ITライフハック

珈琲

超高速水出し珈琲ボトル!2点可動ロッキングのレザーチェア【まとめ記事】

top

サンコー株式会社は、『本格味わいですっきりゴクゴク!「超高速水出し珈琲ボトル」』を発売した。
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、2点可動ロッキングなので吸い付くような感覚でロッキングすることが出来て、本革とメッシュのハイブリッド素材を使用して高級感のある仕上がりのリクライニングレザーチェア「150-SNCL025」を発売した。

体に吸い付くような感覚!2点可動ロッキングのレザーチェア
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、2点可動ロッキングなので吸い付くような感覚でロッキングすることが出来て、本革とメッシュのハイブリッド素材を使用して高級感のある仕上がりのリクライニングレザーチェア「150-SNCL025」を発売した。本製品は2点可動ロッキングに対応しており軽い力で背もたれを倒すことができて、吸い付くような感覚でロッキングすることができるチェア。シンクロロッキングにも対応しており身体がしっかり伸ばせるので背もたれを倒したときに脚が浮きあがる事がない。


本格味わいですっきりゴクゴク!「超高速水出し珈琲ボトル」
サンコー株式会社は、『本格味わいですっきりゴクゴク!「超高速水出し珈琲ボトル」』を発売した。本製品は圧力をかけることにより水出しコーヒーを短時間で抽出することができる水出しコーヒーメーカー。高さ300×直径100mm。USB充電式。自動で本体内部の気圧を調整することでボトル内の水が上下し、短時間で水出しコーヒーを抽出することができる。使い方は本体のコーヒーカップ部にお好みのコーヒー粉を入れ、ガラスボトルに水を入れて好みのボタンを押せば自動でコーヒーの抽出を行う。本体天板部の操作パネルはタッチパネル式を採用した。電源を入れて、ワンタッチで15分/30分/45分の時間設定ができるモード、1~90分まで1分単位で抽出時間を設定できるカスタムモードを搭載する。


『鬼滅の刃』 Tシャツ(全3種)!Animo(アニモ)、予約販売開始
株式会社リアライズは、アニメ・漫画専門ECサイトであるAnimo(アニモ)で『【鬼滅の刃 】Tシャツ(全3種)(製造メーカー:コスパ)』の予約販売を開始した。2021年8月12日まで。


東京たらこスパゲティが豚汁に!?ごちとんコラボメニュー「めんたい豚汁」
とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、株式会社バックパッカーズは、豚汁定食専門店「ごちとん」にてたらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」監修「めんたい豚汁定食」を2021年8月16日(月)より販売する。 2021年6月に、ごちとんで初めて販売したアークランドサービスグループのコラボメニュー「グリーンカレー豚汁」は、ごちとんファンの方だけでなく、マンゴツリーファンにも好評を得た。そこで、コラボメニュー第二弾として進化系たらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」監修の「自家製めんたいこ」を使用した「めんたい豚汁」を販売する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワイヤレス接続でハイレゾ音質!ウルトラノイズキャンセリング搭載「Soundcore Life Q35」
ホコリ防止シャッター、マグネット付き!2Pスイングプラグ形状の雷ガードタップ
4K撮影に対応で高精細な映像が確認できる!トレイルカメラ
スマートフォンやパソコンの画面を映し出せる!ポケットサイズのモバイルプロジェクター
「水曜どうでしょう」コラボレーションモデル!AQUOSサウンドパートナー






本格味わいですっきりゴクゴク!「超高速水出し珈琲ボトル」

top

サンコー株式会社は、『本格味わいですっきりゴクゴク!「超高速水出し珈琲ボトル」』を発売した。本製品は圧力をかけることにより水出しコーヒーを短時間で抽出することができる水出しコーヒーメーカー。高さ300×直径100mm。USB充電式。自動で本体内部の気圧を調整することでボトル内の水が上下し、短時間で水出しコーヒーを抽出することができる。

■天板部の操作パネルはタッチパネル式
使い方は本体のコーヒーカップ部にお好みのコーヒー粉を入れ、ガラスボトルに水を入れて好みのボタンを押せば自動でコーヒーの抽出を行う。本体天板部の操作パネルはタッチパネル式を採用した。電源を入れて、ワンタッチで15分/30分/45分の時間設定ができるモード、1~90分まで1分単位で抽出時間を設定できるカスタムモードを搭載する。
13_000000003801

時間設定後は残りの抽出時間が操作部LEDパネルに表示される。抽出が完了したら自動で電源がオフになる。注ぎ口付でガラスボトルからカップに注いで水出しコーヒーが楽しめる。ガラスボトルはそのまま冷蔵庫に入れて冷やすことも可能だ。冷蔵庫に入れやすいスリム形状を採用する。お手入れは手を入れて洗えるのでいつでも清潔に保てる。
11_000000003801

『すっきりとした味わいの水出しコーヒーを飲みたいけれど、家で作るには時間がかかる。カフェで水出しコーヒーを頼むとちょっと高い。そんな方にお勧めの「超高速水出し珈琲ボトル」です。』

<製品特長>
・短時間で水出しコーヒーが抽出できる超高速水出しコーヒーメーカー
・長時間かかる水出しコーヒーが圧力抽出により15分で可能
・コーヒー粉と水を入れるだけで手軽にできる
・抽出時間15、30、45分モードと1~90分まで選べるカスタムモード
・どこでも使えるUSB電源式
・手を入れて洗いやすい強化ガラスボトル
・抽出後、ボトル部分はそのまま冷蔵庫に入れて冷やせる

<仕様>
・サイズ/高さ300×直径100(mm)
・重量/約970g
・サーバー素材/強化ガラス
・消費電力/5W
・バッテリー/リチウムイオン 3.7V 2500mAh
・入力/5V/1A 以上推奨
・稼働時間/2~3 時間 ( 満充電時 )
・モート゛/15分/30分/45分/カスタムモート゛(1分~90分)
・容量/3杯分(750ml)
・ケーフ゛ル長/約940mm
・内容品/本体、カ゛ラスサーハ゛ー、USB Type-C ケーフ゛ル、日本語取扱説明書
・保証期間/購入日より12カ月
・発売日/2021/7/26
・型番/S-CBB21B
・JAN/4580060591756

本格味わいですっきりゴクゴク!「超高速水出し珈琲ボトル」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワイヤレス接続でハイレゾ音質!ウルトラノイズキャンセリング搭載「Soundcore Life Q35」
ホコリ防止シャッター、マグネット付き!2Pスイングプラグ形状の雷ガードタップ
4K撮影に対応で高精細な映像が確認できる!トレイルカメラ
スマートフォンやパソコンの画面を映し出せる!ポケットサイズのモバイルプロジェクター
「水曜どうでしょう」コラボレーションモデル!AQUOSサウンドパートナー






SDGs視点を強化しリニューアル!生産者の意欲向上と品質向上を目指す「UCC品質コンテスト」

image001

UCCホールディングス株式会社は、コーヒーの品質向上と生産者支援のために 生産国で実施する「UCC品質コンテスト(UCC QUALITY CONTEST 2021 VIETNAM helping build a sustainablefuture)」の表彰式を、初めて生産国とのオンライン中継で2021年4月28日(水)に開催した。

UCC品質コンテストは2021年で20周年を迎え、今回、SDGs持続可能な開発目標視点を強化した内容に刷新した。当日はコンテスト開催地ベトナムとUCCグループ 東京本部をオンラインでつないで表彰式を行ったほか、ベトナムのコーヒー文化に触れるプレス限定のイベントも開催された。

■「UCC品質コンテスト」にサステナブル評価の項目を設定
UCC上島珈琲株式会社 農事調査室室長 中平尚己氏からは、「UCC品質コンテスト」開催のきっかけについて説明があった。
コーヒー価格は、需給・投機・為替など様々な要因で変動しますが、2001年、過去最低の価格である生豆1ポンドあたり41.5セントまで下落した。当時、生産コストが70~80セントと言われており、作れば作るほど生活が苦しくなるというほど、コーヒーは生産者にとって魅力のない農作物となっていた。

このような状況において、生産者は、コスト削減のため施肥やメンテナンスなど農園への投資を控える、あるいはコストが掛かる収穫作業を短縮しがちになる。しかし、そういった行動は品質の悪化に繋がり、その結果、さらに生産者の収入は減少する、という悪循環を招いてしまう。

加えて、コーヒーが魅力のない作物となれば、生産放棄や他の作物への転作に繋がり、コーヒーの生産量は減少する。消費国側からすると、良質なコーヒーの安定的な調達が困難になる。このような状況に危機感を持ち、状況を改善するために始めた取り組みが、「UCC品質コンテスト」だ。

「UCC品質コンテスト」は特定の産地におけるコーヒー生産者らを対象にしたコーヒーの品質に関するコンペティション。コーヒークライシスを機に、2001年にブラジルのエスピリットサント州で初めて開催して以来、20年に亘り、世界6ヶ国で継続的に実施してきた。

生産者は、UCC品質コンテストに自らが手掛けた最高品質のコーヒーを出品し、その順位を競う。生産者は、出品に向けて努力を重ねることで、品質が向上し収入が増え、結果として生産意欲の向上に繋がる。また、UCC品質コンテスト上位入賞者は、賞金・農具・買付金額にプレミアムが付くなど、生産国の事情に応じた副賞を得る事ができる。

image003
UCC上島珈琲株式会社 農事調査室室長 中平尚己氏

今回、審査内容に、従来の味・香り等品質の項目に加え、サステナブル評価の項目を設定し、SDGs視点を強化した。
第1審査では、外観、テイスティング、サステナブル項目の自己採点を経て絞り込まれている。第2審査では、テイスティングやサステナブルの項目ごとに実地監査を行い、順位を確定する。 サステナブル評価内容は、参加農園がトレーサビリティ(原材料等の調達から加工、流通、販売まで履歴を追跡できる状態にすること)、環境、社会面において十分な対応がなされているか等、全20項目にわたる。

昨今、SDGsへの関心が高まり、またコーヒー産業においても、持続可能性を重要視していくべき状況のなかで、生産者にも、サステナビリティ対応の重要性を理解してもらうためだ。

「UCC QUALITY CONTEST 2021 VIETNAM -Helping build a sustainable future-」コンテスト入賞者(1位~7位)は、下記のとおり。

image005

■生産者のモチベーションを高めるコンテスト
「UCC品質コンテスト」はコロナ禍ということもあり、ベトナムと日本を繋ぎリモートにて実施された。審査は外観、テイスティング、サステナブル項目の農家による自己採点を経て絞り込み、テイスティング、サステナブル項目実地監査で順位を確定した。入賞者(1位~7位)へは、賞金、賞状等を授与し、入賞者のコーヒー豆はUCCグループで買取り、今後の様々な製品で提供する予定。

プレス限定のイベントには、ベトナム社会主義共和国大使館 商務参事 Ta Duc Minh(タドクミン)氏が同国代表として出席した。
ベトナムと日本は交易、経済、文化、外交、観光なども様々な関係を築いてきた。
ベトナムはブラジルに次ぎ、世界第2位のコーヒー生産国になっており、コーヒーはベトナムの生活に欠かせないものとなっている。

ベトナム社会主義共和国大使館 商務参事 Ta Duc Minh(タドクミン)氏は、
「このような素晴らしいコンテストによって、ベトナムのコーヒー生産者や関連会社のモチベーションだけでなく、意識も高めるのではないかと考えています。」と語った。

image007
ベトナム社会主義共和国大使館 商務参事 Ta Duc Minh(タドクミン)氏

■コーヒーは太陽の恵、世界中の人に楽しんでもらいたい
UCCホールディングス株式会社 専務取締役 上島 昌佐郎氏より挨拶があった。
ベトナムは世界第2位のコーヒー生産国であり、ロブスタ種では世界1位の生産を誇っている。その一方でアラビカ種は少量しか生産されていなかった。そこでUCCグループはベトナムでのアラビカ種の生産を拡大するため、2000年前半よりアラビカ種の輸入を拡大してきた。2011年にはホーチミンに品質管理事務所を設立し、生産者と直接対話することにより、アラビカ種の品質の向上や生産量の拡大に貢献してきた。UCC品質コンテストは、その代表的な取り組みでのひとつだ。

上島専務取締役は、
「今回のコンテストより品質のみならず、サステナビリティも評価項目に加えさせていただきました。コーヒーは太陽の恵でありまして、この恵をこれからも世界中の人々に楽しんでいただきたい、それが我々の想いでございます。そのために私たちは品質へのこだわりだけでなく、コーヒー産業と地球、社会に生じる課題を真正面から取り上げまして、生産者の方と一緒になって、それらの解決に取り組み、持続可能なコーヒー産業への取り組みに貢献したいと考えております。」と語った。

image009
UCCホールディングス株式会社 専務取締役 上島昌佐郎氏

UCCグループは「UCC品質コンテスト」を通じて生産者と良好な関係を築くことで、上質なコーヒー生豆を安定的に調達することを目指している。これはUCCと生産者双方にとって、win-winの関係構築を実現する取り組みであり、SDGsのNo.1「貧困をなくそう」、No.6「安全な水とトイレを世界中に」、No.8「働きがいも経済成長も」、No.10「人や国の不平等をなくそう」、No.12「つくる責任 つかう責任」、No.15「陸の豊かさも守ろう」、No.17「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献し、UCCグループのサステナビリティ活動の重点項目の「生産国との協働」に該当する。

■ベトナムとコーヒーについて学べたセミナー
第2部では、UCC コーヒーアカデミー 専任講師でコーヒーの技術や知識のスペシャリスト村田 果穂氏、コーヒー研究開発のスペシャリスト 進 裕子氏をナビゲーターに迎え、「ベトナムとコーヒー」と題したセミナーが開催された。二人はUCCコーヒーアカデミー初の公認YouTuberとしても活躍している。

ベトナムで生産されるコーヒーの約95%がカネフォラ種(ロブスタ種)であり、アラビカ種は約5%しか生産されていない。
一般的にアラビカ種は酸味や甘さがあるため、そのまま飲んで美味しいコーヒーであり、レギュラーコーヒーとして使用されることが多い。ロブスタ種は少し苦味があるためブレンドに使用したり、リキッドやインスタントのコーヒーに使用される。ベトナムでは、甘いコンデンスミルクを混ぜて飲むこともある。

image011
ロブスタ種とアラビカ種を飲む比べることができた

セミナーにはスペシャルゲストとして、「バインミーシンチャオ」特別顧問グエン・バー・フック氏が登場した。バインミーシンチャオは都内3店・神戸2店を展開する人気バインミー(ベトナムサンドイッチ)専門店だ。

「ベトナムコーヒーを飲んでみよう!」ということで、コンデンスミルクを入れたコーヒーを体験することができた。引き続き、フードペアリングということで、ベトナムコーヒー×バインミーの組み合わせが紹介された。

image013
バインミー(ベトナムサンドイッチ)

短い時間だったが、UCCグループの取り組みとコーヒーへの理解が深まるイベントだった。

UCC上島珈琲

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
家庭でマルゴットの味を堪能!マルゴット・エ・バッチャーレ「マルゴットBOX」
ピザとフィギュア『鬼滅の刃 ピザパック』、サイドメニューとシール『鬼滅の刃 バスケット』
オールメッシュで全身を包み込む!ロッキング機能付きメッシュチェア
DANCING CRABで新発売!スパイシーチキン入り「手づかみパーティーバスケット」
鬼滅の刃 てのひら煉獄さん 完成品フィギュア!あみあみ限定購入特典付きで予約受付中






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ