ITライフハック

新入社員

楽しく、クリエイティブに働くための50の法則!『仕事の研究』美濃部哲也 著が発売

main

株式会社クロスメディア・パブリッシングは2022年2月28日、『仕事の研究』を発刊した。本書は、約30年間、大企業&ベンチャー、プレーヤー&リーダー、フィジカル&デジタル、ビジネス&クリエイティブ、グローバル&ドメスティックなど、あらゆる環境と立場を経験した著者の美濃部哲也氏が、自分らしさを磨きながら、ビジネスパーソンとして価値のある仕事をする秘訣を「50の法則」にまとめた1冊だ。

■創意工夫の参考になればと思い、執筆を決心
「良い仕事」も「成長」も「幸せ」も会社に頼るのではなく、自分自身の「経験」「スキル」「信用の繋がり」を頼りに、幸せになれる世の中になっていくことを実感しています。「リスキリング」に注目が集まってきているのもその表れなのではないかと感じています。

これまでの仕事術にならうだけでは、会社も人も幸せになれない時代です。
少し大げさに言えば、「自分自身を自分自身で発明していく」というような発想を頭の片隅に持っておくと良いと思います。それは、どんな仕事をする際にも追求をするということ、つまり、「創意工夫をすることで、創造性を生み出す」ということで、やればやるほどその仕事が好きになり、夢中にもなることができます。

これからの未来を創っていく若い人たち。
仕事も人生も分け隔てなく自分らしさで人生を豊かにしていきたい人たち。
これから社会人になる人や20代・30代の社会人の方々、そして、これから自分自身のらしさやスキルを磨いていきたいと考えている人たち。

そのような方々の創意工夫の参考になればと思い、今回初となる著書の執筆を決心しました。

本書の刊行にあたり、美濃部哲也氏より

■仕事術の法則としてのまとめ
本書では、仕事において何かを創造していく際に役立ちそうなことを法則に絞り、「仕事術の法則」としてまとめている。
具体的には、著者自身がどのような局面でそのような思考や行動をしていたか、という体験やエピソードを添えながら、「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」(※)の3つに分類して、「50の法則」を記している。

※「カッツ理論」…カッツ理論とは、ロバート・カッツというハーバード大学の元教授が提唱した法則で、ビジネスにおいて必要な能力を「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」の3つに分けて整理したもの

sub3


■本書で紹介する「50の法則」の一例
・プロフェッショナルは3倍基準。量が質を導く
・51%でGO。大怪我しない程度でちょろっとやってから考える
・見た分だけ、聞いた分だけ、知った分だけ、心が通う
・「世界で一番大切な、たったひとり」を起点に共感の連鎖を創る
・11のプロセスで打ち出し角度を精緻化し、化学反応を生み出す

sub1

sub2

sub4


<書誌情報>
書名:仕事の研究
体裁:四六判 / 256ページ
定価:1,628円 (本体1,480円+税)
ISBN:978-4-295-40659-4
発行:株式会社クロスメディア・パブリッシング(クロスメディアグループ株式会社)
発売日:2022年2月28日

『仕事の研究』美濃部哲也 著

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「もしも」に備える!転がす、手持ち、リュック、3WAY防災避難バッグ
ジーユー、今年30周年を迎える「クレヨンしんちゃん」との初のコラボレーション
電源タップと一緒にノートパソコンの収納できる!ケーブルボックス
強靭生地「鎧布」を使用!日本製のミニショルダーバッグ
Switchの熱暴走を防ぐ!冷却ファン付きスタンド

仕事の研究
美濃部哲也
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2022-02-28





初任給を自分に使った人の82.3%が「その先の生活の充実度が高い」と回答!ペイディ、初任給の使い道に関する調査

image001

業界をリードするあと払い(Buy Now Pay Later)サービス「ペイディ」を提供する株式会社Paidyは、“初任給” に対する意識の実態を明らかにするため、日本全国の先輩社会人490人と2021年入社新社会人100人の計590人を対象に、「初任給の使い道に関する調査」を実施した。その結果、興味深い結果が得られた。

■「#初任給でファーストバイ」を提案
初任給は、社会人として初めてもらう給料であり、一生に一度の経験。一方で、「何も考えずに使ってしまった」「何に使ったか覚えていない」という方々が多くいるのが現状だ。「夢に自信を、心に余裕を持てる世界を作る」ことを目指すペイディは、一生に一度の初任給は「自分の夢や未来に繋がる、記憶に残るものに投資してほしい」と考え、本調査を行った。

調査の結果からは、先輩社会人の大半が初任給をもらって「嬉しかった」「ワクワクした」にも関わらず、その半数以上が「初任給の使い道を覚えていない」こと、一方で使い道を覚えており、かつ自分のために使った人の8割以上が「その先の生活の充実度が高い」と回答していることなどが明らかになった。

さらに、2021年入社新社会人の8割以上が「初任給は自身の将来への投資など意味を持って使うべき」と考えていることなども浮かび上がっている。
なお、こうした結果を受けてペイディは、コロナ就活世代の新社会人の方々にとって自身の夢や未来のために初任給の使い道を考えるきっかけとなることを願い、「#初任給でファーストバイ」を提案する。

■初任給をもらった際の気持ちについて、先輩社会人の6割以上が「嬉しかった」3割以上が「ワクワクした」と回答。大半が初任給に“特別感”を抱いている。
先輩社会人に初任給をもらった日の気持ちについて尋ねると、66.1%が「嬉しかった」、32.2%が「ワクワクした」と回答しました。大半の方が初任給をもらったという経験について、“特別感”を抱いていることがわかる。
image003

■先輩社会人の約6割は「ファーストキスを覚えている」のに対し、約6割が「初任給の使い道」は覚えていないと回答。
先輩社会人に「初任給の使い道を覚えているか」尋ねたところ、58.6%が「覚えていない」と回答している。一方で、「ファーストキスを覚えているか」という質問には、58.9%が「覚えている」と回答した。「ファーストキスは覚えているのに初任給の使い道は思い出せない」先輩社会人の様子が垣間見える。
image005

image006

■先輩社会人の初任給の使い道1位は「自分以外へのプレゼント」。一方、約8割が「初任給は自身の将来への投資など意味を持って使うべき」と回答。
「初任給の使い道を覚えている」先輩社会人に初任給を何に使ったか尋ねてみると、「自分以外へのプレゼント」が56.5%でトップに。次いで、「預貯金」(44.9%)、「生活費」(31%)が続いた。その一方で、初任給は自身の将来への投資など意味を持って使うべきと思うか尋ねると、77.7%が「賛成」または「どちらかといえば賛成」と回答した。
image008

image010

<初任給は自身の将来への投資など意味を持って使うべき/一部抜粋>
・将来の自分の価値になる
・今後のために投資することが大事
・目的をもって使ったほうが有意義で、使い道を決めないとなんとなくそのお金が無くなっ
ていく
・若いうちに自己投資を行っておいたほうが将来より選択肢がひろまる
・初めから自身のスキルアップのために開始するのは有意義だと思う
・記憶と自分自身の財産に残る

■初任給を自分のために使った人のうち、82.3%が「その先の生活の充実度が高い」と回答。
初任給を「自分へのプレゼント・投資」に使ったと回答した人の82.3%が、現状の生活の「充実度」が高い(1~10スケールのうち5以上)と回答した。
image012

■2021年入社新社会人の82%が昨年度コロナ禍で「挑戦したかったことややりたかったことができなかった」。
2021年入社の新社会人に、昨年度に挑戦したかったことややりたかったことができなかったと感じるか尋ねたところ、82%の方が「そう思う」または「どちらかといえばそう思う」と回答した。コロナ禍で制限の多い最後の学生生活を送っていたことがわかる
image014

■2021年入社新社会人の83%が「初任給は自身の将来への投資など意味を持って使うべき」と回答。
2021年入社の新社会人に初任給の使い道を聞いたところ、「預貯金」が71%でトップに。次いで、共に42%で「生活費」「自分以外へのプレゼント」が続いた。一方、83%が「初任給は自身の将来への投資など意味を持って使うべき」と回答した。
image016

image018

<初任給は自身の将来への投資など意味を持って使うべき/一部抜粋>
・自分の挑戦を生かせる
・将来への投資など、お金を使うシチュエーションを明確にしておくことで、仕事へのモチ
ベーションも上がる
・将来の選択肢が多い時に投資するべき
・さらにスキルアップ
・「自分にお金を投資する」という感覚に現実味を持たせた方が後のためになる

■2021年入社新社会人理想の年収は300万~500万円、理想の自己投資金額は1万円未満/月。投資したいのは「美容・体型」「資格・スキル」「食」。
2021年入社の新社会人に自己投資することを踏まえた理想の初任給金額を尋ねると、トップが「400~500万円未満」(27%)、次いで「300~400万未満」(21%)となった。さらに、毎月の自己投資金額は、「5,000~10,000円未満」が29%でトップに。次いで、「3,000円未満」(22%)、「3,000~5,000円未満」(18%)と続いている。また、投資したいものとしては「美容・体型」(58%)「資格・スキル」「食」(共に47.7%)が上位に上がっている。
image020

image022

image024

<調査概要>
【 調査地域 】 全国
【対象者条件】働く男女(先輩社会人)24~59歳、全国の2021年入社の新社会人男女18~25歳
【 調査手法 】 インターネット調査
【 実査期間 】 2021年3月25日(木)~29日(月)
【サンプル数】 先輩社会人490人、新社会人100人=計590人(スクリーニング調査3187人)
【ペイディが「#初任給でファーストバイ」に込めた想い】

初任給は、一生に一度。初任給でできる買い物も、一生に一度。そのたった一度きりの買い物を、Paidyは「First Buy」と名付けた。
今年、初任給を手にする皆さんへ。一度しかない大切な初任給を、「記憶に残るだけではなく、未来につながる初めの一歩のために使ってほしい」そんな想いを込めている。

なお、2021年4月22日(木)から、インフルエンサーが初任給の使い道を語る「#初任給でファーストバイ」のWeb
動画を公開した。ペイディ公式Twitterアカウントより、初任給の使い道を語るハッシュタグキャンペーンなどを展開していく。

<Web動画概要>
タイトル :ペイディ #初任給でファーストバイ
公開 :2021年4月22日(木)10時~
ペイディ公式YouTubeアカウント :https://bit.ly/3dxATli
ペイディ公式Twitterアカウント :https://twitter.com/PaidyJP

株式会社Paidy

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
期間限定で、新登場!出汁粉で旨味アップ「出汁からあげ」
40点超の展示作品を発表!ネットの展覧会「春画展」(主催:ニコニコ美術館)【超会議2021】
「超声優祭2021」ディズニープラス特番配信決定【超会議2021】
「森川智之&速水奨の横浜DeNAベイスターズ実況特番」配信決定【超会議2021】
「見える除菌」で安心と安全を実現!セルフ型買い物かご除菌装置「かごキレイ」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ