ITライフハック

昭和

懐かしの「昭和レトロ」アイテムがガシャポンに登場!ミニチュア ルーレット式おみくじ器

main

株式会社バンダイ ベンダー事業部は、1960年代の喫茶・占いブームで人気を博した懐かしの「昭和レトロ」必須アイテムの「ルーレット式おみくじ器」を全高約70mm、本物の約1/2のサイズに縮小したミニサイズの『ミニチュアルーレット式おみくじ器』(1回400円・税10%込、全3種)を2021年5月第5週より順次全国の玩具売場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機にて発売する。

■本物の約1/2サイズに縮小
本商品は、1960年代の喫茶・占いブームで大ヒットアイテムとなった「ルーレット式おみくじ器」を日本唯一の製造元である有限会社北多摩製作所(本社:東京都港区)の完全監修の元、本物の約1/2サイズに縮小したカプセルレスのミニチュアアイテムだ。

ひとつずつにオリジナルの占い3巻(全9種・ランダム封入)と専用コインが付属。レバーをスライドさせることでルーレットが回転し、小さなおみくじが出てくるというギミックを楽しむことができる。
本体のカラーは「ベーシックカラー赤」、「ベーシックカラー青」と「シークレット(バンダイオリジナルカラー)」の全3種。
sub1

sub2

<ラインナップ>
sub3

sub4

■「ミニチュア ルーレット式おみくじ器」開発担当者インタビュー
Q1.開発したきっかけは?
A1. 令和に入りデジタル全盛の今、アナログへの回帰・憧憬として『昭和レトロ』というジャンルが出来上がってきたように感じており、1960年頃の喫茶ブームからの大ヒット商品「ルーレット式おみくじ器」が目に
とまりました。今でも販売されている古き良き昭和の雰囲気を惹きたててくれるアイテムの代表格で丸いフォルムがガシャポンとも相性バツグン、「忠実に再現できる!」と感じ商品化しました。

Q2.開発するにあたって苦労した点を教えてください。
A2.小さなミニチュアの中に複数のギミックを落とし込むことが難しかったです。
レバーを引くとおみくじが排出され、同時に上部のルーレットが回転する…という「ルーレット式おみくじ器」ならではの動きを再現するために試行錯誤しました。

Q3.気に入っているところやこだわりのポイントを教えてください。
A3. 再現が難しかったこともあり、レバーを引いた際に上部のルーレットが勢いよく回転する
本物同様のギミックが担当としてお気に入りです。
ミニチュアならでは可愛さと合わせて、ぜひ手に取ってお楽しみ頂ければ!と思います。

ミニチュア ルーレット式おみくじ器

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
バーミヤン、お得な平日限定定食「バミ定」を大幅リニューアル!16種類に拡充し、時間も延長
TVアニメ『鬼滅の刃』オリジナルグッズ!ウォールマグスリークの受注を開始
パソコンや書類を簡単に持ち運べ保管できる!テレワーク向けBOX型バッグ
丼じゃおさまらない!かつや合い盛りシリーズ「豚キムチとチキンソースカツ飯」
「鬼滅の刃」グッズ!ベルハウス、巾着やマグカップを発売

100円占機1 占ゲーム機 
(株)ツアーサポート





昭和の時代に僕たちの心をアツくした懐かしい 「黄金戦士ゴールドライタン」などをロボットアニメ酒場「ROBOT KICHI」で展示

1

ロボットアニメーション酒場『ROBOT KICHI』(ロボキチ))において、玩具を主とした博物館 おもちゃのまちバンダイミュージアム(栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち)所蔵のコレクション「黄金戦士ゴールドライタン」シリーズなどを期間限定展示することが決定した。期間は9月18日(水)~10月22日(火)までを予定。

本企画は、『ROBOT KICHI(ロボキチ)』で展示中の最新のロボットフィギュアやロボットプラモデルと合わせ、子供時代に熱狂した昭和当時のロボットを展示し今昔話で楽しむ企画。復刻版とはひと味違う、昭和の玩具の存在感を楽しみながらおいしい料理とお酒を味わってみてはいかがだろうか。展示品は全て撮影可能。

■展示品
1、「黄金戦士ゴールドライタン」シリーズ
1981年~82年に放映された「黄金戦士ゴールドライタン」は、当時のこどもの憧れの“大人の持ち物”であるライターとロボットを組み合わせるという斬新な発想から大ヒット。変形ギミックをそのままに玩具にした「超合金ゴールドライタンシリーズ」も爆発的なヒットとなった。シリーズはアニメ登場ライタンから、オリジナルに広がりを見せ、その黄金に輝くボディは当時の子供たちのステイタスでもあった。

2、ジャンボマシンダー・ポピニカシリーズ
ジャンボマシンダー展示は「超電磁ロボ コン・バトラーV」と「闘将ダイモス」。コン・バトラーVはポピニカとして発売された合体メカも当時話題となった。今回展示される約60cmのジャンボマシンダーは実際に見ると迫力満点!ロボットの魅力が精巧さだけでないことを再認識できる。往年のロボット玩具の「大きさ」の魅力を確認しよう。

その他にも「超電磁マシーン ボルテスV」「とんでも戦士ムテキング」「闘士ゴーディアン」など当時の人気アイテムを展示する。詳細、追加情報は公式Twitter(https://twitter.com/eizou_ROBOKICHI)で告知される。

■店舗概要
店舗名 :ROBOT KICHI(ロボキチ)- Robot Animation SAKABA-
営業時間 :平日 17:00 ~ 24:00 / 土・日・祝日 16:00 ~ 24:00
席数 :46席(約103㎡)
住所 :東京都豊島区西池袋1-10-15 3階
電話番号 :03-5955-4644


2

3

ロボキチ概要2

ロボキチ概要3

ロボキチ概要4


ROBOT KICHI(ロボキチ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京ゲームショウ2019ドコモブースオープニングイベントを開催
「バーチャルキャスト」が東京ゲームショウ2019 TSUKUMOブースに「バーチャル写真館 in TGS2019」を出展
ウルトラマンの原点『ウルトラQ』が史上最高画質の極みへ!『ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX』
aiboと触れ合える体験型企画「Shibuya Town with aibo」をソニースクエア渋谷プロジェクトで実施
今度のきのこの山って一体、何味なんだ???「きのこの山謎のホワイト」が登場






カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ