ITライフハック

昇降

重い荷物も載せたまま階段を昇り降りができる!電動台車『軽量電動階段台車60』

1_000000003720

サンコー株式会社は、『軽量電動階段台車60』を発売した。本製品は階段をボタン1つで昇り降りができる電動の台車だ。台車の背面にキャタピラタイプのゴムベルトを搭載する。ハンドル部は最大540mmまで4段階伸縮ができる。

■狭い階段でも簡単に取り回しが可能
本製品の最大積載量60kg。コンパクトなサイズで狭い階段でも簡単に取り回しが可能だ。平地走行時は手押しでスムーズに運搬し、そのまま階段をボタン一つで簡単に昇降することができる。動作可能な階段の勾配角度は35度。操作は昇るボタン、降りるボタンを押すだけの直感的な操作が可能だ。動作はボタンを離せばその場で停止する安全設計となっている。
2_000000003720

『女性でも簡単に操作でき、力がない女性でもらくらく運搬が可能です。電源はバッテリー式で取り外して充電するだけでなく本体に装着したままでも充電が可能です。』
3_000000003720

<製品特長>
・荷物を載せた状態で階段を簡単に昇り降りが可能な階段昇降台車
・4段階に伸縮が可能なハンドル
・手元でボタン1つの簡単操作
・平地も走行可能
・狭い階段でも昇り降りできるコンパクトなサイズ
・最大積載量60kg
・本体に取り付けたままでも充電が可能なバッテリー式

<仕様>
・サイズ/480×930~1520×295(mm)
・重量/15kg
・最大積載量/60kg
・荷台サイズ/幅480×奥行き340(mm)
・ハンドルポール/伸縮:4段階調節(最大540mm延長)
・最大階段角度/35度
・昇降速度/上昇時:1.2m/分 下降時:1.2m/分
・モーター/出力/24V 80W
・バッテリー/24V 6400mAh
・連続使用時間/約40分(60kgの荷物を載せた場合)
・充電時間/約3時間
・充電器/入力:100-240V,50/60HZ 2.0A
    出力:29.4V 2A 58.8W
・使用耐久目安/約330時間
・内容品/台車(バッテリーセット済)、荷締めベルト(バックル含む)、充電アダプター(A/B)、日本語取扱説明書
・パッケージサイズ/1020×560×285(mm)
・パッケージ重量(内容品含む)/18.5kg
・保証期間/12ヶ月
・発売日/2021/3/12
・型番/ELECTRSL
・JAN/4580060590216

電動台車『軽量電動階段台車60』

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
東洋製罐グループ、低炭素社会の未来を作る『容器』の新プロダクトや新技術を展示
M&A総合研究所を介して、東海管工とイシイ設備工業のM&Aが7ヶ月で成約
環境・震災復興・子ども・障害。あらゆる社会問題のソリューション開発推進を行うRISTEX
働き⽅改⾰サービスを180分で50社知れるとんでもないスピードオンライン展⽰会
富山県氷見市×Panasonic株式会社×ベンチャー企業等16社!『氷見ベンチャーサミット』開催






高さ記憶機能で好きな高さに調整可能!電動昇降デスク2色

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、手軽に高さ調整ができ、テレワークでも設置に便利な奥行き51cmの電動昇降デスク「100-ERD025シリーズ」を発売した。

■天板位置を上下昇降させることが出来る電動昇降デスク
本製品は、電動モーターにより天板位置を上下昇降させることが出来る電動昇降デスクだ。
sub2
100-ERD025W

天板の奥行きは510mmとなっており、省スペースに設置することができる。
sub10

高さは、730~1230mmまで可動します。コントローラーのボタンを押すだけで簡単に昇降できる。
sub17

コントローラーには高さを表すインジケーター付きなので現在の高さがわかる。自宅・オフィス・工場・ミーティング用・作業台等、使用目的や体型に合わせて高さ調整ができる。腰痛持ちの方、車いすの方、倉庫で荷造りや検品をするとき等に自分の最適な高さに合わせて手軽に調整可能だ。

コントローラーにはメモリー機能が付いており、記憶させたい高さを4ヶ所設定することができる。事前に座った時と立った時の最適な高さを記憶させておけば、即座に高さ調整が可能になる。また、衝突防止機能付きなので、デスク下降時に障害物を検知し、挟み込みを防止する。障害物を感知すると瞬時に運転をやめ、自動的に位置が少し戻ります。感度調整も可能だ。
sub9

天板には、クランプ固定のモニタアームやキーボードスライダー等の取り付けが可能だ。
sub13

脚は、がたつき防止のアジャスターを装備しています。また、ケーブルホルダー付きなので配線をスッキリさせることができる。
sub12

サイズは、約W1200×D510×H730~1230mm、重量は約29.15kgです。木目とホワイトの2色展開だ。
sub1
100-ERD025M

sub3
100-ERD025W

電動昇降デスク「100-ERD025M」
電動昇降デスク「100-ERD025W」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
NintendoSwitch/PS4/PCに対応!ワイヤレスオーディオトランスミッター『BT-TM700』
Anker独自のノイズキャンセリング!「Soundcore Liberty Air 2 Pro / Life A2 NC」
4K・60Hz・HDR対応!小型で2入力1出力・1入力2出力対応のHDMI切替器
USBとコンセントが使える!急速充電QC3.0対応ハイブリッド電源タップ
中を見ながら煮出せる電気ポット!『煮出し&温度調整ができる電気ティーポット』






具材とスープを分けられる、電動昇降グリル鍋!広角レンズの4K対応WEBカメラ【まとめ記事】

4_000000003681

サンコー株式会社は、『具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」』を発売した。本製品は電動昇降機能を搭載した電気グリル鍋。鍋容量3L(最大使用水量2L)。
サンワサプライ株式会社は、複数人でのWeb会議に最適な広角レンズを採用した4K対応のWEBカメラ「CMS-V52S」を発売した。 「CMS-V52S」は、広角レンズを搭載した4K対応WEBカメラ。

ボタンで自由に具材を動かせる!『具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」』
サンコー株式会社は、『具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」』を発売した。本製品は電動昇降機能を搭載した電気グリル鍋。鍋容量3L(最大使用水量2L)。専用のざるが付属される。本体パネル部の「上昇」「降下」ボタンでざるを上げたり下げたりすることが可能だ。本製品は、崩れやすいやわらかい具材をセットして下げたり、調理中ざるを上げて具材を確認しながら取ることができる。また、ざるの下にカツオや昆布などのだし具材をセットすれば、食べる具材と分けることができる。火力は5段階の調整が可能。ざるに食材を載せ、下げずに湯を沸かして蓋をすれば、蒸し料理も可能だ。


複数人でのWEB会議に最適!広角レンズを採用した4K対応のWEBカメラ
サンワサプライ株式会社は、複数人でのWeb会議に最適な広角レンズを採用した4K対応のWEBカメラ「CMS-V52S」を発売した。 「CMS-V52S」は、広角レンズを搭載した4K対応WEBカメラ。最大3840×2160ドットの4K撮影ができる850万画素のカメラを搭載しており、大画面に高精細な映像を映す。フルHDの4倍の高解像度で撮影が可能なため資料なども鮮明に映すことができ、スムーズに情報共有ができる。1~30段階で調整できるズーム機能を搭載し、ボタンを1回押すことで1段階設定を変更できる。最大倍率は5倍。


AVナビゲーションシステム!JVCケンウッド、彩速ナビゲーション搭載の3機種を発売
株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドよりAVナビゲーションシステム「TYPE S」シリーズの2021年モデルとして、彩速ナビゲーション「MDV-S708L(8V型)」「MDV-S708W(200mmワイドモデル)」「MDV-S708」の計3モデルを、2021年1月中旬より発売する。新商品3モデルは、3D地図表示を5つの俯角で見ることができるドライビング3Dマップや、地図情報の背景を黒基調にできるダークモードを新たに搭載するなど、地図表示の見やすさを強化した。また、ハイレゾ再生に加え、ナビ連携型ドライブレコーダーにも対応。新機能による見やすく美しい地図表示と、同シリーズで好評の多彩な機能と操作性も継承したハイコストパフォーマンスモデルだ。


テレビに“後付け”できる!WEBカメラ台としても使用可能なサウンドバー台
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、テレビやモニター、また壁掛け金具に取り付けできWEBカメラ台としても使用可能なサウンドバー台「100-VESA001」を発売する。本製品は、テレビやモニター裏のVESAを利用してサウンドバーを設置できる、サウンドバー台。テレビの上側にも下側にも取り付けができ、上下どちらにも設置可能でテレビ付近にスッキリ配置できる。テレビ前に設置してテレビとかぶったり、テレビ台に設置して映像と離れ臨場感が損なわれることがある。しかし、本製品を使用してテレビ付近に設置すれば臨場感そのままで、テレビとの距離が近いから配線が目立ちにくいメリットもある。


わんぱくオムそばで、おなかいっぱいに!かつや、テイクアウト専用「全力飯弁当」
株式会社かつやは、国内「かつや」にて、「全力飯弁当」を2021年1月18日(月)より期間限定で販売し、店舗限定でテイクアウトの「ネット注文」を開始する。 2020年4月、新型コロナウイルス感染症の拡大防止による外出自粛に伴い、高まるテイクアウト需要と自宅での食事を楽しんでもらいことを目的としてテイクアウト専用メニュー「全力飯弁当」が誕生。店舗/数量限定で販売を開始したところ、想定の3倍以上と完売店舗が続出し、惜しまれつつも早期に販売を終了した。2021年1月7日(木)、一都三県へ緊急事態宣言が再発令されたことに鑑みて、自宅での食事をより一層楽しんでもらえるよう、見た目にも楽しく、食べてもおいしく満足してもらえる「全力飯弁当」を期間限定で販売を開始する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ウェアラブルネックスピーカーとネックバンドイヤホン!2通りで使えるBluetoothヘッドセット
USB駆動ヒーター内蔵ジャケット!『ダブルヒーター内蔵「電熱ヒータージャケット」』
高画質の4K 60Hz出力の機器に対応!サンワサプライ、4入力1出力のHDMI切替器
スマホでも快適に! Bluetooth接続対応のWEB会議スピーカーフォン
会議時の電源不足に救いの手を!どの方向からでも挿し込める六角形タップ






ボタンで自由に具材を動かせる!『具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」』

1_000000003681

サンコー株式会社は、『具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」』を発売した。
本製品は電動昇降機能を搭載した電気グリル鍋。鍋容量3L(最大使用水量2L)。専用のざるが付属される。本体パネル部の「上昇」「降下」ボタンでざるを上げたり下げたりすることが可能だ。

■火力は5段階の調整が可能
本製品は、崩れやすいやわらかい具材をセットして下げたり、調理中ざるを上げて具材を確認しながら取ることができる。また、ざるの下にカツオや昆布などのだし具材をセットすれば、食べる具材と分けることができる。火力は5段階の調整が可能。ざるに食材を載せ、下げずに湯を沸かして蓋をすれば、蒸し料理も可能だ。
4_000000003681

また、ざるを使わず普通のグリル鍋としても使うことができる。さらに調理モードの他に炊飯モードを搭載。最大2号まで炊飯が可能。中身が見える蓋つき。土台の電源プレート部と鍋が分離できるのでお手入れも簡単にできる。
5_000000003681

『食材を手軽に取れる。やわらかい具体をキレイにセットできる。枝豆をゆでたり、蒸し料理や炊飯も可能な『具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」』です。』

<製品特長>
・電動昇降機能を備えた電気グリル鍋
・鍋容量3L(最大使用水量2L)
・上昇 降下ボタンでざるを自由に動かせる
・5段階の火力調整
・使用後は電源プレートと鍋を取り外して洗えます
・炊飯モード搭載

<仕様>
・サイズ/幅260×高さ230×奥行290(mm)
・重量/約2240g
・定格入力電圧/100V
・定格周波数/50/60Hz
・定格消費電力/600W
・安全装置/温度過昇防止機能、温度ヒューズ
・鍋容量/3L( 最大使用水量 2L)
・内容品/本体、蓋、鍋、ザル、電源プレート、日本語説明書
・ケーブル長/約1320mm
・パッケージサイズ/幅285×高さ290×奥行250(mm)/約2766g
・保証期間/購入日より12カ月
・発売日/2021/01/12
・型番/S2LUADPB
・JAN/4562331786238

具材とスープを分けられる!「電動昇降グリル鍋」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ウェアラブルネックスピーカーとネックバンドイヤホン!2通りで使えるBluetoothヘッドセット
USB駆動ヒーター内蔵ジャケット!『ダブルヒーター内蔵「電熱ヒータージャケット」』
高画質の4K 60Hz出力の機器に対応!サンワサプライ、4入力1出力のHDMI切替器
スマホでも快適に! Bluetooth接続対応のWEB会議スピーカーフォン
会議時の電源不足に救いの手を!どの方向からでも挿し込める六角形タップ






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ