ITライフハック

台風

LIFULL HOME'Sメディアセミナー!おひとりさま用マグケトル【まとめ記事】

image001

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL(ライフル)は2021年9月10日(金)、「気候変動の最新動向と水害リスクから考える住まいの探し方」セミナーを開催した。
サンコー株式会社は、『沸かしてそのまま飲める「おひとりさま用マグケトル」』を発売した。

LIFULL HOME'Sメディアセミナー!『気候変動の最新動向と水害リスクから考える住まいの探し方』開催レポ
不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL(ライフル)は2021年9月10日(金)、「気候変動の最新動向と水害リスクから考える住まいの探し方」セミナーを開催した。ゲストとして、『国連防災白書』国際版の編集に10年来携わり、気候変動リスクを可視化するデジタル地球儀『触れる地球』の開発者でもある竹村眞一氏を迎え、気候変動の最新動向や国内外で起きている気候変動への創造的「適応」についての解説があった。


手首に優しい!左手用のエルゴノミクスマウス
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、人間工学に基づく形状がマウス操作による疲れを和らげる、左手用エルゴノミクスワイヤレスマウス「400-MAW174」を発売した。本製品は、人間工学(エルゴノミクス)に基づいたタテ型形状が手首の負担を和らげる、左手用のワイヤレスマウスだ。左利きの方にぴったりの形状ですが、右利きの方でも左手でマウスを握れば、メモを取る際にマウスからペンに持ち変える必要がなく、スムーズに作業できる。左右クリックボタンおよび戻る・進むボタンはカチカチ音がしない静音ボタン仕様だ。カウント切り替えボタンを押すと、用途に合わせてカーソルスピードを1000/1400/1800の3段階で切り替えられる。


WEB会議システムのプレゼンで使える!ワイヤレスプレゼンター
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、オンライン会議やプレゼンなどで片手で簡単操作できるワイヤレスプレゼンター「200-LPP046」を発売した。本製品は、液晶テレビにポインターを表示できるワイヤレスプレゼンター。ソフトウェアポインター機能搭載で、レーザーポインターではできない液晶テレビへのポインタ表示が可能だ。ジャイロセンサー(動きを感知するセンサー)を搭載しており、手首の動きに合わせてポインターやマウスカーソルの操作ができる。プレゼンターの向きを感知して、ポインター操作とページ操作を切り替えられる。リモート会議の際にも画面共有をしながらソフトウェアポインターを効果的に使用できる。


「鬼滅の刃マンチョコ」の第2弾登場!鬼滅の刃マンチョコ2
株式会社ロッテは2021年9月28日(火)に、「ビックリマン」シリーズからビックリマンイラストになった『鬼滅の刃マンチョコ2』を発売する。2020年11月発売の第1弾から10ヶ月ぶりのコラボレーションになる。ビックリマンイラストレーター描き下ろしによるアニメ「鬼滅の刃」キャラクターの景品シールは全24種。


マグカップとケトルが合体!沸かしてそのまま飲める「おひとりさま用マグケトル」
サンコー株式会社は、『沸かしてそのまま飲める「おひとりさま用マグケトル」』を発売した。本製品は沸かして保温できる機能を備えた電気マグカップ。容量350ml、高さ140×幅130×直径95(mm)(蓋、持ち手含む)で、卓上に置けるコンパクトなサイズを実現した。家庭用コンセントから給電する。使い方は本体に水を入れ、好みの温度にセットすれば準備完了だ。温度は45/60/100度の3段階に切り替えができる。タイマー機能(10、40、70分)を搭載し、タイマー設定時は設定した時間に自動でオフになり、好みの時間煮出すことが可能だ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
コロナ禍の円滑なWEB会議を実現!「MAXHUB」オンライン発表会
e-Janネットワークス、リモートデスクトップサービス「Splashtop for CACHATTO」を無償提供
1日14時間で取り戻せる!テレスぺ、「締切に追い込まれた方」専用テレワーク個室プラン
企業が取り組むべきサイバーセキュリティとは? サイバーセキュリティクラウド、メディア向け勉強会
リモートアクセス市場を牽引!e-Janネットワークス坂本社長に聞くテレワークツールの最前線



マンガでわかる! マイホーム入門ガイド
アベナオミ
マイナビ出版
2020-09-25



LIFULL HOME'Sメディアセミナー!『気候変動の最新動向と水害リスクから考える住まいの探し方』開催レポ

image001

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL(ライフル)は2021年9月10日(金)、「気候変動の最新動向と水害リスクから考える住まいの探し方」セミナーを開催した。ゲストとして、『国連防災白書』国際版の編集に10年来携わり、気候変動リスクを可視化するデジタル地球儀『触れる地球』の開発者でもある竹村眞一氏を迎え、気候変動の最新動向や国内外で起きている気候変動への創造的「適応」についての解説があった。

さらにLIFULL HOME'Sからは住まいの観点から減災を考え、開発した機能「LIFULL HOME'S洪水・土砂災害・地震ハザードマップ」を開発するに至った背景や、多くの人に利用いただけるようこだわったバリアフリー化のポイントと住まい探しの際のハザードマップの活用方法の説明、今後のハザードマップの展開についての発表があった。

■安心できる住まい探しをご提供したい - LIFULL HOME'S 大久保 慎氏
1部では、LIFULL HOME'S事業本部プロダクトプランニング1部部長 大久保 慎氏が登壇した。

大久保氏は「LIFULL HOME'S洪水・土砂災害・地震ハザードマップ」の開発の経緯について、
「当社LIFULLは、個人が抱える課題から、その先にある世の中の課題まで安心と喜びをさまたげる社会課題を、事業を通じて解決する企業グループです。今回は、安心できる住まい探しをご提供したいという思いから開発に至りました。」と語った。

image003
LIFULL HOME'S事業本部プロダクトプランニング1部部長 大久保 慎氏

近年 全国各地で、集中豪雨による水害で住宅に甚大な被害が生じている。国土交通省「災害リスク地域に居住する世帯の状況」(出典:国勢調査及び国土数値情報より国土交通省作成)では、土砂災害・水害のリスクがあるエリアに居住している世帯が約23%あると推計され、不動産取引時においても、水害リスクに係る情報が契約締結の意思決定を行う上で重要な要素となっている。

これらの背景を受け、同機関による2020年8月に水害ハザードマップにおける物件の所在地の説明義務化施行に伴い、LIFULL HOME'Sでは地図から探す機能に『洪水ハザードマップ』を、新築一戸建て物件の物件詳細に『洪水・土砂災害・地震ハザードマップ』機能を開発した。

大久保は外国におけるハザード情報提供のトレンドについて、
「気候変動の影響が顕在化するなか、命を守る情報への関心の高まりから2020年8月、アメリカの不動産情報検索サイトでハザード情報の表示が始まり、2021年全米オンライン仲介大手数社が洪水や山火事、高温、干ばつ等のハザード情報の提供を開始し、ローン金利や住宅保険等にも加味されるようになってきました。不動産事業におけるビジネス上の懸念の声が上がる一方、情報の非対称性の解消や複数サイトを往復する手間の軽減に対する称賛の声も聞かれました。しかし、アメリカの不動産サイトでも取組み自体は始まったばかりのため、各サイトの提供方法も試行段階にあります。」と語った。

image004

■ハザードマップの特徴は、4つ - LIFULL HOME'S 蔭山 亜由美氏
2部では、LIFULL HOME'S事業本部プロダクトプランニング1部 蔭山 亜由美氏が登壇した。

蔭山氏はハザードマップの機能開発を進めた具体的背景について、
「自然災害の頻発や激甚化や不動産取引における『水害リスク説明』の義務化、そして災害リスクに対する意識の変化があります。2019・2020・2021年に行ったLIFULLの独自調査によると、『住み替えの際に災害に強いエリアかどうか調べた』という割合が賃貸・売買共に2年連続で増加しており、特に売買では他項目の上昇があまり見られない中、ここ2年で最も上昇した項目となっています。」と語った。

image006
LIFULL HOME'S事業本部プロダクトプランニング1部 蔭山 亜由美氏

さらに蔭山氏は、LIFULL HOME'Sのハザードマップの特徴として、下記の4点を挙げた。
「物件探しの初期段階から、物件周辺の災害リスクが確認できます。」
「洪水・土砂災害・液状化・最大震度など複数の災害リスクを網羅的に確認できます。日頃どんな防災対策を行えばいいか、不動産会社との相談やコミュニケーションに繋げて頂くことも目的の一つです。」
「動的な地図により周辺の災害リスクも確認できます。」
「あらゆる人が情報を取得できるよう、色のバリアフリーに対応しています。色覚障害のある方にも見やすいよう配慮し、ヒートマップに用いる柄にも考慮しました。」

最後に蔭山氏は、
「現在スマートフォン版の新築一戸建ての機能のみのため、今後戸建て以外のマンションを検討中の方にもご利用いただけるよう開発を進めてまいります。」と今後の展開についても補足た。

image007

■異次元の適応策が世界で進み始めている - 京都芸術大学教授 竹村 眞一氏
3部では、京都芸術大学教授・ Earth Literacy Program 代表 竹村 眞一氏が登壇した。

竹村氏は日本の台風リスクが高い理由について、
「日本近海は世界で最も海水温の上昇率が高い地域なんです。世界平均が0.5度ほどなのに対し、日本近海は1度以上上昇しています。」と指摘した。

また、グローバル貿易の急拡大を機に水害リスクの高い沿岸低地の港湾都市周辺に人口や資産が増えたことで被害額も膨大になっていることにも言及。その上で外から来る災害のみならず内側の脆弱性への対応も必要だと訴えた。

image009
京都芸術大学教授・ Earth Literacy Program 代表 竹村 眞一氏

竹村氏は猛威をふるう気候変動の最新動向として、
「災害の経済損失は21世紀に入って7~80%増えた。これは、同じ災害で影響うける人口や社会資産が沿岸部で増えているためです。現在、日本は人口の半分、社会資産の75%が洪水時の河川水位よりも低い水害脆弱エリアに集まっています。これからは外から来る災害のダメージを何倍にも増幅する内なる脆弱性にも目を向ける必要があります。」と語った。

ではどうしたら良いのか?という問いに対しては、「水害・水没を前提とした都市デザイン」を考える必要があるのではないかと提言した。

竹村氏は気候変動への創造的「適応」について、
「たとえば利根川流域では、昔から水没時に避難できるよう母屋の屋根より高い「水塚」という小山を築き、その上に蔵を設けて、そこに避難用の舟まで準備していました。現代では、たとえばスカイツリーは世界最大級の雨水貯留の仕組みを備えています。一時的にでも下水に流れ込む雨水の量を少なくすることで、都市型洪水のリスクを低減できます。

この墨田区方式を全国に広げるべきです。また国土の3割がゼロメートル地帯のオランダでは『都市が沈むなら、初めから浮かんで暮らそう』と浮体式の住宅やマンションも人気。こうして異次元の適応策が世界で進み始めています。」と語った。

image010

LIFULLは今後も、ユーザーに寄り添いながら、ともに理想の住まい探しを実現するとしている。今回のセミナーは、台風や大雨の水害、地震リスクから安心な住まい探しを考える良い機会となった。

【LIFULL HOME'S】新築一戸建て

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
コロナ禍の円滑なWEB会議を実現!「MAXHUB」オンライン発表会
e-Janネットワークス、リモートデスクトップサービス「Splashtop for CACHATTO」を無償提供
1日14時間で取り戻せる!テレスぺ、「締切に追い込まれた方」専用テレワーク個室プラン
企業が取り組むべきサイバーセキュリティとは? サイバーセキュリティクラウド、メディア向け勉強会
リモートアクセス市場を牽引!e-Janネットワークス坂本社長に聞くテレワークツールの最前線



マンガでわかる! マイホーム入門ガイド
アベナオミ
マイナビ出版
2020-09-25



台風クラスの床用送風機、ストームファンモナイト!収納力をアップするラック【まとめ記事】

1_000000003760

サンコー株式会社は、『超強力!台風クラスの床用送風機「ストームファンモナイト」』を発売した。
サンワサプライ株式会社は、昇降デスクまわりの収納力をアップさせる、鍵付きデスクサイドラック「RAC-SR01LM」を発売した。

取り出すだけで簡単ペアリング!薄型充電ケースで持ち運びに便利な完全ワイヤレスヘッドセット
サンワサプライ株式会社は、取り出すだけで簡単ペアリングでき、薄型充電ケースで持ち運びに便利な完全ワイヤレスヘッドセット「MM-BTTWS003BK」を発売した。「MM-BTTWS003BK」は、左右のイヤホンが独立したBluetoothワイヤレスヘッドセット。機器へつながるケーブルはもちろん、左右のヘッドセットをつなぐケーブルもなく、ケーブルが絡まったり、不意に手や衣服に引っ掛かって耳から外れたりする煩わしさがない。持ち運びにも便利な薄型の充電ケースはポケットに入れてもかさばらないコンパクトサイズ。本製品は充電ケースから取り出すと、一度ペアリングした機器の中で最後に接続した機器と自動的に接続される。また、使用後はヘッドセットを充電ケースにしまうことで自動で充電が開始されます。充電ケースには電池残量を通知するLED付き。ヘッドセットにはタッチセンサーを搭載しており、音楽再生、停止、曲送り、曲戻し、音量調節など、様々な操作がヘッドセット側で可能です。軽いタッチで操作できるので、ヘッドセットを耳に押し込んでしまうこともない。


昇降デスクまわりの収納力をアップさせる!デスクサイドラック
サンワサプライ株式会社は、昇降デスクまわりの収納力をアップさせる、鍵付きデスクサイドラック「RAC-SR01LM」を発売した。「RAC-SR01LM」は、昇降デスクまわりの収納を拡張させる鍵付きのデスクサイドラック。本製品は、上部に高さを自由に変更できる中棚が付いており、よく使うファイルをサッと取り出すことができる。また、収納棚部は前面収納と側面収納があり、収納物を細かく分けることができる。下部は鍵付き扉仕様で、ノートパソコンや貴重品、バッグやファイルなどの収納に最適だ。扉は右開き、左開きどちらでも設定可能なので、デスクの右・左どちらに置いても便利に使うことができる。また、鍵は折りたたみ可能で、周りの物を傷つけず持ち運びに便利だ。後部にはタップ収納部とケーブル口があり、ノートパソコンを収納して充電することができる。


リュックも濡らさないドーム形状の傘!とことん濡らさない傘「リュックガードアンブレラ」
サンコー株式会社は、『とことん濡らさない傘「リュックガードアンブレラ」』を発売した。本製品はリュックサックを背負った状態でもリュックごと覆うことが出来るドームタイプの傘。親骨84cm、開傘時直径100cm、全長約88cm。丈夫な8本骨仕様。本製品は一般的な傘よりも高さがあり(親骨部分が長くドームのように覆う形状)の為、リュックを背負っていてもリュックごと覆ってリュックが濡れるのを防いでくれる。横からの雨の侵入も防ぐ。傘の直径が100cmあるので、一人だけでなく、二人でも快適に使用できる。前方の3本骨部にはビニール素材を採用し、ドーム傘なのに視界を確保している。肩かけ可能な専用カバー付き。


一般的な扇風機の約5倍の風、超強力!台風クラスの床用送風機「ストームファンモナイト」
サンコー株式会社は、『超強力!台風クラスの床用送風機「ストームファンモナイト」』を発売した。本製品は強力な風で換気や乾燥が素早く行える家庭用送風機。本体サイズは幅285×高さ360×奥行335mm。重量3.74kgで持ち運びが可能だ。本体のダイヤルを回すと前面の送風口より強力な風が吹き出す。風量は3段階の切り替えが可能。風速は最大16.5m/s(50hz時15.2m/s)で一般的な扇風機(3m/s=180m/min)の約5倍の風で一気に換気や乾燥が行える。本体の置き方で3段階の角度(0度、45度、90度)に切り替えが可能だ。横だけではなく、斜め上や真上に向けて送風が可能。持ち手付で持ち運びも簡単に行える。


ベルギー王室御用達チョコレートブランド!「ヴィタメール」夏の限定ショコラを販売
ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」は、夏のフルーツを使用した限定ショコラ3 種とショコラギフト『フリュイ・デテ』を販売した。” 夏のフルーツを楽しむ” をコンセプトにお届けする『フリュイ・デテ』。パイナップルや桃など夏のフルーツをチョコレートで爽やかに楽しめる。フラミンゴを描いた掛け紙で夏らしく明るいパッケージに詰め合わせた。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
洗練されたデザインと高い機能性!「Morus Zero」超小型衣類乾燥機
教育現場でもScanSnap活用の場がさらに拡大!Chromebookに正式対応
驚くほど原音に忠実なサウンドを実現!ワイヤレススピーカー「XSound surf」
オウルテック、「かしこく充電」対応のUSB AC充電器を発売
紙を置くだけ、自動裁断!オートフィードマイクロカットシュレッダー





アイリスオーヤマ 工業扇風機 据え置き型 KF-431K
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
2017-04-25

一般的な扇風機の約5倍の風、超強力!台風クラスの床用送風機「ストームファンモナイト」

1_000000003760

サンコー株式会社は、『超強力!台風クラスの床用送風機「ストームファンモナイト」』を発売した。本製品は強力な風で換気や乾燥が素早く行える家庭用送風機。本体サイズは幅285×高さ360×奥行335mm。重量3.74kgで持ち運びが可能だ。

■前面の送風口より強力な風が吹き出す
本体のダイヤルを回すと前面の送風口より強力な風が吹き出す。風量は3段階の切り替えが可能。風速は最大16.5m/s(50hz時15.2m/s)で一般的な扇風機(3m/s=180m/min)の約5倍の風で一気に換気や乾燥が行える。本体の置き方で3段階の角度(0度、45度、90度)に切り替えが可能だ。横だけではなく、斜め上や真上に向けて送風が可能。持ち手付で持ち運びも簡単に行える。
2_000000003760

『部屋の換気を一気に行いたい。カビ予防にお風呂の乾燥をしたい。ワックスがけ後の床を素早く乾燥したい。そんな方にお勧めの『超強力!台風クラスの床用送風機「ストームファンモナイト」』です。』
3_000000003760

<製品特長>
・台風並みの強力な風を送れる送風機
・3段階の風量切り替え
・3段階の角度切り替え
・持ち手付で持ち運び簡単

<仕様>
・サイズ/幅285×高さ360×奥行335(mm)
・重量/3.74kg
・付属品/本体、日本語説明書
・定格電圧/100V
・定格周波数/50/60Hz
・定格消費電力/50Hz 160W/60Hz 200W
・ケーブル長/320cm
・風速/50Hz:弱10.2/中13.0/強15.2 (m/s)
    60Hz:弱11.2/中14.3/強16.5 (m/s)
・風量/50Hz:弱19/中24/強28(m^3/min)
    60Hz:弱21/中26/強31(m^3/min)
・ファンサイズ/176×191(mm)
・パッケージサイズ/幅295×高さ365×奥行360(mm)
・パッケージ込み重量/4.54kg
・保証期間/購入日より12カ月
・発売日/2021/5/28
・型番/C-SFB21B ・JAN/4580060590957

超強力!台風クラスの床用送風機「ストームファンモナイト」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
洗練されたデザインと高い機能性!「Morus Zero」超小型衣類乾燥機
教育現場でもScanSnap活用の場がさらに拡大!Chromebookに正式対応
驚くほど原音に忠実なサウンドを実現!ワイヤレススピーカー「XSound surf」
オウルテック、「かしこく充電」対応のUSB AC充電器を発売
紙を置くだけ、自動裁断!オートフィードマイクロカットシュレッダー





アイリスオーヤマ 工業扇風機 据え置き型 KF-431K
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
2017-04-25

さとふるが「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」を開設~11自治体の寄付受け付けを開始~

main

さとふるは、先日の台風15号により被災した地域の支援を目的に、「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」(https://www.satofull.jp/static/oenkifu/201909_typhoon_15.php)を開設した。

本サイトでは、ふるさと納税制度を活用して、被災自治体に1,000円から1円単位で指定した金額を寄付することができる。また、さとふるが同自治体から収益を得ることはなく、寄付決済手数料はさとふるが負担する。

■「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」掲載自治体※(2019年9月12日午後5時時点)
・茨城県神栖市
・千葉県銚子市
・千葉県東金市
・千葉県君津市
・千葉県袖ケ浦市
・千葉県八街市
・千葉県南房総市
・千葉県香取市
・千葉県九十九里町
・千葉県横芝光町
・静岡県伊東市


※ 被害の状況と自治体からの要請により今後掲載自治体が追加となる可能性があります。また、対象自治体からの寄付金受領証明書送付が遅れる可能性があります。あらかじめご了承ください。

sub1

sub2

sub3

sub4


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
NTTタウンページがWixと業務提携を発表!中堅中小企業の営業支援ツールを展開
ワールドワイドで数万人を超えるITプロフェッショナルのコミュニティを運営するCompTIAがメディアセミナーを開催
ヤマト運輸、宅急便がスマホで便利に・おトクに送れるサービスを開始。匿名配送やオンラインでの事前決済も
CEプラットフォームのリプロが海外事業の本格展開を開始!国外初の拠点としてシンガポールに子会社を設立
ジャパンネット銀行、顧客サポートを拡充、AIチャットから有人チャットへの連携を開始






7月の記録的な台風被害から復活!JR高山本線全線復旧開通PRキャンペーン

541ebdc2f98858082ecc2e1386a5eaf0_s

7月の記録的な台風災害により運行休止となっていたJR高山本線が2018年11月21日に全線復旧開通するのを記念し、飛騨市では、飛騨地域観光協議会(飛騨市・高山市・下呂市・白川村)として、JR富山駅・高山本線沿線各駅でのおもてなしをはじめとして、首都圏での観光イベントやメディアキャラバン等のPRキャンペーンを実施する。

■出発式のテープカットから式典開始
21日、メイン会場となるJR富山駅では、早朝8:00富山発ワイドビューひだ始発に合わせて「JR高山本線全線復旧 祝特急ワイドビューひだ出発式」を実施。式典での関係者によるテープカットほか、飛騨市産の昨年金賞受賞した農家の新米「コシヒカリ」を炊いての無料試食会、飛騨で作られた「なめこ、山ふき、山うど、山椒味噌」(やまさち工房特製) 等の”ごはんのお供”の試食販売も実施し、JR高山本線全線復旧をアピールする。

会場内では飛騨を代表するゆるキャラ(ひだクロくん,がっつ掌くん、ひだくん)による賑やかしや観光プロモーションも行い、富山から飛騨へのアクセス改善を広く来場者に告知する予定だ。

また、飛騨市内では、主要駅の一つであるJR飛騨古川駅では飛騨神岡初金比羅宵祭のゆるキャラ(こんぺいくん)の出迎え、飛騨に自生する薬草等で作った野草茶の振る舞い、地元保育園児(宮城・増島保育園)等多数が出迎え、復旧開通を祝う。

この駅で降車する飛騨市長は、昨年聖地巡礼から親交の始まった世界的ミスコンテストの一つ「ミス・グランド・インターナショナル」ミス・グランド・ジャパン2018のファイナリスト3名を伴って下車。開通に華やかさを演出する。

被害が大きかった現場の高山本線各駅(杉原・打保・坂上)でも横断幕の掲出とともに市民による手旗のお出迎えを実施する。

高山市内では主要駅の一つJR高山駅で地元森下町の獅子舞の披露をはじめ、おもてなでしこ・キャンペーンレディによるお出迎えや、湯の花の配布や飛騨紅茶の振る舞い。下呂市でもJR下呂駅でノベルティの配布をう。

■JR高山本線全線復旧 特急ワイドビューひだ出発式およびPRキャンペーン 概要
期 日:2018年11月21日(水)午前7:20から
会 場:JR富山駅南北連絡通路内、及び
高山本線沿線主要駅(飛騨古川・高山・下呂)等
※予定は変更になる場合があります


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「プレイステーション クラシック」発売記念で太賀がラップに挑戦!ん?なんかゲームのタイトルに聞こえる?
Ginza Sony Parkがアーティストスタジオ「THE EUGENE Studio」を迎え「ザ・ウェイティングルーム」をオープン
LIVER美女たちのシビアな争いを描いたWebムービー「WHY GIRLS RUN ?~全力疾走女子たちのありえない順位争い」公開中
最も有名な拳銃コルトガバメント「M1911」のグリップ部分を忠実に再現したカードケース「M1911-h」が登場
子供たちが東京の写真展をVR空間に創出!PlayStation VR活用ワークショップ「MEMOREUM TOKYO」レポート

十津川警部 高山本線の秘密
西村 京太郎
小学館
2017-04-14


高山本線殺人事件 (講談社文庫)
西村 京太郎
講談社
2010-02-13



ウェアラブルで最大風速約18m/sの台風並みの風が起こせる扇風機

3_000000002812

サンコーは、「ウェアラブル爆風クーリングファン」を発売した。価格は1万9,800円(税込)。

本製品は、充電式でクリップで身につけられるタイプの超強力な扇風機。最大風速は18m/s、風量17m3/hで台風並みの爆風を起こせる。

本体は充電式で最大約6時間使用可能。衣類の中に風を通せば、風で汗を気化させクールダウンができ、夏の過酷な作業現場でも快適に過ごせる。

風量はダイヤル式で無段階に調整。専用のベルトが付属し、クリップでとめる所がない服でも装着が可能だ。ウォータータンクが付属し、水を入れて使えばさらにクールダウンが可能。

■製品仕様
・サイズ/ファン:幅155×高さ105×奥行60(mm)
    バッテリー:幅60×高さ125×奥行50(mm)
     ベルト/約900~1100mm
・重量/ファン:465g
   バッテリー:435g
  ベルト:165g
・電源/ACより充電
・充電時間/約2.5時間 ※使用環境により異なります。
・バッテリー容量/4000mAh
・稼働時間/1.5~6時間程度 ※風量や使用環境により変動があります。
・風量/17m3/h
・風速/最大18m/s
・タンク容量/100ml
・内容品/ファン、バッテリー、ウォータータンク、ベルト、パッド、ファン固定用ベルト、バッテリー固定用ベルト、キャップ、充電ケーブル、日本語取扱説明書
・保証期間/12か月


10_000000002812


■ウェアラブル爆風クーリングファン
http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002812

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
プラネックス、センサー・サイレン搭載スマートカメラ「SpotCam-Sense」「SpotCam-Sense-Pro」を発売
自動車用ヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」を発売
360度全方位ドライブレコーダーにバックカメラ機能を追加できるバックカメラ
こびりついた汚れも簡単に落とせるお掃除用電動ブラシ
JAPANNEXT、65型曲面4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を発表




カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ