ITライフハック

研修

自由に移動しながら話せる!マイク付き拡声器スピーカー

main

サンワサプライ株式会社は、ワイヤレスマイク3本の接続に対応するワイヤレスマイク付き拡声器スピーカー「MM-SPAMP16」を発売した。

■AC電源または内蔵バッテリーで動作する拡声器スピーカー
「MM-SPAMP16」は、3本のワイヤレスマイクを付属し、AC電源または内蔵バッテリーで動作する拡声器スピーカーだ。

sub1


■広い会議室でも端まで声が届く
最大60Wの大出力で、室内約320~400平方メートル程度での使用に最適だ。
講義や講演、結婚式の二次会やイベントなどにおすすめ。

sub2


■最大4本までマイクを同時接続できる
ワイヤレスマイク3本(付属)、有線マイク1本(別売)の入力に対応しており、広い会場内で自由に移動しながら同時に使用できる。標準的なマイク入力端子(φ6.3mm標準ジャック)を搭載しているため、市販の有線マイク(ダイナミックマイク)も接続できる。

01


■マイクミキシング機能や外部出力など豊富な機能
タブレットやスマートフォンからの音楽と音声を同時にスピーカーから出力できるマイクミキシング機能を搭載しており、カラオケ大会や結婚式の2次会などで音楽と共に音声を流すことができる。また、録音機器とつないで音声の録音も可能だ。
外部音声出力を備えており、複数台のスピーカーをカスケード接続すれば、ワイヤレスマイク2本の音声を同時に複数のスピーカーから出力できる。

02


■便利な2WAY電源
通常の家庭用コンセントで使用可能なAC電源と、電源のない場所でも使用できる内蔵バッテリー駆動の2WAYに対応している。

03


■スタンド、三脚に取り付け可能
底面に、カメラ用三脚やスピーカースタンドが取り付けられるネジ穴(UNC3/8インチ)を搭載している。
別売スピーカースタンド「MM-SPST5」を購入のこと。

sub11


■操作しやすい上面パネル
スイッチなどの操作パネルは、前後左右どこからでも操作しやすい上面に搭載している。

04


■持ち運びに便利な専用バッグとショルダーベルト付き
収納・保管や持ち運びに便利な専用バッグ付き。
また、本体に取り付けて便利に持ち運びできるショルダーベルトも付属している。
4本同時接続を行いたい場合は、サンワサプライ製ハンドマイク「MM-SPHM4」を購入のこと。

ワイヤレスマイク付き拡声器スピーカー「MM-SPAMP16」

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
新色を追加し全5色、充電式で繰り返し使える!強力な電動エアダスター
勢いよく吹き飛ばす!コードレスでどこでも使える充電式ブロワー
野村ケンジ氏のトークショーも開催!ベタベタ、新作イヤホン試聴会イベント実施へ
Tesla初の電動ピックアップトラック!「Cybetruck(サイバートラック)」の納車を開始
完全ワイヤレスイヤホン!ハーマン「JBL TUNE BEAM GHOST」






自由&コンパクトに使える!フォールディングデスク

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、会議室、塾、自宅など様々なシーンで使える折りたたみフォールディングデスク「100-FD019W」を発売した。

■ミーティングや研修におすすめの折りたたみテーブル
本製品は、幅100cm、奥行60cmのミーティングや研修におすすめの折りたたみテーブル。

sub6


天板はレバー操作で簡単に折りたたみできる設計です。使わない時は天板を全て折りたためば、コンパクトに収納できる。また、複数台あれば本体を重ねて収納(平行スタッキング)することができる。

sub5


レバーの下側にはフックが付いているので、カバンなどをかけることができる。

sub4


天板表面はメラミン化粧板なので、水や飲み物などをこぼしてしまっても簡単に拭き取ることができる。天板下に棚があるので、ノートや資料などをしまうことができる。

sub1


キャスター付きで簡単に移動ができるので、楽に収納したり、レイアウト変更や複数台を並べて設置したりすることができる。手前側2つのキャスターにはストッパーが付いているので、作業中は足を固定することが可能だ。

sub2


本製品のサイズはW1000×D600×H720mm、重量は18.5kg。

折りたたみフォールディングデスク「100-FD019W」

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
食欲の秋ならではの肉天合い盛り!天丼はま田「豚と鶏の肉天丼」
短期出張に最適!リュックにして背負える、ビジネスキャリー
蔦屋家電・蔦屋書店で開催の企画展『山の吉野家』で「常温牛丼の具」を販売中
コンパクトながら高耐荷重150kg!オフィスにも在宅ワークにも最適なチェア
夜の金沢城の五十間長屋や石垣、木々などが、永遠に変化し続ける光のアート空間に!「チームラボ 金沢城 光の祭」オープン






ツアーガイドや工場見学に便利!音声を多人数にワイヤレス送信できる、ガイドシステム

main

サンワサプライ株式会社は、音声を一度に多人数へワイヤレス送信できるシステムマイク「MM-WGS4」と専用充電器「MM-WGS4-CL1」、専用ヘッドセット「MM-WGS4-HS1」を発売した。

■親機・子機間で音声をワイヤレス送信できる
「MM-WGS4」は、親機・子機間で音声をワイヤレス送信できるガイドシステム。

01


ツアーガイドや工場見学などで声を多人数に届けたい場合、周りが騒がしかったり、広範囲の場合にはどうしても声が届かないことがある。本製品では、親機と子機がワイヤレスで繋がるので、クリアな音声を届けることができる。

sub3


■1チャンネルにつき最大255台接続できる
1チャンネルあたり255人の参加が可能だ。さらには最大4チャンネルを同時に使える。

sub4


■双方向のやりとりが可能
親機・子機どちらの声も聞こえる。親機からの発言はもちろん、子機からも先着順で最大5台が同時に発言できる。6台目~255台目の子機では音声を聞くことができる。
また、親機の操作で発言権の解除・拒否をすることもできる。

sub5


■最大100m離れても通信可能
2.4GHz接続でノイズの少ない安定した音声通信が可能なので、距離が離れていても使用できる。目安としては屋内では約30m、屋外では約100m以内。
※障害物のない見通しの良い場所での最大距離(理論値)。

sub6


■工事・細かい設定は不要、1台で親機にも子機にもなれる
工事は不要で、起動すればすぐに使えます。一度チャンネルを設定すれば電源を切っても再設定は不要だ。
モードの設定により、本製品を親機としても子機としても使用でき、切り替えや増設も簡単だ。

sub7


■手軽なUSB充電式
本体にバッテリーを内蔵した充電式。付属のUSBケーブルで、手軽に充電できる。
充電時間は約3時間で、連続使用時間は親機モードで最大約9時間、子機モードで最大約13時間。

sub8


■ワイヤレスガイド用充電器「MM-WGS4-CL1」
「MM-WGS4-CL1」は「MM-WGS4」本体を10台一度に充電できる専用充電器。
「MM-WGS4」は1台ずつUSB充電できるのはもちろんのこと、この充電器を使えばまとめて管理もしやすくなる。

02


■交換用ヘッドセット「MM-WGS4-HS1」
「MM-WGS4-HS1」は「MM-WGS4」に同梱のヘッドセットと同じものになる。外れにくい、耳を挟むタイプのヘッドセットで衛生的に使える。コードは断線しにくいカールコードを採用している。ケーブルには衣類に留められるクリップがついている。

03


軽量で使いやすく、どなたでも使いやすい本製品は、工場見学や美術館の案内、通訳や受講生の多い講義など、様々な場面で使える。密や飛散防止対策、ソーシャルディスタンス確保にも最適だ。

04


音声を一度に多人数へワイヤレス送信できるシステムマイク「MM-WGS4」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
初夏を先どり、爽やかに薫る!からやま「梅おろしからあげ定食」
厳選した約35点を展示、販売!大坂寛写真展『女性美』【Art Gallery M84】
本格的にオープンした「EcoFlow House」を訪ねてみた
8種具材のうま煮&タレカツ!かつや「タレカツとうま煮の合い盛り」
ハンドルに引っ掛けて、すぐに使える!車載テーブル






カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ