ITライフハック

年始

社会現象にもなった「鬼滅の刃」が堂々のトップに!dTVの年始視聴ランキングを発表

main

映像配信サービス「dTV」は年始の作品視聴ランキングを発表した。(※集計期間:2022年1月1日~2022年1月3日) コロナ禍で在宅時間が増加している中、2022年のお正月(1月1日~1月3日)に多くの人が視聴した作品は、やはりアニメ作品。TOP10のうち半分の5作品がテレビで放送されたアニメ作品がランクインした。

その他に、邦画作品が3作品、国内ドラマと韓流ドラマが1作品ずつそれぞれランクインしており、どの作品も非常に人気のコンテンツとなっている。

dTVでは音楽ライブ作品も充実しており、約8500作品が現在配信中。さらにオリジナル作品も多数あり、女性なら一度は妄想する「恋の最高の瞬間」を撮り下ろした恋愛体感型ショートフィルム『キス×kiss×キス ~デキアイシンデレラ~』を1月7日(金)22時より配信する。
main

『今年もおうち時間を楽しく過ごせるように是非、dTVでお楽しみください!』

【2022年お正月視聴ランキング】
1、テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編(TVアニメ)
2、ワンピース(TVアニメ)
3、呪術廻戦(TVアニメ)
4、コンフィデンスマンJP(国内ドラマ)
5、名探偵コナン(TVアニメ)
6、医師ヨハン(韓流ドラマ)
7、HERO(邦画)
8、アンパンマンチャンネル(TVアニメ)
9、日本統一43(邦画)
10、ザ・ファブル(邦画)
(※集計期間:2022年1月1日~2022年1月3日)

dTV公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
氷菓やおジャ魔女どれみの聖地も!岐阜県、アニメ聖地巡礼ツアー ~ 1日目 ~
1日2組限定!水平線に沈む絶景の夕日と星空を楽しむ冬キャンプ
いつものビールを格上げ!噂の缶オープナー最新版『Draft Top 3.0』
日本初上陸決定!謎が謎を呼ぶストーリー仕立ての【脱出ゲームパズルボックス】シリーズ第1弾
予約で最大200円引のメニューも! ほっともっとの恵方巻 のり弁巻/から揚巻/チキン南蛮巻






数量限定で、全6種類!『2021年サンコー新春福袋』の予約販売を開始

THANKO

サンコー株式会社は、『2021年サンコー新春福袋』の予約販売を開始した。福箱は、8,000円~30,000円までの6種類、数量限定となる。

■直営オンラインショップにて受付
『2021年サンコー新春福袋』は、サンコー直営オンラインショップにて受付し、2021年1月8日以降の発送を予定している。

○商品
・5,000円福袋<ガジェット福袋・弐号機>
販売価格     :5,000円(税込)
詰め合わせ商品点数:5点
現行販売価格相当額:約15,000円

・10,000円福袋<ガジェット福袋・壱号機>
販売価格     :10,000円(税込)
詰め合わせ商品点数:6点
現行販売価格相当額:約30,000円

・10,000円福袋<季節と戦う福袋>
販売価格     :10,000円(税込)
詰め合わせ商品点数:7点
現行販売価格相当額:約35,000円

・13,500円福袋<THEサンコーな福袋>
販売価格     :13,500円(税込)
詰め合わせ商品点数:8点
現行販売価格相当額:約30,000円

・15,000円福袋<食を楽しむ福袋>
販売価格     :15,000円(税込)
詰め合わせ商品点数:6点
現行販売価格相当額:約30,000円

・30,000円福袋<遊び心を忘れない福袋>
販売価格     :30,000円(税込)
詰め合わせ商品点数:7点
現行販売価格相当額:約60,000円

※在庫が無くなり次第終了となります。

2021年 2021年サンコー新春福袋特別ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ハンバーガーや鍋焼きうどんがずっと温かい!サンコー「フードウォーマープレートSサイズ」
「音を身に着ける」がコンセプト!新しいBluetoothウェアラブルネックスピーカー
ボタン一つで車のタイヤの空気入れができる!『車バイクの空気入れ電動エアコンプレッサー「ハンディエアポンプ」』
お店並みに美しい断面!コードレス電動包丁「エレクトリックナイフ Slim」
自分専用としてオフィスでも使える!『UV-C紫外線機能付き マイナス・イオン空気清浄機』






【'10-11年末年始特集】

知らないなんてもったいない!パソコンをアプリで高速化するワザ
「誰でも簡単にできる!パソコンの起動や動作を高速化するワザ」から始まった「高速化するワザ」シリーズも、今日で2日目となる。パソコンを使っている人の中には、購入したままの状態で使っている人も多いのではないだろうか。パソコンはアプリケーションをインストールすることで、ファイル検索やPDF閲覧を高速化することでができる。そんなアプリをパソコンにインストールして、高速化してみよう。


軽量でコンパクト!急成長したデジタル一眼カメラを追う
「キヤノンの背中が見えた!デジカメ市場でソニーが大躍進」で紹介したように、2010年は販売減が予想されていた中、実は2ケタ成長と好調に推移したデジタルカメラ市場。一眼レフタイプを見ると、軽量コンパクトなミラーレスのマイクロ一眼が急成長しているのだ。もちろん、いままでの一眼レフも、キヤノン、ニコン、ソニー、パナソニックがけん引して順調だ。ただし、マイクロ一眼がそれを上回る勢いとなっている。マイクロ一眼では、ソニー「NEX-5」「NEX-3」、パナソニック「LUMIX DMC-G2」、オリンパス「PEN E-P1」「E-5」が登場し、それにあわせてレンズのバリエーションも拡大してきている。それでは、2010年のデジタル一眼レフカメラを振り返ってみよう。


動画撮影に人気が集中!コンパクトデジカメが面白い
2010年のコンパクトデジタルカメラは、ハイビジョンや3Dの撮影に対応したカメラやGPSを搭載したカメラなどが登場した。特徴があるカメラが次々に投入されたのだ。このように魅力的なカメラが投入されたおかげか、MM総研のITデジタル家電購入意向調査(2010年冬ボーナス商戦編)によると、デジタルカメラが5位に入っているほど。2010年に一番の話題となった4位のスマートフォンに次ぐ人気となっているのだ。最近では、HDRという暗いところから明るいところまで映し出せる技術を使って、芸術的な作品が作れるカメラまで登場している。そう、一時、販売台数、金額とも伸び悩んでいたコンパクトデジタルカメラが復活してきたのだ。それでは、2010年のコンパクトタイプ、レンズ一体型タイプのデジタルカメラを振り返ってみよう。


誰でも簡単にできる!パソコンの起動や動作を高速化するワザ
新しい年が幕を開けた。新たな気持ちで仕事に打ち込もうと考えている人も多いことだろう。そんな仕事をサポートしてくれる強い味方がパソコンだ。何気なく使っているパソコンは、ちょっとしたワザを駆使することで、高速化させることができる。そこで今日から3日に渡り、今までに紹介した知っ得!虎の巻の中から、パソコンを高速化するワザを紹介しよう。名付けて、「高速化するワザ」シリーズだ。


スマートフォン市場は戦国時代へ!Android端末が急増した理由
調査会社Gartnerの報告によれば2010年第3四半期のスマートフォン出荷台数は約8千500万台となり、昨年同期の約4千1000万台から96%の伸びとなっている。世界のモバイルでは、そんなスマートフォン市場の動向を国内外を問わずに追ってきた。ここでは、2010年に起こったスマートフォンに関連した出来事を振り返ってみよう。


AndroidがiPhoneに猛反撃!シェア逆転の快進撃が始まった
Androidは2.3まで進化し、おサイフケータイなどの機能が標準で使えるようになりそうだ。機能面ではAndroidがiPhoneを超え始めた。それでは、2010年後半のスマートフォンを振り返ってみよう。


XperiaがiPhoneに挑戦状!Android旋風が吹き荒れた2010年総括
XperiaがAndroidの実力を見せつけたことで、Android参入に二の足を踏んでいた国内メーカーが本腰を入れ始めた影響しているようだ。実際にはXperiaはiPhoneの対抗馬となるまでには成長しなかった。しかし、iPhone 4の発売もあわせて、2010年下半期でのAndroid旋風が始まる基礎はできあがっていたのだ。


人気のiPhoneアプリはコレだ!ランキングTOPを一挙に紹介
スマートフォン市場で圧倒的なシェアを誇るiPhoneは、インターネットだけでなく、音楽や動画も楽しめるモバイル端末だ。iPhoneアプリをダウンロードすることで、自分好みのiPhoneにカスタマイズできる。ところが、あまりにアプリが多いので、どのアプリをインストールしてよいのか、迷っている人はいないだろうか。そこで、ランキングTOPを一挙に紹介しよう。


スマートフォンユーザーは必見!大容量バッテリーとケースが大集合
スマートフォンやケータイを充電するバッテリーや、小型のUSBハブ、持ち運べる無線LANアクセスポイントなど、世の中にはモバイルに関連した便利なアイテムがあふれている。そうしたアイテムや便利な技を紹介するのが、モバイルステーション通信(モバステ通信)だ。モバステ通信の記事を振り返ってみよう。


3Dや2画面タッチも登場!次世代のノートPCを一挙に紹介
2010年上半期に前年比17.3%増の406.5万台を記録したPC市場は、下半期も好調だった。特に個人市場では据え置きを目的としたA4サイズ以上のノートPCが順調に推移している。好調だったノートPCの2010年を振り返ってみよう。


次世代CPUからハイテク調理家電まで!これがIT時代の最新技術だ
2010年の最新ハイテク講座で人気が高かったのは、インテルが2011年初頭に投入するといわれている次世代主力CPU(コードネームSandy Bridge)だ。現在入手できる最高性能のCPU「Core i7」をはるかにしのぐ性能を持っている。このような次世代CPUをはじめとした最新ハイテク講座の人気記事を振り返ってみよう


duck氏による世界一への挑戦!これがPCオーバークロックの世界だ
液体窒素を使った究極のオーバークロックなど、普段は見られない限界で動くパソコンを見られるのが「前人未到!爆速PCの道」だ。オーバークロックの世界で輝かしい世界記録を何度も打ち立てている、世界一のオーバークロッカー duck氏のパフォーマンスとともに、限界で動くパソコンの世界を見てみよう。

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ