ITライフハック

授業

手元の資料をテレビ会議で映し出せる!HDMI出力機能付きUSB書画カメラ

main

サンワサプライ株式会社は、手元の資料をテレビ会議などで映し出せるHDMI出力機能付きのUSB書画カメラ「CMS-V58BK」を発売した。

■テレビ会議で手元を映すのに便利なUSB書画カメラ
「CMS-V58BK」は、Zoomなどのテレビ会議で手元を映すのに便利なUSB書画カメラだ。
s01

HDMI出力機能に対応しており、パソコンがなくてもテレビと直接接続して使用できる。
s02

800万画素のカメラを搭載しており、細かい文字や小さな物体の詳細な部分まで鮮明に映し出すことが可能だ。
s03

カメラ本体にはLEDを搭載しており、ヘッド部上面に搭載されたLEDタッチボタンでライトのON・OFFを切り替えることができる。薄暗い部屋でも手元を照らして快適に使用できるので、プロジェクターを使用しながらの撮影などに適している。
s04

また、ヘッド部を回転させることで、Webカメラとして使用することもできる。
s05

台座部上面にあるボタンで、露出やピントの調節が可能だ。正面には映像を映し出すためのHDMIポートと、パソコンと接続した状態でもポートが減らないように、USBポートを1ポート内蔵している。
s06

USB接続なのでACアダプターなどの電源が必要なく、本体を折りたたむと非常にコンパクトになるので、収納や持ち運びの際にもかさばらない。本体サイズは折りたたみ時幅259×奥行き80×高さ50mmで、重量は780g、USBケーブル長は2mです。持ち運びが楽になる収納ポーチがついている。
s07

学校での授業や講義といった教育機関での使用や、講演会や会議でのプレゼンなど、企業での使用にも最適だ。

USB書画カメラ「CMS-V58BK」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
IP55をクリアした抗菌防水防塵仕様!丸洗いができる日本語109キーボード
常に動きを追い続けるモードを搭載!自動追従機能付き高画質WEBカメラ
左右の音を自然に拾うステレオマイク内蔵!フルHD画質対応のWEBカメラ
USB3.2 Gen1信号を5m延長できる!USB3.2アクティブリピーターケーブル
素早くスクロールすることができる!高速スクロールマウス






自由に動きながら使えるヘッドマイク付き!ワイヤレスポータブル拡声器スピーカー

main

サンワサプライ株式会社は、自由に動きながら使えるワイヤレスポータブル拡声器スピーカー「MM-SPAMP12」と、専用ヘッドマイク「MM-SPAMP12HM」を発売した。

■動きながらでも声をはっきり届けられるワイヤレス拡声器スピーカー
「MM-SPAMP12」は、動きながらでも声をはっきり届けられるワイヤレス拡声器スピーカー。
01

マイク部とスピーカー部がワイヤレスなので、スピーカーから離れて自由に移動しながら、ハンズフリーで発言や作業ができる。スピーカーを教卓などに置いておけば、聞き手に背中を向けて話しても声がしっかり伝わる。また、マスクをしたままでも、本製品を使えばはっきり声を届けることができる。ヘッドマイクはマイクをお好みの位置に調節できるフレキシブルアームだ。
02

軽量でコンパクトサイズながら最大10Wの高出力で、使用範囲目安は、屋外では30人程度、室内では静かな環境で50~60人程度。スピーカーからの通信距離は30m。
03

ワイヤレスマイクは、同じ部屋や同空間内で他のワイヤレス機器が複数台使われていても、空いている1波を自動選択して利用するので混信することがない。
04

本製品にはヘッドマイクが2個付属し、スピーカー本体へ直接ヘッドマイクを接続しての有線接続と、ワイヤレスヘッドマイク接続で2人同時利用が可能だ。さらに別売りの単品ヘッドマイクMM-SPAMP12HMを用意すれば、使い回しを避けられるので感染症対策にもおすすめだ。(同時利用は2人まで)
05

音声の録画機能付きで、入力された音声をUSBメモリやmicroSDカードへ録音し、繰り返し再生することができる。
06

また、拡声だけでなく、音楽再生にも対応しているのでBGMも一緒に流すことができる。有線接続・Bluetooth接続・MP3ファイル再生と、さまざまな方式に対応している。拡声器として使用しないときや、災害時、非常時にも役立つラジオ再生機能も付いている。
07

スピーカー・送信機ともに乾電池不要のバッテリー内蔵型で、室内でも屋外でも使いたい場所へ持ち出せる。
08

様々なシーンで活躍できる多機能な本製品は、講義や講演、店頭販売、街頭演説、ツアーコンダクター、スポーツインストラクターなどに最適です。専用ヘッドマイクの追加購入もできるので、複数名で共用することの多い学校や施設にもおすすめだ。

ワイヤレスポータブル拡声器スピーカー「MM-SPAMP12」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テレワークでもプライベートにも最適!Bluetooth5.0ヘッドセット
身につけるハンズフリーファン、風がシャツを突き抜ける!「W腰ベルトマッパファン」
ペンを持つ感覚でカーソル操作できる!ペン型Bluetoothマウス
アイスも解けない、車に置ける!氷も作れるセンターコンソール冷凍冷蔵庫
パソコンも電話機も1つのUSBヘッドセットで使える!電話切替アダプタ






WEB会議にもおすすめ!見開きA3サイズの教科書や本が撮影できるUSB書画カメラ

main

サンワサプライ株式会社は、見開きA3サイズの教科書や本が撮影できるUSB書画カメラ「CMS-V55S」と、顔用カメラ付きUSB書画カメラ「CMS-V56S」を発売した。

■USBで接続する電源不要な高解像度の書画カメラ
「CMS-V55S」「CMS-V56S」は、USBで接続する電源不要な高解像度の書画カメラだ。

見開きA3サイズまでの教科書や本が撮影できる。授業やビデオ会議の際に、資料を開きながら共有することができます。撮影に便利な、A3サイズに対応した専用の撮影マットを付属している。

オートシャッター機能を搭載しており、ページをめくる毎にカウントが始まって自動的に撮影を行う。
ボタンを押さずに撮影ができるので、両手で雑誌や資料を押さえながら撮影をすることができる。

また、「CMS-V56S」には200万画素の人物撮影用カメラを内蔵しており、カメラを切り替えることで顔と書類の撮影が可能だ。
01

カメラにはマイクも内蔵されているので、ZoomやMicrosoft Teamsを使用したビデオ会議の際に便利だ。
02

カメラ本体にはLEDライトを搭載しており、本体に搭載されたボタンでライトのON・OFFや明るさ調節ができる。薄暗い部屋でも手元を照らして快適に使用できるので、プロジェクターを使用しながらの撮影に適している。
03

USB接続なのでACアダプター等の電源が必要なく、本体を折りたたむと非常にコンパクトになるので、収納や持ち運びの際にもかさばらない。また、本体にUSB Aポートが搭載されており、USBハブとしても使用できる。
04

本体サイズはW93×D293×H371mmで、重量は「CMS-V55S」が780gで「CMS-V56S」が800g、USBケーブル長は2m。

学校での授業や講義、ゼミ発表といった教育機関での使用だけではなく、講演会や会議でのプレゼンなど、企業での使用にも最適だ。

スタンドスキャナ型USB書画カメラ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
テレワークやワーケーションに最適!ドッキングステーション2製品
ノイズキャンセリング機能搭載でクリアな通話が可能!充電用クレードル付きヘッドセット
空中でも、机でも使える!ジャイロセンサーを搭載したBluetoothマウス
内蔵SSDカードを外付けドライブ化!M.2 SSDPCIe/NVMe用ケース
開いた本の曲面にも対応!画像補正ソフト「ピタリ四角 6」






昨年度から倍増! 「楽天IT学校」が過去最大となる日本全国47都道府県の57高校で実施

楽天株式会社は、高校生向けの電子商取引の授業である「楽天IT学校」(注)を、本年度は開始以来最大規模となる日本全国47都道府県57の高校(2014年度実施校:25校)へと拡大したことを発表した。

「楽天IT学校」は、楽天が2008年からCSR活動の一環として、高校生を対象に毎年実施している電子商取引に関する実践的な授業で、起業家精神(アントレプレナーシップ)育成と地域活性化を目的としている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ