ITライフハック

西川潤

フラッグシップモデルが進化!Garmin『fēnix 7 Pro/ epix Pro』新製品説明会

s0606_2023_GARMIN_202

アメリカ発GPS 機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社は、フラッグシップモデルの最新機種『fēnix 7 Pro』『epix Pro』を2023年6月8日(木)に発売した。これに先立ち、6月6日(火)、赤坂インターシティコンファレンスにて、プレス関係者向けに新製品説明会を開催した。

■ソーラーバッテリーを搭載した『fēnix 7 Pro』、直射日光下でも見やすAMOLEDを採用した『epix Pro』
製品説明会は、ガーミンジャパン株式会社 プロダクト・マーケティング 西川 潤氏の挨拶からはじまった。
GARMIN(ガーミン)は1989年に設立され、米国に本社を構える。社名は、創業者であるGary Burrell氏、Min Kao氏の名前を組み合わせたものだ。およそ30年前に航空業界にて最先端のGPSナビゲーション製品をリリースして以来、航空、海洋、自動車、アウトドア、フィットネス市場におけるトップブランドとして、その名を知られている。

航空業界では、アナログの計器類で構成されていたコックピットを、現在のようなデジタルなフライトデッキにした。GARMINのフライトデッキは現在、エンブラエルPhenom 300やホンダジェットなどに搭載されている。
海洋業界では、従来の魚群探知機に改良を加え、魚群を認識しやすくした。
自動車業界では、GPSナビゲーションやインフォティメントなどのOEMソリューションを提供している。

同社は、このようなBtoBに加え、BtoCビジネスも展開している。それがコンシューマー向けのスマートウォッチだ。
新製品は、マルチスポーツGPSウォッチ『fēnix 7 Pro』と、洗練のスタイルをかなえるアーバンGPSウォッチ『epix Pro』であり、いずれも2023年6月8日(木)より発売を開始した。

s0606_2023_GARMIN_019
ガーミンジャパン株式会社 プロダクト・マーケティング 西川 潤氏


s0606_2023_GARMIN_199


〇マルチスポーツGPSウォッチ『fēnix 7 Pro』
「fenix」シリーズは、Garminのフラッグシップモデルとして、仕事でもスポーツやアウトドアなどプライベートでも妥協しない、常に高みを目指すユーザーのために開発された、マルチスポーツGPSウォッチ。Garminのウォッチシリーズの中で常に最先端のテクノロジーを搭載し、選び抜かれたマテリアルと、ビジネスにもスポーツにもフィットする洗練されたデザインを実現。ビジネスアスリートの365日あらゆるライフシーンをサポートするハイグレードモデルだ。

s0606_2023_GARMIN_163
Garmin『fēnix 7 Pro』シリーズ


新モデルとなる『fēnix 7 Pro』シリーズは、全機種にソーラーバッテリー搭載。スマートウォッチモードで約37日間※1、マルチGNSSモードでも約77時間※2(fenix 7X Pro)の長時間稼働を実現。また、光学式心拍計は第5世代に進化。8つのセンサーと配置し、過酷な環境下での激しいスポーツ中でもより高精度な計測を実現した。さらにランニング、サイクリングにおける上り坂を走る能力をスコア化する「ヒルスコア」、長時間のアクティビティの継続能力を数値化する「持久力スコア」を新たに搭載。より高みを目指すアスリートをサポートする機能も充実しました。スポーツアクティビティはランニング、サイクリング、水泳、ゴルフなどに加え、サッカー、野球、バスケなど球技種目が大幅増加し、60種類以上となった。
※1 ソーラー充電 :1日中着用し、野外の50,000ルクスの条件下で1日3時間置いた場合
※2 ソーラー充電:50,000ルクスの条件下で使用した場合

s0606_2023_GARMIN_162
Garmin『fēnix 7 Pro』シリーズ


〇洗練のスタイルをかなえるアーバンGPSウォッチ『epix Pro』
「epix」シリーズは、洗練されたアーバンなファッション感度を持ち、スマートアイテムも、自身の感性で周りとは違うアイテムを選びたいという方におすすめのアーバンGPSウォッチ。ハイパフォーマンスな機能性と精密なGPS、パワフルなバッテリーに加え、日常の健康・運動管理からゴルフなど多彩なアクティビティをサポートする機能、さらに、オン・オフ、どちらのファッションにも似合うオールラウンダーなデザイン性を追求した、スタイリッシュなシリーズだ。

s0606_2023_GARMIN_146
Garmin『epix Pro』シリーズ


新モデル『epix Pro』は、ファッションウォッチとして、手首に装着した時のシルエットやバランス、フィット感を重視し、42mm、47mm、51mmの3つのサイズを展開する。強度と輝きに優れた美しいサファイアレンズのウォッチフェイスは、ディスプレイは直射日光下でも見やすく美しい発色のAMOLEDを採用。また、ボタン操作との切り替えが自在にできるタッチスクリーンがスマートな操作性を実現している。DLCチタンのカーボングレイベゼルにシックなバンドを合わせ、51mmサイズではレザーバンドモデルも展開。バッテリーはスマートウォッチモードで約31日間稼働(51mm)のロングバッテリーを実現し、多忙な都会のビジネスパーソンの日常を長期間カバーし、海外など長期の出張時でも充電要らずの性能を発揮する。

s0606_2023_GARMIN_004
Garmin『epix Pro』シリーズ


Garmin『fēnix 7 Pro / epix Pro』は、全機種にLEDフラッシュライトを搭載。夜間トレーニング時のポジションライト、万が一のSOS機能など、単なるライトだけでなく、セキュリティ機能を盛り込んだ高機能ライトとなっている。

s0606_2023_GARMIN_185
全機種にLEDフラッシュライトを搭載


ガーミンジャパン株式会社 プロダクト・マーケティング 西川 潤氏が語る!Garmin『fēnix 7 Pro/ epix Pro』の魅力

YouTube:https://youtu.be/NZg6S7_kDR0

■ビジネスパーソンのパフォーマンスのカギは睡眠にあり
第二部では、角谷リョウ氏をゲストに迎え、トークセッションを実施した。同氏は「仕事ができる体作り」をテーマに掲げ、ビジネスマンのパフォーマンス向上に特化した生活習慣改善コーチングを120社、6万5000人以上に提供してきたスリープコーチだ。

s0606_2023_GARMIN_125
スリープコーチ 角谷リョウ氏


「ビジネスパーソンのパフォーマンスのカギ」は睡眠にあるとのこと。世界各国の睡眠満足度の調査※3によれば、日本は世界で最も睡眠が満足に取れていないという。働き改革が進んで残業時間は減ったが、睡眠で休養が取れてない人は逆に増えている。
※3 2020年 フィリップス社 世界13ヵ国 13,000人調査より

ビジネスパーソンが睡眠を改善すべき3つの理由は、下記のとおり。
1. 病気や重大ミスのリスクが激減する
2. チームの士気やエンゲージメントが向上する
3. メンタルダウンを防げる

s0606_2023_GARMIN_096


また、下記の理由により、1年の中で最も睡眠の質が下がるのが6月であるとのこと。
1. 最も気圧が下がる時期だから
2. 最も湿度が上がる時期だから
3. 6月はほとんどの人がクーラーを使わないから

角谷氏によれば、睡眠改善はほとんどの人が成功しないという。最大の理由は数値化しにくいからだ。
睡眠の正式な計測は病院で実施する必要があり、大掛かりであるうえに料金も高い。また、スマートフォンの睡眠計測は占いレベルであるという。そうしたスマートフォンと比べると、Garminのスマートウォッチはをかなり正確に数値化できる。

睡眠データを使って改善する時のポイントは、下記の3つだ。
1. 「深い睡眠」の時間を確保する
2. 覚醒の回数(時間)を減らす
3. 睡眠スコアを上げる

睡眠スコアの目安としては、下記のとおり。
60点以下 :かなり悪い
60点台前半:悪い
60点台後半:少し悪い
70点台前半:普通
70点台後半:まあまあ良い
80点以上 :素晴らしい

基本は1日単位で睡眠スコアを確認して、自分の特性・傾向をつかむことが大事だ。
たとえば、金曜日に睡眠スコアが落ちたとき、夕食にワインを1本飲んだことが影響したとわかる。
本質的な改善は「28日単位」で見える化する。どんな状況でも記録することが重要だという。

s0606_2023_GARMIN_118


睡眠は夜頑張ってもあまり効果がなく、日中の活動が睡眠を作るとのこと。睡眠不調のほとんどの人が睡眠圧が低い状態にある。歩数を増やすだけでも劇的に睡眠は改善するが、最高の睡眠には「歩く」+「トレーニング」だ。

角谷氏は本日のまとめとして、下記の3つをあげた。
1. 6月は最もパフォーマンスが下がる
2. 睡眠は可視化しないと改善しない
3. パフォーマンスも睡眠も常に継続してログすることがパフォーマンスアップの近道

s0606_2023_GARMIN_141


パフォーマンスは数値化しづらいが、身体の“電池残量”がわかるGaminオリジナルのエネルギーモニタリング機能「BODY BATTERY」を活用すれば、数値化することができる。結果的に仕事で強い負荷をかけつつ仕事時間以外も充実させることができ、睡眠改善にも繋がるわけだ。

Garmin Japan

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
8K/4Kに対応&超高速伝送!ウルトラハイスピードHDMIケーブル
光学倍率最大390倍!4K対応&オートフォーカス対応、デジタル顕微鏡
ツアーガイドや工場見学に便利!音声を多人数にワイヤレス送信できるワイヤレスガイドシステム
公共のエリアで使用するサイネージだからこそ必須!ディスプレイをしっかり守る液晶保護パネル
マグネットやネジで、色々な場所に取り付けできる!小型の人感 センサーライト






田丸麻紀さんがGarminアンバサダー就任!オーディオテクニカ、創業60周年記念モデル【まとめ記事】

Garmin_top

アメリカ発GPS 機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下、Garmin)は、ヘルスケアとフィットネス機能が魅力のタッチスクリーン型GPSスマートウォッチ「Venu」シリーズの新モデルとして、「Venu Sq 2(ヴェニュー エスキューツー)」を2022年9月16日(金)に発売した。発売に先立ち、9月8日(木)、プレス関係者向けにGarminアンバサダー田丸麻紀さんの就任披露と新製品発表会を開催した。

株式会社オーディオテクニカは、創業60周年を記念して発売されるMCカートリッジ『AT-MC2022』とヘッドホン『ATH-W2022』の先行情報を公開した。

田丸麻紀さんがGarminアンバサダー就任!日々の生活での身体の変化を「見える化」してくれる「Venu Sq 2」発表会
アメリカ発GPS 機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下、Garmin)は、ヘルスケアとフィットネス機能が魅力のタッチスクリーン型GPSスマートウォッチ「Venu」シリーズの新モデルとして、「Venu Sq 2(ヴェニュー エスキューツー)」を2022年9月16日(金)に発売した。発売に先立ち、9月8日(木)、プレス関係者向けにGarminアンバサダー田丸麻紀さんの就任披露と新製品発表会を開催した。


ルーターや電源タップなどをスッキリ隠せる!木製収納ラック
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、ルーターやモデム、電源タップや生活雑貨が収納できる木製収納ラックをホワイトとライトブラウンとダークブラウンの3色展開で「200-CB030」を発売した。本製品は、ケーブルや電源タップ、Wi-Fiルーターなどが綺麗に収納できる木製の収納ボックス。​前面に扉付きで、見た目もスッキリさせることができる。本体はすべて木製なので無線ルーターなどのWi-Fi機器を収納しても電波障害が少なく、快適に使用できる。天板は電話台としても使えるフラット天板を採用している。上部にはスマホなど取り出しやすいオープンスペースがある。


創業60周年記念モデル!オーディオテクニカ、MCカートリッジ『AT-MC2022』とヘッドホン『ATH-W2022』
株式会社オーディオテクニカは、創業60周年を記念して発売されるMCカートリッジ『AT-MC2022』とヘッドホン『ATH-W2022』の先行情報を公開した。同社が持つアナログ技術と日本のクラフトマンシップの融合により、目と耳で豊かな時間を楽しめる特別な存在感を放っている。手に入れた人だけが、より深い感動に包まれる自信作。世界でも限られた数しか生産されない貴重なモデルだ。


温かみのある竹製で持ち運びに最適な持ち手付きの読書台!台座付きとスタンドのみの2種類
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、6段階で角度を調整することができるブックスタンドを目線を上げることができる台座付きとスタンドのみの2種類「200-DH008シリーズ」を発売した。本製品は、見やすい角度、高さに調整できる台座付きブックスタンド。材質には竹を採用し、温かみのあるタイプ。台座なしで使用する場合は、角度を6段階調整することができる。


秋の辛旨、メバチまぐろを特製コチュジャンたれ!東京とろろそば「まぐろユッケのとろろそば」
アークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、「肉めし岡もと」などを運営する株式会社トビラダイニングは、とろろそば専門店「東京とろろそば」にて、期間限定メニュー「まぐろユッケのとろろそば」を販売を開始した。まだまだ日中の陽射しに残暑を感じる秋の始まりならではの辛旨冷やしそば「まぐろユッケのとろろそば」が東京とろろそばに期間限定で新登場。

田丸麻紀さんがGarminアンバサダー就任!日々の生活での身体の変化を「見える化」してくれる「Venu Sq 2」発表会

Garmin_top

アメリカ発GPS 機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下、Garmin)は、ヘルスケアとフィットネス機能が魅力のタッチスクリーン型GPSスマートウォッチ「Venu」シリーズの新モデルとして、「Venu Sq 2(ヴェニュー エスキューツー)」を2022年9月16日(金)に発売した。発売に先立ち、9月8日(木)、プレス関係者向けにGarminアンバサダー田丸麻紀さんの就任披露と新製品発表会を開催した。

■ウォッチを着けてるだけで毎日を「見える化」
発表会は、ガーミンジャパン株式会社マーケティング部 シニアマネージャー 山根正大氏の挨拶から始まった。

コロナ禍で自身の健康管理をしたい、運動を生活に取り入れたいといったニーズから、スマートウォッチ市場は伸長している。スマートウォッチの使用が日常化している欧米諸国の女性の所持率と、女性市場の拡大傾向にある日本を対比。その背景を踏まえ、ガーミンの強みである豊富なラインアップから、女性に寄り添う機能を備えた製品を新たに「ウィメンズライン」として訴求していくことを説明した。

山根正大氏
ガーミンジャパン株式会社マーケティング部 シニアマネージャー 山根正大氏


続いて、9月16日(金)に発売する新製品『Venu Sq 2』のプレゼンテーションでは、ガーミンジャパン株式会社プロダクト・マーケティング西川潤氏より、体の状態をデータ化して健康・運動管理ができるヘルスモニタリングやフィットネス機能に加え、日常生活に役立つ多彩なスマート機能など、Garminならではの高機能と長時間バッテリーを備えるエントリーモデルは、女性におすすめの製品であることを紹介した。

そして、「人生を楽しむあらゆる人にとってナンバーワンのブランドになる」というビジョンを持つガーミンが、「無理せず、自然体で人生を楽しんでいる田丸麻紀さん」の姿勢に共感したことから、女性向けのスマートウォッチを対象とした“Garmin アンバサダー”として田丸麻紀さんを迎えたことを明らかにした。

西川 潤氏
ガーミンジャパン株式会社 プロダクト・マーケティング 西川 潤氏


ガーミンジャパン株式会社 マーケティング部 西川 潤氏が語る!新製品「Venu Sq 2」の特徴

YouTube:https://youtu.be/1btPGrzXNEs

ステージにGarmin アンバサダーの田丸麻紀さんが登場。就任の意気込みやGarminのスマートウォッチを使って発見したことなどを語った。

田丸麻紀さんは、「Garminのアンバサダーになり、本当に、ドキドキワクワク、いい意味で興奮しています。実際にGarminのスマートウォッチを使ってみると、いろんな意識的な変化がありました。カロリー量をはじめ様々なものを数字として出してくれるので、日常生活を意識するポイントが食事・運動はもちろん生活そのものが変化したなと思っています。

ついつい忙しくなると意識していたことも忘れがち。なので、ウォッチを着けてるだけで毎日を「見える化」できるのは、本当に大きな意識変化につながると実感しています。今では私より私のことを知っているのがガーミン!日常にやさしく寄り添ってくれるガーミンを、一人の女性として、子育てママとしての目線から、一人でも多くの方に、この素晴らしさをお届けしたいと、思っています。」と語った。

田丸麻紀さん
Garminアンバサダーに就任した、モデルで女優の田丸麻紀さん


■田丸麻紀さんは、毎日何十回もストレスレベルをチェック
トークショーでは、ゲストのキンタロー。さんが「フライングゲット」のダンスをしながら登場した。ウォッチをチェックして「久しぶりにフルで踊ったので、心拍数がすごく上がってます!」と、キンタロー。さんはガーミンで、早速自分の状態を確認した。

スマートウォッチは使ったことがないというキンタロー。さんは、ガーミンのさまざまな機能の中でも目標達成時の通知機能が「褒めてくれる」ことに興味津々。産後のソロダイエットでは、モチベーションが上がらず苦労したことから、「褒めるられと頑張れる。これからは、励ましがもっとほしい時はガーミンに褒めてもらおう!って思いました。」と語った。

田丸麻紀さんは注目の機能を尋ねられると、田丸麻紀さんはストレスチェックをあげ、「毎日何十回もストレスレベルをチェックしてしまいます。今日も会場に入る前に見たら緊張でストレスあがってました。」と、登壇前のストレスレベルについて語った。

今後について、田丸麻紀さんは「四十代になって体と心の大きな変化を感じる今。ガーミンとともに、家族と自分の健康にフォーカスして丁寧に過ごしていければと思います。」と語った。

キンタロー。さんは「今まではわりと根性論で何とかなると思っていました。でも、これからはガーミンで日々の自分をわかって、もっともっと自分自身がどんなサイクルで、睡眠やカロリーを可視化して、自分を知って、子育てで後回しになってしまいがちな、自分との対話を大切にしながら過ごしたいと思います。」と語った。

左が田丸麻紀さん、右がキンタロー。さん
左が田丸麻紀さん、右がキンタロー。さん


■「Venu Sq 2」を体験!タッチ&トライエリア
会場内のタッチ&トライのコーナーでは、新製品「Venu Sq 2」と合わせて、機能もデザインもさまざまなGarminの充実したスマートウォッチのラインアップを陳列。来場者は、その場でGarminのスマートウォッチを体験することができた。

「Venu Sq 2」は、スマートウォッチモードで約11日間、GPSモードで約26時間の稼働を実現した。毎日着用し、さらにスポーツアクティビティをプラスしても、充電を心配せずに使い続けられるパワフルなバッテリーで、アクティブなライフスタイルを支えてくれる。 また、ウォッチサイズはそのままに、スクリーンをサイズアップ。さらに美しく色鮮やかなAMOLEDディスプレイを新たに採用し、より美しく、屋内外問わずアクティビティ中でもより見やすくなりました。バッテリーやスクリーンを改良したにもかかわらず前モデルより薄く、軽くなり、スマートウォッチの厚みや重さが気になる女性にも自然な装着感を実感することができる。

健康やスポーツのあらゆるデータ計測の根幹になる心拍モニタリングは、アスリートの運動時にも対応する精度と耐久性を追求して開発・設計された第4世代工学心拍計にアップグレードし、より精度の高い計測をかなえる。この心拍計測に基づいて計測するのは、ストレス、基礎代謝と運動時をそれぞれ管理できる消費カロリー、体のエネルギー残量を数値化するGarmin独自指標Body Battery、睡眠モニタリング。睡眠モニタリング機能は、レム/ノンレム睡眠の測定に加え、これに基づく睡眠の質を0~100で数値化する「睡眠スコア」も採用し、さらに睡眠時の血中酸素トラッキングも可能になった。

また、体力・活力年齢を計測する「フィットネス年齢」は、実年齢や週間運動量、安静時心拍数に加えBMIや体脂肪率などより多くの指標での計測を実現。「週間運動量」は週単位だけでなく日単位での表示が可能になり、健康が気になる方に、日々の生活での変化を、よりリアルに「見える化」してくれる。

0908_2022_Garmin_163
わかりやすい画面表示で直感的な操作ができる「Venu Sq 2」


スマートウォッチのラインアップ
機能もデザインもさまざまなGarminの充実したスマートウォッチのラインアップ


「Venu Sq 2」は、より精密に、より快適に、より便利になったスマートウォッチだ。あらゆるモニタリング&サポート機能と、GarminならではのGPSサービスがギュッと詰まっているので、スマートウォッチを初めて購入する人にとって、魅力的な製品に仕上がっている。スマートウォッチの買換えを検討している人にも、これまでトライできなかったスマートウォッチ・ライフを提供してくれるだろう。

Garmin ウィメンズライン 特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「楽しいをたっぷり、便利をしっかり。」を叶える!SIMフリースマートフォン「OPPO A77」
10台のiPad・タブレット・Chromebookを同時に保管・充電・同期できる!USB Power Delivery対応の保管庫
ブルーライト減衰で、スマホ疲れに期待大!10秒で貼れるiPhone用保護ガラス
iOS 15.7からiOS16にアップデートできない?!ReiBootにお任せ
ZERO HALLIBURTON×UNiCASEの背面型iPhoneケース






カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ