ITライフハック

意識調査

これは必見!「東京10大学の女子大生にカラコン意識調査」各大学ごとにカラコンに対する傾向が異なることが明らかに!?

トップ画像

カラーコンタクトレンズ(カラコン)と言えば、目をくっきり見せる必須アイテムだ。十代や二十代の女性であれば、いまではお化粧アイテムにカラコンは必須となっているほどだ。カラーコンタクトレンズ「エマーブル」を販売しているロート製薬は、リアルな東京の今を取材・コンテンツ展開しているグラフィティと共同で、東京10大学に通う女子大生約500名を対象にカラコン着用の意識調査を実施し、その結果を発表した。

■カラコン使用率や利用シーンを調査
この意識調査では、カラーコンタクトの普段の使用頻度や、どの様なシーンや場所で使用し、考えているのか等の調査結果から、“東京10大学の女子大生の傾向“をカラーコンタクトの切り口から紐解いていくという。100年以上も日本人の目の健康を考えてきたロート製薬ならではのユニークな調査となった。

■東京10大学の傾向一覧
カラーコンタクトに対する意識調査の結果からは、各大学に通う女子大生の個性が反映された内容を垣間見ることができた。各大学の傾向は、下記の通りだ。

●青山学院大学:他校と比べて志向が特徴的。かわいい<きれい庶民派<お嬢派志向。
カラコンにも「かわいい」よりも「きれい」、「庶民派」より「お嬢派」の支持が、他校に比べ高い結果に。ファッションにも似たような傾向が出ているのでは!?
青学


●学習院大学:学習院大女子はカラコンで。控えめキャラを演出派が多数!
8割以上が無難なカラコンを支持するなど、隠れカラコン支持者が多いことが分かった。一方で、カラコンデビューが中学生だった割合が他校と比べて高いという意外な結果も。
学習院


●慶應義塾大学:10校の中でダントツ!カラコンのデイリーユーザーが3割!
カラコンを毎日使う人が3割と他校より多い割合で、カラコンをつけることで「頼れる感じ」「できる感じ」に見られたいとの回答が多く、デキる女のマストアイテムとして使用されていることが分かった。
慶應


●上智大学:7割が友達ウケ狙い。カラコンには友達の共感を求める傾向!?
カラコンをつけることで74.5%が女子ウケを求めていることが判明した。いっぽう男子ウケを求める人は10校の中で最下位の25.5%と最下位となった。上智女子は、女子ウケが命。友達からの共感を求めるタイプが多い!?
上智


●東京大学:カラコンへの関心は低め?!4年生でのカラコンデビューが多い傾向。
カラコンを使用したことがない人が76.4%と他校に比べ10%以上も高い数値となった。また、4年生でカラコンデビューした人が他校に比べ最も多い結果に。オシャレよりも勉強という受験生時代を乗り越えて来たからこその東大合格ということなのかもしれない。
東大


●中央大学:大学デビューでケモノ化!?カラコンで冒険したい人は5割でトップ!
イベントでカラコンを使用する人が46%と一番多く、カラコンの好みも「装飾的」「ケモノの瞳」と冒険したものを好む傾向があることが分かった。
中央


●早稲田大学:主にデートシーンで使いたい割合高し。ここぞというときにカラコン使用!
カラコンをデートと女子会で使用したい人が1位で、自撮りする際に使用したい人もダントツで多いことが分かった。キメたい日はカラコンを着ける傾向だ。
早稲田


●明治大学:9割が、カラコンに求めるのは“ナチュラルさ”!?
カラコンをナチュラルにつけたい人が94%とダントツ。ふんわりしたイメージのものを使用したいという人が86%と多いことも分かった。
明治


●法政大学:就職活動などでもカラコンで。デキる感じを演出!?
就職活動中にカラコンを使いたい人が平均1.7%に対し、法政大学は4.0%と倍以上の数字となった。法政の就活は目で語る!?
法政


●立教大学:カラコンでは“頼れる感じ“より“守りたくなる感じ“を演出する傾向に。
カラコンには「守りたくなる感じ」を求める人が圧倒的。東大に次いで現在のカラコン非使用率は高いが「こっそりつけたい」より「気づいてほしい」が、37.4%と最も高い数字に。本能的に男たちがほっとけない存在を目指す傾向!
立教


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査時期:2017年1月26日(金)~2月16日(金)
調査対象者:東京の対象10大学に通う現役女子大学生
有効回収数:各大学約50名サンプル。


■女子大生の約4割がカラーコンタクト使用経験あり
Q.あなたは普段カラーコンタクトを使っていますか?


全体としては、女子大生の約4割(42.1%)がカラーコンタクトの使用経験があり、その中でも17.6%が週に1回以上カラーコンタクトを使用しているという結果だった。

また、現在使用はしていないが、約5人に1人(21.5%)は、使用願望を抱いたユーザーだった。

各大学における結果は、東大は、「一度も使ったことがなく、今後も使うつもりはない」が74.5%、「非現在使用率」は89.1%と、約9割がカラーコンタクトを現在装着しておらず、慶應は毎日使用が30%という高い数値結果で、カラコン使用度が一番高い結果となった。

aimable_graph01

aimable_graph02


■慶應42%、青学41%は高3までの使用率が高い“カラコン早熟校“
Q.初めてカラーコンタクトを使ったのはいつ頃ですか?
全体としては、大学1年の9.7%が一番多く、次いで、高校1年の7.8%と、“高校デビュー”、“大学デビュー”と言われる様に、やはりこの2学年が上位の結果となった。また、大学1年生でデビューが多い大学は、1位中央16.0%、2位早稲田12.0%、3位上智11.8%だった。

各大学における結果は、慶應42%と青学41%が高3までにカラコンを使っており、この2校がカラコン早熟校であることが分かったこと。東大は、大学4年デビューが平均0.6%のところ、5.5%と圧倒的な数値結果で、日本一学問に没頭する学生たちならではの“遅咲き”を象徴するかの様な結果となった。

意外性が高かったのは、学習院。中学時代の使用経験率は、慶應、青学に続いて学習院が高いという結果に。世間的なイメージとは異なる姿が垣間見える。

aimable_graph03

aimable_graph04


■カラコンの4大用途は“デート、イベント、メイクに合わせて、女子会“
Q.あなたは主にどんな場面や目的のためにカラコンを着けていますか。あるいは、今後着けたいと思いますか。

全体としては、“デート”“イベント“”メイク“に合わせて””女子会“の4項目が上位で選出され、女子大生のカラコン4大用途と言える。各大学における結果は、慶應は、普段の身だしなみ22.0%(平均10.7%)、場面を問わず常に使う18.0%(平均9.1%)と、他の大学と比べてもオールラウンドで、カラコンを使いこなす人が多そうな印象だった。

意外性が高かったのは“(ハロウィンなどの)イベント“項目のトップになった中央。早稲田が4大用途すべてでトップになることを阻止した結果になった。

aimable_graph06

aimable_graph05

aimable_graph07

aimable_graph08


■青学女子は、就活とカジュアルでカラコンの使い分けがお上手
Q.“カラコンあるある”として、自分の大学でよくあると思うものはありますか。

全体としては、カジュアルでオシャレなイメージが強い青学が、複数の項目でトップを獲得し、カジュアルと就活での上手いカラコンの使い分けができるというイメージ通りの結果が目立った。

また、その他には、「アイメイクを薄くして、カラコンを着けている」の項目では、平均8.1%の中、慶應が14.0%と高い数値でトップを獲得する結果も見られた。

aimable_graph09

aimable_graph10

aimable_graph11

aimable_graph12


■男ウケ、お嬢、モテたい…あなたの大学はカラコン何派?
5Q.カラコンについて、あなたは何派ですか。

各大学ごとに特色が分かり易く結果に反映されたような印象だった。特徴的な結果としては、明大のナチュラル派94.0%や、青学のキレイ派54.9%、上智の女子ウケ派74.5%等の結果が分かり、各大学の女子大生の傾向が読み取れる結果となった。

●男ウケ派?友達ウケ派?
aimable_graph14

aimable_graph13


●お嬢派?庶民派?
aimable_graph16

aimable_graph15


●モテたい派?自己満足派?
aimable_graph18

aimable_graph17


●ナチュラル派?装飾派?
aimable_graph20

aimable_graph19


●はっきり派?ふんわり派?
aimable_graph22

aimable_graph21


●かわいい派?きれい派?
aimable_graph24

aimable_graph23


■調査担当者からのコメント
弊社の調査によると、カラーコンタクトレンズの市場規模は年々拡大しており、10~20代女性の5人に1人がサークルレンズを月に数回以上使用しています。女性にとってカラーコンタクトレンズが「なくてはならない存在」となりつつあるのです。一方では、カラーコンタクト自体の品質や、その不適切な使用方法などによって、目の健康を損なう人も出てきており、問題も多くなっています。

そこで、ロート製薬として、『品質の高さ』と、『かわいい』を実現するカラーコンタクトレンズを作りたいと考え、実現したのが自然な立体感を生み出す「スリートーンテクノロジー」。3色の異なる色とパターンを組み合わせることで、虹彩に奥行きをつけ、目の輝きやうるうる感、その表情が引き出されるデザインです。ナチュラルだけど、しっかりと目を強調するような…いわば「攻めのナチュラル」と言えます。このコンセプトは今回の調査でもわかるように、初めてのカラーコンタクトの導入にも取り入れていただきやすかったのではないかと考えています。

100年以上に渡って目の健康を考えつづけてきたロート製薬だからこそできる「高い品質」と「デザイン」を叶えていくために、これからも挑戦を続けていきたいです。

ロート製薬株式会社広報担当

ということで同社のカラコンをちょっと紹介しよう。

■商品概要:ロートワンデーエマーブルR
【チャームマーブル】
ブラウンの上にピンクのお花が咲いたようなデザイン。フチがふんわりしているから、とってもナチュラルでさりげなく愛らしい瞳に。カラコンデビューにおすすめなデザインだ。
チャームマーブル


【オーロラマーブル】
思わず吸い込まれそうなオーロラデザイン。ブルーにピンクのアクセントで、華やかナチュラルになれるオーロラマーブルもおすすめだ。
オーロラマーブル

※黒目の大きさ・色の個人差により、装用中の見た目が写真と異なる場合があります。

カラコンのことはさっぱりという男性も多いだろう。カラコンに関する知識を身に付けて、彼女にカラコンをプレゼントすることで、いまよりももっと親密度がアップするかもしれない。

特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Facebook日本語版の導入10周年を記念して限定のカメラエフェクトが登場
いくら課金した? 恋活・婚活マッチングアプリ利用の目的は?マクロミルが調査結果を公表
AIによる画像解析技術で食べものの写真をLINEで送ると糖質量・塩分・カロリーを表示する「糖質AIちゃん」
元祖バトルロイヤルゲームのモバイル版「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」がいよいよサービス開始
古都京都で青もみじ&御朱印めぐりをひと足先に体験!JR東海「そうだ 京都、行こう。」初夏ツアー






今年の「防災の日」は家族で防災訓練!大和ハウス、「2017年度防災意識調査」の結果を発表

大和ハウス「2017年度防災意識調査」

大和ハウス工業株式会社は2017年8月29日、 9月1日の「防災の日」を前に、 お客さんに対する「安全・安心」な住まいの提供に役立てるため、 住宅購入検討者を対象にした防災意識と実態に関する調査の結果を発表した。

今回の調査では、 地震に対する不安は昨年よりも高まっているものの、 3人に1人は家族間で防災に関する情報が共有されておらず、 また、 家族で避難訓練に参加したことがない家庭が85%にものぼった。 さらに、 災害時の対策について家族間でコミュニケーションをとっている家庭は少なく、 具体的な情報共有がなされていない、 という現状が浮き彫りになった。

■災害に対する意識は高く、 地震に対して8割以上が「不安」と回答。 一方で、 防災対策は低下傾向に。
2016年では78.9%が地震に対して「不安」と回答し、 今年は81.5%に上昇した。 一方で、 「ラジオ、 懐中電灯、 医薬品、 飲料水の準備」、 「地震保険の加入」、 「家具等の転倒防止」などの防災対策は軒並み低下傾向にある。 災害への不安が高まる一方で準備が手薄になりつつある可能性がある。
sub4

■もしも…災害が起きた時、 家族で防災情報を共有しているのは半数以下。 3人に1人は「何も共有していない」。 理由は家族間での話し合いの機会が少ない? 機会を作ることができていない?
災害が起きた時、 真っ先に心配するのは「子どもや孫」。 しかし、 3人に1人は、 「もしも・・」の時の「避難場所」や「連絡方法」などを家族で共有していないという結果になった。 「必要性は感じていても・・」、 「どこかで大丈夫と思っている」、 「(話し合う)時間や機会がない」など、 家族間で話し合う機会が少ないことなどが主な理由だ。
sub7

■1年以内の防災訓練参加率、 男性35.9%、 女性19.7%。 さらに、 女性の約4割が防災訓練に「参加したことがない」。 防災に対する  自己評価も「39点」。
災害を未然に防ぐ、 拡大防止などの訓練「防災訓練」。 女性の約4割が参加したことがなく、 1年以内の参加率も男女に差がある。 また、 家族と防災訓練をしたことのない方は85.5%にのぼった。
sub14

いつ起こるかわからない「災害」。 今年の防災の日は家族で防災訓練を実践してみては如何だろうか。

調査概要
調査名 :20代~50代の男女に聞く「2017年度防災意識調査」
実査時期 :2017年8月9日(水)~2017年8月12日(土)
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国/新築戸建住宅(注文住宅・建売住宅)購入検討者
回答者数 :1,035名(20代~50代の男性518名・女性517名)


大和ハウス工業株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
声優・藤田茜と稲川英里がユーザーと一緒に肝試しを体験
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率54.0% 前月比2.3ポイント増
「クリエイター奨励プログラム」がニコニコ生放送に対応。生放送の人気度に応じてユーザーが収益化可能に
最初で最後のファン感謝祭「勇者ヨシヒコ ダイブイキタクナルツアー」をニコ生で独占生中継
niconico×ダ・ヴィンチ「第3回 次にくるマンガ大賞」受賞作品決定







日本の父親は時間もお金もない? 子どもとアウトドアに行く父親の意識調査

アウトドア

2016年3月にスマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」を発売したカシオ計算機は、6月19日の「父の日」にあわせ「子どもとアウトドアに行く父親の意識調査」を日米独3カ国で実施した。
この調査は、アウトドアにおける父親の意識、及びアウトドアでいかにスマートデバイスを活用しているかを把握する目的で行ったものだ。

■日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は?
「子どもとアウトドアで過ごす時間が1週間でどれくらいか」という問いに対し、日本は平均2.15時間、北米は7.42時間、ドイツは4.06時間と、日本が最低の結果となった。さらに、その時間が、自分の理想に対してどれくらいなのかを調査したところ、北米では81%、ドイツでは75%だったのに対し、日本では47%と低く、一番理想からもかけ離れているという結果になった。また、父親はアウトドアで子どもと過ごしたいのに対し、「反抗期で大変だった子どもを卒業旅行としてアウトドアに連れて行こうとしたら旅費支払い後にドタキャンされた」など、子どものほうが取り合ってくれない悲しい体験談も寄せられた。

アウトドアでは様々な便利グッズがある。日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は1万円未満が34%、10万円以上が11%なのに対し、北米は100ドル未満が9%、1000ドル以上が23%と真逆の結果になった。
さらに北米の父親は、「状況が許せば1000ドル以上使いたい」が42%にのぼった。子どもとアウトドアで過ごす時間を一番確保している北米の父親は、アウトドアグッズでさらにその時間を有意義なものにしたいようだ。

「子どもとアウトドアで過ごす1時間は、友人とアウトドアで過ごす時間に置き換えた場合、何時間に相当するか?」という問いに対し、日本は平均3.83時間、北米は5.8時間、ドイツは2.92時間となった。北米の父親にとって子どもとの時間はとても価値の高いものであり、ドイツの父親にとっては友人との時間も子どもと同じくらいかけがえのない時間のようだ。
スマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」

今回の調査では、各国の父親が「アウトドアで子どもとの絆を深めたい」「アウトドアで子どもを成長させたい」という思いを抱く一方、実際のアウトドアシーンでは様々なアクシデントに見舞われていたり、理想どおりの時間や予算をかけられていないことがわかった。

プレスリリース
カシオ計算機

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
毎月500MB未満まで無料! ソネット、「0 SIM」をスタート
ドラえもんの誕生日を記念した腕時計「Doratch Limited Edition’14-’15
前に購入したアプリを確認する技!購入済みアプリを一覧表示しよう【快適術】
iPhoneで使える7つの便利技!意外と知らないテクニックはコレだ【快適術】
PCを使わずにスマホ同士でデータ交換ができるKingstonのUSBメモリ「DataTraveler microDuo」







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ