ITライフハック

宇宙

驚異の美しさで迫る「138億光年 宇宙の旅」、東京都写真美術館にて開催

sub3

「138億光年 宇宙の旅」が東京都写真美術館にて11月21日(土)より開催される。創立から60年余り、宇宙開発や天体観測に偉大な功績を残してきたNASA―アメリカ航空宇宙局。本展では、NASAの画像を中心に、観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡等がとらえた美しく驚異的な天体写真を選りすぐって紹介する。

■アートのごとく見る者を魅了する画像の数々
本展では、太陽系から、銀河系内の星雲や星団、そしてさらにその先にある無数の銀河や銀河団など、多様な天体の姿を大型の高品位銀塩写真プリントで見られる。あせて、すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など国立天文台関連の大型望遠鏡による観測成果の一部を美しい画像によりコーナー展示する。
2020年は、本展で紹介するハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げ30周年を迎え、その他にも火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターの打ち上げ15周年など、宇宙科学の記念すべき年となっている。

『サイエンスでありながらアートのごとく見る者を魅了する画像の数々。宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展の素晴らしさをご体感ください。』

main
月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターがとらえた「地球の出」
NASA/Goddard/Arizona State University

1. 太陽系の天体に迫る
惑星探査機や観測衛星による太陽系探査のハイライトを、近年公開された画像を含めて紹介していく。
土星の大気に突入して20年に及ぶミッションを終えた土星探査機カッシーニ、太陽系最大の惑星である木星の周回軌道に22年ぶりに投入された木星探査機ジュノー、そしてかつての生命活動の痕跡等を探る火星探査車キュリオシティなど、さまざまな探査機や観測衛星がとらえた驚くべき天体の姿を、迫力ある大画面銀塩写真プリントで間近に見られる。

sub4
太陽観測衛星SDOがとらえたプロミネンス
NASA’s Goddard Space Flight Center/SDO

sub2
火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえた火星のクレーター
NASA/JPL-Caltech/Univ.of Arizona

2. 銀河系の星雲と銀河宇宙
NASAの宇宙望遠鏡群によって観測された天体画像を中心に、私たちの銀河系から深宇宙まで、ハッブル宇宙望遠鏡の近年公開された画像を含めて紹介していく。
恒星の誕生や死に関係する美しい星雲や多くの恒星が集団をなす星団、そしてさまざまな形の銀河や銀河の集団である銀河団……。
それらの天体を、可視光や赤外線、X線などでとらえた画像は、宇宙の壮麗さを表現しているばかりでなく、宇宙の起源に思いを馳せる契機をも与えてくれる。

sub3
超新星爆発の残骸 網状星雲の一部のクローズアップ ハッブル宇宙望遠鏡による観測
NASA, ESA, and the Hubble Heritage Team (STScI/AURA)​

sub5
「南天の回転花火銀河」とも呼ばれる棒渦巻銀河M83 の中心付近 ハッブル宇宙望遠鏡による観測
NASA, ESA, and the Hubble Heritage Team (STScl/AURA)

3. 宇宙を探求する目 ―国立天文台の挑戦―
史上初めて撮影されたブラックホールの影、すばる望遠鏡のハイパー・シュプリーム・カム(HSC/超広視野主焦点カメラ)による画像をもとにつくられた「ダークマターの地図」、アルマ望遠鏡がシャープにとらえた「惑星誕生20の現場」など、国立天文台関連の大型望遠鏡による素晴らしい観測成果を紹介する。

展示物: 天体画像 約130点、図解パネル、関連映像  

■オリジナルコースタープレゼントキャンペーン
本展覧会の書籍・グッズを販売するナディッフ バイテン(東京都写真美術館2階)にて、写真集『138億光年 宇宙の旅』または写真集『ハッブル宇宙望遠鏡 探究と発見のまなざし EYES OF HUBBLE』(11月26日頃から発売予定)のいずれかをご購入のお客様にオリジナルコースター(全2種)を1枚プレゼントする。
※柄は選べない。
※数には限りがあるので、なくなり次第コースタープレゼントは終了となる。
※写真はイメージ。

sub7

■フジフイルム スクエア連動 オリジナルテンプレート・ポストカードプレゼントのお知らせ
「138億光年 宇宙の旅」会場(東京都写真美術館地下1階展示室)のフォトスポットで、スマートフォンで記念撮影して、そのデータを下記「ハッブル宇宙望遠鏡」会場(フジフイルム スクエア)に持って行くと、もれなくオリジナルテンプレートのポストカードにしてプレゼントする。(ただし、期間は展示中2020年11月27日~12月17日、1枚/人、詳しくは会場で)

展示詳細
主催    クレヴィス
共催    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
監修    渡部潤一(国立天文台 副台長)
特別協力  大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台
      富士フイルム株式会社
企画協力  岡本典明(サイエンスライター)
後援    目黒区

会期    2020年11月21日(土)~2021年1月24日(日)
会場    東京都写真美術館 地下1階展示室 (恵比寿ガーデンプレイス内)

※展覧会は、やむを得ず中止・変更する場合がある。
 最新の情報はホームページで確認のこと。https://crevis.co.jp/topics/13/
※会場混雑時には入場を制限する場合がある。

開館時間 10時-18時  ※入館は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館)
年末年始(12月29日(火)から1月1日(金・祝)は休館)
観覧料 一般1,000(800)円 / 学生800(640)円 / 中高生・65歳以上600(480)円

※( )内は20名以上の団体、当館の映画観賞券提示者、各種カード会員、目黒区在住の方(住まいの住所が分かるものをチケット販売カウンターにて提示)割引 / 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害を持っている人とその介護者は無料
※各種割引の併用はできない。

「138億光年 宇宙の旅」詳細情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
待たせたな、驚異の2000kcalオーバー!3日間限定「NEW メガ盛パワー2000弁当」再来
「鬼滅の刃」ショルダーバッグ!ACOS、全13種を発売
1129円で、唐揚げ食べ放題+2時間飲み放題!Go To Eatのポイント付与終了後でもお得に飲食
郵便局限定『鬼滅の刃』グッズ、オリジナル フレーム切手の販売開始
10日間限定、冬の味覚を満喫!かっぱ寿司、本ずわい蟹を入荷

138億光年 宇宙の旅
クレヴィス
2018-06-21




138億年宇宙の旅(上) (ハヤカワ文庫NF)
クリストフ・ガルファール
早川書房
2019-06-06

2800名様をご招待!親子で楽しめる宇宙科学イベントを開催へ

親子で楽しめる宇宙科学イベント

世界最大級のネットワークを持つ「ディスカバリーチャンネル」は、親子で楽しめる無料の宇宙科学イベント「コズミックカレッジ2017」の開催を決定した。

9年目を迎える今年は、クイズで全員参加型のイベントにパワーアップ。2017目㎜8月8日(火)より応募受付を開始し、日本全国5都市(東京、神戸、名古屋、札幌、福岡)で開催する。

■宇宙を目指せ!世界そして日本の挑戦
コズミックカレッジ2017は、ディスカバリーチャンネル×JAXA×NHKエデュケーショナルという宇宙のスペシャリストにより構成される特別プログラムだ。

宇宙に対する、世界そして日本の挑戦とは?人工衛星や少し変わった探査機、さらには宇宙船内での困難の乗り越え方など、あらゆるテーマで出題する。

全問チャレンジした子どもには、宇宙マスターのピンバッチを授与する。

ディスカバリーチャンネル x JAXA コズミックカレッジ2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売
RPGアツマール×電撃文庫、5作品をツクラーがゲーム化
感情や感覚を揺れ動かす作品に出合えるチャンス!飾りたいと思う写真展「アートの競演 2017葉月」を開催【Art Gallery M84】
「AKB48グループ じゃんけん大会2017」予備戦の模様を独占生中継
「電ファミニコゲームマガジン」のiOS/Android対応アプリ「ゲーマガ」を提供開始

宇宙に挑むJAXAの仕事術
宇宙航空研究開発機構
日本能率協会マネジメントセンター
2014-03-15





「水曜どうでしょう」か「路線バス乗り継ぎの旅」のような旅程――カミオカンデに行ってきました(前編)

kami00

それは偶然に東大のホームページを訪ねたことから始まった。

「2016年11月26日に行うスーパーカミオカンデの見学者を募集します。ただし300名」

300名が多いのか少ないのかよく分からない。しかし応募が殺到することは間違いないだろう。見学を希望できるコースは朝8時から1時間おきで午後1時までの6組。その詳細はまだ残っている(こちら)。ちなみに、カミオカンデというと知っている人ならばあの光電子増倍管(以下、光電管)がずらっと並んでいる光景を想像するだろうが、それは今回見ることができないらしい。

 それにしてもスーパーカミオカンデである。たとえ光電管が見られなくても、その雰囲気だけでも味わってみたいものじゃないですか。私は迷わず応募した。東京から行くことを考えて、10時発の3便だ。申し込み番号は221。うーん、このまま増えなければいいが、10月7日~10月24日という募集期間。絶対にこれよりも増えるに違いない。

で。それから数週間後。

「各回とも定員オーバーとなり、厳正なる抽選を行った結果、貴殿は落選となりました」

まーそーだよねーーー。そりゃ希望者は集中するよねー。だって全国から300人でしょ。そりゃ無理だよそりゃ(ため息)。

当初はきっぱりと諦めたつもりだった。
しかしまたその数日後に来たメールに動揺させられる。

「落選の通知を送りましたがキャンセルがあり、追加当選となりました」

まじかーーーーーーーーーーーーーー!
嫌も応も後も先も考えずに脊髄反射で「はい行きます!」と返事を出しましたよ。

しかし朝10時に神岡町でしょ。試しにいつも使っているauナビウォークを立ち上げてみると、前の日に新幹線で乗り込んで泊まるか、もしくは深夜バスで行けという。ああそういうことか。たとえ新幹線でも、朝イチに出たとしても到着できないのね。自分の詰めの甘さをここで思い知ることになる。

金曜日に前乗りなんて仕事もあるし予算もあるしそれは無理。じゃあ深夜バスですかね。どれくらいかかるんですかね。運賃は5000円ちょいで、夜11時45分に東京を出て着くのが6時50分?いいじゃないですか。やってやろうじゃないですか。とバス会社に予約をたたき込む。実は初・深夜バスである。どんな雰囲気なのかは分からない。しかし予算を削ったため(使ったのは5000円程度)、普通の4列シートである。同行者(結構太め)がいるけど、まあ、いっか。

かくして見学日前日である2016年11月25日(金)はやってくるのである。

カミオカンデまでのルートはこうだ。東京から富山まで深夜バスを使い、そのあとは路線バスで飛騨市神岡町の営業所まで。現地受付所である神岡町の公民館までは歩いて10分といったところだ。

バスの出発所は今年オープンしたばかりの「バスタ新宿」。一度行ってみたいと思っていたのだが、こんな形で遭遇することになるとは。

kami01

今年の4月4日にオープンしたばかりのバスタ新宿

しかし、深夜バスと路線バスを組み合わせて現地入りするなんて、まるで「水曜どうでしょう」と「路線バス乗り継ぎの旅」が合わさったみたいじゃないか。実際に富山から先のバスは、この前の路線バスの旅で乗ってたし。

そして出発時刻の午後11時45分はやってくる。大型バスだ。「パス-」「プシュ-」「パシッ」とエアサスペンションとブレーキの音を響かせながら到着する。バスは名前を確認するだけで乗車OK。普通の観光バスと同じ片側2列はやっぱりちょっと狭い感じ。仕方ないので酒でも飲みながら過ごすことにしようかと思っていたら、出発してすぐに「室内のライトを落とします。カーテンも開けないでください」だって。寝台列車のような雰囲気を予想していた私としてはかなりがっかり。仕方ないので黙ってビールを飲むことにした。

kami02

「パス-」「プシュ-」「パシッ」とバスが到着

とはいうものの、2時間おきにサービスエリアに入り、トイレ休憩があるもんだから、寝られたもんじゃない。狭いシートに体が固まるのも感じ悪いので、止まったたびにバスを降りてトイレ休憩に向かった。停車しているのは20分とか意外と時間があるため、缶コーヒーを1本飲むくらいの余裕はあった。私はタバコは吸わないけれども、1本くらいゆっくりと数時間はあったのではないだろうか。

バスは首都高、外環道から関越自動車道に入り、そこから上信越自動車道へ。そして北陸自動車道へと進み、富山に至る。金曜日の夜ということもあるのか、バスは満車だ。時刻通りに高速道をひた走っていく。

kami03

すっかり真夜中。当たり前だけど

バスは予定通り午前7時に富山駅北口に着く。濃飛バスの神岡営業所行きは南口の停留所から。イベントのために結構人がいるイメージだったのだが、ほとんど乗客はおらず、がらがら。まあ普通、自動車で来るんでしょうねぇ。やっぱし。

kami04

無事富山駅に到着

kami05

濃飛バスはガラガラ

ちなみにこのバス、神岡営業所が終点ではない。栃尾温泉、新平湯温泉と通り、終点は平湯温泉。つまり湯治客を見込んでのバスなわけだ。1時間20分程度の道のりという、長距離にしては中途半端な時間。しかしほとんど徹夜で寝ていないので、乗り過ごしたら大変だ。かなり緊張感の漂う路線バスの旅となった。

しかしさすが温泉行きのバス。富山空港を過ぎてしばらくすると、山あり渓谷ありの自然豊かな風景となった。何と言っても水がきれい。これは、このあたりに流れる神通川の一帯が片麻岩と呼ばれる石英などで構成されているため。砂岩や泥岩などと違い、水の中に溶けないので汚れないからだ。

kami06

微妙に紅葉が終わっている山々

kami07

川は底が見えるくらいきれい

kami08

対岸に見える神岡鉱業亜鉛製錬工場

kami09

今は廃線になっている神岡鉄道の神岡高山前駅入り口

kami10

意外と風情のある街並み

kami11

そうか。聖地だったんだ

10分程度歩き、風景を楽しんでいる間に神岡町公民館に到着した。ここで見学の受付である。見学料の3500円を払ったら、同乗するバスを待つ。30分程度で神岡廃坑に到着である。

ということで、スーパーカミオカンデの内部レポートについてはまた日を改めてお届けする。

kami12

目的地の神岡町公民館

kami13

東大レゴ部が作ったスーパーカミオカンデの模型

kami14

神岡町公民館3階より下を望む。青い線のまるがスーパーカミオカンデの大きさだとか

kami15

見学はヘルメット必須

kami16

ここがスーパーカミオカンデの入り口だ

スーパーカミオカンデ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始
フレーベル館とソフトバンクロボティクスのコラボで「Pepper」の絵本が登場
LINE、複数人で相手の顔を見ながら会話ができるグループビデオ通話機能を追加
10~20代は、年賀状よりもLINEで新年挨拶。LINEの新年の挨拶風習に関する調査より
タブレットが取り付けられるスマホ天体望遠鏡に地上・天体兼用モデルが新登場

カミオカンデとニュートリノ
中畑 雅行
丸善出版
2016-07-01






森美術館、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」を開催

s-001_『竹取物語絵巻』(第三巻)


森美術館は、2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)の期間、「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」を開催する。



本展覧会では、隕石や化石から、レオナルド・ダ・ヴィンチやガリレオ・ガリレイの天文学手稿、貴重な天文・科学の初版本、曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」の絵巻、そして現代アーティストによるインスタレーションや宇宙開発の最前線に至るまで、古今東西ジャンルを超えた多様な出展物約200点が一挙公開される。

本展の音声ガイドナビゲーターは、学生時代に天文部に所属し、星や宇宙好きとしても注目を集める篠原ともえさん。またチームラボ新作の音声ガイドは、チームラボの代表取締役である猪子寿之氏が解説する。

また会場では、本展の注目展示物のひとつである、UFOとよく似た「うつろ舟」をデザインしたグッズなど、宇宙や現代美術ファン必携のオリジナルグッズも販売される。

s-012__SEA_and_CAO__Mars_Ice_House__Dusk 01_H

s-008_ビョーン・ダーレム_《ブラックホール(M-領域)》


森美術館

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新宿「NEWoMan」で人気の“手土産ランキング”
「芸能人とあそべる生放送」視聴者参加型ライブ配信サービス 「AMESTAGE」を提供開始
「GRAVITY DAZE 2」のスペシャルアニメをスタジオカラーが制作
イチロー選手MLB3,000本安打達成記念プレミアムフレーム切手セットが登場
マピオン、「バーベキュー・キャンプ場特集2016」を公開







秋田県・能代で開催の日本最大規模のアマチュア宇宙イベントをライブ配信

E-Times Technologiesは、2015年8月13日(木)から秋田県能代市にて開催される「第11回能代宇宙イベント」の一般公開日8月16日(日)の模様をライブコミュニティ「スティッカム」にてライブ配信する。
続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ