ITライフハック

電子工作

IoTの仕組みからプログラミングまで総合的に学習できる教材「sLab-Car」発売

LL_img_197160_1

SOCINNOは、スマートロボットカーの組み立てや制御を楽しみながらIoTの仕組みやプログラミングも学習できる「sLab-Car(エスラボ・カー)」を2019年10月29日より発売する。価格は標準モデルが6,300円、最小モデルが5,400円(いずれも税別)。

■電子工作からプログラミングまでが学べる
本キットは超音波センサーやモータ、カメラなどの電子工作を学習するとともに、ScratchやArduinoといったマイコンボードに対応し、プログラミングも学習可能なスマートカーの組み立てキット。パソコンやスマホからWi-Fiで通信しながらスマートカーを制御することも可能で、IoT端末として通信の仕組みや実装についても理解することができる。

Scratch3の拡張機能を有効にすることで専用ブロックを用いてGO・RIGHT・LEFT・STOP等の制御を視覚的にわかりやすくプログラムできる。障害物を検知して空き方向に曲がるプログラムや、直進中に右折道路を検知して曲がるプログラム等コースによって、攻略するプログラムを考えて学習できる。

Scratch3で作成したプログラム等はIoT端末としてWi-Fiに通信しながらプログラムを実行する。そのため変更したプログラムも毎回本体に書き込む必要がなく効率的に学習できる。また、インターネットと同じ通信技術を利用しているので、IPアドレス等の各種設定を行いながら仕組みについても理解できる。

公開されている制御ソフトをダウンロードすることで利用が可能で、内容を理解し学習することも可能だ。パソコン上にArduinoIDEを用いてプログラムできるので、さらに高度な技術を目指す方には制御ソフトを改善して新たな制御を行うことも可能だ。

パソコンやスマホのWebブラウザ、またアプリからもコントロールでき多彩な制御を実現していますので、多くの制御方法や仕組みも学習することができる。

通信技術にはhttpやWebSocketなどを用いているので、これらの実装方法を学習でき、超音波センサーやカメラなど多くのセンサーについても、仕組みや利用方法など電子工作のノウハウも習得できる。

部材の取付や配線について、実装画像やFritzing回路図などを用いてていねいに解説しているので、初心者でも順番に実施することで組み立てることができる。また、パソコン上にArduinoIDEなど必要なソフトのインストールや設定方法、制御ソフトの書込方法など必要な作業は全て丁寧に解説している。

製品サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
すこしはマシになったかな? 北海道長万部町の毒舌ゆるキャラ「まんべくん」が、AIに生まれ変わって登場
なんくるないさ~!沖縄県うるま市でニコニコ町会議を開催!大迫力な闘牛大会の生中継を実施!

LINEスタンプに名前やセリフを入れて楽しめる人気クリエイターによるカスタムスタンプが登場
ながめてほっこり!鍋料理でほっこり!エンスカイより「11ぴきのねこ」のほっこり土鍋を10月18日(金)より発売






エレキット、「300Bシングル真空管アンプキット TU-8600」を発売

main

電子工作キット「エレキット」の企画・開発・製造を行うイーケイジャパンは、「300Bシングル真空管アンプキット TU-8600」を2017年9月下旬に数量限定発売する。価格は10万8,000円(税別)。

今回発売するTU-8600は音楽表現豊かな300Bアンプをめざし、増幅回路はもちろん、電源回路の構成、フィードバックのかけ方などの見直しを徹底的に行い、スピーカーシステムだけでなくヘッドホンでの使用にも充分満足できる低ノイズと音質を実現した。

また、今回はユーザーが保有している300Bを有効に活用してもらうため、真空管類は付属しない。

本製品は、電源トランスに高効率、低漏れ磁束のRコアトランスを採用するとともに、整流用のダイオードに回復時間が短いショットキーバリアダイオード、ファストリカバリーダイオードを採用し、ごくわずかなスパイク状ノイズも最小限に抑えた。

また、トランス巻き線はフィラメント・ヒーター用のA電源、 B電源それとバイアス用のC電源それぞれの巻線を独立させ、さらに各電源のクリーン化を徹底的に実施することにより残留ノイズレベルは当社TU-8300(R)の1/10以下を実現している。

300Bの特性を最大限に引き出すために出力トランスをはじめ各部回路の裸特性を向上させ、そのうえで、出力トランスの専用三次巻線による300Bへのカソード帰還や、電圧増幅段のみの帰還など、極めて安定な局所NFBを採用し、オーバーオールのNFB量を少なくすることで、過渡特性の悪化を抑えた。

300Bのバイアスは、バイアス電源を別途準備し、プレート電流を検出してグリッドの負電圧を自動調整する「新アクティブオートバイアス」方式を採用。自己バイアス方式と固定バイアス方式の「良いとこどり」はもちろんのこと、電流検出回路をカソード側でなくB電圧側に移したことにより、一層の音質向上を実現した。

電圧増幅段はオーソドックスな構成で真空管の特性の良さを活かしているとのこと。とくに2段目は12AU7(ECC82)パラレルとし、ノンクリップで200Vp-pの能力を持つドライバーを構成、 300Bをしっかりとドライブする。

直熱管と傍熱管の混在する回路ではウォーミングアップの時間が大きく異なるため、先に立ち上がる直熱管(300B)に負担がかかってしまう。TU-8600では傍熱管が確実にウォーミングアップした後に直熱管(300B)をヒートアップする仕組みだ。

ヘッドホン出力はヘッドホンの感度に合わせ、4段階の音量設定が可能だ。

音質に大きな影響を与えるコンデンサーも、導電性高分子ハイブリッド電解コンデンサーやポリプロピレンフィルムコンデンサーなどを多用している。また、色々なカップリングコンデンサーに交換したい方のために、大形のタイプも実装できるスペースを確保している。

■主な商品仕様
使用真空管 : 300B×2、 12AX7×1、 12AU7×2  ※真空管は付属しておりません
定格出力  : 9.2W+9.2W ( THD 10% )
定格入力  : 320mV 
残留ノイズ : 36μV(IHF-A)
周波数特性 : 7Hz~40kHz(-3dB)
入力インピーダンス: 50kΩ
出力インピーダンス: 4~6.3Ω、 8~16Ω(背面のスイッチにより切替)
入力端子 : LINE × 1
出力端子 : スピーカ出力端子、金メッキネジ式ターミナル (バナナプラグ使用可)
電源電圧 : AC100/200V 50/60Hz (3Pインレット)
消費電力 : 90W
本体寸法 : W385×H217×D325mm (突起部を含む)
本体重量 : 約12.6kg ( 電源コード含まず)


sub5


イーケイジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今夏はVRアイドルユニットと海に出かけよう!VRミュージッククリップ第3段をSteamにて配信
サードウェーブ、経験ゼロからUnreal Engine 4を徹底的に学べるEpic Games公認アカデミーを開催
「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催
Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売






スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう

22952_TYXcXpgURb

上海問屋は、自作(DIY)のデジタル腕時計キットの販売を開始した。価格は3,999円(税込)。

本製品は、自分で腕時計が組み立てられるDIYデジタルキット。デザインは人気のビッグフェイス。スケルトン素材で基盤が見えるスタイリッシュなデザインだ。

基盤にハンダ付けをしたり、組みあがっていく工程を楽しめるため、子どものDIY体験にもおすすめ。親子で達成感を共有できるだろう。

電池を入れて、デジタルの文字盤が点灯した時の喜びは、作った人だけが味わえる醍醐味だ。組立時間はハンダ付けの経験があれば1~2時間で完成できる。工具はハンダと六角レンチ(2.5mm)、電池はCR2032(別売)1本が必要だ。

なお、推奨対象者は、ハンダ付けの経験がある人や、小学校で習った経験がある人。小さな子ども(小学生含む)に体験させる場合は、保護者が付き添うほうがよいだろう。

■製品仕様
フェイスサイズ・・・直径63mm
重量・・・・・・・・60g
対応サイズ・・・・・腕周り:約130mm~215mm
電池・・・・・・・・CR2032×1 (別売)
マニュアル・・・・・英語 / 中国語
付属品・・・・・・・画像をご参照ください。
製品保証・・・・・・初期不良2週間


22952_GrFacysDOK


22952_QduZcxfpWa


DN-914253 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン
お花で加湿!? 一輪挿し風 USB加湿器
オシャレで賢いエルゴノミクスゲーミングマウス
ステレオペア動画を360度立体的に楽しめる5.5インチ対応VRゴーグル
排水口などの点検をスマホで確認可能なmicroUSB接続マイクロスコープ





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ