ITライフハック

林拓也

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十五回



■はじめに
前回は「EPUB3の中身を見てみよう」ということで、でんでんコンバーターで作成したEPUBファイルの拡張子を.zipに変更して解凍しました。

解凍したデータの内部構成を軽く確認し、その中の拡張子「.opf」がついたファイル、パッケージドキュメントに注目してみました。

パッケージドキュメントはEPUBの書籍としての情報を定義するためのファイルで、このファイルがなければ、EPUBファイルはHTMLファイルの寄せ集めという印象が強くなってしまいます。

さて、今回はこのパッケージドキュメントの中を少し見てみようと思います。


続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十四回



■はじめに
今回からEPUB3の内部構成について見てみようと思います。EPUB3のファイルは、電子書籍を構成する様々なファイルを内部に含んだアーカイブで、zip形式でパッケージ化されています。

ということで、EPUB3ファイルの拡張子は「.epub」ですが、「.zip」に変更することで一般的なzipツールで解凍できます。

ただし、解凍したデータを再度EPUB化する場合、一般的なzipツールでzip化した後に拡張子を「.epub」に変更しても適正なEPUBファイルにはなりません。これはEPUB3のzip圧縮が、少しローカルルールを含んだものであるためです。

今回は解凍して中身を確認できればよいので、再EPUB化の処理については割愛します。


続きを読む

目指せ夢の印税生活! 作り方から販売まで「誰でもできる電子出版」まとめ



スマホやタブレットの普及によって電子書籍が読める環境が一気に広がった。おかげで楽天kobo、Google Play、Amazon Kindle、Apple iBookstoreといった大手の電子書籍配信サービスが大盛況だ。さらに個人が書籍を出すという個人出版も、大金がかかる自費出版ではなく、コストをかけずに済む電子出版による自著作品の有償配布が可能になった。


続きを読む

電子書籍の最新動向をチェック!EPUBへの注目が高まっている理由【電子書籍研究会】



2010年はiPadの登場をキッカケに「電子書籍」が大きな期待と注目を集めました。ですが、期待されたAmazon、Apple、Googleといった海外のキープレーヤーの日本での電子書籍サービスは始まりませんでした。

年末にはようやくシャープ、ソニー、auがそれぞれの読書用端末とサービスをリリースしましたが、いずれも大きな話題にはなっていません。

電子書籍は一時のブームだったのでしょうか。

いえ。2010年は意識改革と下地作りの年で、今年はまた新たな展開が待っています。

今年注目のキーワードは何と言っても「EPUB」です。

続きを読む

Android旋風!魅力的なガラパゴス機能 VS 高い更新性【プロに学ぶ67WS通信】



こんにちは。ロクナナワークショップの佐々木です。
先日行われたドコモの新製品発表会を終えて、各キャリアの冬春製品が出揃いました。

前回と比べて大きく違う部分はやはりスマートフォン、特にAndroidのラインナップでしょうか。それまでAndroidスマートフォンは各キャリアに1~3種類しかありませんでしたが、今回の冬春モデルでauから4機種、ドコモから5機種、ソフトバンクから6機種が新しく発表され、各社のAndroidに対する本気の度合いが伺えます。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集








l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ