ITライフハック

御船山楽園

チームラボがEN TEAとコラボ、茶屋「EN TEA HOUSE」!極薄スリムスティック型SSD3シリーズ【まとめ記事】

smain
☆チームラボ《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》© チームラボ

アート集団チームラボと、茶葉ブランドEN TEAによる茶屋「EN TEA HOUSE - 幻花亭」が、九州・武雄温泉の御船山楽園に、2023年7月14日(金)から 11月5日(日)までの期間限定でオープンした。「EN TEA HOUSE - 幻花亭」は、御船山楽園で夏から秋にかけて開催中の、夜の森のミュージアム「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」内にオープン。EN TEAの茶にデジタルで描かれた花々が無限に咲き続け、そのまま飲むことができる。食文化が持つ文化的背景を再解釈し、デジタルアートで拡張することを試みるチームラボと、非効率的でも妥協しない”美しい茶”を追い求めるEN TEAが、コラボレーションしたアート空間だ。

ロジテックINAソリューションズ株式会社は、スリムな外付けSSD 「LMD-SPDLU3シリーズ(USB-Aモデル)」「LMD-SPDHUCシリーズ(USB-Cモデル)」「LMD-SPDHUCSシリーズ(USB-C Parallels Desktop 18 for Mac Pro Edition付きモデル)」を8月上旬より発売する。隣のポートにケーブルを接続しても、引っかかることなく同時に使用することができる。隣のUSBポート同士の間隔が狭いMacBookProでもUSB-Cポートをふさがず、充電しながら使用可能だ。※隣がType-Aポートの場合は干渉しないコネクタ幅は約17mm以内、Type-Cポートの場合は干渉しないコネクタ幅は約12.2mm以内です。使用するパソコンやデバイス、ケーブル等により異なる。

大容量1485Wh×AC出力1500W!ポータブル電源と蓄電用ソーラーパネル
サンワサプライ株式会社は、一般家庭用の壁コンセントと同じ最大1500WまでAC出力ができるポータブル電源「BTL-RDC28」と、BTL-RDC28の蓄電が可能なソーラーパネル「BTL-SP2」を発売した。「BTL-RDC28」は、家庭用コンセントと同じ最大1500W出力ができる、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したポータブル電源。電池容量1485Wh、AC定格出力1500Wで大容量・高出力を実現した高出力タイプのポータブル電源。AC出力は正弦波を採用しており、家庭用100Vコンセントと同じような滑らかな波形を作り出す。


PS5/PS4の拡張ストレージになる!超小型設計、極薄スリムスティック型SSD3シリーズ
ロジテックINAソリューションズ株式会社は、スリムな外付けSSD 「LMD-SPDLU3シリーズ(USB-Aモデル)」「LMD-SPDHUCシリーズ(USB-Cモデル)」「LMD-SPDHUCSシリーズ(USB-C Parallels Desktop 18 for Mac Pro Edition付きモデル)」を8月上旬より発売する。隣のポートにケーブルを接続しても、引っかかることなく同時に使用することができる。隣のUSBポート同士の間隔が狭いMacBookProでもUSB-Cポートをふさがず、充電しながら使用可能だ。※隣がType-Aポートの場合は干渉しないコネクタ幅は約17mm以内、Type-Cポートの場合は干渉しないコネクタ幅は約12.2mm以内です。使用するパソコンやデバイス、ケーブル等により異なる。


チームラボ、EN TEAとコラボ!茶屋「EN TEA HOUSE」、期間限定オープン
アート集団チームラボと、茶葉ブランドEN TEAによる茶屋「EN TEA HOUSE - 幻花亭」が、九州・武雄温泉の御船山楽園に、2023年7月14日(金)から 11月5日(日)までの期間限定でオープンした。「EN TEA HOUSE - 幻花亭」は、御船山楽園で夏から秋にかけて開催中の、夜の森のミュージアム「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」内にオープン。EN TEAの茶にデジタルで描かれた花々が無限に咲き続け、そのまま飲むことができる。食文化が持つ文化的背景を再解釈し、デジタルアートで拡張することを試みるチームラボと、非効率的でも妥協しない”美しい茶”を追い求めるEN TEAが、コラボレーションしたアート空間だ。


松屋銀座で初開催!「リラックマ百貨店」期間限定オープン
サンエックス株式会社は、「リラックマストア」を運営する株式会社キデイランドが、初企画として「リラックマ百貨店」を2023年9月20日(水)から10月2日(月)までの期間限定で松屋銀座8階 イベントスクエアにオープンすることを明らかにした。リラックマ百貨店」は、リラックマ20周年を記念してリラックマストアが送る“リラックマストアのパワーアップ版!”


松のや完全オリジナル!「四季の野菜と本格唐揚げのスープカレー」を発売
株式会社松屋フーズは、とんかつ専門店の「松のや」におきまして、2023年8月9日(水)午後3時より、「四季の野菜と本格唐揚げのスープカレー」を発売した。松屋・マイカリー食堂には真似できない「“松のや”のスープカレー」が登場する。生姜・にんにく・鶏ガラスープを使用し特製揉みダレにじっくりと漬け込んでパリっとジューシーに揚げた松のや自慢の本格唐揚げに、茹でたまご、5種類の素揚げ野菜も加わりボリューム満点!ジャガイモ・カボチャ・ナス・レンコン・スナップエンドウと具材たっぷりの一品だ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
バーガーキング、フードトラックの行き先が決定!初上陸の伊豆大島・石川県金沢・岡山県倉敷へ
御殿場プレミアム・アウトレットの夏祭り!「Gotemba Night!! 2023」初日レポート
ロングセラーラムネ菓子 「ヨーグレット」とコラボ!ファミリーマート「ヨーグレットフラッペ」
ファミリーマートで数量限定発売、まるで食べられるストロー!?トッピングクッキー「コロネクッキー」
爽やかな梅の香りと、ほどよい塩味!木村屋、オリジナル餡を使用した「酒種 紀州梅塩」

チームラボって、何者? [DVD付]
マガジンハウス
2013-12-19





チームラボ、EN TEAとコラボ!茶屋「EN TEA HOUSE」、期間限定オープン

smain
☆チームラボ《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》© チームラボ

アート集団チームラボと、茶葉ブランドEN TEAによる茶屋「EN TEA HOUSE - 幻花亭」が、九州・武雄温泉の御船山楽園に、2023年7月14日(金)から 11月5日(日)までの期間限定でオープンした。

■EN TEAの茶にデジタルで描かれた花々が無限に咲き続け、そのまま飲むことができる
「EN TEA HOUSE - 幻花亭」は、御船山楽園で夏から秋にかけて開催中の、夜の森のミュージアム「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」内にオープン。EN TEAの茶にデジタルで描かれた花々が無限に咲き続け、そのまま飲むことができる。食文化が持つ文化的背景を再解釈し、デジタルアートで拡張することを試みるチームラボと、非効率的でも妥協しない”美しい茶”を追い求めるEN TEAが、コラボレーションしたアート空間だ。

ssub1
チームラボ《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》© チームラボ


茶屋「EN TEA HOUSE - 幻花亭」に展示している作品《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》は、茶が存在して初めて生まれる作品。一服の茶を点てると、茶に花々が生まれ咲いていく。器を手に取ると、花は散り、器の外へと広がっていく。花々は茶がある限り無限に咲き続け、器の中の茶は、無限の世界となるのです。来場者は、その無限に広がる世界をそのまま飲むことができる。茶を飲み干すと、作品も消えてなくなる。


YouTube:https://youtu.be/F55V-OxbShY
《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》© チームラボ

「EN TEA HOUSE - 幻花亭」がオープンした夜の森のミュージアム「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」は、雄大な森の中に、自然とデジタルテクノロジーが融合したインタラクティブなアート空間を創り出す。自然や廃墟を用いた20作品以上が展示され、九州・武雄温泉の御船山楽園で11月5日(日)まで開催中。

ssub3
11月5日まで御船山楽園で開催中の「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」。「EN TEA HOUSE 幻花亭」は同園内にオープンした。チームラボ《小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング》© チームラボ


■世界に広がる茶屋「EN TEA HOUSE」
「EN TEA HOUSE」は北京、上海、マカオにも常設されており、今後予定のジッダなど、世界に広がっていく。

〇EN TEA HOUSE - 太虚境
北京「teamLab Massless Beijing」内

YouTube:https://youtu.be/qSFmcTHYjA8
コンセプト動画「EN TEA HOUSE - 太虚境」

北京の「EN TEA HOUSE - 太虚境」では、無数の光の球体群と闇の球体群が埋め尽くす空間で、茶を飲む体験ができる。茶は光を灯し、飲もうとして持ち上げると、強く輝き、周辺の球体群に次々と呼応していきる。球体群は、視覚的にははっきりと見えるにも関わらず、物理空間には存在しないため、触れることも掴むこともできない。存在とは何かを問う作品だ。

ssub5
チームラボ 《質量のない太陽と闇の球体》© チームラボ


また、それぞれの茶は異なるリズムで明滅しているが、やがて近くの茶同士が引き込み現象を起こし、光のリズムが揃っていく。更に、茶は、チームラボによる新しい概念の色で光っていく。茶の光の色は、遠くから見た時は、全く変化せず同じ色であり続けるが、凝視して見ると、常に変化し続けていることから、時間の概念が生まれる。

ssub6
チームラボ 《共鳴する茶 - 動的平衡色》© チームラボ


〇EN TEA HOUSE - 幻花亭
マカオ「teamLab SuperNature Macao」内

ssub7
チームラボ 《茶の木》(左)、《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》(右)© チームラボ


マカオの「EN TEA HOUSE - 幻花亭」では、茶に花々が生まれる《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》に加え、凍結された茶の作品《茶の木》も展示。

凍結された茶を置くと、そこから茶の木が生え茂っていく。多くの凍結された茶を置くと、やがて、茶の園になっていく。茶の木は、秋の終わり頃、花を咲かせる。凍結された茶を移動させると、茶の木は枯れ、新たな場所で再び生え茂る。

〇EN TEA HOUSE 応灯楼
九州・武雄温泉「御船山楽園ホテル」内

ssub8


「EN TEA HOUSE - 応灯楼」は、呼応するランプが広がる御船山楽園ホテルのロビーにあるティーハウスで、EN TEAの茶と茶菓子を提供している。

ssub9
チームラボ《呼応するランプの森とスパイラル》© チームラボ


■EN TEA
EN TEAは、2017年にスタートしたティーバッグに特化した茶葉ブランド。「美味しい」ではない、「美しい味」の茶を多くの人へ届けたいと考えている。

美味しい茶を飲むためには、茶葉だけでなく茶器や淹れ方によって味わいは大きく変わる。そのため、茶葉を生かす飲み方をマスターするには、時間と経験が必要。EN TEAは、この点を作り手が手間隙かけてティーバッグを生み出すことで解決した。安全・安心で、優れた抽出性かつ希少な素材を用いたティーバッグは、全国から厳選した茶葉を独自にブレンドすることで、誰でもいつでも、茶葉本来の味わいを再現することができる。

ssub10


EN TEAの素材は、自然と向き合い育てられた茶葉。非効率的であったとしても丁寧に作り、人の手、自然の恵みを感じられる茶葉を届けることに重点を置いている。その素材を独自の技法でティーバッグにすることで、いつでも満足のいく味わいとどのシーンにも溶け込むような、茶をとりまくヒトやコトの調和がとれた “美しい茶“ を創り出している。

EN TEAの茶葉は老舗旅館やレストラン、JALファーストクラスラウンジでも提供されており、2019年に開催されたG20大阪サミットでは、各国の賓客へ振る舞う茶を開発・提供し、ティータイムを演出しました。今春より新宿伊勢丹食品フロアにて初の直営店をオープン。

ssub11


チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー
https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen/
#かみさまがすまう森 #teamLab
2023年7月14日 (金) - 11月5日 (日)
御船山楽園 (佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)

ハイライト動画: https://youtu.be/GVFu5B_YEPE
コンセプト動画: https://youtu.be/qGIXRpp8fv4
御船山楽園: https://www.mifuneyamarakuen.jp/

EN TEA HOUSE - 幻花亭(御船山楽園)
https://en-tea-house.teamlab.art/jp/mifuneyama_genkatei/
EN TEA
https://en-tea.com/

チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
バーガーキング、フードトラックの行き先が決定!初上陸の伊豆大島・石川県金沢・岡山県倉敷へ
御殿場プレミアム・アウトレットの夏祭り!「Gotemba Night!! 2023」初日レポート
ロングセラーラムネ菓子 「ヨーグレット」とコラボ!ファミリーマート「ヨーグレットフラッペ」
ファミリーマートで数量限定発売、まるで食べられるストロー!?トッピングクッキー「コロネクッキー」
爽やかな梅の香りと、ほどよい塩味!木村屋、オリジナル餡を使用した「酒種 紀州梅塩」

チームラボって、何者? [DVD付]
マガジンハウス
2013-12-19





チームラボの夜の森のミュージアム「かみさまがすまう森」!決勝登壇者14名が決定、起業家の登竜門「IVS2023 LAUNCHPAD KYOTO」【まとめ記事】

sub5
時間が止まったかのような廃墟の湯屋に群立するメガリスは、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。チームラボ《廃墟の湯屋にあるメガリス》© チームラボ

チームラボによる夜の森のミュージアム「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」が、今年も夏から秋にかけて御船山楽園(九州・武雄温泉)で開催される。9年目を迎える本展は、雄大な森の中に、自然とデジタルテクノロジーが融合したインタラクティブなアート空間を創り出す。自然や廃墟を用いた20作品以上が展示され、会期は2023年7月14日(金)から 11月5日(日)まで。チケットは、6月30日(金)販売開始。また、本展に、株式会社ジーシーがメインパートナーとして協賛する。

IVS KYOTO実行委員会(Headline Japan、京都府、京都市、京都知恵産業創造の森)は、2023年6月28日(水)~6月30日(金)の3日間に渡り京都市勧業館「みやこめっせ」「ロームシアター京都」で、「IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO」を開催する。本イベントのメインコンテンツの1つであるピッチイベント「IVS2023 LAUNCHPAD KYOTO」の決勝登壇者14名が決定したことを発表した。

サンワサプライ製スピーカーフォンを最大6台接続できる専用レシーバー
サンワサプライ株式会社は、好評発売中のサンワサプライ製スピーカーフォンを最大6台(「MM-BTMSP3MC」とクリップ式Bluetoothマイク「MM-BTMSP3CL」)接続できる専用レシーバー「MM-BTMSP3RC」を発売した。「MM-BTMSP3RC」は、Bluetooth会議スピーカーフォン専用レシーバー。サンワサプライ製Bluetoothスピーカーフォン「MM-BTMSP3MC」とクリップ式Bluetoothマイク「MM-BTMSP3CL」を最大6台まで連結して接続することができる。


過去最多の応募者の中から選考を勝ち抜いた、決勝登壇者14名が決定!起業家の登竜門「IVS2023 LAUNCHPAD KYOTO」【IVS2023】
IVS KYOTO実行委員会(Headline Japan、京都府、京都市、京都知恵産業創造の森)は、2023年6月28日(水)~6月30日(金)の3日間に渡り京都市勧業館「みやこめっせ」「ロームシアター京都」で、「IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO」を開催する。本イベントのメインコンテンツの1つであるピッチイベント「IVS2023 LAUNCHPAD KYOTO」の決勝登壇者14名が決定したことを発表した。


九州・武雄温泉の御船山楽園で7月14日オープン!チームラボの夜の森のミュージアム「かみさまがすまう森」
チームラボによる夜の森のミュージアム「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」が、今年も夏から秋にかけて御船山楽園(九州・武雄温泉)で開催される。9年目を迎える本展は、雄大な森の中に、自然とデジタルテクノロジーが融合したインタラクティブなアート空間を創り出す。自然や廃墟を用いた20作品以上が展示され、会期は2023年7月14日(金)から 11月5日(日)まで。チケットは、6月30日(金)販売開始。また、本展に、株式会社ジーシーがメインパートナーとして協賛する。


松屋で世界の味 ~ペルー編~!「“松屋風”ロモサルタード」
松屋フーズは、牛めし・カレー・定食・その他丼の「松屋」におきまして、2023年6月20日(火)午前10時より「“松屋風”ロモサルタード」を発売した。コロナ禍で海外へ気軽に旅行に行くことができない中で、「世界中の珍しい料理を、松屋を通して知ってほしい。日本にいながら様々な国の料理を味わってほしい。」という思いから2020年よりスタートした世界料理シリーズ。今回は“梅雨のジメジメした時期にさっぱりしてご飯が進むもの”というテーマから、株式会社 Mizkanとコラボ、お酢を使ったペルー料理「ロモサルタード」を販売する。


デッドスペースを収納に!デスクの下の隙間に、クランプ式で取り付ける引き出し
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、工具不要で引き出しをクランプ式でデスクに簡単に後付けでき、使わないときにはデスク下にすっきり収納できる引き出し「100-KB019」を発売した。本製品は、既存のデスクにクランプで簡単に取り付けができるドロワー。引き出しや収納が少ない昇降デスクや、在宅ワークでのスペース拡張、リビングデスクでの小物収納などに最適だ。デスクへの穴あけが必要なく、挟み込んでの取り付けができる。クランプは厚さ40mmまで対応する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スガキヤ×鬼頭明里!コラボレーションキャンペーン開催へ
エビもビーフも楽しめる!バーガーキング「シュリンプワッパー」3商品を発売
夏の定番、新作3種が登場! 和カフェ Tsumugi、天然水の削り氷シリーズ
NASやHDD、ルーターなどの小型機器の設置、保管に最適な機器収納ボックス
整理しやすく、膨らみにくい!4ポケット仕様のガジェットポーチ

人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界
宇野常寛
PLANETS/第二次惑星開発委員会
2019-11-21





九州・武雄温泉の御船山楽園で7月14日オープン!チームラボの夜の森のミュージアム「かみさまがすまう森」

main
チームラボ《小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング》© チームラボ

チームラボによる夜の森のミュージアム「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」が、今年も夏から秋にかけて御船山楽園(九州・武雄温泉)で開催される。

■自然とデジタルテクノロジーが融合
9年目を迎える本展は、雄大な森の中に、自然とデジタルテクノロジーが融合したインタラクティブなアート空間を創り出す。自然や廃墟を用いた20作品以上が展示され、会期は2023年7月14日(金)から 11月5日(日)まで。チケットは、6月30日(金)販売開始。
また、本展に、株式会社ジーシーがメインパートナーとして協賛する。

sub1
小舟の下に鯉の群れが浮かび上がり、小舟の動きにインタラクティブに反応しながら軌跡を描いていく。チームラボ《小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング》© チームラボ


「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」は、暗闇に広がる森の中に入ることで始まります。光と音、近づくことで反応する植物のインスタレーションなどが特徴的で、森の中を歩いていると、光の滝や、巨石に咲いては散る花々、人の動きに合わせて光り輝く木々、池の水面にプロジェクションされた魚の群れによって描かれる作品などが現れる。本展においてチームラボは、自然と人間と時間の関係性をテーマに、デジタルテクノロジーを用いた新しい表現を模索している。

sub2
つつじは来場者が近づくと強く輝き、光の波が音色を響かせながらつつじ谷に広がっていく。チームラボ《生命は連続する光 - つつじ谷》© チームラボ


本展は、チームラボが2015年からライフワークとして活動を続けてきた展覧会で、この地で多くの新しい作品が模索され、制作され続けている。1845年(江戸後期頃)からあったのではないかとされる石畳の道が発掘され、新たな作品として公開される。道は御船山楽園の庭園から樹齢3000年以上の巨木へと続き、歩くペースによって音楽体験が変わる空間となる。



1845年(江戸後期)に、50万平米にも及ぶ森の中に創られた御船山楽園。古来より大事にされてきた森の一部に、曖昧な境界線で造られた庭園です。敷地には、日本有数の巨木である樹齢3000年以上の神木や、樹齢300年の大楠、巨石の磐座(いわくら)や、1300年前に名僧行基が彫ったとされる五百羅漢などが点在する。

sub3
光で描かれた滝が巨石に流れ落ちる。横には超自然的に積み重なった巨石の磐座(いわくら)であったであろう祠(ほこら)が祀られている。チームラボ


御船山の巨石や洞窟、森は、圧倒的な長い時間をかけてゆっくりと形作られ、今日の姿形となりました。そこに時代ごとに人々が意味を見出しては対話し、自然と人との営みが千年以上続いてきた。その姿形やテクスチャーは、長い年月そのものを表し、長きにわたる自然と人との営みの軌跡であると考えるチームラボ。自然のありのままの形を、デジタルテクノロジーを用いてアートにすることで、「長い時間の連続性の上にある生命」を表現することを試みている。

「私自身、庭園と森との境界の曖昧な場で道を失いさまよっている時に、自然と人との営みの、長く続いてきた境界のない連続性の上に自分の存在があることを感じることができた。だからこの広大な庭園と森の中を迷い込んで行くような展覧会を行いたいと思ったのだ。」— チームラボ代表 猪子寿之

sub4
苔生す巨石に、花々が永遠に咲いては散っていく。一時間を通して一年間のこの地域の花々が咲いては散り、変化していく。チームラボ《増殖する生命の巨石》© チームラボ


sub5
時間が止まったかのような廃墟の湯屋に群立するメガリスは、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。チームラボ《廃墟の湯屋にあるメガリス》© チームラボ


sub6
「チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー」 九州 武雄温泉 御船山楽園 © チームラボ


チームラボ かみさまがすまう森 - ジーシー
http://mifuneyamarakuen.teamlab.art
#かみさまがすまう森 #teamLab
2023年7月14日 (金) - 11月5日 (日)
御船山楽園 (佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)

ハイライト動画・https://youtu.be/GVFu5B_YEPE
コンセプト動画:https://youtu.be/qGIXRpp8fv4
御船山楽園:https://www.mifuneyamarakuen.jp/
チケット販売:チームラボ公式チケットサイト、御船山楽園会場
協賛:株式会社ジーシー

チームラボ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スガキヤ×鬼頭明里!コラボレーションキャンペーン開催へ
エビもビーフも楽しめる!バーガーキング「シュリンプワッパー」3商品を発売
夏の定番、新作3種が登場! 和カフェ Tsumugi、天然水の削り氷シリーズ
NASやHDD、ルーターなどの小型機器の設置、保管に最適な機器収納ボックス
整理しやすく、膨らみにくい!4ポケット仕様のガジェットポーチ

人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界
宇野常寛
PLANETS/第二次惑星開発委員会
2019-11-21





カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ