ITライフハック

料金

タクシー配車アプリ「全国タクシー」で目的地へ到着する前に支払手続きが可能に

sub6

JapanTaxiは、同社が提供しているタクシー配車アプリ「全国タクシー」の新機能として、 “JapanTaxi Wallet”(ジャパンタクシー ウォレット)を2017年3月1日からAndroid版にて先行リリースすると発表した。

JapanTaxi Walletは、東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通のタクシー4,100台に設置されているIoT(Internet of Things)型デジタルサイネージ連動し、目的地に向かう乗車中に支払い手続きを完了することができる機能だ。

詳しい利用方法はJapanTaxi Walletのサイトを参照してほしい。

利用イメージムービー(YouTube)

sub2

sub3

sub4

sub5

JapanTaxi

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
全国どこからでも電子お薬手帳サービスharmoサービスに参加可能に
コロチキ、瀬戸内の景色豊かで温暖な土庄町をアピール
ソースネクストが老舗ソフトメーカーの筆まめを子会社化
東京メトロ×NTT、表参道駅構内でナビゲーションと広告サービスの実証実験を実施
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展



東京タクシードライバー (朝日文庫)
山田清機
朝日新聞出版
2016-02-05



2年間で20万円超のスマホ料金!? 音声専用契約からの変更では何と6倍に【デジ通】



iPhoneを使い出してからほとんど使っていないドコモの従来型携帯電話を、LTEに対応したAndroidスマートフォンに変更しようと考えているが、料金がどうなるのか非常にわかりにくい。

従来型携帯電話で、メールなどにパケット通信を活用していた場合、料金はほとんど変わらないが、ほとんど使用していなかった場合は毎月の支払額が数倍になってしまう。続きを読む

携帯電話で親のジレンマ!威厳をとるか、家計をとるか

昔の親は子供の小遣いが悩みの種だったそうだが、今は、そんなに悠長なことでは収まらないらしい。
今時の親は、子供の携帯電話料金が最大の悩みの種だということが、ブランド総合研究所の調査で明らかとなった。

子供に携帯電話を持たせなければよいと、短絡的に考えるのは早計だ。現代は、幼児から未成年を含む若い男女が、凶悪な犯罪に巻き込まれるケースが多発している。ニュースで報道されている痛ましい事件を見て、子供に連絡用の携帯電話を持たせないと言える親は、そう多くはないだろう。

とはいえ、子供たちに携帯電話を持たせれば、大人と同じように料金は掛かるもの。

調査では、世相を反映してか、7割もの親が「子どもに携帯電話は必要」であると回答する一方、「子どもの携帯電話料金は高い」と回答した親も7割だった。

親がもっとも気にしているのは、メールなどのパケット通信の料金だ。親が妥当と考える子供の携帯電話料金は3,000円強だが、実際に支払っている料金は5,000円を超える。理想と現実とでは、実に2,000円もの差があるわけだ。

調査では、子供も自分の携帯電話料金は知っており気にしているというが、子供に携帯電話の利用を控えさせるというのは、なかなか酷な話だ。なぜなら、その問いを自分自身に問いかけてみれば、おわかりになるだろう。

解決策としては、より安いメール料金の携帯キャリアを使うしかないというところか。

子どもの携帯電話使用に関する調査
ブランド総合研究所

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
電池切れにさよなら!充電しないで使える「燃料電池」
話題のスマートフォン!BlackBerry Bold 9700を国内でゲット
ウィルコムに関する報道にソフトバンクが正式コメント
無料で5GB!iPhoneやPCで使えるネットの倉庫

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ