ITライフハック

新モデル

ZENBOOKがタッチ対応にAMD搭載モデルも! ASUSが新型ノート2モデル発表

ASUS ZENBOOK Touch UX31A


ASUSことASUSTeK Computer Inc.は、同社のUltrabookプレミアムモデルである「ASUS ZENBOOK」シリーズにタッチ対応モデル「ASUS ZENBOOK Touch UX31A」を追加した。また、AMD クアッドコアAPUとマルチタッチスクリーンを搭載した13.3インチの薄型軽量ノートパソコン「ASUS VivoBook U38N」を発表した。発売は、いずれも1月26日(土)より続きを読む

防水のiPhone5マウンター! バイクや自転車にiPhone5が装着できるマウント【イケショップのレア物】



今年の成人式(2013年1月14日)、関東地方は大雪に見舞われ、東京各地の交通網は混乱を極めた。筆者宅の近辺でも、積雪により交通機関が影響を受けた。大雪の中、駅まで歩いて行ったが、鉄道も運休が相次ぎダイアは大幅に乱れており、電車がいつごろ到着するかさえわからないという状態の中、ただ待ち続けるしかなかった。

時間だけは十分にあるので、スマートフォンでネットを見たり、LINEを使って友人たちと大雪について情報交換などをチャットを通してしたりと、急遽できたフリーな時間を有効活用できた。ただ、大雪のためホームは非常に寒く、スマートフォンを持つ手も震えてしまうほどだった。

続きを読む

新ラインナップを発表!デルよりWindows 8搭載の個人向けPC「新・Inspiron」シリーズ



日本で営業を開始して二十周年を迎えたデルは、同社の個人向けPC「Inspiron」シリーズの新たなラインナップとして、第3世代インテル Core iプロセッサーを搭載しWindows 8をプリインストールした新製品4モデルを追加し販売を開始した。

新しい「Inspiron」シリーズは、Windows 8をプリインストールし、第3世代のインテル Core iシリーズ(Ivy Bridge)を搭載しており、高いパフォーマンスが魅力だ。また、Waves MaxxAudio 4を搭載し、内蔵ステレオスピーカーで映画や音楽を高音質で楽しむことができるようになっている。4モデルの詳細は以下

続きを読む

タブレットでも使えるスキャナー コンパクトなドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-P208」



外回りの多いビジネスパーソンで、契約に必要な書類をPDF化して相手に渡したり、控えとして取っておきたい書類をスキャンして持ち帰ったり、FAX機がないため注文書をスキャンして送ったりと、スキャナーを使った処理が必要なシーンは意外と多かったりする。

手軽に持ち運べるモバイルスキャナーといえばPFUの「ScanSnap S1100」やEPSONの「DS-30」がある(ほかにサンワサプライ等)。この市場は一定のニーズがありそれぞれ各社が趣向を凝らしたモデルを投入してきており、もちろんキヤノンも例外ではない。


続きを読む

PC不要でモバイル端末からダイレクトにスキャン【動画で見る新型ScanSnap】

株式会社PFU 代表取締役社長 長谷川 清 氏


『スマホと連携できる賢いスキャナ!PFU、スマートに書類を電子化するScanSnap「iX500」を発表』で紹介したように、株式会社PFUが同社のドキュメントスキャナ「ScanSnap」の最上位モデルをアップデートした。その発表会で、ScanSnapのボスといえる株式会社PFU 代表取締役社長 長谷川 清 氏に新製品の特長であるモバイル端末からのスキャン機能について実際にデモを行っていただいた。その様子をお伝えしよう。



続きを読む

PUMAロゴがキラッと光る! PUMAブランドのカナル型イヤホン登場



サッカー用スパイクでは定番製品的な安定した人気を誇り、最近ではモータースポーツにも進出しているスポーツ用品のブランドに「PUMA」がある。世の男性諸君であれば、まず知っているブランドであろう。

そのPUMAロゴをあしらったカナル型のイヤホンが登場する。米The Wheat Group, Inc.社がPUMAとライセンス契約しPUMAブランドの新製品「360 YARN BUDS(イヤアン・バッズ)シリーズ」と、「ROADIES+MIC(ローディーズ+マイク)シリーズ」が発売される(取り扱いはアスク)。続きを読む

kobo新端末で読書革命は続く!楽天がkoboの新端末を発表!



本日のiPad miniの発売を控えた昨日11月1日、楽天は発表会を開催し、同社の子会社であるカナダのKoboが9月に発表していた電子書籍リーダー「kobo」シリーズを日本語化して日本市場に投入することを発表した。すでに投入されているkobo Touchに加え、kobo glo、kobo miniの2機種が投入される。さらに近日中にAndroid端末であるkobo arcの投入もアナウンスされた。

続きを読む

この冬スマホデビューしたいアナタへ 各社の秋冬モデルまとめ



突然だが現在、筆者は個人ではスマホを所有していない。仕事関係で周囲を見回せば、Android端末、iOS端末が複数台、キャリアもNTTドコモ、ソフトバンク、auとゴロゴロ転がっている。WiFiモデルのタブレットやiPad等も必要なら利用できる。外出時は、WiMAXルーターを使いノートPCとNexus 7をネットに接続、これにお財布機能付きのガラケーを組み合わせており、それで何も困っていない状態なのだが・・・・・・。

とはいえ使っているガラケーは、割賦もとっくに完了して数年ほど経過し、相当というか、かなりガタがきている。いまではPCとUSBケーブルで接続しても認識されず、microSDにデータを移動しては、メモリーカードリーダー経由でやり取りするという情けない状況に陥っている。

ということで11月か12月にでも入ったら、個人でもいよいよスマホデビューしようと考えているのだが、各社のスマホの新モデルをチェックするためにITライフハックで紹介した会社の新製品発表会をチェックしてみた。ついでに読者で筆者と似たような人や冬にでも機種変を考えている人向けに記事をまとめてみたので参考にしてほしい。

続きを読む

世界最薄防水タブレットをMy Cloudとともに提供!富士通、個人向けモデル9シリーズ19機種を発表



2012年10月19日、富士通は最新OS「Windows 8」を搭載した、個人向けパソコン「FMVシリーズ」、防水タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi」、女性向けパソコンの新ブランド「Floral Kiss」の9シリーズ19機種を10月26日より順次販売する。価格は、いずれもオープンプライス

今回、最新OS Windows 8搭載の防水タブレットとして世界最薄の「ARROWS Tab Wi-Fi QH55/J」や、同社独自の「ヒューマンセントリックテクノロジー」の最新技術である、視線の動きだけで画面を操作することができる「視線アシスト」を搭載した「FMV ESPRIMO FH98/JD」などを提供する。

さらに、パソコン、タブレットのコンピューティングパワーを最大限に活用する、同社の個人向けクラウドサービス「My Cloud(マイクラウド)」をすべての機種で提供する。

続きを読む

世界最小・最軽量のポータブルHDD 東芝よりUSB3.0対応のHDDが一挙登場



東芝は、PCやテレビなどの外部ストレージ向け新商品として、外形寸法が75(幅)mm×奥107(奥行き)mm×約9(高さ)mmで重さが約115gと2.5型HDD搭載のポータブルHDDとしては世界最小・最軽量となる「CANVIO SLIM」を筆頭に、最大2TBの大容量モデル「CANVIO DESK」、2.5型ポータブルHDD「CANVIO」など、3シリーズ7モデルを10月下旬から順次発売する。


続きを読む

インクジェットで1万枚印刷!? EPSONよりビジネスインクジェット9モデル登場

PX-675F


エプソンは、ビジネスインクジェットプリンターの新モデルとして、高速印刷、自動両面印刷標準対応の高生産性と6万ページの高耐久性を両立したA4カラーインクジェットプリンター「PX-675F」、「PX-605F」、「PX-205」とコンパクトサイズながら5万ページの耐久性と無線LAN 標準対応のA4カラーインクジェットプリンター「PX-535F」、「PX-505F」、「PX-105」を発表した。さらにビジネス向けモノクロインクジェットとしてモノクロファクス複合機「PX-K751F」と、高耐久なA4モノクロプリンター「PX-K701」、コンパクトサイズでデスクサイドにも気軽に置ける「PX-K150」をの3モデルを発表。カラーモデルは9月20日より発売、モノクロモデルは11月初旬より発売となる。

続きを読む

スティックタイプのコンデジ登場! Optio新モデルは気分に合わせて着せ替え可能



ペンタックスリコーイメージングは、同社のコンパクトデジタルカメラ「Optio」シリーズに新モデル「Optio LS 465」を新たに追加することを発表した。沈胴式レンズを収納した状態ではポケットやバッグに楽々と収まる高さ約46.5ミリのコンパクトなボディを「スティックタイプデザイン」と表現。また、本体前面側に透明なパネルが設けられており、そこに専用のデザインシート(10種類)をはさみ込むことで気分に合わせた着せ替えが可能であるとしている。
続きを読む

ビジネスユーザーに人気のノートPC!パナソニックの新Let's noteが一味違う理由



Let's note(レッツノート)シリーズは、「軽量」「長時間」「頑丈(タフ)」「高性能」の4つのコンセプトのもと、プロフェッショナルモバイルを追求し、ビジネスモバイルパソコンとして多くのユーザーから支持され、本年度で15周年を迎えた。そのレッツノートシリーズの新モデルが登場する。

パナソニックは2011年8月24日、「レッツノート」2011年秋冬モデルを9月9日より順次発売すると発表した。

続きを読む

OS X Lion搭載でさらに速い!新MacBook Airを写真付きで解説



アップルは2011年7月20日、Mac OS X Lionを備えた新しい「MacBook Air」を発表した。11インチと13インチ、どちらのMacBook Airにも、一番新しい世代のIntelプロセッサであるCore i5とi7を採用し、高速Thunderbolt I/Oインターフェイステクノロジー、バックライトキーボードなど、新しい機能が盛り込まれている。
価格は、8万4,800円より。

Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏は、
「持ち運びが簡単で、お手頃な価格、しかもパワフル。MacBook Airは毎日のための究極のノートブックです。MacBook Airは当社の最先端テクノロジーを搭載しており、特にLionの新しいMulti-Touch(マルチタッチ)ジェスチャー、フルスクリーンアプリケーション、Mission ControlそしてMac AppStoreなどの機能を使うのに理想的です。」と、コメントしている。

続きを読む

Twitterの声を反映したノートPC!ThinkPad Edge 11”に新モデル



各社がインテルの第2世代Core i プロセッサー「Sandy Bridge」を搭載したパソコンを相次いで発表しているなか、あえて独自路線で勝負を掛けるメーカーも多い。
レノボ・ジャパンは、シリーズ最小・最軽量を誇る「ThinkPad Edge 11”」に、アンチグレアタイプのディスプレイを搭載した新モデルを追加したことを明らかにした。

購入時にアンチグレアタイプのディスプレイを選択することによって、蛍光灯や太陽光の映り込み・反射を軽減することができるため、画面がより見やすくなり、生産性の向上が期待できる。

同社はソーシャルメディア上(Twitterなど)でのユーザーからの声を反映し、アンチグレアタイプのディスプレイ搭載モデルの追加を決定した。

■5秒でわかる!主な特長
・インテル Core i3-380UMプロセッサー搭載
・モバイル インテル HM55 Express チップセットを搭載
・モバイル インテル HDグラフィックスを搭載
・最大4GBのDDR3メモリーを搭載可能
・Microsoft Windows 7 Home Premium (64bit) 正規版を搭載
・標準250GBのハードディスク・ドライブを搭載
・LED バックライト11.6型HD (1366 x 768ドット) アンチグレアタイプディスプレイ
・重さ1.5kg(6セルバッテリー搭載)
・幅284mm x 奥行き211mm x 高さ15.6-29.5mm(6セルバッテリー搭載)
・最大約6.5時間のバッテリー駆動時間(6セルバッテリー搭載)
・3つのUSBポートを搭載
・Bluetooth搭載
・WiMAX通信モジュール内蔵
・カラーはミッドナイト・ブラック(光沢あり/光沢なし)とヒートウェーブレッド(光沢あり)の3色を用意
・Microsoft Office Personal 2010搭載モデル選択可能

レノボ・ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【Sandy Bridge特集】の記事をもっと見る
今年後半はもっと凄いCPUが出る!インテル本社 副社長が緊急来日
オンキヨーは音が違う!こだわりがハンパでない4シリーズ
眼鏡なし3Dパソコンも登場!富士通、9シリーズ22機種の春モデル
エンタメからゲームまで!HPは一挙に3シリーズを投入

WesternDigital CaviarGreen 3.5inch 5400rpm 2TB 64MB SATA/3.0Gbs WD20EARS-RWesternDigital CaviarGreen 3.5inch 5400rpm 2TB 64MB SATA/3.0Gbs WD20EARS-R
WESTERNDIGITAL(2010-02-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

【速報】新プロセッサだけじゃない!最長10時間うごく新MacBook Proが登場



アップルは2010年4月13日、より高速なプロセッサ、パワフルな次世代グラフィックスに加え、これまで以上に長時間のバッテリー寿命といった特長とともに、MacBook Proのラインナップを刷新したと発表した。

人気の13インチMacBook Proでは、これまでより最大80%速い新しいNVIDIA GeForce 320Mグラフィックプロセッサと、画期的な10時間駆動を可能とする内蔵バッテリーを搭載している。

新しい15インチおよび17インチのMacBook Proは、Intel Core i5およびi7プロセッサを搭載するほか、パワフルなNVIDIA GeForce GT 330Mとエネルギー効率の高いIntel HD Graphicsプロセッサとをシームレスに切り替える、Appleの新しい自動グラフィックス切り替え機能を特長としている。

■高い性能と効率を両立 - アップル フィル・シラー氏
アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィル・シラー氏は、
「新しいMacBook Proは、外観の美しさに負けないくらい先進的なテクノロジーを特長としています。より速くなったプロセッサと、驚くべきグラフィックス、そしてこれまでと比べて最長3時間長くなったバッテリー駆動時間により、新しいMacBook Proは高い性能と効率を両立しています。」と、コメントしている。

■グラフィックスに強い - 13インチMacBook Pro
新しい13インチのMacBook Proはすべて、従来よりも高速なIntel Core 2Duoプロセッサと、4GBのRAM、10時間駆動の内蔵バッテリー、そして新しいNVIDIA GeForce 320Mグラフィックプロセッサを搭載している。

48個のプロセッシングコアを持つ新しいNVIDIA GeForce 320Mは、現在市販されている最も速い統合型グラッフィックスプロセッサであり、グラフィックスを多用するアプリケーションやハイパフォーマンスゲームにも最適なものとなっている。

13インチのMacBook Proには、2.4 GHz Intel Core 2 Duoと250GBのハードディスクドライブを搭載したモデル(114,800円)と、2.66 GHz Intel Core 2 Duoと320GBのハードディスクドライブを搭載したモデル(138,800円)の、2つの構成が用意されている。

■より高性能で長時間駆動 - 15/17インチのMacBook Pro
新しい15インチと17インチのMacBook Proは、これまでのシステムと比べて最大50%高速化されている。Intelの最先端の32nmプロセスを使って生産されるIntel Core i5とi7プロセッサは、メモリコントローラと三次キャッシュを統合することで、システムメモリへのより速いアクセスを実現した。

ハイパースレッディングテクノロジーが仮想プロセシングコアを作ることによってデータスループットを向上させる一方、ターボブーストが2つのプロセッサコア間のパフォーマンスを最適化し、デュアルコアを多用するタスクではシステムを2.66 GHzから3.06 GHzまで加速し、シングルコアのタスクでは最大3.33 GHzまで加速させ、処理速度が高速化される。

15インチおよび17インチは、ピークパフォーマンスが必要なときに使われる新しいNVIDIA GeForce GT 330Mと、エネルギー効率を重視する作業に使われるIntel HD Graphicsの2個のグラフィックプロセッサを搭載している。パワフルな新しいGeForce GT 330MはGeForce 320Mと比べて2倍以上速く、強力なグラフィックス能力を必要とする3Dゲームやクリエイティブソフトウェアそしてテクニカルアプリケーションのために、驚くほどスムーズでくっきりとしたオンスクリーングラフィックスを提供する。

また、アップルの自動グラフィックス切り替え機能は、アプリケーションがどちらのグラフィックスプロセッサを必要としているかを判断して瞬時にプロセッサを切り替え、より高いパフォーマンスと長時間のバッテリー駆動時間を実現した。ハードウェアとソフトウェアの密な連携により、新しい15インチおよび17インチのMacBook Proは両モデルとも、一回の充電で8時間から9時間の駆動が可能となっている。

新しい15インチのMacBook Proには3つのモデルが用意されている。2.4GHz Intel Core i5、NVIDIA GeForce GT 330Mおよび320GBのハードディスクドライブを搭載したモデル(168,800円)、2.53 GHz Intel Core i5、NVIDIA GeForce GT 330Mおよび500GBのハードディスクドライブを搭載したモデル(188,900円)、そして2.66 GHz Intel Core i7、NVIDIA GeForce GT330Mおよび500GBのハードディスクドライブを搭載したモデル(208,800円)。新しい17インチのMacBook Pro(218,800円)は、2.53 GHz IntelCore i5、NVIDIA GeForce GT 330Mおよび500GBのハードディスクドライブを搭載している。

「MacBook Pro」製品情報
アップル

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
タダより嬉しいものはない!インテルの最新マザーボートをゲットだぜ
卓上にそよ風を!レトロ調のUSB首振り扇風機
君もニュータイプか!ガンダムとエイリアンがコラボした高性能ノートパソコンが登場
3D映像をブルーレイ高画質で!万能型マルチメディアプレイヤーが登場

Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A
アップル (2009-06-10)
売り上げランキング: 24048
Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A
アップル (2009-06-10)
売り上げランキング: 24048

ケータイWi-Fiの時代へ!ソフトバンク、冬春の新ケータイ22機種を発表

上戸彩さん(左)とソフトバンクグループ 孫 正義 代表(右)


ソフトバンクは2009年11月10日、都内 グランドプリンスホテル新高輪「飛天」において、携帯電話の新製品発表会を開催した。今回、2009年冬/2010年春商戦向けラインアップとして、新たに22機種75色の新端末を投入する。

同社の2009年冬/2010年春商戦向け新機種の特徴は、高速パケット通信が可能なWi-Fi対応の高機能端末8機種を投入した。その一方で、機能や性能だけでなく、誰もが親しみやすく、持っていてワクワクするような、遊びごころにあふれた“ハイタッチ”なケータイ「COLOR LIFE 840P」「Jelly Beans 840SH」を取り揃えた。また、ソフトバンクモバイル初のAndroidケータイも来春に登場する予定だ。

■ケータイ=Wi-Fiを実現したい - SBグループ 孫代表
孫代表は開口一番、「iPhoneを使っていて非常に感じるのは、スピードである。我々の新たな提案を発表したい。」と、新端末のキーワードが「スピード」であることを語り、オープニングの映像を見せた。
ソフトバンクグループ 孫 正義 代表

孫代表は「これからはWi-Fiのついていないケータイは、ケータイではないと言われる時代がくるであろう。世界で真っ先に、Wi-Fi=ケータイ、ケータイ=Wi-Fiという方程式を、我々のすべての携帯端末に実現させたい。」と、新端末の目玉がWi-F機能iを内蔵した点であることを明らかにした。

なぜ、ケータイにWi-Fiなのか?

最大の理由は、通信速度が高速である点だ。現在のソフトバンクのケータイでは、下り最大7.2Mbpsの3Gハイスピードで通信を行っているが、インターネットで新聞や雑誌、動画を快適に見たい場合には現在よりも速い通信手段が必要となる。

そのひとつの答えが、最大54Mbpsの高速通信を実現するWi-Fiであり、ユーザーはWi-Fi内蔵の新端末によってストレスなくインターネットを楽しむことができる。
たとえば、100MBの大容量配信の場合、従来の3Gでは10回にわけてダウンロードしていたが、WiFiであれば1回で済むというのだ。

かつて、日本のインターネットが先進国の中でもっともコストが高く、もっとも速度が遅いという時期に、日本のブロードバンドを世界一速く、世界一安い※ものを実現したいという思いからYahoo!BBをスタートしたという。同様に、ケータイにも高速なWi-Fiが内蔵される時代はごく当たり前のように来るというのだ。
※ビットあたりのコスト

「普段、我々は鼻で息をする。これをケータイに置き換えてみると、空気に相当するのが情報であり、鼻が3G。そして、口に相当するのがWi-Fiである。激しい運動をする場合には、鼻で息をするのではなく、口で一気に空気を吸い込む。ケータイにWi-Fiが付いていないと、息苦しいと言われる時代が来る。」と、孫代表らしいたとえでケータイにW-Fiが必要である点を強調した。
Wi-Fiの必要性を語る、ソフトバンクグループ 孫 正義 代表

■高速パケット通信を実現!ケータイWi-Fi
ソフトバンクは、携帯電話単体で無線LANを利用した高速パケット通信によりインターネットが快適に利用できる新サービス「ケータイWi-Fi」を、2009年11月中旬以降、対応機種の発売にあわせて提供を開始する。

「ケータイWi-Fi」は、自宅の無線LANや公衆無線LANを利用するサービス。3Gハイスピードに比べて、約7.5倍の高速パケット通信(最大54Mbps)や約10倍の大容量ファイルサイズ(最大100MB)に対応し、携帯電話単体で高画質・高音質な動画などのリッチなコンテンツを通信料無料で楽しむことができる。

また、同社の公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」(サービス開始時はソフトバンクテレコム株式会社が提供する「BBモバイルポイント」のエリアのみ利用可能。今後エリアは順次拡大予定)を申し込み不要で無料にて利用でき、簡単な設定を行うだけで、マクドナルド(一部店舗を除く)をはじめ、JRの主要駅や空港、カフェなど全国のアクセスポイントで高速パケット通信を楽しむことができる。

ただし、「ケータイWi-Fi」を利用するには、「Wi-Fiバリューパック」への加入が必要となる。「Wi-Fiバリューパック」は、「ケータイWi-Fi」(月額使用料490円)と「ソフトバンクWi-Fiスポット」(月額使用料無料)に、専用のパケット定額サービス(定額料4,410円/月)をセットにしたサービス。定額でウェブやメールが使い放題となり、無線LAN以外のエリアでも安心して利用することができる。なお、2010年12月31日までに加入の場合は「ケータイWi-Fi」の月額使用料が無料となる。

「ケータイWi-Fi」のサービス開始にともない、2010年1月31日まで「ケータイWi-Fi」対応機種の本体価格を4,800円値引く「Come On!Wi-Fiキャンペーン」を実施する。さらに、「ケータイWi-Fi」をより楽しんでもらうために専用サイト「ケータイWi-Fiチャンネル」をオープンする。

ソフトバンクは今後、「ケータイWi-Fi」を通して、モバイルインターネット環境の向上を図っていくとしている。

ソフトバンク新商品発表会
ソフトバンク

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
VERSION UP! ひとりひとりのあなたへ。ドコモ、冬春の新ケータイ20機種を発表
ワークスタイルが変わる?「BlackBerryDay 2009」を開催へ
驚異の20枚/秒連写から世界最薄まで!これが個性派揃いのau 09年秋冬の新ケータイだ
海外のお供には旅行カバンとSIMカード【カリスマ店長の一押し】

VERSION UP! ひとりひとりのあなたへ。ドコモ、冬春の新ケータイ20機種を発表

新端末を手に持つ、ドコモ 代表取締役社長 山田隆持 氏


ドコモは2009年11月10日、東京国際フォーラム ホールB7において、2009年冬春モデルの新たなラインナップとして、4シリーズの新製品19機種にお便りフォトパネル「フォトパネル02」を加えた合計20機種を11月20日以降に発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

今回の新端末は、ユーザーひとりひとりの要望に応えられるように、iコンシェルのサービス拡充や、オートGPS対応、ケータイデータお預かりサービスの機能拡張、マイエリアの提供開始、地デジコンテンツとの連携など、各種機能を向上させ、豊富なサービスを提供する。また、わかりやすい操作説明への取り組みを行い、さらに使いやすさを追求している。

■いずれも自信を持ってお届けする端末 - ドコモ 山田社長
ドコモは、昨年秋に明らかに中期ビジョンに基づく「ドコモのチャレンジ」に取り組んでいる。ドコモのチャレンジのうち、「端末の進化」「パーソナル化の進化」「動画サービス化」「融合サービスの進化」という4つの項目について具体的なかたちとなったものが、今回発表された新端末と新サービスだ。
ドコモ 代表取締役社長 山田隆持 氏

ドコモ 代表取締役社長 山田隆持 氏は、「2009年度冬春モデルのキーメッセージは、『VERSION UP! ひとりひとりのあなたへ。』であります。」と、新端末と新サービスに込めたキーメッセージを明らかにした。

2009年冬春モデルの新たなラインナップとして、4シリーズの新製品19機種にお便りフォトパネル「フォトパネル02」を合わせた合計20機種を11月20日以降に携帯電話市場へ投入する。

docomo STYLE seriesは、4シリーズ中でもっとも多い10機種が用意された。キーメッセージは「自分らしさ、VERSION UP!」であり、見ための美しさにとどまらない感性に響くデザインを実現したうえ、コラボレーション端末もラインナップを増やし、ユーザーは幅広い製品群から選べるようになっている。
セパレートスタイルで使用できるケータイ「F-04B」を手に持つ、ドコモ 山田社長

docomo PRIME seriesは、5機種を投入する。「アソビゴコロ、VERSION UP」をキーメッセージに、ケータイを楽しめるようにエンターテイメントの部分を充実させるとともに、一歩先行く使い方を実現している。全機種がオートGPS機能とブルーレイディスクレコーダーとの連携、フェムトセル※に対応している。さらに最大1,220万画素カメラを搭載したモデルも充実しているほか、今までにない全く新しいセパレートスタイルで使用できるケータイ「F-04B」も投入される。
※フェムトセル:小型基地局を自宅に設置することで、自宅のブロードバンド回線網を利用した専用FOMAエリアを構築することができる。同エリアでは、高速パケット通信が可能となる。
フェムトセル小型基地局を手に持つ、ドコモ 山田社長

docomo SMART seriesは、2機種を投入する。「大人びスマート、VERSION UP!」をキーメッセージにスリムなスタイルはそのままに、デザインや機能面でさらなる進化を図った。F-03Bは防塵・防水、指紋センサーなどによるセキュリティを同シリーズとしては初めて搭載した。
P-03Bは、18金・チタン・クロムといった素材を採用した上質モデルとなっている。

docomo PRO seriesでは、ドコモとしては初のサムスン製ケータイ「SC-01B」を投入する。キーメッセージは、「デジタルライフ、VERSION UP!」。
最新OS Windows Mobile 6.5を採用した「SC-01B」は、アプリケーションストアから様々なアプリケーションをダウンロードすることができる。従来のBlackBerry、Android、Windows Mobile(SC-01B)、iモード(SH-03B)のラインナップとあわせ、ユーザーは好みにあわせて端末を選択することができるわけだ。

ドコモ 山田社長は、「いずれも自信を持ってお届けする端末、サービスであります。ドコモは5,500万人のお客様ひとりひとりに、ご満足いただける端末や、サービスを提供できるよう、全社員、結束して取り組み、お客様のご期待にこたえていきたいと思っています。

お客様満足度のさらなる向上のために、これからも様々なことにチャレンジしていきます。今後のドコモに是非ご期待をいただきたいと思います。」と、携帯電話における今後の展望を語った。

2009冬春モデル 新製品情報
ドコモ

2009冬春モデル 新製品情報
ドコモ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
ワークスタイルが変わる?「BlackBerryDay 2009」を開催へ
驚異の20枚/秒連写から世界最薄まで!これが個性派揃いのau 09年秋冬の新ケータイだ
海外のお供には旅行カバンとSIMカード【カリスマ店長の一押し】
ドコモ、女性向けに「BlackBerry Bold」の限定新色を追加
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ