ITライフハック

雇用

つるの剛士、26 年ぶりにヒーローに!?障害者雇用に立ちはだかる壁、光線で破壊

smain

株式会社HANDICAP CLOUDは、障害者雇用における数多くの壁を日本企業全体で乗り越えることを目指したプロジェクト「#ハンディキャップアクション2425」の発足に際し、2024年3月28日(木)13:00より、つるの剛士さんをゲストに迎えた発足記者会見を開催した。

■「#ハンディキャップアクション2425」発足の経緯
現在、企業の障害者雇用は、実雇用率は2.33%、法定雇用達成企業の割合は50.1%で約半数の企業が未達成。
※厚生労働省が発表した「令和5年 障害者雇用状況の集計結果」より

2024年4月からは法定雇用率が2.5%に引き上げられ、企業はさらなる対応に迫られる一方、多くの企業が障害者雇用に対して様々な課題を抱えており、十分な対応ができていない状況だ。また、雇用者自身のミスマッチによる早急退職や健常者との賃金格差なども問題視されている。そういった企業側・求職者側それぞれが抱える課題を大きく5つの乗り越えるべき“壁”と定義し、様々な企業が抱える障害者雇用における壁を一企業が抱えるのではなく、今回の法定雇用率引き上げを契機として全ての日本企業に自分ごととして考えもらい、互いに助け合う新プロジェクト「#ハンディキャップアクション2425」を発足する。

■株式会社HANDICAP CLOUD東京都新宿区、代表取締役社長 兼 CEO森木 恭平からのコメント
”5つの壁”を乗り越えるために具体的なアクションとして、 日本最大規模・障害者雇用のためのサテライトオフィスを新たに設置し、より多くの障害者のが働け、企業と共創できる環境整備に努めていくとした。

また、日本では障害者の方向けとしては初めてとなる「生成AI業務サポートを目指した特別プログラム」を同社運営の「エラビバ 就労移行」でスタートする。一般社会においても、今後ますます生成AIを活用した業務が増える見込みであり、障害者雇用においても生成AIでのサポート業務が求められる事を想定している。障害者でも生成AIを活用した業務をサポートできるような特別プログラムとなっている。

今後もHANDICAP CLOUDは、他の企業とも連携して本プロジェクトを前に進めることで、「誰もが自分らしく生きられる世界へ」を目指し個人が自分らしくあり、他者と共に共感し、多様性を認め合い尊重される社会を創り上げていく。法定雇用率が上がることに対しては、「法定雇用率が上がることがおもりになっている人事の方、非常に日本に多くいると思いますが、我々以外にも障害者雇用を支えるハローワークさん含めて、いろんな企業、いろんな解決方法があるので、ぜひご相談していただきたい。また、その一社が我々であったら嬉しいです。」とコメント。

また、「本当に大事なのは現場です。障害者雇用においては配慮事項があることが全てだと思います。ダイバーシティの観点が大事で、忘れずにこのアクションを続つけていくことで、法定雇用率の本質的な課題解決が企業の皆さんとできれば嬉しいなと思います。」と、付け加えた。

sub1


■株式会社大塚商会 人材開発部人事採用課係長 土谷 知子氏からのコメント
障害者雇用における法定雇用率が上がることに対してのアクションとして「やりがいの創出」とコメント。
「私も当事者であるので、各社2.3、2.5、2.7など法定雇用率など数字がありますが、やはり仕事は面白くないといけない。自分自身もやりがいをもって仕事をしているので、仕事って面白いぞ、やりがいをもって働きたいぞと思える方を採用していき、私達も仕事を作っていくことに力を入れて、仕事をしていきたいと思います。」

sub2


■ポート株式会社 人事部部長 大村 智一氏からのコメント
障害者雇用における法定雇用率が上がることに対してのアクションとして「DE&I」とコメント。
「多様性を認め合う世の中を目指しましょう。障害者雇用において法定雇用率など数字ばかりを注目しているが、数字ばかりに囚われていけないと思います。ポートを選んでくれた方の人生を預かることになるので、その方々が、いかにやりがいをもって、自分の能力を十分発揮できる会社にしていくかが大事だと思います。そういった意味で、障害者雇用は、DE&Iの取り組みでありこれからも進めていきたいと考えてます。」

sub3


■株式会社SBI証券 人事部次長 中野 誠氏からのコメント
障害者雇用における法定雇用率が上がることに対してのアクションとして「働きやすい環境の提供」とコメント。
「法定雇用率など数字有りきでやらなければならないという考えはだめだと思います。今就労している社員からの声も聞きながら、これから迎える障害者の社員方が働きやすい環境を整えていく。今で満足するのではなく、さらに一歩進んでいくことが皆さんにとって働きやすい環境になると思います。」

sub4


■つるの剛士さん登壇
オレンジの特攻隊のような衣装で登場したつるのさんは、「諸先輩方が着てらっしゃった隊員服みたいです。意外と似合ってると思ってます!」とコメント。同社のパーパスである「誰もが自分らしく生きられる世界」というテーマについて、つるのさん自身もコロナ禍で保育の勉強をし、その際に福祉についても学んでおり、更に、現在非常勤で働く幼稚園の現場でも障害者の子ども達と触れあう機会があるため、日頃から考える機会が多いとコメント。

sub5


会見中盤には、突如会場スクリーンに現れた「障害者雇用における5つの壁」を光線を発射して取り除くことに見事成功。壁を打ち壊したつるさんは「まだ光線出ますね!26年ぶりでしたが、衰えていないなと思いました。」と笑みを浮かべた。

ssub6


障害者の方との接し方については、「一言で障害といっても身体、知的、精神障害など、色々あり、我々もどういう風にケアをするかや、どこまでサポートをするかを経験する必要があると感じている。」と話し、先日ぎっくり腰になって、手すりを使った時に初めて手すりのありがたみを感じたように、当事者にならないと分からないようことを、創造力を常に生活の中で働かせることが大事だと話した。

ssub7


また、自身がこれまで壊した“壁”について聞かれると、育児休業を取得したことと回答。“イクメン”という言葉もできて、世の中のパパが育児しやすい環境になったのかなとコメント。また、本当の意味でもインクルージョンの世界を目指していくには、こういったセンセーショナルなワード自体が無くなることがゴールであるとも語った。

その後、障害者雇用における3つのクイズに挑戦し、より障害者雇用における理解を深めていただいたところで、「自分自身が勉強不足でまだ不十分なところがありますが、本当の意味でのインクルージョンな世の中となるために、微力ながら支えることができたら嬉しい」というコメントで会見を締めた。

■「#ハンディキャップアクション2425」とは
・2024年4月からは法定雇用率が2.5%に引き上げられる。
・障害者雇用に対して、企業側は適性・能力が発揮できる仕事への配置や従業員の障害への理解などの課題を抱えている。一方で、雇用者自身もミスマッチによる早急退職や健常者との賃金格差などの課題を抱えている。
・障害者雇用における課題をそれぞれ「①退職率50%」「②求人が少ない」「③採用が出来ない」「④配慮事項や体調管理が出来ない」「⑤障害に合わせた業務が切り出せない」と“5つの壁”として定義し、それぞれの壁を乗り越える5つのアクションを元に、企業側・雇用者側の双方の悩みを解決することを目指す。
・2024年に2.5%引き上げということで“2425”との名称に。

株式会社HANDICAP CLOUD

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

ITビジネスに関連した記事を読む
商品情報管理(PIM)のContentserv ラウンドテーブル!「病いと生きる。希望と生きる。写真展~まだ見ぬ答えを、生み出す未来へ~」初日オープニング発表会
オールインワンのPOSレジ端末「Squareレジスター」が登場!Square 新製品発表会
大阪・関西万博「Co-Design Challenge」公式ロゴマークが決定!未来社会の実現にチャレンジする動画「これからの日本のくらしをつくる挑戦」
商品情報管理(PIM)で、日本企業を支援!Contentserv ラウンドテーブル
複合FinTechの力で、世の中に貢献する!PAY ROUTE 土屋執行役員が語る、3つの事業と求める人材





新版 障害者の経済学
中島 隆信
東洋経済新報社
2018-04-13

景気回復でなくても株高?米国経済の不思議な現状【ビジネス塾】



10月30日のニューヨークダウ工業平均の30日終値は、15618.76となった。当日のFOMC(米連邦公開市場委員会)声明に大きな変化がなかったため、一時、株価が下落したが、やや持ち直した。

それにしても、年初の13000前後からは大きく上昇している。だが、株価と実体経済の関係を見ると、実に不可思議な傾向が見て取れるのだ。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ