ITライフハック

人材育成

世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催

1003_2022_PROGRIT_006

英語コーチングサービスを提供する株式会社プログリットは2022年10月3日、事業説明会を開催した。同社は2016年9月に設立された企業だが、急成長を果たし、2022年9月29日、東証グロースに上場した。事業説明会では、同社の事業と今後の展開について、代表取締役社長の岡田祥吾氏が報道陣に対して説明を行ったので、その様子をレポートする。

Fixed_okada_2


■人の力とテクノロジーの力を融合させ、英語学習に革新をもたらす
岡田社長はまず、プログリットのミッションは、「世界で自由に活躍できる人を増やす」ことだと説明した。世界で活躍したいのに英語が壁となって、世界で仕事をすることを諦めている人が多いという問題をなんとか解決したいという思いで、プログリットを創業したと岡田社長は語った。

「日本人は英会話スクールに年間約1,780億円のお金を払っているのに、英語力が上がっていない。そこで我々は、人×テクノロジー、人の力とテクノロジーの力、この2つを融合させることによって、英語学習に革新をもたらせると考えています。」

Fixed_PA032542
株式会社プログリット代表取締役社長の岡田祥吾氏

1
人の力とテクノロジーの力を融合させ、英語学習に革新をもたらす


■英語コーチングサービス「プログリット」とサブスク型英語学習サービス「シャドテン」を展開
プログリットは現在、英語コーチングサービス「プログリット」とサブスクリプション型英語学習サービス「シャドテン」という2つの事業を展開している。プログリットは、「ビジネス英会話」「TOEIC ®︎ L&R TEST」「初級者」「TOEFL iBT ®︎/IELTS」の4つのコースのそれぞれにつき、期間が異なる4つのプラン(TOEFL iBT ®︎/IELTSのみ、3つのプラン)が選べる。プログリットは、従来の英語学習サービスとは異なり、学習者一人一人に専任のコンサルタントがついて伴走し、英語学習をサポートすることが特徴である。学習者はコンサルタントが作成したカリキュラムを基に、1日に2~3時間の自学自習を行う。コーチングにより、生活習慣から見直すため、多忙な方でも成果を出せることが売りだ。

「我々は、英語を教えるのではなくて、英語学習の仕方を教えて、それが継続できるようにサポートしているんです。週1回専任コンサルタントと60分の面談をしていただき、毎日チャットで、モチベーションのマネージメントを行っています。当社で開発したアプリを使って、学習管理を行います。スケジュールは分刻みで決め、極端に言うと、何時に寝て何時に起きるとか、ご飯はいつ食べて、電車の時間は何をするといったところまでコンサルタントと一緒に考えていきます。」(岡田社長)

2
「プログリット」と「シャドテン」の2つのサービスを展開

3
プログリットのプランと価格


岡田社長は、日本にいながら効果的な英語学習をするためには、「良質なコンテンツ」「最適な学習方法の選択」「学習の継続」の3つが重要であり、従来型の英会話スクールは、良質なコンテンツの提供という点では問題ないが、コンテンツがありすぎて自分にとって何が最適なのかが分からないことと、学習を継続させる仕組みがないと説明した。プログリットは、この3つの点を全てサポートし、学習効率と学習時間を最大化する。

従来型の英会話スクールの利用者の1日平均学習時間が20分程度だったのに対し、プログリットでは2.4時間にもなり、プログラム完遂率は96%、スピーキング力を計測する「VERSANT ®︎」の伸びは平均5.8点になったとのことだ(3ヶ月プランでのデータ)。また、プログリットを修了された方にアンケートを取った結果、修了後も週4日以上学習を継続できている方が61%もいたということで、学習習慣がしっかり身についたといえる。

4
プログリットのコーチングサービスの内容

5
プログリットと従来の英会話サービスとの違い


プログリットが展開しているもう一つのサービスが、サブスクリプション型英語学習サービス「シャドテン」である。同時通訳者の訓練方法の一つとして、英語を聞きながらそれを真似して発音するシャドーイングと呼ばれるトレーニングがある。シャドーイングは、リスニング力の向上に大きな効果があり、最近では学校教育などでも盛んに取り入れられている。シャドテンは、このシャドーイングに特化したサービスであり、学習者のレベルと目的に応じた課題が出され、その課題を1日30分シャドーイングし自分の音声を録音して送付することで、英語のプロフェッショナルによる詳細なアドバイスが受けられるというものだ。

シャドテンの料金プランはシンプルで、月額19,800円(税抜)の定額制となっている。本サービスは当初、プログリット卒業生のみを対象に提供していたが、2020年6月から一般向けに提供を開始。急成長を遂げ、2022年7月末時点での会員数は2,800人を突破した。

6
シャドーイングについて

7
シャドテンの成長推移


■人的資本経営を一貫して実践
プログリットの強みは、高い顧客満足度とそれを実現するための人的資本経営だと、岡田社長は語った。

「通常コースを卒業した方の継続コース入会率がここ2年間ずっと50%を超えており、直近では60%くらいになっています。プログリットは非常に顧客満足度の高いサービスですが、その理由はいくつかあります。中でも重要なポイントが、コンサルタントのクオリティです。英語業界ではかなり珍しいのですが、コンサルタントを全員正社員として採用するということを創業時からやっております。

いわゆる人的資本経営で、さまざまな施策を実施し、高い組織エンゲージメントを醸成しています。例えば、コンサルタントにお客様を詰め詰めに担当させるのではなく、就業時間の15~20%はあえてお客様を持たない時間とし、その代わりに研修を行い、コンサルタントが継続的にスキルを向上できるようにしています。」

8
人的資本経営を創業時から一貫して実践


■法人研修ではカスタマイズ教材も導入
また、プログリットは、継続的な需要が見込める法人研修市場への参入も行っており、2022年7月末時点で、トヨタ自動車やサントリーなど198社がプログリットを人材育成研修に導入している。また、トヨタ自動車では通常の教材ではなく、同社の英語での会議録音や資料を元にAIを活用して作成したカスタマイズ教材を導入している。同社で利用頻度の高い単語や表現を使った教材を使うことで、研修効果をより高められる。

9
トヨタ自動車におけるカスタマイズ教材導入の実例


プログリットの売上高は、創業以来急成長を遂げており、2021年8月期はコロナ禍による英語学習ニーズの低下によって前年を割ったが、2022年8月期は「シャドテン」の拡大も寄与し、再び成長軌道に回復した。営業利益も、2022年8月期は過去最高を達成する見込みだ。

10
売上高の推移


■高単価市場の英語コーチングで市場シェア圧倒的No.1を目指す
プログリットの今後の成長戦略について、岡田社長は次のように語った。

「我々は、サブスクのシャドテン、プログリットの個人向け、プログリットの法人向けと3つのサービスを展開していますが、それらがお互いに結び付き、エコシステムを形成しています。例えば、個人でプログリットの3ヶ月コースを終えた方が、継続学習のためにシャドテンを申し込むとか、その逆もあります。

こうしたシナジーによって中長期的な成長ができると考えています。我々は、英語学習マーケットを5つに分類しています。ピラミッドの頂点が月15万円~20万円の英語コーチングの市場。これは6年前にはほとんど存在してませんでしたが、この6年間で少し市場が生まれました。この下に月2万円~5万円の英会話スクールの市場があり、その下にオンライン英会話、さらに有料アプリや書籍の市場があって、一番下が無料アプリになります。我々の基本的な戦略は2つあります。

1つは、この一番高単価のマーケットで、成長していき、市場シェアで圧倒的No.1を目指します。次に、もう少し単価の低い市場にも参入していきたいということで、その第一弾がシャドテンです。今後は、シャドテン以外にもいろんなサービスを展開していきたいと思っています。

プログリットをどうやって成長させていくのかというと、大きいのはやはり法人研修市場ですね。当社のお客様は現在198社ですが、他社さんですと3000社、5500社ということで圧倒的な差があります。ですからここをしっかり拡大していくことで、成長できると思っています。シャドテンに関しては現在、主にtoCサービスとしてやっていますが、先月から企業向けの販売を始めました。また、もう一つ動いているのが塾で、塾と提携することで中高生もシャドテンを使えるようにするということをやっています。」

11
中長期的な成長を支えるエコシステム

12
英語学習マーケットにおける成長戦略


■立命館大学の「Global Ath-Ritsプログラム」を支援
岡田社長は最後に、近日リリース予定の内容として、立命館大学の「Global Ath-Ritsプログラム」をプログリットが支援することを明らかにした。Global Ath-Ritsプログラムは、英語力の向上と世界最高峰のスポーツ教育を体験する機会を提供するプログラムであり、世界での活躍を志す立命館大学生にプログリットの受講や米国の教育機関が提供する短期プログラムへの参加機会を提供するものだ。

13
立命館大学の「Global Ath-Ritsプログラム」をプログリットが支援


プログリットは他の大学や教育機関とも提携しながら、サービスの幅を広げていきたいとのこと。英会話は国際交流やグローバルビジネスに必須のスキルであるだけに、今後の展開に期待したい。
テクニカルライター 石井英男


株式会社プログリット 代表取締役社長 岡田祥吾氏が語る!『プログリット』『シャドテン』への想い

YouTube:https://youtu.be/TGLq3hrrIoI

プログリット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS!2023年6月に「IVS」「IVS Crypto」を京都で同時開催
スタッフの⼼の健康状態を⾒える化!5 秒の会話でメンタルヘルスチェックをする実証実験を実施
「投資」とは何かを日本全体で考えるきっかけを創造したい!さわかみ投信「投資の日」に向けて『#投機よりも投資を プロジェクト』始動
CloudGate証明書で、より厳密な端末制限を実現!インターナショナルシステムリサーチ、2022年新サービス発表会
八丈島の魅力を活かした持続可能な地域社会の創出へ!みずほ銀行×八丈島 包括連携協定調印式



超図解 3分英会話フレーズ1500
3分英会話制作陣:相澤 真耶
KADOKAWA
2021-03-12



官民連携で進化するセキュリティ人材の発掘・育成 【役立つセキュリティ】

楽天株式会社でシステムセキュリティグループ マネージャー、Rakuten-CERTを務める福本 佳成氏が IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主宰している「セキュリティ・キャンプ実施協議会」の設立総会に出席、セキュリティエンジニアの人材育成に対する想いを伝えています。

このセキュリティ・キャンプは、官民連携による若年層セキュリティ人材の発掘・育成を担う体制を構築するために発起されたもので、総会は、情報セキュリティ月間である2月の22日に行われました。

発起人は、サイボウズ株式会社、ソニー株式会社、CompTIA、エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社
、株式会社ラック、株式会社三菱総合研究所、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ。(50音順、敬称略)

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ