ITライフハック

衆議院議員選挙

衆議院総選挙獲得議席予測 第2回ニコニコ分析結果。自民・公明3分の2超す勢い。希望の党急失速、立憲民主党大躍進

eb6def074b184a5d9fe31c752b9c5e12_s

ドワンゴは2017年10月13日~16日、18歳選挙権で初めて行われる22日投開票の衆議院総選挙について、第2回ウェブアンケート調査を実施し、17日、ニコニコ独自に終盤情勢を分析して、衆議院全465議席(小選挙区289議席、比例区176議席)の各党獲得議席予測を公表した。

独自分析によると、自民党は280議席を上回り、公明党と合わせると、憲法改正の発議に必要な衆院の3分の2(310議席)を超す勢い。一方、野党は明暗が鮮明に分かれている。政権交代を目指していた希望の党は、公示前勢力を維持することが難しくなっている半面、立憲民主党は公示前の約3倍に躍進して、野党第一党の座をうかがおうとしている。共産党、日本維新の会、社民党は公示前勢力の維持が厳しい情勢だ。

予測獲得議席数


niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「今月のいきもの」ハロウィン企画で“魔女の召使”フクロウを54時間観察生中継
「真・女神転生」シリーズ25周年記念生誕25周年バンドライブの模様をニコ生で独占生中継
「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」で2017年10月期TVアニメ新番組発表

スマホ向けRPG「きららファンタジア」事前登録記念「がっこうぐらし!」「ゆゆ式」「NEW GAME!」など関連アニメ8作品を全話一挙放送

BS12 トゥエルビWeb限定オリジナル寄席番組「ミッドナイトよせ太郎」をニコ生で毎週独占先行配信





niconicoネット選挙企画「ネット演説」「開票特番」ほか投開票に向けて実施

eb6def074b184a5d9fe31c752b9c5e12_s

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」で、2017年衆議院議員選挙の投開票に向けて、生放送を中心としたネット選挙企画を実施する。

投開票前の取り組みとして、各党の代表者が出演する「政権公約」発表の特別番組や、各候補者の演説や支援者による応援演説を行う「ネット演説」などを開催および生放送するなど、選挙活動が可能な2017年10月21日(土)24時までより多くの情報収集の機会を提供していく。

投開票日の10月22日(日)は、各党開票センターより開票結果の模様をお伝えする「開票特番」をお届けする。なお、本企画の放送はすべて、タイムシフト予約なしで何度でもアーカイブを視聴することができる。

また、ネット選挙企画の第1弾として衆院選公示前の10月7日(土)に実施した「ネット党首討論(主催:niconico、協力:Yahoo!ニュース)」では、ネット総視聴者数が約109万人となったとのことだ。

衆議院議員選挙2017特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」で2017年10月期TVアニメ新番組発表

スマホ向けRPG「きららファンタジア」事前登録記念「がっこうぐらし!」「ゆゆ式」「NEW GAME!」など関連アニメ8作品を全話一挙放送

BS12 トゥエルビWeb限定オリジナル寄席番組「ミッドナイトよせ太郎」をニコ生で毎週独占先行配信
NMB48アリーナツアー「NMB48 ARENA TOUR 2017」大阪公演の模様をニコ生で独占生中継
囲碁AI「DeepZenGo」が「ペア碁方式による“囲碁AI”の研究親善対局」に出場。日中トップ棋士とペアを組み対局



国会便覧 142版 新版
シュハリ・イニシアティブ株式会社
2017-09-06


特番を48万人が視聴 ニコニコ生放送開票特番で来場者48万超、コメントは何と77万超



株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で先日行われた第46回衆議院選挙の特番「衆議院総選挙2012 開票特番~選挙結果を一緒に考えてみよう」を放送した。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ