3.11以降、以前よりも声高にエコが叫ばれ、地球環境への配慮が急激にクローズアップされてきた。そうした背景によって自家用車を手放したり、バイクで移動していたのを自転車に乗り換えたりといった人々が増えてきたようだ。

また、どうしても車が必要な仕事に就いている人でも「エコカー」と呼ばれる電気とガソリンで動くハイブリッドカーや、完全に電気で動く電気自動車に乗り換えることで環境への配慮をしつつ、車を継続利用するという人もいるだろう。

さらに2005年(平成17年)からは、「自動車リサイクル法」という法律が施行され、車種によって金額が異なるが、車の処分に一定の費用がかかるようになった。各種手続きが必要になり、車の廃車は、以前よりも労力を要するものとなった。
続きを読む