ITライフハック

隕石

国立科学博物館から続報、あの火球由来の隕石の2つ目を千葉県船橋市で発見

火球由来の隕石

国立科学博物館は、2020年7月2日(木)2時32分頃に目撃された火球に由来する隕石が、千葉県習志野市に続き、千葉県船橋市にも落下したことを確認した。

■船橋市内で発見
今回発見された隕石は、千葉県習志野市の隕石(仮称:習志野隕石1号)発見地から約1km離れた船橋市内で発見された。
2020年7月22日(水)にアパートの屋根瓦が割れているのが発見され、その修理の際に割れた瓦と一緒に駐車場近くの地面に破片が落ちていた。

習志野市で見つかった隕石(仮称:習志野隕石1号)と同じく千葉県立中央博物館にお問い合わせがあり、実物を確認後、国立科学博物館に分析を依頼された。当館でガンマ線の測定を行って宇宙線生成核種を検出し、隕石であることを確認した。

火球由来の隕石02


隕石は、まだガンマ線の測定中だが、隕石の証拠となる宇宙線生成核種のアルミニウム-26(半減期約70万年)、ナトリウム-22(半減期約2.6年)、マンガン-54(半減期約312日)が検出された。マンガン-52(半減期約5.5日)は半減期が短く、しかもあまり強く出ない核種のため、検出は難しいと思われる。しかしながら、マンガン-54が検出されたため、最近の落下であることは間違いない。

火球由来の隕石03


「国立科学博物館」公式ウェブサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「にじさんじ」発のクラウドファンディング、『にじさんじアパレルグッズプロジェクト』
flumpoolさんによるスペシャルライブ!ダイハツ、新様式応援プログラム「flumpoolの!TAFT! TV」
日本製アルコールスプレーワン!手に潤いを与え、蚊に絶大な効果
VARP×kZmが実現するヴァーチャル空間での共体験、kZm「VIRTUAL DISTORTION」
想いを継なぐAI日本酒、PFUの音響識別AI技術を活用





願いは100万倍返し!! 超隕石の宇宙最強パワー
星の王子
ヒカルランド
2020-02-12

火球は隕石だった、国立科学博物館が確認

火球は隕石だった、国立科学博物館が確認

国立科学博物館は、新しい隕石が千葉県習志野市に落下したことを確認した。
隕石の落下は2018年の小牧隕石以来2年ぶりで、国内で53番目に確認された隕石となる。

■隕石であることを確認
隕石であることを確認するまでの経緯は下記のとおりだ。
7月2日 午前2時32分、関東地方上空を西から東へ流れる大火球が観測された。
7月4日 千葉県習志野市の一般人から千葉県立中央博物館へ「隕石が落ちたのではないか」との問い合わせがあった。
7月5日 実物を確認後、国立科学博物館に調査が依頼された。
7月6日 ガンマ線測定を開始した。約1週間の測定の結果、宇宙線により生成する放射性核種(宇宙線生成核種)のアルミニウム-26(半減期約70万年)、ナトリウム-22(半減期約2.6年)、マンガン-54(半減期約312日)、マンガン-52(半減期約5.5日)等を検出した。
これにより、最近落下した隕石であることが確認された。
ガンマ線測定


【国立科学博物館】速報!各地で観測された火球が隕石であることを確認!

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「かつや」夏メニュー、期間限定「ささみカツ冷やしぶっかけうどん」
「家飲み」事情の実態、20~30代男女のお酒好き3000人超に調査
無料TEL相談、中小経営者向け「家賃支援給付金」
1秒に4枚も売れたマスク、なにが違う?
M84収蔵作品展「Edward SteichenのEleonore Duseなど」開催へ【Art Gallery M84】






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ