ITライフハック

昆虫

『害蟲展 season4』、スタート!サンワサプライ、3段シェルフ付きローデスク【まとめ記事】

s0901_2023_Gaichu_127

8thCAL株式会社は、身近に潜む害虫/獣の存在を考え、生き物の“棲み分け”を考える『害蟲展 season4』を全国3会場で2023年9月2日(土)からスタートする。スタートを記念し、2023年9月1日(金)、MATERIO base(東京都日本橋)にて、オープニングレセプションを開催した。

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、ローデスク シェルフデスク シェルフ付きローデスク 収納付き 座デスク クランプ対応 天板可変「100-DESKL022M」を発売した。本製品は、床に座ったままリラックスして使用できるシェルフ付きのローデスク。ローデスクとシェルフが一体化し、散らかりがちなデスク上をすっきり使うことができる。シェルフの1番上の棚板は、3段階で高さを変えることができる。シェルフの位置は、組み立て時に左右どちらか選ぶことができる。

散らかりがちなデスク上を、スッキリと使える!サンワサプライ、3段シェルフ付きローデスク
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、ローデスク シェルフデスク シェルフ付きローデスク 収納付き 座デスク クランプ対応 天板可変「100-DESKL022M」を発売した。本製品は、床に座ったままリラックスして使用できるシェルフ付きのローデスク。ローデスクとシェルフが一体化し、散らかりがちなデスク上をすっきり使うことができる。シェルフの1番上の棚板は、3段階で高さを変えることができる。シェルフの位置は、組み立て時に左右どちらか選ぶことができる。


コンパクト&簡単設置!折りたたみ式クロマキースクリーン
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、専用スタンド付きでワンタッチで設置ができ、折りたたみ式でコンパクトに収納ができる、1人用に最適なグリーンとブルーの両方に対応したクロマキースクリーン「200-DGCAM035」を発売した。本製品は、1人使用にちょうどいいサイズのクロマキースクリーン。厚地のコットン生地でグリーン、ブルー両方対応できるクロマキー用背景スクリーンだ。付属の専用スタンドに挟むだけで取り付けができ、高さ調節も可能だ。


動く被写体を追いかけて、撮影できる!自動追尾雲台
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、スマホやカメラに、自動追尾機能をプラスできる雲台「200-DGCAM036」を発売した。本製品は、水平方向に360度追尾できる、自動追跡(トラッキング)雲台。顔と人影を認識し、自動で追跡を開始する。上部は1/4インチネジに対応し、デジカメやWEBカメラなどの設置が可能だ。ライブ配信やオンラインレッスン、WEB会議などに最適だ。


徳島県産さつまいもブランド「なると金時」を使用!バーガーキング『わたくしのスイート芋パイ』
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、2023年9月1日(金)より、大人も楽しめる『わたくしの』デザートシリーズから、徳島県産さつまいもブランド「なると金時」の上品な甘さとホクホクとした食感がサクサクのパイ生地にマッチした、秋にぴったりの『わたくしのスイート芋パイ』が登場する。また、9月1日(金)~9月7日(木)の1週間限定で、通常価格240円のところ、「お試し価格」として20円引きの220円にて販売する。


身近に潜む害虫/獣の存在を考え、生き物の『棲み分け』を考える!『害蟲展 season4』、全国3会場で9月2日(土)からスタート
8thCAL株式会社は、身近に潜む害虫/獣の存在を考え、生き物の“棲み分け”を考える『害蟲展 season4』を全国3会場で2023年9月2日(土)からスタートする。スタートを記念し、2023年9月1日(金)、MATERIO base(東京都日本橋)にて、オープニングレセプションを開催した。


8thCAL株式会社
害蟲展

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
秋期間限定!焼きたてのかるび「月見とろろカルビ丼」「月見とろろ牛タン丼」
魚屋さん直営!絶品の海鮮丼を堪能した「魚食堂たわら」【広島ツアー2023年夏】
シンプルデスク 幅120cm×奥行60cm、高さ変更可能 高さ57~78cm!バイカラー アジャスター
ちょうどいい高さを選べる!6段階調整できるローデスク
学校用デスクにはめ込むだけ!簡単に取り付けできる、落下防止ガード






身近に潜む害虫/獣の存在を考え、生き物の『棲み分け』を考える!『害蟲展 season4』、全国3会場で9月2日(土)からスタート

s0901_2023_Gaichu_127

8thCAL株式会社は、身近に潜む害虫/獣の存在を考え、生き物の“棲み分け”を考える『害蟲展 season4』を全国3会場で2023年9月2日(土)からスタートする。スタートを記念し、2023年9月1日(金)、MATERIO base(東京都日本橋)にて、オープニングレセプションを開催した。

■命の循環や存在意義について考えるきっかけになることを目指した展示会
『害蟲展 season4』は、生物・命の美しさ、有益な側面に焦点を当てて制作された作品を通して、生命の循環や存在意義について考えるきっかけになることを目指した展示会だ。

身近な生活環境に潜む書虫と呼ぱれ悪モノ扱いされる蟲も、生態系から見ると存在する理由がある。書虫と呼ばれる生き物が、本来の居場所である森に還っていけるよう、人も自然も、すべての生き物か地球上にある限られた環境の中で、どうしたら『棲み分け』られるか、真剣に考えなければいけない。

s0901_2023_Gaichu_032
ハエ、カ、ゴキブリには、自然界で有益な役割がある


s0901_2023_Gaichu_090
『害蟲展 season4』のポスター


第1回展となった害蟲展 season1から徐々に規模を拡大し、今回は東京会場として「素材のちから」をコンセプトに様々な展示や活動を行っている「MATERIO base」、大阪会場として新たな発見と驚きを展示の柱とする「箕面公園昆虫館」、長野会場として白馬村最後の書店「福島書店」をセルフリノベーションにより復活させた『知のインフラ』スペース「白馬村 Re:Public」の全国3会場にて開催する。

s0901_2023_Gaichu_089
東京会場の「MATERIO base」


8thCAL株式会社では、本展を通じ、腿除対象生勧を違う視点で見つめ生態系での役割を知るきっかけを創出し、人々に環境整備などの行動を促すことで、殺虫剤の使用量を減らし、地球環境保全に貢献したいと考えている。

s0901_2023_Gaichu_097
8thCAL株式会社 代表取締役社長 岡部美楠子氏


8thCAL株式会社 代表取締役社長 岡部美楠子氏が語る!同社設立の経緯と『害蟲展』への想い

YouTube:https://youtu.be/q_kSvNDp62g

自在置物作家 満田晴穂氏が語る!『害蟲展 season4』への想いと、作品選考の感想

YouTube:https://youtu.be/-bD4GIim7a8

■最優秀賞、優秀賞の作家の本音が飛び出したトークセッション
トークセッションでは、最優秀賞 <すめらぎ> 山本衣織氏、優秀賞 <大雀蜂> 井上郁氏が自らの作品を語った。

『害蟲展 season4』トークセッションの様子

YouTube:https://youtu.be/Ci0Fg8MsXPs

〇最優秀賞 <すめらぎ> 山本衣織氏
最優秀賞 すめらぎ 山本衣織氏

トノサマバッタの煌害をモチーフにして、集団の恐怖感と退廃的な美しさを表現しました。煌害というのは、バッタの群生相が大量発生することで起きる「災害」のことです。群生相というのは人口密度が原因で体が変化した個体のことで、バックが群生相になると色や体が変化し最大何千億匹もの大群で草木や農作物を食い尽くすことがあります。そんなトノサマバッタの群生相を約200匹作り、ブラックボックス状に合体させました。

〇優秀賞 <大雀蜂> 井上郁氏
優秀賞 大雀蜂 井上郁氏

スズメバチは害虫の中でも攻撃的で多<の人から恐れられています。亡骸になっても恐さは消えず、今でも針で刺そうとする気迫があります。群れの中のだった一匹の蜂ですがこの個体に刻まれた欠けや傷に歴史を感じ、生きた痕跡を残したいと思い制作しました。鋳造という技法で製作し、表面の緑色は化学変化を利用して緑青で色を出しています。

■東京会場「MATERIO base」を見学
東京会場「MATERIO base」では、1F~3Fまで入選した作品が展示され、来場者は自由に写真撮影が可能だ。SNSキャンペーンを実施しており、投稿画面をスタッフに提示すると、好きな昆虫食やグッズがプレゼントされる。また、害蟲展オリジナルグッズも販売されている。

20230901_SEASUN4_page-0001


20230901_SEASUN4_page-0002


〇MATERIO base 1F
s0901_2023_Gaichu_159
入選「Jewel Bug」サカマキリン氏


s0901_2023_Gaichu_166
入選「なんとかなるかも」山中千寿氏


s0901_2023_Gaichu_162
1Fの様子


〇MATERIO base 2F
s0901_2023_Gaichu_004
階段の上にも作品が展示されている


s0901_2023_Gaichu_175
2Fには、BAR/SHOP、映えスポットがある


「香る昆虫 タガメサイダー」は、独自製法で抽出したタガメエキスを使用した新感覚の昆虫ドリンク。実際に飲んでみると、フルーティーな香りがするサイダーだった。
s0901_2023_Gaichu_080
「香る昆虫 タガメサイダー」


s0901_2023_Gaichu_177
昆虫食


s0901_2023_Gaichu_176
スポンサーのパネル


〇MATERIO base 3F
s0901_2023_Gaichu_077
最優秀賞「すめらぎ」山本衣織氏


s0901_2023_Gaichu_067
優秀賞「大雀蜂」井上郁氏


s0901_2023_Gaichu_072
入賞「バランスゲーム」山本理子氏


s0901_2023_Gaichu_010
3Fの様子


<害蟲展 season4>
東京会場:MATERIO base(東京都中央区東日本橋3丁目11-2)
2023年9月2日(土)~9月15日(金)
https://materiobase.jp/

大阪会場:箕面公園昆虫館(大阪府箕面市箕面公園1-18)
2023年9月20日(水)~9月25日(月)
10:00~17:00(入園は16:30まで)
https://www.mino-konchu.jp/

長野会場:白馬村 Re:Public(長野県北安曇郡白馬村北城7078)
2023年9月30日(土)~10月9日(月)
11:00~18:00(予定)

お問い合わせ Tel:03-6822-3337、e-mail:info-gaichuten@8thcal.design
害蟲展twitter:https://twitter.com/8thCAL_exhibi
主催:8thCAL株式会社
協力:株式会社中川ケミカル、箕面公園昆虫館
協賛:シェル商事株式会社、環境機器株式会社、FKK株式会社、大日本除虫菊株式会社、株式会社54、SyncMOF株式会社、株式会社新東通信/CIRCULAR DESIGN STUDIO、一般社団法人バイオミミクリー・ジャパン、株式会社TODOROKI、昆轟菓舗 灯蝉舎、TAKEO株式会社、株式会社アールオーエヌ


『害蟲展 season4』は、生物・命の美しさ、有益な側面に焦点を当てて制作された作品ばかりなので、見ているだけでも楽しい展示会だ。さらにBARでは、「香る昆虫 タガメサイダー」や昆虫食を体験できる。興味を持った人は、一度、訪れてみては如何だろうか。

8thCAL株式会社
害蟲展

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
秋期間限定!焼きたてのかるび「月見とろろカルビ丼」「月見とろろ牛タン丼」
魚屋さん直営!絶品の海鮮丼を堪能した「魚食堂たわら」【広島ツアー2023年夏】
シンプルデスク 幅120cm×奥行60cm、高さ変更可能 高さ57~78cm!バイカラー アジャスター
ちょうどいい高さを選べる!6段階調整できるローデスク
学校用デスクにはめ込むだけ!簡単に取り付けできる、落下防止ガード






この昆虫たちがすごい!香川照之プロデュース昆虫服育ブランド『Insect Collection』に秋冬の新作アイテム続々登場

main

暗闇で光る蓄光プリントTシャツや、昆虫大集合Tシャツが好評の「Insect Collection」から新商品が登場した。

カマキリ、クワガタ、カブトムシ、テントウムシなど子供達が大好きな昆虫をあしらったデザインが話題の『Insect Collection(インセクトコレクション )』は、子供服をメインとしたアパレル・雑貨アイテムを展開している。昨年3,000枚の大ヒットとなったさがら刺繍のニットにはカマキリの新色に加え、テントウムシとアリも登場。暗闇で光る蓄光ホタルスウェットやカマキリが無数にプリントされた白とオレンジのジャージも。淡いオリーブカラーがおしゃれなロープ刺繍のスウェットや、上品な刺繍シャツも多数用意されている。

カマキリはグリーン、アリはダークグレー、テントウムシはレッド、カブトムシはブルーの4色展開。4種類のソックスセットは毎日の外出を足取り軽くしてくれそうだ。

シーズン後半では厚手のアウターも登場。可愛い昆虫が大集合したオフホワイトの総柄ライトダウンは性別問わず使えるマストアイテム!ライトダウンの表地と同柄が裏地に採用されたマウンテンパーカーはレッドとカーキの2色展開。カマキリの総柄オレンジダウンコートは、パパともお揃いで着られる本格プレミアムライトダウンだ。

オンラインショップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「東京ゲームショウ2019」の出展内容を公開

ビーズ、自転車サドルの方式”で耐荷重100kgな強化版ゲーミングデスクを発売
千円からできる九州の豪雨被害支援!さとふるの「令和元年九州北部大雨災害緊急支援募金サイト」に佐賀県江北町を追加し寄付受け付けを開始
『ポケモン GO』“#好きなようにGOしよう”キャンペーンで9月1日より渋谷ストリートジャックを展開!
ナショジオより、どうしてこうなった?町まるごと廃墟の101か所を撮影した書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』






昆虫や植物の緻密な観察スケッチ 本日のGoogleロゴは画家兼自然科学者生誕366年記念



本日は国際女性デー Googleロゴも女性デー仕様に変化」でGoogleのホリデーロゴを紹介した。本日はマリア・ジビーラ・メーリアンの生誕366年を記念し、彼女が書いた植物や昆虫の詳細イラストがモチーフになっている。


続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ