ITライフハック

健康経営

Apple Watchで社員の健康とコミュニケーションを促進! 法人向けウェルネスサポートサービス「Wellness Aile」発表会

ssフォトセッション/登壇者
左から医学博士 木村雄弘氏、アツラエ 取締役 有海哲也氏、武井 壮氏、アツラエ 代表取締役社長 坂倉 猛氏、一級建築士 岩瀬功樹氏

株式会社アツラエは、Apple Watchのヘルスケアデータで従業員の健康管理を行う法人向けのウェルネスサポートサービス「Wellness Aile(ウェルネスエール)」の提供を2022年8月1日より開始する。サービスの開始に先立ち、7月7日に報道関係者向け発表会を開催した。当日は、公式アンバサダーとして百獣の王武井壮さんが応援に駆け付け、「ウェルネス」についてのトークセッションを実施した。

■社員コミュニケーションや健康経営などを解決
発表会は、株式会社アツラエ 代表取締役社長 坂倉 猛氏による挨拶から始まった。

近年、働き⽅改⾰の推進やニューノーマルの多様化する働き⽅によって、「ウェルネス」というワードが注⽬されている。“輝くように⽣き⽣きしている状態”として、健康を⾝体の側⾯だけでなくより広義に総合的に捉えた概念だ。そのような背景から、企業側も従業員が⼼⾝ともに健康的に働けるような環境を整備することで、企業の⽣産性を⾼めていくという経営⼿法「健康経営」の重要度が⾼まっている。リモートワークが加速したことでリアルなコミュニケーションが希薄になったことから、オンラインで取り組むことができる「健康経営」に各社が積極的に取り組んでいる。

今回、ローンチする『Wellness Aile』は、社員ひとりひとりの活動量が集約しアプリ内のキャラクターが変化するゲーミフィケーション要素をもたせることで、楽しみながら企業の健康管理ができるよう企画・開発されたサービスだ。

アツラエ 代表取締役社長 坂倉 猛氏は、
『これまで蓄積したノウハウを集結し、事業経営に役立つものが作れないか、という想いのもと作られたのが、本日お話しさせていただくWellness Aileでございます。Wellness Aileのコンセプトは、健康管理をするということだけではなく、社員一人一人が、自ら率先して運動をしようと促進する機能を盛り込んだサービスとなっております。健康経営や社員コミュニケーションは、皆さまも課題としているところだと思います。それらを解決するためのデバイスとして、アプリとしてお役に立てていただければと考えております。』と、Wellness Aileへの想いを語った。

アツラエ代表取締役社長 坂倉 猛氏
Wellness Aileへの想いを語る、アツラエ 代表取締役社長 坂倉 猛氏


■日々楽しみながら自然と健康に向き合う機会を創出
引き続き、Wellness Aile開発責任者のアツラエ 取締役 有海哲也氏が登壇し、「Wellness Aile」を説明した。

アツラエ 取締役 有海哲也氏は、
『Wellness Aileは、“健康経営にもっと「ワクワク」を。”をコンセプトにしたサービスです。我々は常に健康を考え、改善し続けることが必要です。それはなかなか困難なことです。そこで我々はエールを送り、励まし、称えあう仲間とチームを組み、日々楽しみながら自然と健康に向き合う機会を創出する、そんなデザインを創出しました』と、開発の経緯を説明した。

アツラエ取締役 有海哲也氏
「Wellness Aile」を説明する、アツラエ 取締役 有海哲也氏


「Wellness Aile」は、Apple Watchから取得するヘルスケアデータにより従業員の健康管理を行うことができる法人向けウェルネスサポートサービスだ。

「Wellness Aile」は、従業員が楽しく「続ける」ことに徹底的にこだわっている。

・チームで育てるキャラクター
まずは社内でチームを組んで各自が目標を決める。チームメンバーの目標達成度によって、炎をモチーフにしたオリジナルキャラクター「バーネス」が進化していく。バーネスの進化でメンバーのアクティブさを可視化することで、チームのモチベーションアップにつなげる。

・チームで頑張り、ご褒美のインセンティブをゲット
社員個人やチームで目標をクリアすると、「Wellness Aile」オリジナルのコインを獲得できる。貯めたコインは参加しているメンバーへシェアすることもできる。チームのモチベーションを日々高め、メンバー間のコミュニケーションを活性化することができる。貯めたコインは、企業ごとに自由にコーポレートインセンティブ(食品の購入やスポーツジムの費用補助など)として設定することもできる。

・医師監修による健康チャート
「Wellness Aile」では、日々、健康データが蓄積されていく。データは、毎週分析され、「健康チャート」と「ひとことコメント」としてユーザーにフィードバックされる。

このほか、「Wellness Aile」の「従業員を見守る、充実した管理機能」として、管理画面でアプリ起動数をはじめ、従業員個々の活動量(MOVE、EXERCISE、STAND)やヘルスケアデータの閲覧、管理部門から全社一斉または特定の従業員へ個別にコメントの送信ができる機能を備える。取得されるデータはエクスポート可能で企業独自に分析できるので、経年変化を捉えウェルネス経営に役立つ細かなデータを取得できる。

サービスは、100ユーザーパック¥40,000/月で提供される。また提供開始に先立ち、パブリックβ版の利用ユーザーとして限定5社を2022年7月7日から公式サイトより募集する。

000


■Apple Watchで気軽に健康管理できる
「Wellness Aile」のアドバイザーで医学博士の木村雄弘氏は、医師の立場から「Wellness Aile」の有用性を語った。

「Wellness Aile」を利用すれば、Apple Watchが常に脈拍を取り続けてくれるので、心臓病の治療に使える可能性がある。医療とITの組み合わせにより、心臓病の早期発見や術後の管理がより効率的になるとの考えだ。

木村雄弘氏は、
『動脈硬化が進むと脳梗塞を引き起こしたり、心筋梗塞などは、ひとたび起こしてしまえば生涯後遺症を残すような病気になるため、病気になる前に防ぐことが大事です。そこで威力を発揮するのがApple Watchのリングですね。赤いリングが一周するというのはだれにとってもわかりやすい。これが毎日一周するだけ運動してくださいといえば、習慣性や継続性につながります。しかもこのリングは、その人個々人にとって最適な量に調節して、無理なく継続できます。』と、「Wellness Aile」とApple Watchとの相性の良さについて語った。

医学博士 木村雄弘氏
「Wellness Aile」とApple Watchとの相性の良さについて語る、医学博士の木村雄弘氏


■日本で初めて「Wellness Aile」を導入する「株式会社 梓設計」
株式会社 梓設計では、全社でApple Watchを導入している。健康経営導入優良企業として表彰されたこともある同社は、日本で初めて労働組合で「Wellness Aile」を導入し、今後は全社での導入を目指す。

岩瀬功樹氏は、
『我々の業界では「デザイン思考」が大事にされているのですが、同じような感覚で「ウェルネス思考」というものができたら、面白いと考えております。それは単なる健康経営ではなく、ウェルネスからはじまる新しい働き方、ワクワクする居場所のデザインを考えていけたらと思っています。もしかしたら自分や誰かの健康が、誰かを元気にするかもしれないと考えております』と、「Wellness Aile」を活用してワクワクしながら働ける環境づくりへの意欲を見せた。

一級建築士 岩瀬功樹氏
社内へ導入する「Wellness Aile」について語る、株式会社 梓設計の一級建築士 岩瀬功樹氏


■「百獣の王」武井 壮氏のストイックな日常
トークセッションでは、「Wellness Aile」のアンバサダーに就任した武井 壮氏が登壇した。

武井氏は高校時代から6年間、アスリートとして、気温や湿度、天気や気圧などのデータを1日6回、ノートに書きとめ、自らのコンディションを見極めていたことを披露。「自分のコンディションを知るために、自分のデータをとることに勝るものはない」という信念のもと、自らの健康状態への意識を高めていたことを披露した。今でも深夜12時を超えると、毎日1時間のフィジカルトレーニングと、もう1時間は何かのスポーツの技術練習をするという。

武井 壮氏はサービスについて、
『めちゃくちゃ便利ですね。ぼくらのようなハイパフォーマンスをするアスリートにも役立つことが多いし、日常生活で元気になれるとか、今日は何かしっくりこないなという日にも自分をコントロールすることが可能だと思います。トレーニングの作業自体は正直しんどいことが多いけれど、ワクワクするのは、データによって自分の成長がわかるということ。ぜひ、成長を手にしてほしいです。』と、「Wellness Aile」への想いを熱く語った。

s七夕2
七夕に開催された発表会にちなんで、笹が用意された。開発責任者の有海氏は「健康寿命の長~い国へ」と、武井氏は「自分史上最高」と短冊に願いを託した。


■Apple Watchの計測データを有効活用
発表会場のデモンストレーションでは、「Wellness Aile」で利用するApple Watchの計測データについて、具体的な内容が明かされた。

現在、下記のデータが計測できる。
・ムーブ、エクササイズ、スタンド(平均)
・ムーブ(合計)
・エクササイズ(合計)
・スタンド(分)(合計)
・心拍数(平均)
・血中酸素濃度(平均)
・歩数(合計)
・ウォーキング・ランニングの距離(合計)
・登った階数(合計)
・高血圧(平均)
・低血圧(平均)
・体重(平均)
今後、計測できる対象を増やす予定。


健康経営は、従業員が心身ともに健康的に働けるような環境を整備し、生産性を高めていくものだ。「Wellness Aile」を利用すれば、仲間とチームを組み、日々楽しみながら健康と向き合える。社員一人一人が自ら率先して体を動かす機会をつくれることから、健康経営の意識が高い企業には、「Wellness Aile」は魅力的なサービスと言えそうだ。
テクニカルライター 坂本知枝美


「Wellness Aile」公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
先着でもらえる、オリジナルグッズ!ほっともっと『ONE PIECE FILM RED』コラボ
TVアニメ「SPY×FAMILY」より、待望のフォージャー一家の高品質1/7フィギュア
全棟に個室サウナを設置した、オーシャンビューの宿泊棟!「THE CHIKURA UMI BASE CAMP ft.SAUNALAND」
希少な栗を使った濃厚な味わい!モスバーガー「まぜるシェイク 恵那栗 岐阜県産和栗使用」
父親たちのお風呂事情が明らかに!花王、調査結果と「祝 爽快!仕舞湯キャンペーン」を発表






社員の健康は会社の健康と同義!インフォコムが“健康経営”を実現する企業のためのヘルスケアプログラム「WELSA」発表

000

インフォコムは都内で発表会を開催し、“健康経営”を実現する企業のためのヘルスケアプログラム「WELSA」を発表した。健康診断やストレスチェック、勤怠などを総合評価して健康データを一元管理する仕組みで、1人あたり年額1,800円というリーズナブルな価格で提供される。

■従業員の健康が健全経営に直結する
昨今言われ出した健康経営とは、企業による自社従業員の健康保持・増進の取り組みが、将来的には会社の収益性を高める投資であるとする考えをベースに、健康管理を経営視点から考え、戦略的に実行することを言う。従業員の働かせ過ぎはブラック企業化に直結し、結果命取りになるというわけだ。

2014年に発表された政府の「日本再興戦略」に健康経営が明記されてのち、2015年には経済産業省と東京証券取引所が健康経営銘柄を選定したり、厚生労働省がストレスチェックの義務化を図るなど、従業員の健康に対する問題意識の変革が求められつつある。

06

■健康診断を受けさせただけで結果を把握していない企業が半数
健康経営を進めていくためには「PDCAサイクル」が重要だが、現状把握から評価分析、対策という流れをたどることができず、従業員の健康に対する投資をするために必要な情報が不十分なのが現状だ。同社によると、基礎データとなる定期健康診断結果をきちんとデータ化できている企業は全体の半数にとどまるという。

02

03

■データを一元管理することで見えてくるもの
そこでWELSAでは、心と体の健康データを一元管理し、人事部門の行う健康管理業務の効率化と省力化を実現。健康データを集団的・総合的に分析・予測して、その企業が抱える課題を見える化できる。また企業に合わせたセミナーや健康プログラムなどの、健康改善ソリューションも提供される。

00

04

■リーズナブルな価格設定
その提供価格は従業員1人当たり年間1,800円。産業医を含めて指導している場合は4,000~7,000円ほどのコストがかかるが、それに比べるとかなりリーズナブルな価格展開となる。なおオプションとして有用なサービスを展開することも検討されているという。今後は企業で受けたWELSAのサービスを、転職したり、独立しても使えるようなものにしたいと同社。これからのサービス展開に期待したい。

05


インフォコム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
人材不足の令和時代はソリューション型の派遣サービスを中心に展開!アデコグループのVSNが技術者系労働市場の変化を捉えた新サービス「Modis VSN」発表
ネットで簡単!個人でも銀行から低金利な融資が受けられる個人と銀行をむすぶ国内唯一のプラットフォーム「クラウドローン」スタート
ANAが羽田空港において大型自動運転バス実用化に向けた実証実験を実施~電気バスを使用し、2020年内の試験運用を目指す~
みんなのタクシーがJR東日本提携第1弾として後部座席設置のタブレットによる“Ringo Pass”実証実験を拡大
主要メーカーのロボットアームを1つのプラットフォームで集中管理できるOnRobotの「ワンシステムソリューション」






収入上げるならこのメニューがおススメ!AIが仕事効率が高まる食事を教えてくれるシグナルトークの新サービス「WorkUp AI(ワークアップエーアイ)」

1_original

シグナルトークは、健康意識の高いオフィスワーカー向けに、ワークパフォーマンス改善につながる食事をAIがアドバイスし、生涯収入をアップさせるという世界初のサービス「WorkUp AI(ワークアップエーアイ)」の正式サービスをスタートした。

なお、正式なサービス開始にあたり、昨年11月に期間限定公開したβ版にはなかった機能として、LINEとの連携機能、生涯収入をアップさせるためのメソッドの追加、UI/UXの改善などを行い、より使いやすくなったとのこと。

■人手不足の中、せめて従業員の健康は確保したい
従業員の健康管理を経営的な課題とする「健康経営」は、昨今ますます注目を集めている。しかし、経済産業省が行った調査によると、中小企業のうち約半数は健康経営を認知しておらず、「健康管理は個人で行うもの」という考えが根深いことが見受けられるという。令和時代は「人手不足」により廃業に追い込まれる中小企業が急激に増えると言われており、せめて現従業員たちの健康は、最低でも確保しておきたい。

「WorkUp AI」は、専用アプリをPCにインストールするだけで、カメラやキーボードタッチなどを通して、お客様のPC業務のワークパフォーマンスを自動計測し、AIが独自のメソッドにより、パフォーマンス向上に必要な栄養素を含む食生活のアドバイスを行ってくれる。

さらには特許取得済の算出方法で、食事がワークパフォーマンスに与える影響を数値化、世界で初めて食事が生涯収入に与える影響を具体的な金額で「見える化」することに成功した。ビジネスパーソンの個々の健康管理、ワークパフォーマンス向上をサポートすることで、「WorkUp AI」は企業の経営向上、健康経営の促進にも貢献するとしている。

■対応プラットフォーム
Webアプリ: Windows、MacOS、iOS、Android
AIカウンセリング、各種閲覧はPC、タブレット、スマートフォンから利用可能。
ワークパフォーマンス自動測定PCアプリ:Windows 8、Windows 10、macOS Mojave、macOS Catalina
 ※以上推奨OS。正式サービス開始に伴い、macOSにも正式対応を開始。

2_normal

3_normal

4_original

5_original


■個人向けサービス料金
月額:9,800円(税別)
※健康経営を目指す企業様向けの法人サービスも続けて開始予定。


WorkUp AI

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
人材不足の令和時代はソリューション型の派遣サービスを中心に展開!アデコグループのVSNが技術者系労働市場の変化を捉えた新サービス「Modis VSN」発表
ネットで簡単!個人でも銀行から低金利な融資が受けられる個人と銀行をむすぶ国内唯一のプラットフォーム「クラウドローン」スタート
ANAが羽田空港において大型自動運転バス実用化に向けた実証実験を実施~電気バスを使用し、2020年内の試験運用を目指す~
みんなのタクシーがJR東日本提携第1弾として後部座席設置のタブレットによる“Ringo Pass”実証実験を拡大
主要メーカーのロボットアームを1つのプラットフォームで集中管理できるOnRobotの「ワンシステムソリューション」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ