デイトレードやトレーディングというと、何やら敷居の高い世界で自分とは縁がないと考えている人が多いだろう。株の取引に多少のリスクを伴うのは事実だが、それは知識を持たずに大きな相場に手を出すようなケースであり、しっかりとした知識を身に付けて運用して行けば、銀行預金以上の金利で資産運用を図ることができる。

それには普段からアンテナを張り巡らせておく必要がある。例えば世界情勢の変化のニュース、新しい発見や発明があったというニュースが流れるだけで株式市場が敏感に反応することがあるためだ。そうしたニュースを察知して特定銘柄の買い注文や売り注文を行うわけだ。現在では、株取引の注文を、自分自身で好きなときに出して株取引が可能になっている。

特に株式売買委託手数料が自由化された1999年以降に誕生したネット証券系の証券会社であれば、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットのアプリで取引ができるので、手軽であるし、売りや買いのタイミングを逃したくないときにもすぐに対応ができる。

国内で大手ネット証券と呼ばれる会社はいくつかあるが、それらの中でもパイオニアでネット証券業界に様々なイノベーションを起こしてきた証券会社が楽天証券だ。

続きを読む