2011年5月に日本の各通信事業者が発表した夏モデルの製品はほとんどがAndroid OSを搭載したスマートフォンであり、長らく日本の携帯電話市場のメインストリーム製品であったフィーチャーフォンは過去のものになろうとしている。

世界の中でも日本はハイエンド製品を中心とした独特の市場を形成していたが、今後日本の動きは海外のスマートフォン市場の流れと同調したものになっていくだろう。海外メーカーの最新スマートフォンが日本でもほぼ同時期に発売されるケースも一般的なことになりそうである。

続きを読む