ITライフハック

島根県

島根県移住プロジェクト「いいけん、島根県」!汎用テレビリモコン【まとめ記事】

Capture_2

島根県は、2020年から『いいけん、島根県』プロジェクトを発足し、首都圏、関西圏、中京圏の若い⼈たちに島根移住の魅力を伝えるため、移住の新しい価値観や実際に移住した⼈たちのリアルな声をもとに多くの人にメッセージを届けてきた。コロナ禍で移住への意識が⼤きく変わる中、2022年も同プロジェクトを実施し、2022年7月1日(金)よりプロモーションを開始した。

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、主要な9社のテレビに対応した汎用テレビリモコン「400-TVMULTI」を発売した。本製品は、東芝、ソニー、日立、LG、パナソニック、シャープ、FUNAI、Hisense、三菱のテレビに対応した汎用リモコン。純正リモコンを紛失したり、故障して使えなくなったりした時に代用できる。基本的な操作を行える60ボタンを搭載している。

PS5側面にゲームパッドとヘッドセットを収納できる!ゲームパッドスタンド
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、縦置きしたPS5の側面にゲームパッドとヘッドホンをかけて収納できるスタンド「200-GAP013W」を発売した。本製品は、縦置きしたPS5の側面に引っ掛けて使用するゲームパッドホルダー。置き場所に困るゲームパッドやヘッドホン、ヘッドセットを省スペースに収納できる。PS5にぴったりフィットする専用形状です。樹脂製のため傷をつける心配がない。付属の両面テープを使ってキャビネットや液晶モニターの裏など好きな場所に貼り付けて使うこともできる。


メーカーと機種を問わず使える!汎用テレビリモコン
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、主要な9社のテレビに対応した汎用テレビリモコン「400-TVMULTI」を発売した。本製品は、東芝、ソニー、日立、LG、パナソニック、シャープ、FUNAI、Hisense、三菱のテレビに対応した汎用リモコン。純正リモコンを紛失したり、故障して使えなくなったりした時に代用できる。基本的な操作を行える60ボタンを搭載している。


スペース確保、入力作業の効率化!クランプで取り付けのブックスタンド
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、書籍や資料を空中に浮かすことができ、机の上を広く使えるアーム付きのブックスタンド&データホルダー「200-DH009BK」を発売した。本製品は、クランプで取り付けすることができるブックスタンド。クランプ取り付けの為、書籍や資料を浮かすことができるので、机上を広く使用することができる。取り付けが簡単なクランプ式は、天板厚1cm~4cmまでに対応している。


とにかく明るい安村×板チョコアイスが謎コラボ!『安心してください、アイスはいってますよ』
森永製菓株式会社は、お笑い芸人のとにかく明るい安村さんを起用した、板チョコアイス「とにかく冷たい板チョコ」Amazonギフト券プレゼントキャンペーンを2022年7月4日(月)より開始した。本キャンペーンでは、アイスが入っているのに入っていないように見える「板チョコアイス」と、パンツを履いているのに履いていないように見える「とにかく明るい安村」さんがコラボ。見た目は板チョコだが、中にアイスが入っていることで、夏でもさっぱりひんやりと、くちどけ滑らかなチョコを楽しめる「とにかく冷たい板チョコ」をとにかく明るい安村さんが表現する。


2022年度も始動!島根県移住プロジェクト「いいけん、島根県」
島根県は、2020年から『いいけん、島根県』プロジェクトを発足し、首都圏、関西圏、中京圏の若い⼈たちに島根移住の魅力を伝えるため、移住の新しい価値観や実際に移住した⼈たちのリアルな声をもとに多くの人にメッセージを届けてきた。コロナ禍で移住への意識が⼤きく変わる中、2022年も同プロジェクトを実施し、2022年7月1日(金)よりプロモーションを開始した。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
焼肉ライクから、時間内無制限!焼肉食べ放題プランが新登場
TVアニメ『SPY×FAMILY』とプロ野球12球団、コラボレーショングッズ
42型までのディスプレイを壁に設置できる!薄型ディスプレイ壁掛け金具
Type-Cに対応したUSBハブ付き!机上台 Type-A接続とType-C接続の2種類
折りたたんで収納可能!高さ・角度調節もできる便利なフットレスト





ローカル旅in島根
Ally
KDP出版
2019-07-08

2022年度も始動!島根県移住プロジェクト「いいけん、島根県」

Capture_2

島根県は、2020年から『いいけん、島根県』プロジェクトを発足し、首都圏、関西圏、中京圏の若い⼈たちに島根移住の魅力を伝えるため、移住の新しい価値観や実際に移住した⼈たちのリアルな声をもとに多くの人にメッセージを届けてきた。コロナ禍で移住への意識が⼤きく変わる中、2022年も同プロジェクトを実施し、2022年7月1日(金)よりプロモーションを開始した。

■「Z世代」にも響く新ビジュアルを2点公開
⽣き⽅が多様化する今や、⼼地いい⽣き⽅は⼈それぞれに異なる。家族、仕事、勉強、遊び等、本当に⼤切にしたいものに時間を使い、いい⼈⽣を送っていただきたい、という想いを込めた当プロジェクト。今年度は、新しいビジュアル2点を公開した。前作のイメージビジュアルは単身の移住者をモチーフにした「⼼地よいサイズ感」がテーマだった。

今作は、友達や仲間たちとの共感を⼤切にする「Z世代」も対象に加えた新ビジュアルを公開する。友だちと海辺をドライブし、気に入った景色を見つけてチルタイムを楽しむ若い女性たち。家から持ってきたお気に入りのチェアとテーブルを並べれば、自分たちだけの「じぶんカフェ」が完成する。「手の届く距離」にある⼤切なものや⼼が弾む時間をモチーフにしたビジュアルだ。

05


もう1点は、仕事終わりに仲間たちで楽しく過ごす時間をテーマにしたビジュアルだ。それぞれの毎日は違うけれど、気軽に集まって、一緒に食事ができる島根の距離感や居⼼地の良さ、かけがえのない時間を表現している。

06


〇いいけん、島根県 プロモーションムービー 「4作品」 も昨年に続き公開
昨年に続き、『いいけん、島根県』のプロモーションムービーを公式YouTube、交通広告、SNS広告などで公開する。

ムービー


■『いいけん、島根県』プロジェクト2022
〇「いいけん、島根県」とは
「いいけん、島根県」とは、「ゆったりとした時間の中で、仕事も暮らしも⼤切に⽣きていい。自分のライフスタイルでいい。肩肘をはらなくていい。自分らしくていい。」島根県のそんな「いい」を込めた、誰もが笑顔で暮らせる⽣き⽅を⽀えるプロジェクトだ。

本プロジェクトは、⽣き⽅が多様化する現代に寄り添い、「家族、仕事、勉強、遊びなど、本当に⼤切にしたいものに時間を使い、⼼地のいい⼈⽣を送っていただきたい」という思いを「自分のサイズで、⽣きていい。」というメッセージに込めて実施してきた。

〇プロモーションについて
2020年に『いいけん、島根県』プロジェクトを開始し、移住に向けた行動を起こしてもらえるよう、フェーズ1「島根県の取組を宣言」、フェーズ2「しまね暮らしのイメージを醸成」、フェーズ3「19市町村のリアルな暮らしを発信」と段階的なプロモーションで島根県への移住の魅力を多くの人に届けてきた。

2022年1月からはフェーズ4.1「都会地ではできない暮らしを“つくる”楽しさ、自由度を発信」し、今年2022年秋以降は新たにフェーズ4.2「都会地では感じれなかった働く“幸福感”や“満足感”を発信」を加え「しまね暮らし」の魅力を発信していく。

フェーズ


■しまね暮らしのホンネをラジオから伝える『HEARTFUL DAYS』
島根県では、県内での定住や県外からのUターン・Iターン先として意識してもらうイメージ発信事業の一環で、県民の皆さんに島根の暮らしを本音で語っていただくFMラジオ番組を放送している。島根県内のみならず、radiko、AuDee(オーディー)、番組公式サイトを通じて県外からも聴取できる。

島根県のとある場所にあるホンネダイニング「はーとふる」を舞台に、県内の様々な分野で活躍している人をゲストに迎え、仕事や子育て・介護に関するエピソードや日々の暮らしで感じる喜びや戸惑いなどを自由に語る本音トークを繰り広げる。

HEARTFUL DAYS


<詳細情報>
放 送:毎週月曜日18:30~18:55
放送局:エフエム山陰松江77.4MHz浜田86.6MHz
    ⼤田82.1MHz隠岐82.7MHz邑智80.7MHz石見邑智86.9MHz
公式HP : https://fmsanin-heartfuldays.jp/

■島根県イベント情報
〇ふるさと島根定住財団
島根県への移住は“ふるさと島根定住財団”に相談!
(公財)ふるさと島根定住財団は、島根県への移住促進と県内定住を目指し、①県外からのUターン・Iターンの促進、②若者を中⼼とした県内就職の促進、③活力と魅力ある地域づくりの促進の3本柱で移住推進に取り組んでいる。
移住について考えるセミナーや交流会も随時実施予定。それぞれの詳細は公式HPを参照のこと。

・ふるさと回帰支援センターセミナー「移住の先輩が語る!地方暮らしのアレやコレvol.1」
<詳細情報>
日時:7月8日(金)19:00~20:00
会場:オンライン
対象:移住を考えている⽅
定員:20名程度
締切:7月7日(木)正午

・関わり方発見トーク&交流会「#気になる島根-心地いいつながりをみつける-」
<詳細情報>
日時:7月9日(土)16:00~18:00
会場:トランスワークス青山2階シブニラウンジ(東京都渋谷区渋谷2-2-17)
対象:在住地以外につながりを持ちたいと考えている人
定員:20名程度
参加費:500円
締切:7月6日(水)17:00
公式HP : https://www.teiju.or.jp/
ふるさと島根定住財団

〇島根県
島根県へ就職や転職で移住する若者を中⼼とした県内就職のサポートを行っている。

・イイかも!しまねで働く未来のわたし(オンラインイベント)
島根出身の女子学⽣の県内就職を促進するため、県内企業でいきいきと自分らしく働く女性社員との交流を通して、県内にも多くの魅力的な職場があることを伝えるオンライン交流イベント。将来の“やりたこと”がきっと見つかる!

<詳細情報>
日時:8月25日(木)13:00~16:05
会場:オンライン
対象:⼤学⽣等(⼤学⽣、短⼤⽣、高専⽣及び専修学校等)
定員:100名程度
参加費:無料
公式HP : https://iikamo-shimane.com

・第1回GO島根!ITエンジニア転職フェア
県外からUターン・Iターンを目指すITエンジニアの⽅を対象とした転職フェアをオンラインで開催する。島根県内IT企業の担当者とたくさん出会えるため、効率的な転職活動ができるチャンス!自由に企業ブースを回って色々な企業と情報交換できる。また、無料で参加できる、島根県内IT企業見学ツアーの抽選にも応募できる。

<詳細情報>
日時:7月30日(土)午後
内容:県外からUターン・Iターンを目指すITエンジニアの⽅を対象とした転職フェア
対象:島根県内へのUターン・Iターン転職を目指す、県外居住のITエンジニアの⽅
⽅式:オンライン※oVice(https://ovice.in/ja/)を利用予定
参加費無料、要事前申込み
※イベントの概要は変わる可能性があります。必ずwebで最新情報を確認のこと。
公式HP https://www.shimane-itworks.jp/

「いいけん、島根県」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
焼肉ライクから、時間内無制限!焼肉食べ放題プランが新登場
TVアニメ『SPY×FAMILY』とプロ野球12球団、コラボレーショングッズ
42型までのディスプレイを壁に設置できる!薄型ディスプレイ壁掛け金具
Type-Cに対応したUSBハブ付き!机上台 Type-A接続とType-C接続の2種類
折りたたんで収納可能!高さ・角度調節もできる便利なフットレスト





ローカル旅in島根
Ally
KDP出版
2019-07-08

令和初開催!日本発のプログラミング言語「Ruby」を上手に活用し新たな価値を創造した人や団体を表彰する「Ruby biz Grand prix 2019」を開催

IMG_2174

これまで「Rubyでビジネスを活性化させる!ビジネスアワード「Ruby biz Grand prix 2018」を開催」「Rubyでビジネスに新たな価値を見出せ!ビジネスアワード「Ruby biz Grand prix 2017」を開催」といった記事で紹介してきたようにプログラム言語Rubyの特徴を活かし、新たなサービスを創造し、世界へ発信している企業、団体及び個人を対象とした「Ruby biz Grand prix 2019」が今年も開催された。2015年から毎年開催されており、今年で5回目となるその様子をお伝えしよう。

IMG_2018

■Rubyを活用したビジネスで新たな価値や機会を創出
まずは主催者を代表し、島根県知事の丸山達也氏が、このグランプリの目的について説明した。「Rubyを活用したビジネスで新たな価値を創造。それを国内外にPRし、IT企業の新たな機会を創出する」と丸山知事。

今回応募されたサービスについて丸山知事は「今回応募されたサービスはいずれもRubyの特長を生かしており、今後の拡大も期待できる。国内外含めて社会全体に広がることで、新たな価値を創造することを期待したい」と述べていた。

昨年の大賞企業として、TABETEを運営する株式会社コークッキングCEOの川越一磨氏がプレゼンを行った。TABETEは社会問題化しつつある食品ロスを無くすために、飲食店などで余らせた食材と一般消費者を繋ぐサービスだ。昨年の大賞を受賞した後、Forbes Under 30 Japan、Good Design賞のベスト100、環境省のグッドライフアワードで環境大臣賞にも選ばれるなど、各賞も受賞した。

同サービスが東京駅の駅ナカで使えるようになり、JR東日本や金沢市など自治体との連携、大学との連携も進み、登録者数も伸びているとして、大賞受賞後からサービスも順調に成長していることを紹介。

「Rubyはアジャイルやスクラム開発でスタートアップとの親和性が高く、この特長を生かして、これからも成長していきたい」ということだ。

■応募総数33件から10の賞が決定
今回は33件の応募の中から、新規性、独自性、将来性、社会への影響などの各項目を厳正に審査し、10件が各賞を受賞した。

IMG_2143

審査委員長のまつもとゆきひろ(Matz)氏は、どれを選んでもおかしくないという中で、悩みなら各賞を選んだとのこと。選考理由としては、Vertical Solution賞は狭い分野の中で専門領域を広げるサービス、Emerging Industry賞は新しいジャンルを切り開くサービス。特別賞は社会にインパクトを与えるサービスをそれぞれ選んだという。大賞はどちらも世間に広く知られた事業があるが、新しい野心的な事業ということで選んだとした。

各賞を受賞した会社とサービス内容および、受賞コメントは以下

■Vertical Solution賞
企業名:株式会社バトンズ
サービス内容:オンラインでM&Aができ、後継者不足などで継承が難しい事業の継承をサポートするサービス。
コメント:
「JavaからRubyに移行し、開発のスピード上がり柔軟性のあるシステムになった」

企業名:株式会社LegalForce
サービス内容:法務部門の自動化ソリューションを提供。契約書審査などの負担を軽減する。
コメント:
「基幹システムはRuby、フレームワークはHanamiを採用している。クライアントからの評価も高い」

■Emerging Industry賞
企業名:Quipper Limited 日本支店
サービス内容:教育格差の是正のためのサービス「スタディサプリ」を提供。
コメント:
「スピード感とクオリティを両立したプロダクト開発のためにはRubyは欠かせない」

企業名:株式会社ニューロスペース
サービス内容:社員一人ひとりの睡眠の悩みをコーチングする法人向けサービス「leeBIX」を提供。
コメント:
「サイクルを回していく上でRubyの柔軟性は役立つ」

企業名:Nota Inc.
サービス内容:スクリーンショット共有サービスの「Gyazo」を提供。
コメント:
「PHPからRubyに乗り換えた。Rubyに乗り換えてから楽しく開発できている」

■特別賞
企業名:株式会社ookami
サービス内容:スタジアム、テレビに次ぐ第3のスポーツエンターテイメントを提案するアプリ「PLAYER!」を提供。
コメント:
「開発当初からRubyを採用。豊富なフレームワークや柔軟性を生かしている」

企業名:MAMORIO株式会社
サービス内容:駅にセンサーを設置するなど様々なアイデアを実現している落とし物防止タグを提供。
コメント:
「様々なアイデアを、15人の小さなチームで実現できたのはRubyがあったから」

企業名:ユニファ株式会社
サービス内容:スマート保育園向けの午睡チェックなどのサービスを提供するルクミーを提供。
コメント:
「2度目の応募で今回は特別賞だったので次回は大賞を目指してプロダクトを開発したい」

■大賞
企業名:クックパッド株式会社
サービス内容:食材のピックアップ場所を町の中に設けることで送料無料で購入できる「クックパッドマート」
コメント
:「ECや流通、スマートロックなどのあらゆる技術をRubyで実現している」

IMG_2134

企業名:GMOペパポ株式会社
サービス内容:レンタルサーバーのようなマネージドなサービスでありながら、オートスケールなどの機能が利用出来る「LOLIPOP! マネージドクラウド」を提供。
コメント:
「Rubyの特長を生かして、コア技術はCRubyだけではなく、mrubyを組み込み、Hakoniwaというコンテナランタイムを使い、ミドルウェアも含めて柔軟に機能開発している」

IMG_2140


今年は「Ruby」が誕生して25年。平成時代を駆け抜け令和になっても、まだまだ新サービスが登場してくるRuby。令和以降も様々なサービスを提供するための開発基盤であるRubyがさらに発展していくことに期待したい。

上倉賢 @kamikura

Ruby biz Grand prix 2019

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
500タイトルを遊び放題!「GeForce NOW Powered by SoftBank」のベータ版サービスを開始!
三菱自動車×蔦屋家電!アウトドアに家電製品を導入し、贅沢なキャンプを楽しむライフスタイル「電気CAMP」を提案
Ginza Sony Parkの実験的プログラム第12弾!人とロボティクスの明るい未来を提案する「#012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」オープン
もうすぐ令和二年!新年の幸運を呼び込むフレンズたちに会いに行こう!日立市かみね動物園×けものフレンズ2020新春コラボ開催
「第2回 NECレノボ キッズ・プログラミングコンテスト」最終審査会・表彰式を開催。「モノづくり」も含めた作品の完成度の高さに審査員からも驚きの声!



たのしいRuby 第6版 (Informatics&IDEA)
高橋 征義
SBクリエイティブ
2019-03-19






プログラミング言語 Ruby
まつもと ゆきひろ
オライリージャパン
2009-01-26



玉木宏が「ご縁の国しまね」を巡るWebムービー「あなたと、ご縁がありますように」篇が公開に

カットデータ_メイン

“ご縁の国”島根県は、このたび俳優の玉木宏さんが出演するWebムービー「あなたと、ご縁がありますように」篇を2018年11月5日(月)よりプロモーション特設WEBサイトにて公開した。

島根県は、縁結びの神様を祀る出雲大社をはじめ、恋愛や結婚・仕事などの縁結びのパワースポットが多くある。また今も古(いにしえ)の伝統芸能や文化、自然が残る、人の縁・土地の縁にも溢れた場所でもある。

島根県はそんな様々な「ご縁」を感じてもらい、より多くの人に島根へ来てもらえるよう、平成25年度より「ご縁の国しまね」プロモーションを行っている。

今回は、7月24日(火)に島根の魅力を広く発信する“ご縁フルエンサー”に就任した玉木宏さんを起用したWebムービーを制作した。おじいさまが島根に住んでいて、プライベートでも頻繁に島根を訪れるという玉木さん。今回、制作した玉木さんが出演するこの動画には、「ご縁の国ならではの魅力に出合いに、ぜひ島根県に訪れていただきたい」という思いが込められている。



ご縁の国しまね

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
VLIVERとして活躍できるプロジェクト「LINE VLIVERプロジェクト」からLINE VLIVER「ぶいらいぶねお」がデビュー
ハート形の絵馬が萌える!旅行のプロが組んだ「愛知デスティネーションキャンペーン」プレスツアー
モノクローム・ピンホール写真の第一人者!林 敏弘写真展「風と光の記憶」【Art Gallery M84】
【Vtuberハロウィン企画】KAGAYAKI STARS第二弾メンバー初のオリジナル楽曲を10月31日にリリース
大黒の縦型ヌードルシリーズ3品がリニューアルされて新登場!(醤油、味噌、海鮮しお)






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ