ITライフハック

介護

今年のお盆も帰省自粛傾向!「“自然”なみまもり」ニーズ高まりの兆しも

image001

株式会社ミクシィのVantageスタジオは、自律型会話ロボット「Romi」(読み:ロミィ/2021年4月21日(水)より一般販売を開始)が、高齢者の利用も増えていることを受け、自宅を訪問し「Romi」の設定をしたり使い方をレクチャーしたりする「Romi訪問設定サポート」サービスと、薬を飲む時間など、決まった時間に話しかける「話しかけ設定」機能を、2021年9月中に提供開始する。それに伴い、「離れて暮らす親とのコミュニケーションとみまもりサービス」についてアンケートを実施した。

■コロナ禍で離れて暮らす親と会う機会「減少」約7割。今年のお盆も帰省自粛傾向。
親と離れて暮らす方にアンケートを実施したところ、コロナ禍で親と実際に会う頻度が「とても減った」が50.0%、「やや減った」が20.9%と、約7割が減少したことがわかった。また、今年のお盆の帰省について質問したところ、「帰省しない」が58.6%、「検討中」が21.3%と、約8割が帰省しない決断をしたか、お盆まで一ヶ月を切るタイミングになっても帰省について悩んでおり、まだまだ帰省しにくい日々が続いている様子が見て取れる。なお、コロナ禍以前はお盆の帰省を「毎年していた」が44.5%、「ときどきしていた」が26.4%と、約7割の人が帰省していたことからも、コロナ禍で親と会う機会が激減していることがわかった。
image003

■離れて暮らす親が「心配・気がかり」8割超も、過半数が連絡は月1度程度かそれ以下。
会えない日々が続く状況下で、離れて暮らす親について心配・気がかりになることが「ある」人は82.5%と8割を超え、親が一人暮らしの方に限定すると90.3%にものぼった。一方で、心配・気がかりになることが「ある」と答えた人に親との連絡頻度を聞いたところ、「月に1度未満」「月に1度程度」が過半数となり、心配ではあるものの頻繁に連絡が取れない、または取りにくいこともわかった。
image005

■一方で、78.3%がみまもりサービス認知も利用はせず。
理由は「導入が難しそう」「親が嫌がりそう」。 次に、離れて暮らす親について心配・気がかりになることが「ある」と答えた人に、高齢者の自宅を訪問してもらったり、行動記録を確認したりすることで安否確認が行える「みまもりサービス」について質問したところ、「知っているが利用していない」人が78.3%と、認知はしているものの、利用するまでには至っていない実態が浮かび上がった。利用していない理由としては、「導入が難しそう」29.1%、「親が嫌がりそう」27.4%となり、導入する側にもされる側にも課題があることがわかった。
image007

■家族の行動を自然に知ることができる「自然なみまもり」約7割が興味あり。みまもりニーズ高まりの兆しも。
最後に、離れて暮らす親について心配・気がかりになることが「ある」と答えた人に、家族の行動を自然に知ることができるサービスの利用意向について質問したところ、「使用したい」22.6%、「やや使用したい」45.9%と約7割が興味を示す結果となり、「自然なみまもり」のニーズが高い傾向がうかがえた。
image009

調査期間:2021年7月16日〜2021年7月22日
調査方法:インターネット調査
調査対象:70歳以上の実父母と離れて暮らす40歳〜69歳の男女
調査人数:526名
※小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100.0%にならない場合がある

Romi公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
首都圏のイトーヨーカドー各店で発売!『マンゴツリーカフェ監修ガパオライス』など計6品
家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』!ufotable描き下ろしイメージビジュアル第2弾公開
飲食業にチャレンジしたい人を応援!初のミールワークスキッチン期間利用者が出店
飾りたいと思う写真展『アートの競演 2021新涼』【Art Gallery M84】
大きな荷物も受け取れる!最大75Lに段階的に拡張できる宅配ボックス






青いハートが画かれた“ヘルプマスク”とは?机に挟み込みだけで簡単に後付できる【まとめ記事】

main

伯鳳会グループは、2021年5月28日に可決成立した障害者差別解消法の改正法案に基づき、共に生きる社会の実現に向けていち早く具体的な行動に移すため、 「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」を発足した。
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、クランプ取り付けでデスクに後付できる、ホワイトカラーのキーボードスライダー3種類「100-KB003W」「100-KB004W」「100-KB008W」と、引き出し1種類「100-KB007W」を発売した。

机に挟み込みだけで簡単に後付できる!キーボードスライダーの白色
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、クランプ取り付けでデスクに後付できる、ホワイトカラーのキーボードスライダー3種類「100-KB003W」「100-KB004W」「100-KB008W」と、引き出し1種類「100-KB007W」を発売した。


薄型ノートPCの取り付けに最適!超小型のセキュリティワイヤー
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、薄型ノートパソコンに取り付けに最適な盗難防止用セキュリティワイヤー「200-SL086」を発売した。薄型ノートパソコンの取り付けに最適な盗難防止用セキュリティワイヤー。ちょっと席を外したい時やシェアオフィス、カフェなど、持ち運び用としても使える。パソコンの盗難や不正な持ち出しを防止できるので、情報漏えいの防止に最適だ。シリンダー錠採用で、鍵でロックすることができる。ワイヤーの直径は約4mm、ケーブル長は約1.5m。超小型のシリンダー錠採用で、薄型のノートパソコンに設置した場合でも本体が浮きにくい。3×7mmセキュリティスロットに設置可能で、ハードディスクドライブやNAS、プロジェクターなどにも対応している。マスターキー対応で、まとめて購入した場合でも鍵の管理がしやすくなっている。


ファン&メッシュで蒸れずに姿勢をアシスト!ランバーサポートバックレスト
サンコー株式会社は、『ファン&メッシュで蒸れずに姿勢をアシスト!ランバーサポートバックレスト』を発売した。本製品はファンを内蔵し蒸れを防ぎながら座った際の正しい姿勢をサポートするランバーサポート。イスの背もたれの間に本製品をセットすれば、腰に当たる部分が張り出している形状で座った時に自然と曲がった背筋を伸ばした姿勢に導いてくれる。腰に当たる部分には5つのファンを搭載する。ファンはUSBより給電。ケーブルの先端部のボタンで3段階の風量調整が可能だ。メッシュ素材とファンで蒸れを防いでくれる。本体裏側の縦のベルトで反り具合の調整ができる。好みの角度で使える。


「おせっかい」が、世界を変える!医療法人伯鳳会が「Plus Heart Action」を発足 青いハートが画かれた“ヘルプマスク”とは?
伯鳳会グループは、2021年5月28日に可決成立した障害者差別解消法の改正法案に基づき、共に生きる社会の実現に向けていち早く具体的な行動に移すため、 「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」を発足した。障がい者・福祉に関する実情を調査・公開するとともに、障がいの有無に関わらず一人ひとりの理解と配慮が必要であることと、サポートをためらわないで欲しいことを社会に訴えるべく、新宿駅メトロプロムナードにてマスクに青いハートがプラスされた“ヘルプマスク”を設置するピールオフ広告を2021年8月9日(月)より掲出した。この取り組みでは、 外見からは分からなくてもサポートを必要とする方のためのマークである”ヘルプマーク”の啓発も合わせて実施する。


から揚げだって合い盛りだ!テイクアウト専用「全力合い盛りから揚げ1kg」
とんかつ専門店「かつや」を展開している株式会社かつやは、国内「かつや」の「かつ弁」メニュー販売店舗にて、から揚げが計約18個入ってお得な「全力合い盛りから揚げ1kg」を期間限定で販売中だ。コロナ禍の夏が2度目になり、昨年に続き夏休みも自宅で過ごす時間が増え、テイクアウト需要が高まっている。そこで本企画はテイクアウト限定でお盆期間のおうちごはんも楽しんでいただきたいという思いから誕生した。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
限定復活、冷製パスタで新登場!創業メニュー「雲丹のスパゲッティ」
鬼滅の刃、竈門襧豆子 両面フルグラフィックTシャツ!Animo(アニモ)にて、再発売
シビれる辛さの冷製担々スープ!丸亀製麺、シビ辛麻辣(マーラー)担々うどん
多様な働き方でバッグ選びも変化?テレワーカーは“バックパック派”が最多
東京たらこスパゲティが豚汁に!?ごちとんコラボメニュー「めんたい豚汁」






「おせっかい」が、世界を変える!医療法人伯鳳会が「Plus Heart Action」を発足 青いハートが画かれた“ヘルプマスク”とは?

main

伯鳳会グループは、2021年5月28日に可決成立した障害者差別解消法の改正法案に基づき、共に生きる社会の実現に向けていち早く具体的な行動に移すため、 「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」を発足した。

「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」特設サイト
障がい者・福祉に関する実情を調査・公開するとともに、障がいの有無に関わらず一人ひとりの理解と配慮が必要であることと、サポートをためらわないで欲しいことを社会に訴えるべく、新宿駅メトロプロムナードにてマスクに青いハートがプラスされた“ヘルプマスク”を設置するピールオフ広告を2021年8月9日(月)より掲出した。

この取り組みでは、 外見からは分からなくてもサポートを必要とする方のためのマークである”ヘルプマーク”の啓発も合わせて実施する。

■90%以上が「サポートの仕方がわからない」と回答!“ヘルプマーク”に関する調査結果で明らかに。問題は相手を気遣う優しさのあまり、行動をためらってしまうこと。
伯鳳会グループは日々診療に全力で取り組む一方、患者さまが日常生活に戻った後、様々な場面で困難や苦痛、不安や孤独に直面しているという現実に「医療だけでは限界がある」ことを痛感している。

様々な障がいや、周囲からは認知が難しい疾患がある中で、外見では判断しかねることから周囲のサポートも難しい“ヘルプマーク”についての調査を実施したところ、「ヘルプマーク利用者が困っていたらサポートしたいと思うか」という問いに対し、約86%以上の方が「サポートしたい」と回答。このうち、90%以上の方が「どのようにサポートしたら良いかわからない」「サポート方法についてきちんと知りたい」と回答した。
image003

本調査の回答結果は、ヘルプマークの有無にかかわらず、困っている人を見かけた時に抱く普遍的な悩みを浮き彫りにした。これらを背景に、同グループは医療に関わる者の責務として、助け合おうとする思いと行動に間違いはないということ、ためらわずに一歩を踏み出して欲しいというメッセージ強く社会に発信するため、どの組織・団体にも帰属しないシンボルとして「信頼・調和・揺らぐことのない愛」を意味する青いハートを掲げ、日頃身につけるマスクにその想いを託す本プロジェクトを始動した。

調査名:WEBアンケート調査
期間:2021年7月1日(木)~7月5日(月)
調査対象:20歳~69歳の男女1000名
調査方法:インターネット
エリア :全国

■ヘルプマスクとは
0001

マスクに青いハートを付ける事で「困っている人がいたらサポートしたい」という意思表示ができるマスク「ヘルプマスク」を伯鳳会グループが考案。
青いハートには「信頼・調和・揺らぐことのない愛」という意味が込められている。

■“ヘルプマスク” を設置した巨大ピールオフ広告を東京メトロ新宿駅にて掲出
sP1100325

2021年8月9日(月)より7日間、新宿駅メトロプロムナードに「サポートを♡(カタチ)にしませんか?」のメッセージとともに“ヘルプマスク” を設置した巨大ピールオフ広告を掲出。配布用に用意した420枚ものヘルプマスクがはがされた現在は、大きな青いハートが出現している。広告は8月15日(日)まで掲出する。

<巨大ピールオフ広告概要>
掲出期間:2021年8月9日(月)~8月15日(日)
掲出場所:新宿駅メトロプロムナード内「D」
掲出内容:ヘルプマスク
image007

■「#青いハートがあふれる社会を」で、本音を募集。続々と賛同の声が集まる。
プラスハートアクションの活動の一環として、誰もが自然とサポートし合える社会をつくるため、年齢や立場、障がいの有無を問わず、サポートについての本音を募集。8月11日時点でTwitterでは多くの投稿を目にすることができる。現在もなお投稿が増え続けている状態だ。

・助けられた経験談やお礼のメッセージ
・実は足りていないサポート
・サポートしたい気持ちや想い
などの本音をSNSでシェアをする際は、「#青いハートがあふれる社会を」や青いハートを付けて投稿しよう。

投稿の一部を「 Plus Heart Action(プラスハートアクション) 」特設サイトで掲載。サポートの形を分かりやすく示しながら、助け合いの架け橋になることを目指している。
image009

「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
限定復活、冷製パスタで新登場!創業メニュー「雲丹のスパゲッティ」
鬼滅の刃、竈門襧豆子 両面フルグラフィックTシャツ!Animo(アニモ)にて、再発売
シビれる辛さの冷製担々スープ!丸亀製麺、シビ辛麻辣(マーラー)担々うどん
多様な働き方でバッグ選びも変化?テレワーカーは“バックパック派”が最多
東京たらこスパゲティが豚汁に!?ごちとんコラボメニュー「めんたい豚汁」






今まで見たことがない母の姿!認知症の祖母を記録する前田実津 写真展 「 My Recollections 」



認知症を患った94歳の祖母と介護をする母親の姿をドキュメンタリーでとらえた前田実津さんの写真展が東京・銀座にあるリコーフォトギャラリーRING CUBE9Fフォトスペースにおいて2012年10月17日より開催中だ。

認知症はドキュメンタリーとしても重いテーマでもあるが、被写体が肉親であれば、なおさらだ。今回のように生々しいドキュメンタリー作品を取り組もうとした理由はなんだったのだろうか、また、取り組む中でドキュメンタリー作家として何を見いだしてきたのか、前田さんにうかがった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ