ITライフハック

電子書籍

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第三十回

■はじめに
今回は情報系の内容で行ってみたいと思います。既にご存じの方も多いと思いますが、GoogleとAdobeが共同開発したフォントに関するトピックです。

このフォントのリリースによって、電子書籍的ハッピーな環境の到来を夢見ることができるので、取り上げてみたいと思います。例によって情報に間違いなどございましたらご一報いただけると幸いです。

■Google、Adobe共同開発のフォント
2014年7月16日に、GoogleとAdobeが共同開発したフォントファミリーが発表されました。面白いのはフォント名が統一されておらず、別々の名前が付けられているところです。

Googleでは「Noto Sans」、Adobeでは「Source Han Sans」という名前でリリースされました。以後本エントリ内では「Notoフォント」と呼ぶことにします。

このNotoフォントファミリーは、同一のデザインテイストで多言語の文字(日本語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、ラテン文字、ギリシャ文字、キリル文字等)に対応している点と、7段階のウェイト(太さ)が用意されている点が大きな特徴です。

また、ライセンス面でもApache 2.0ライセンスという制限のゆるいライセンスの下に、無料配布されているのも見逃せません。

個人的な経験ですが、中国語の語学教育用の電子書籍の評価サンプルの制作をお手伝いしたことがあります。その評価サンプルでは、同じ文字の日本語字形、繁体字中国語字形、簡体字中国語字形を表示すべき部分がいくつもありました。

その時は、検索の必要性から画像での代替表示はNG、フォントの埋め込みもライセンス等の問題でダメ、ということで結局その部分は保留となりました。

当時Notoフォントがあれば、状況は違っていたと思われます。

さて、電子書籍で利用する場合、今のところフォントを電子書籍ファイルに埋め込む必要があります。しかし、制作者・読者双方のメリットを考えると、将来Notoフォントファミリーやそれと同様の字形を揃えたフォントファミリーが、スマホを含む主要なプラットフォームにデフォルトで入っている状況が理想的です。

Windows 8.1とMac OS X Mavericks両方に、游明朝体と游ゴシック体が基本フォントとして搭載されたときに一歩そこに近づいた気がしました。

GoogleやAdobeは革新的なサービスやアプリを多数リリースしてきましたが、今回はフォントといったやや地味でありながら、最も使用頻度が高く利用範囲の広い部分に手を入れてくれました。

影響力のあるグローバル企業がリリースしてくれたことで、主要なプラットフォームにデフォルトで搭載される、という状況が一気に進むのではないかという願望が個人的に大きくなっています。

政治的な問題などもあるのかもしれませんが、その日が来ることを期待したいと思います。

■参考サイト:
Notoフォントダウンロード(英語)
Adobe社プレスリリース
Adobe社岩本氏のブログ
Adobe社開発担当ブログ
個人サイトStocker.jpさまのまとめ

■最後に
ご容赦ください、以下宣伝です。

今年3月にiBooksストアでリリースした電子写真集「もうひとつの“イプシロン・ザ・ロケット”」のライト版がKindleストア他でリリースされました。

iBooksストアでリリースしたフル版は、動画やlightbox風のメニューを採用したものでしたが、ライト版は写真のみのスタンダードなものとなっています。その分価格はお安めになっています。

チェックしてみていただけると幸いです。

●「もうひとつの“イプシロン・ザ・ロケット”」(ライト版)書誌情報
企画/制作/発行:株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
写真/解説文:西澤 丞
協力:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
価格:800円(税込)


電子書籍ストア:
Reader Store
Kindle
ブックパス
eBookJapan
BOOK☆WALKER
BookLive!
Fujisan.co.jp


■著者プロフィール
林 拓也(はやし たくや)
テクニカルライター/トレーニングインストラクター/オーサリングエンジニア
Twitter:@HapHands
Facebook:https://www.facebook.com/takuya.hayashi


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook



個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十九回

■はじめに
先日(2014年7月2日(水)~4日(金))東京ビックサイトで国際電子出版EXPOが開催されました。

あまり時間が取れなかったのですが、少しだけ回ることができたので電子出版EXPO関連の話題を少しだけご紹介します。

前回楽天Koboの制作ガイドラインについて扱った関係から1つは楽天Kobo関係の話題を、また個人的に興味のある電子教材関連でたまたま興味深い話が聞けたのでもう1つはその話題を扱います。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十八回

■はじめに
先日、楽天Kobo向けEPUB電子書籍に関する制作ガイドライン的なもの「Kobo ePub Specifications」が公開されました。

Koboは元々カナダの会社で、それを楽天が買収、子会社化したという経緯があります。

また、Koboには「Kobo Writing Life」という個人出版ソリューションもありますが、現在のところ日本では正式にサービスがリリースされているわけではないようです。

実は正直なところKobo関連はあまり詳しくないのですが、楽天Koboが日本でオープンした当初は日本でもKobo Writing Lifeが利用でき、それで出版された個人の電子書籍もありました。

その後、いつからかKobo Writing Lifeのトップページにアクセスすると、楽天Koboのトップページにリダイレクトされるようになりました。

楽天KoboのサイトにもKobo Writing Lifeに関する記述は見当たらないことから、少なくとも現在のところ日本では正式には利用できない状況と考えています。

ただ、以前取得したKobo Writing Lifeのアカウントは一応生きているし、ログインして管理ページに入ることもできなくはありません。

そんなことで、少々よく分からない状況ですが、今回取り上げるKobo向けのガイドラインは海外向けのKobo Writing Life利用者および、KoboにEPUB書籍を収める出版社・制作会社向けのものと考えています。

前置きが長くなりましたが、このガイドラインが英語なので今回は主だったところをまとめてみようと思います。遠からず正式に日本でもリリースされることを期待しつつ。

なお、ミスなど発見された方はお知らせいただけると幸いです。

■Kobo EPUB(KEPUB)の仕様
・閲覧環境
まず、Koboの閲覧環境として大まかに以下のものが挙げられています。
1.E-インクデバイス
2.デスクトップ(Windows(Windows 8を除く)/Mac)
3.Android
4.iOS
5.Windows 8(タブレット、スマートフォン、デスクトップ)


多様な環境があるので、ある仕様や機能は一部の環境でしかサポートされないものもあることを理解しておくことが重要です。

・EPUBのバージョン
KoboがサポートしているEPUBのバージョンはEPUB 2.0.1とEPUB 3.0(のサブセット)です。欧米では縦書き、ルビ、右開きなどは不要なので、大概の書籍はEPUB 2.0.1でカバーできてしまいます。どちらかというと、EPUB 2.0.1はEPUB 3の制作に慣れていない欧米向けという位置づけのような気がします。

日本語の書籍を制作する場合にあえてEPUB 2.0.1を利用する理由はありません。

・拡張子
個人的にKoboで特徴的だと感じる点は、拡張子によって利用されるレンダリングエンジンが変わる、という点です。

基本の「.epub」ではAdobeのエンジン、「.kepub.epub」にするとWebKitベースのエンジンが使われます。

日本語EPUBの場合には「.kepub.epub」にしておくのが良いようです。また、固定レイアウトの場合には拡張子を「.fxl.kepub.epub」とします。固定レイアウトで拡張子が「.kepub.epub」だと、表示領域一杯に表示されず変な余白ができます。

・画像
サポートされている形式はJPEG、PNG、GIFで、SVGはサポートされない環境があるとのこと。カラーモードはRGBが必須で、CMYKは使えません。

縦横サイズの制限は明記されていないようですが、容量の制限は3MBとされています。

また、CSSで画像サイズを指定する場合は単位に「px」(ピクセル)は使わず、「%」(元画像に対する割合)を使うよう記載されています。これは多様な閲覧環境の表示領域サイズに対応するためのもので、一般的なEPUBでも同様ですね。

・目次
EPUB 3の場合、目次用の「nav.html」を使用し、それが無い場合にはEPUB 2.0.1用の目次ファイル「toc.ncx」を使用するとのことです。

この記述が、単にEPUB 3用の目次ファイルを優先して使用し、次にEPUB 2.0.1用のNCXファイルを使う、ということなのか、ファイル名まで固定なのかが不明瞭です。

実際に試せばよいのでしょうが、今回はそこまでやっていません。

・閲覧環境ごとの使用可能なフォント
以下元記事からのコピペですが、環境ごとの使用可能フォントです。

・Android:Droid Sans Serif, Droid Serif
・デスクトップ:A-OTF Gothic MB101 Pr6N R, A-OTF Ryumin PR6N R-KL, Arial, Ariel Narrow, Arial Unicode MS, Calibri, Calibri Light, Cambria, Cambria Math, Constantia, DFKai-SB, Georgia, KaiTi, Lucida Sans, Palatino Linotype, Meiryo, Meiryo UI, MS Gothic, MS Mincho, MS PGothic, MS PMincho, SimHei, Times New Roman, Tahoma, Trebuchet MS
・E-インクデバイス:Amasis, Avenir Next, Caecilia, Georgia, Gill Sans, Kobo Nickel, Malabar, Gothic, Ryumin, Dyslexie, OpenDyslexic
・iOS:Avenir, Baskerville, Cochin, Georgia, Helvetica, Optima, Palatino, Trebuchet, Verdana
・Windows 8:Cambria, Calibri, Georgia, SegoeUI, Times New Roman, Trebuchet MS, Verdana


・埋め込みフォント
埋め込みフォントもサポートされていますが、サポートされているフォントはTTFとOTFのようです。

リフローの場合、読者が閲覧環境のフォントオプションを利用して埋め込みフォントを表示できます。例えば、iOSアプリではフォントオプションで[オリジナル]を選択します。

特に、固定レイアウトでは埋め込みフォントを利用しない場合、閲覧環境によってフォントが変わってしまい、制作者の意図した通りの表示結果にならない場合があるので、埋め込みフォントの利用を検討するようアドバイスしています。

・脚注・後注
「epub:type」属性を利用して脚注・後注のEPUBセマンティクスを適用した場合、E-インクデバイスとiOSアプリではリンク先の注の内容をポップアップテキストで表示します。他の環境では通常のリンクと同様の動作をします。

・ビデオ・音声・Media Overlays
ビデオと音声は現在のところ、iOSとAndroidのアプリでサポートされています。

Media Overlaysについても両者でサポートされていますが、Androidでは固定レイアウト書籍のみで利用でき、読み上げ箇所の文字の強調はサポートされていないようです。

iOSでは文字の強調のために「kobo-smil-highlight」というクラスを使用できます。

・JavaScript
JavaScriptもiOSとAndroidのアプリでサポートされています。

ただし、Androidアプリでは固定レイアウト書籍のみでサポートされます。iOSアプリではリフロー書籍、固定レイアウト書籍の両方でサポートされます。

ただし、基本的にJavaScriptが動作しないとコンテンツが成立しないような形は避けることをオススメします。

・データ容量の制限
実際には「制限」というほど厳しくはなく「推奨」のようですが、画像ファイルは既に紹介した通り3MB、EPUBファイルは1GBとなっています。

■最後に
1か月ほど前に、知り合いからKobo向けの電子書籍の制作に関するご質問をいただいたことがあります。それは、固定レイアウトの書籍が画面一杯に広がらない、というものだったのですが、当時解決することはできませんでした。

それからほどなくこのガイドラインが発表になり、目を通してみたところ固定レイアウト用の拡張子に関する記述を見つけました。

結果的にそれがビンゴだったのですが、このような独自の仕様に関する問題は「知らなければ解決できない」ものです。

そんな、個人的経験もあり今回はKoboの制作ガイドラインを紹介してみました。

■著者プロフィール
林 拓也(はやし たくや)
テクニカルライター/トレーニングインストラクター/オーサリングエンジニア
Twitter:@HapHands
Facebook:https://www.facebook.com/takuya.hayashi


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十七回

■はじめに
前回休載させていただいたので、約1か月ぶりの記事になります。この間に、ちょっとしたニュースがありました。

このブログでも何度か触れたことのあるAppleの無料電子書籍制作アプリiBooks Authorに関するものです。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十六回

■はじめに
前回、前々回とパッケージドキュメントについて、大まかな仕様と構成を見てきました。今回も少し関連したお話しをしておきたいと思います。今回はEPUB3の「コアメディアタイプ」について紹介します。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十五回



■はじめに
前回は「EPUB3の中身を見てみよう」ということで、でんでんコンバーターで作成したEPUBファイルの拡張子を.zipに変更して解凍しました。

解凍したデータの内部構成を軽く確認し、その中の拡張子「.opf」がついたファイル、パッケージドキュメントに注目してみました。

パッケージドキュメントはEPUBの書籍としての情報を定義するためのファイルで、このファイルがなければ、EPUBファイルはHTMLファイルの寄せ集めという印象が強くなってしまいます。

さて、今回はこのパッケージドキュメントの中を少し見てみようと思います。


続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十四回



■はじめに
今回からEPUB3の内部構成について見てみようと思います。EPUB3のファイルは、電子書籍を構成する様々なファイルを内部に含んだアーカイブで、zip形式でパッケージ化されています。

ということで、EPUB3ファイルの拡張子は「.epub」ですが、「.zip」に変更することで一般的なzipツールで解凍できます。

ただし、解凍したデータを再度EPUB化する場合、一般的なzipツールでzip化した後に拡張子を「.epub」に変更しても適正なEPUBファイルにはなりません。これはEPUB3のzip圧縮が、少しローカルルールを含んだものであるためです。

今回は解凍して中身を確認できればよいので、再EPUB化の処理については割愛します。


続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十三回



■はじめに
前回まで数回使って「でんでんエディター」&「でんでんコンバーター」といったEPUB作成Webサービスの使い方をご紹介してきました。

今回は直接的な制作技術ではなく、「情報の更新」ということをテーマに少しお話をしようと思います。


続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十二回



■はじめに
前回、前々回とお届けしている「でんでんエディター」の紹介記事の3回目となります。
1回目はでんでんエディターの紹介と基本的なマークの追加を、2回目はルビ、画像のマークと追加のCSSを記述しました。

今回はさらにマークとCSSを追加し、その後でんでんコンバーターでEPUB化を行います。前回の続きの素材データは以下からダウンロードしてください。


続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十一回



■はじめに
前回は「でんでんエディター」の紹介記事の前編をお届けしました。今回は後編…の予定だったのですが、中編とさせていただきます。つまり、本紹介記事は全3回となります。

前編ではでんでんエディターの概要と、エディター部分の基本的な使い方(見出しとページ分割の設定)を紹介しました。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第二十回



■はじめに
前回の最後に「今年は改めてEPUB書籍の制作手順も解説していこうと思っています。」と書きました。これは、EPUBの仕様に関する部分にも触れる、少し難しめの話に取り組むつもりで書いた言葉です。

それと同時に、Mac、Windowsどちらでも使える、便利なEPUB制作ツールがあれば、その紹介もしていきたいと思っています。

今回は「少し難しめの話」を扱おうと思っていたのですが、予定を変更して「便利なEPUB制作ツール」の紹介をしたいと思います。


続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十九回



■はじめに
2014年2月5日(水)~7日(金)の日程で、出版・印刷関連のイベント「page2014」が池袋サンシャインシティで開催されています。なお、本記事はpage2014初日の2月5日に執筆しているので「開催されています」と進行形で記載しています。

page2014では関連機器、ソフト、サービス等の展示の他、有料・無料のセミナーなどが開催されています。


続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十八回



■はじめに
1回お休みをいただいたので、本年最初の記事となります。今年は個人的に電子書籍の教育分野での利用、個人出版のすそ野の広がり、表現力の向上などについて興味を持って見ていきたいと思っています。

教育向けの電子書籍については、昨年「EDUPUB」(エデュパブ)という電子教科書の国際標準化の活動が始まりました。個人的にも昨年は、実験的なプロジェクトも含めてEPUB、HTML、e-ラーニング等の教育コンテンツを制作する機会をいただきました。

そんなこともあり、今回は広い意味での電子教材について少し考えてみようと思います。
なお、間違い・勘違いなどございましたらご指摘いただければ幸いです。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十七回



■はじめに
今回は今年最後の記事になります。

他力本願になりますが、去る12月20日に開催されたJEPA(一般社団法人日本電子出版協会)の会合を参考にさせていただきます。この日のセミナーはJEPA電子出版アワードの授賞式と「今年の電子出版トレンド」というテーマで有識者のパネルディスカッションが行われました。

JEPA電子出版アワードについては本ブログの第15回記事で少しご紹介しましたが、その結果が出たことになります。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十六回



■はじめに
前回はEPUB 3.0.1のドラフト(草案)に関する内容を扱いました。電子出版に関する環境もかなり整備されてきたと言えます。これを機に、一度情報を整理する意味も含めて電子書籍周りの事項についてのQ & Aを用意しました。

Q & Aは電子書籍を利用するユーザーとしてのQ & Aである「利用編」と電子書籍による個人出版を考えている人向けの「制作編」に分けてあります。十分なものではありませんが、ご参考にしていただけると幸いです。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十五回



■はじめに
今月の11日((2013年11月11日))にEPUB 3.0.1仕様のドラフト(草案)が、IDPF(International Digital Publishing Forum)で公開されました。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十四回



■はじめに
前回は新MacOSに同梱されたMac版iBooksを紹介しました。今回も引き続きMac版iBooksをチェックしていきます。

今回は、iBookstore向けにEPUB電子書籍を出版する制作者視点で考えていきます。なお、Mac版iBooksの仕様について勘違いなどもあるかもしれません。そのあたりお気づきになられた方がいらっしゃいましたらご一報いただけると幸いです。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十三回



■はじめに
今回の記事も情報系の内容です。去る10月23日にMacの新OS、Maverics(MacOS 10.9)がリリースされました。多くの機能強化があったようですが、電子書籍的にはMac版のiBooksが同梱されたのが大きなニュースです。

続きを読む

個人でも可能な電子出版 誰でもできる電子出版 第十二回



■はじめに
今回は、リーダーアプリについての情報です。以前、第7回の記事の中で読み上げEPUB(EPUB 3のMedia Overlays仕様)について触れました。読み上げEPUBでは、テキストの音声読み上げと該当するテキストの箇所の明示(読み上げ箇所の色を変えるなど)が可能です。

テキストの読み上げには2通りあり、朗読を録音した音声データをEPUB内に含め、それを再生する方式と、アプリやOSに用意された合成音声エンジンを利用して読み上げる方式です。朗読音声データ方式は、EPUBファイルのデータサイズが大きくなりますが、自然で読み間違いの無い再生が可能です。

合成音声方式はEPUBファイルのデータサイズは小さく抑えられますが、読み間違いがあったりイントネーションが不自然になったりしやすいという点があります。また、声の種類を変更できるというのも特徴です。

今回の記事では、最近朗読音声データ方式の読み上げEPUBに対応したAndroid用アプリHimawari Readerについて紹介します。

続きを読む

ネット接続料金無料の旧Kindle paperwhite 3G版がいまなら3000円引き【デジ通】



先日、AmazonがKindle paperwhiteの2013年モデルを発表したことはお伝えした通りだ。そこで2012年モデルと比較し、書き換え速度が速くなるなど、基本性能が向上したが、価格が値上がりしたため、性能と価格のバランスの関係で旧モデルを選びたかった人も多かったのでは? ということを解説した。

しかし、旧モデルは新モデル発表直後に販売が終了してしまったため購入することはできない。ただ、Amazonが通信料を負担し、いつでもどこでも電子書籍を購入できる旧モデルの3G版なら購入できたのだが、通信機能が付いているため12,980円と価格が高かった。ところが、この旧3G版が10月20日までの限定で3,000円引きで販売されることになった。今すぐにKindle paperwhiteを購入したい方にとって、この割引販売はかなりお得だ。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ