ITライフハック

米国経済

米国雇用統計に見る 米国経済の回復は本調子か?【ビジネス塾】



米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。それによると、非農業部門雇用者数は20万3000人増(前月比)と、予想の18万人増を上回った。10月(20万4000人増)に続き、2か月連続で20万人を超え、過去3か月間の平均は19万3000人となっている。

11月の失業率も7%と前月比0.3ポイント改善、リーマン・ショック直後の2008年11月以来の水準にまで回復した。米国の雇用情勢が着実に改善していることを印象づけるものだ。


続きを読む

米国経済の回復の恩恵は大きい!注目銘柄を斬る【ビジネス塾】


米国経済の回復が鮮明になりつつある。5月以来、連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が繰り返し「出口」に言及しているように、数々の経済指標が米国経済の回復を示している。

まず、2013年第1四半期の経済成長率は1.8%(年率、前期比)、第2四半期は1%程度の成長にとどまる見込みだが、年末は2%半ば以上の成長が予想されている。第1四半期の内容は、自動車販売を中心に個人消費が2.6%増、住宅投資が14%増と全体を引っ張り、マイナス0.09%の外需やマイナス4.8%の政府支出を補った。企業景況では金融部門や消費財関連の製造業が好調だ。失業率も7月は7.4%と前月から0.2ポイント低下した。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ