ITライフハック

株式会社ジーニー

働く意欲に直結!ベンチャー企業に高まる「オフィス投資意欲」の狙いとは?

ベンチャー企業が抱える課題の1つに「人材確保」がある。優秀な人材は大企業との取り合いとなり、特にIT人材などは激しい採用競争が繰り広げられている。

最近では、オフィス環境の整備も人材獲得の大きなポイントとなりつつあるようで、特にメガ・ベンチャーの間ではオフィス投資意欲が高まってきているという。いかにユニークで、いかに従業員が快適に仕事をできるか、各社各様に凝ったアイデアと資金を投じて、そうしたオフィスを紹介する記事も目立って増えてきている。

今回はベンチャーのオフィス環境の整備についての事例を紹介しよう。

続きを読む

即戦力として活躍する若手社員たち 就活最前線~株式会社ジーニーの場合~

「学生の本分は学業である」との政府見解を受け就職活動の時期が変更された。経団連が採用活動の日程を見直したのだ。その結果、これまでは、大学3年生の12月に採用情報や説明会情報が解禁されていたのが、2016年卒業予定者より、年が明けた3月からの解禁、採用選考開始は、これまで4年生の4月からだったのが8月からのスタートとなる。

採用期間が後ろにずれ込むことは、採用決定までにかける時間が減ることを意味する。企業としては可能な限り優秀な人材を確保したいわけで、その期間が後ろにずれ込むことにより、従来の採用方法とは別の方法を模索しなければならなくなってしまったわけだ。

外資系企業の場合、経団連に属していないことが多く、そうなると今回の決定に縛られる必要はない。これまで通りのスケジュールで採用活動を進めている。となると経団連に属す企業の採用担当者としては「適切な人材が獲得できないかもしれない」いう懸念を抱くようになってもおかしくない。そこで夏だけでなく秋から冬にかけてインターンを実施する企業が増えているという。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ