ITライフハック

中華

先着88,888⾷分の陳麻婆豆腐無料券をプレゼント!過去最高の辛さ「地獄の麻婆豆腐」

sub3

「麻婆豆腐発祥の店」陳麻婆豆腐などを展開している外食企業・株式会社ケンコーホールディングスは、「食」でたくさんの人々に元気になってもらうこと、本場四川省の四川料理を楽しんでもらうことをテーマとした「老舗の復活!正宗プロジェクト」の第3弾として「無限・陳麻婆豆腐フェア」を2021年4月3日(土)から開始する。

■陳⿇婆⾖腐史上最⾼の⾟さ!「地獄陳⿇婆⾖腐」
sub1
陳麻婆豆腐史上最高の辛さとなる「地獄陳麻婆豆腐」

陳⿇婆⾖腐史上最⾼の⾟さとなる「地獄陳⿇婆⾖腐」を期間限定で提供する。ハバネロを贅沢に使⽤したことで、⾟さと痺れがかつてない⾼次元で融合した。
main

また、⽇本初となる雲南省産ジョロキア「魔⻤とうがらし」(株式会社カネカサンスパイス提供)を使⽤した「超辣陳⿇婆⾖腐」、中国四川省の陳⿇婆⾖腐本店と同じ痺れ感を楽しめる「正宗陳⿇婆⾖腐」も併せて提供。多様な刺激を楽しめる。

コロナ禍による様々な困難がある今、少しでもたくさんのお客様に「“⾷”で元気に」なってもらいたい。陳⿇婆⾖腐だからできる「本場の美味しい料理をご体験していただける機会」を作りたいと思い、本企画を提案した。
menu

■先着88,888食分の⿇婆⾖腐無料券がもらえる「無限・陳⿇婆⾖腐フェア」
sub3

「陳⿇婆⾖腐」「正宗陳⿇婆⾖腐」「超辣陳⿇婆⾖腐」「地獄陳⿇婆⾖腐」を完⾷し、写真と共にハッシュタグ「#陳⿇婆⾖腐」付きでSNSに投稿するか、陳麻婆豆腐のメールマガジンに会員登録することで、先着88,888食分の陳⿇婆⾖腐無料券がもらえる「無限・陳⿇婆⾖腐フェア」を同時開催する。

<無限・陳⿇婆⾖腐フェア概要>
フェア開催期間:2021年4⽉3⽇〜5⽉31⽇
フェア開催場所:陳麻婆豆腐全店・店内でのご飲食のみ (UberEatsなどのデリバリー、テイクアウトを除く)
陳⿇婆⾖腐無料券の配布条件:
「陳⿇婆⾖腐」「正宗陳⿇婆⾖腐」「超辣陳⿇婆⾖腐」「地獄陳⿇婆⾖腐」のいずれかを完⾷した上で、
(1)⾷事の写真をハッシュタグ「#陳⿇婆⾖腐」を付けてSNS(Twitter、Instagram、Facebook)に投稿
(2)陳⿇婆⾖腐のメールマガジンに会員登録
のどちらかの条件を満たし、投稿画面か登録完了画⾯をお会計時にご提⽰頂けた⽅で、先着88,888枚。

陳⿇婆⾖腐無料券の配布枚数:
「陳⿇婆⾖腐」「正宗陳⿇婆⾖腐」完食…1枚
「超辣陳⿇婆⾖腐」完食…2枚
「地獄陳⿇婆⾖腐」完食…5枚
※「超辣陳⿇婆⾖腐」「地獄陳⿇婆⾖腐」のご提供は17時からのディナータイムとなる。
※「地獄陳⿇婆⾖腐」は大変な辛さなので、注文時に免責事項が記載された誓約書に署名が必要。
※陳麻婆豆腐無料券は88,888枚の配布完了次第、配布終了。

<陳⿇婆⾖腐無料券の利⽤について>
利用方法:会計時に一人1枚限定で、「陳麻婆豆腐」1食分が無料。また、「正宗陳麻婆豆腐」「超辣陳麻婆豆腐」「地獄陳麻婆豆腐」はそれぞれ100円・200円・500円(税込み)の追加料金を支払うことで注文できる。
利用場所:陳麻婆豆腐全店・店内でのご飲食のみ (UberEatsなどのデリバリー、テイクアウトを除く)
利用期間:2021年4月3日~6月30日
利用時間:17時からのディナータイム
※陳麻婆豆腐無料券をご利用された場合は、新たに陳麻婆豆腐無料券の発行はない。

■「中華一番!」の小川悦司先生による書き下ろし「陳婆さん」イラストパネルとのツーショット撮影ブース設置
sub2
小川悦司先生描き下ろしの「陳婆さん」

(C)小川悦司/講談社
中華料理漫画「中華一番!」シリーズの小川悦司先生による、本フェアのための特別な描き下ろし「陳婆さん」等身大イラストパネルを各店舗(※)に設置。陳婆さんとツーショット写真を撮ることができる。
(※一部店舗を除く)

株式会社ケンコーホールディングス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
日頃の感謝を込めて!人気ドリンクを1杯 税抜 99円で提供する『大感謝セール』
ANIPLEX+にTVアニメ「鬼滅の刃」より!「竈門禰豆子<爆血>」スケールフィギュア
自宅がゲーセンに!Switch用充電スタンドにもなる「アーケードコントローラー」
使いたい時だけサッと出せる、木目天板とブラックフレームのスタイリッシュな折りたたみデスク
人気のタレカツが合い盛りに!「タレカツとから揚げの合い盛り」が登場






デフォルメしたら劇的ビフォーアフター!カッコよすぎる中華ガンダム



昨年末、中華ガンダムこと、機動戦士ガンダムにそっくりな巨大ロボットが中国四川省成都市の遊園地に登場し、インターネット上で話題となった。そのロボットはいつの間にか撤去され、そのまま消えてしまうものと思われたが、デフォルメされて再登場したことで、さらに話題となった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ