ITライフハック

重松大輔

スタートアップのピッチやスペシャルゲストが登壇!「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2021」

image001

NTTドコモ・ベンチャーズは2021年3月9日、「Adapt To The Future」をテーマに、「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2021」を開催した。2020年は人々のライフスタイルに大きな変化が起こった。予測不能な変化の中で、受け身でいるのではなく自ら変化に適応できるかが問われている。本イベントでは、次代の先駆者であるスタートアップのピッチやスペシャルゲストを招いてのセッションをオンラインでおこなった。

■今年はオンラインで開催
新型コロナウイルス感染症の影響により、今年のイベントはオンラインで開催された。
NTTドコモ・ベンチャーズ代表取締役社長 稲川尚之氏による基調講演では、「Adapt To The Future – 新しい日常、その先へ」と題して、コロナ禍による全く予想できなかった変化が一気に押し寄せた 2020年を振り返りながら、新しい日常とイノベーションについて語った。

ベンチャー投資や支援の活動紹介および新たな投資先の発表も行われ、俳優・国際短編映画祭代表の別所哲也氏をゲストに招いた「思考と行動の狭間」をテーマにしたセッションも行われた。

さらに「スタートアップ変革最前線」として株式会社スペースマーケット 代表取締役社長の重松大輔氏、株式会社RevComm 代表取締役の會田武史氏、シニフィアン株式会社 共同代表の朝倉祐介氏による対談、次代の主役となるスタートアップピッチも行われた。

なお、イベントの様子は「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2021」の公式サイトにて視聴できる。

image003

■メディア向けに3社のブースを展示
収録が行われたリアル会場では、メディア向けに出展企業3社のブースが用意され、デモンストレーションが実施された。

○音声解析 AI 電話「MiiTel」
image005

AI × Voice × Cloud のソフトウェア、データベースを開発している株式会社RevCommのブースでは、音声解析 AI 電話「MiiTel」とオンライン商談ツール「MiiTel Live」のデモを見ることができた。

「MiiTel Live」では、ソフトフォンを使い、営業支援、発話内容をデータ化・解析し、電話応対を見える化することで、電話対応品質の向上と教育コストを削減することができる。

image007

電話営業、コールセンターでは担当者がどのように対応しているのかわからない属人的な状態で、担当者毎にパフォーマンスが異なる理由もわからない、ブラックボックス問題が課題として存在している。これを人工知能で解決できる誰が何を話しているかを可視化するソリューションだ。

image009

ソフトフォン等から電話の発信が可能で、会話の内容を録音、電話後にタグの設定が可能だ。タグの集計結果、全ての会話の内容を自動でテキスト化しWeb画面上で様々な情報を簡単に確認できる。
分析できる内容は、営業で重要な話速、会話の比率、ラリーの回数、キーワード検出など多岐にわたり、営業情報の分析、電話営業等の教育データとしても活用できる事をデモした。

・株式会社RevComm(https://www.revcomm.co.jp/)

○製造業向け自動予知保全(PDM)ソリューション
image011

Senseye Ltd.は、機械学習を活用した製造業向けの自動予知保全ソリューションを展開している企業だ。ブースでは、産業機械に取り付けた各種センサーから取得したデータを分析し、機器の故障時機や耐用年数の予想が可能になるソリューションを展示していた。

機械に依存せず様々な設備の予知保全が可能で、拡張性が高く、ROIも保証する。導入後に予知保全ができなかった場合は、保証会社から料金も返されるくらい製品に対して自信を持っている。

image013

機器のデータや、設置したセンサーからの様々なデータ取得し機械学習により分析した結果を可視化する。データの表示にはソフトウェアのインストールなどは不要で、Webベースでデータをわかりやすく可視化可能で、集めたデータから故障時期などを機械学習で予想する。

image015

モーターのトルクや振動のデータを分析し、トルクが上昇し、振動も増えている場合は、警告が出るなど、予知保全に役立つ情報がWeb画面上にわかりやすく表示されることもデモした。

・Senseye Ltd.(https://www.senseye.io/ja/)

○製造業向けエッジ領域データ分析プラットフォーム
image017

Crosser Technologies ABは、製造業向けエッジ領域データ分析プラットフォームを提供している。具体的には、産業機械のデータをリアルタイムに収集、分析し、そのデータを様々な分野で活用できるようにする。

image019

製造業のデータ化やスマートファクトリー化が必要になっているが、様々なデータがあるものの、データをどのように活用するかが問題になっている。

Crosserはこの問題を解決するソリューションを提供しており、エッジIoTでデータを処理し、クラウドにデータを送ることが可能だ。導入が簡単に可能で、設定も簡単で、シンプルだが、スケールもしやすい柔軟な設計が特徴になっている。

image021

産業機器から収集したデータをエッジで処理し、様々なサービスに処理したデータを送ることが可能なので、工場のデータをリアルタイムに活用できるようになる。
通常、このような設定をするには高度なプログラミングスキルが必要だが、モジュールを繋いでいくだけの簡単な操作で設定可能なプログラミング不要で活用できる事も特徴になっている事をデモした。

・Crosser Technologies AB(https://crosser.io/)
テクニカルライター 上倉 賢


NTT DOCOMO VENTURES DAY 2021

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
接近を音と光で知らせて衝突事故を減らす!リーチフォークリフトセーフティアラーム
A4サイズの書類の保管に最適!鍵付きセキュリティボックス
地方創生SDGs官民連携プラットフォームへ!WakeAi(ワケアイ)が参加
重い荷物も載せたまま階段を昇り降りができる!電動台車『軽量電動階段台車60』
東洋製罐グループ、低炭素社会の未来を作る『容器』の新プロダクトや新技術を展示



自宅でオンライン起業はじめました
秋田 稲美
WAVE出版
2020-12-09



主催企業スペースマーケット重松社長が語る「2016年スタートアップ合同法要会」

新しい未来の創造を祈願!「スタートアップ合同法要会2016 supported by SMBC日興証券株式会社」体験レポ』で紹介したように、去る2016年1月8日(金)、都内 築地本願寺にて、「スタートアップ合同法要会2016 supported by SMBC日興証券株式会社」が開催された。

主催企業である株式会社スペースマーケット代表取締役重松大輔氏に直接お話しをうかがうことができたので、ここで紹介しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ