つい先日、NECがスマートフォンの開発・製造から撤退すると正式に発表があった。これまで統廃合が進んでいた携帯電話&スマートフォン開発のメーカーがまたひとつ消えて行くことになる。今後さらにパナソニックの撤退もあるのではないかと言われており、世界的な規模で見ると日本メーカーは、戦いのステージから降りていると言っていいだろう。

ただし、スマートフォンの内部で使われているパーツ類は日本メーカー製がほとんどを占めており、技術力といった点では、日本メーカーが現在のスマートフォンを支えていると言っても過言ではないだろう。そうした様々な技術を持ちながら、どうして世界に通用するスマートフォンを作れないのだろうか? 

また、携帯電話全体の契約数が日本の人口を超えたとはいってもガラケーからスマートフォンへ変えていない人を考えると、まだ6千~7千万台程度の普及は見込めると言えるだろう。国内シェアを取って巻き返すことで、また世界に打って出ることができるかもしれない。このようにスマートフォンや携帯電話について紹介したデジ通の連載記事をまとめたので参考にしてほしい。今後、日本でのスマートフォン市場の動きが読み取れるかもしれない。

続きを読む