011、世界各国から出展する大手企業の中に、日本の端末メーカーとして京セラ(KYOCERA Communications)の名前があった。北米で同社は京セラのブランドで携帯電話を販売するほか、買収したサンヨーブランドの製品も販売している。CDMA2000方式に対応した製品を手がけており、消費者へはSprint Nextelなど通信事業者を経由して販売されている。

京セラブースに並ぶ端末は、ほぼ全てが北米市場向けに開発されたものであり、日本で見慣れたものとは異なるものばかりだ。2010年春に発売された、同社の北米向け初のスマートフォンである「Zio」も誇らしげに展示されていた。このZioは販売事業者からAndroid OS 2.2へのアップグレードもアナウンスされており、まだまだ現役で使用できる同社のフラッグシップ端末でもある。

続きを読む

ガラパゴス以上に困難?和製スマホの海外進出への道【世界のモバイル】


ガラパゴスケータイ(フィーチャーフォン)一色であった日本の各通信事業者の新製品発表会も、今ではスマートフォンが真っ先に紹介される時代になってきた。

フィーチャーフォンも新製品が定期的に発表されてはいるが、主役の座はスマートフォンにすっかり奪われてしまっている状況だ。日本のメーカーがお得意としていた事業者の新サービスに対応して新製品を投入するというビジネスモデルも完全に崩れた格好だ。

さらに各社から発表されるスマートフォンは、大半が海外メーカー製の製品で埋め尽くされている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ