ITライフハック

電池

電池を使用して静電気を発生!なめらかに操作できる極細タッチペン

sub1

サンワサプライ株式会社は、先端の感度変更が可能な電池式の静電タイプ極細タッチペン「PDA-PEN41BK2」を発売した。

■電池式の極細タッチペン
「PDA-PEN41BK2」は、電池式の極細タッチペン。
main

単四乾電池1本を使用し静電気を発生させることにより、先端が細くできるのでペン先が見えやすくなり、細かい部分を狙ってタッチしやすくなる。前後左右60度(計120度)まで傾けても使用できる。
01

ペン先を伸縮させることで感度を下げたり上げたりすることができるので、保護フィルムなどにより感度を調節したい場合に便利だ。
02

ペン先は操作性に加えて耐久性にも優れたPOM(ポリアセタール)樹脂素材を採用している。
03

また、電源スイッチ付きで、電池の容量が少なくなると赤色に点灯するため、事前に電池残量を把握することができる。胸ポケットなどに差せるクリップ付き。

静電タイプ極細タッチペン「PDA-PEN41BK2」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
TVアニメ『鬼滅の刃』!ファブリックウォールクロックの受注を開始
首に掛けるだけのウェアラブル型空気清浄機!首に掛ける空気清浄機「ネックエアクリーン」
いざという時すぐに使える! クレードル式LEDライト
憧れのニキシー管のような置き時計!ニキシー管風置時計「サイバーアラーム Ver.1.956」
クランプでがっちり固定できる! 木目調の電源タップ






原発に代わる代替エネルギーに向け盛り上がりを見せる太陽光発電の技術【デジ通】



先日も紹介したが「スマートエネルギーWeek 2014」は、2次電池、燃料電池、太陽電池(太陽光発電)、風力発電といった電力関係、そしてスマートグリッドをテーマにした専門の展示会だ。東京ビッグサイトの東西展示棟を利用し、かなりの盛り上がりを見せていた。特に今回は、太陽電池(太陽光発電)関連の展示規模が大きく、原発に代わる再生可能エネルギーとしての注目度がかなり高まっているようだ。


続きを読む

バッテリー駆動時間の問題を解決! Nectarの燃料電池は手軽で安全【デジ通】

CES 2013で公開されたNectarの燃料電池


ノートPC、フィーチャーフォン、スマホやタブレットといったモバイル機器でバッテリー駆動時間は、いつの時代でもクリアしなければならないテーマである。端末が高性能化した割にバッテリー駆動時間が、それほど伸びていないという事実がある。パフォーマンスは数倍になって来ているにも関わらず、10時間のバッテリー駆動時間が二倍の20時間になったり、三倍の30時間になったりといった性能向上はしていないのだ。

そうは言ってもバッテリーの性能は、実際は高性能になってきているのも事実だ。ただ、端末の省電力化が進んできているのと同時に高性能化も進むため、フルパワーで駆動したときのバッテリーの消費量が増加し、伸びたバッテリー時間と相殺されてしまった結果、駆動時間時間がほとんど延びていないのだ。

バッテリー関連の技術で筆者が以前から注目しているのが燃料電池である。蓄電池の技術に対して燃料電池関連の技術は、非常に高速に進化してきている。CES 2013でも新しい燃料電池がお披露目された。この燃料電池を見る限り、モバイル端末向けの燃料電池が本格的に普及しそうになってきたと言える。


続きを読む

競争激しいiPhoneケース 付加価値をつけた製品が多数登場【デジ通】

myCharge


iPhoneなどスマートフォンのケースはあれば個性を出せるし、落とした場合を考えると安心感がある。しかし、無くても使えないことはないし、実際に使用していない人もちらほら見かけるし、必須な物ではない。

日本など一般の販売店で目立つのは、中身を傷から守る単純に保護するカバーだが、CESには数え切れないほどの会社が、単純なカバーでは無く、付加価値をつけたカバーや周辺機器を多数出展していた。

無くても問題は無いスマートフォンのケースだが、今後どのような製品が市場に出てくるのか、CESで見つけた特徴的な製品をいくつか紹介しよう。

続きを読む

電池が異状に消耗!iPhone 4Sの基本ソフトに不具合



アップルが先月に発売したスマートフォン「iPhone 4S」の基本ソフトに不具合があることが明らかとなった。すでに多くのメディアが報じている。

続きを読む

東芝、新型二次電池「SCiB」量産工場の建設を開始

東芝は2010年03月19日、新潟県柏崎市の柏崎フロンティアパークで、新型二次電池「SCiB」量産工場の起工式を実施し、建設を開始したと発表した。工場建設と製造設備にかかわる投資額は約250億円で、今年10月に竣工し、2011年春から量産を開始する計画となっている。

新工場では、電動車両用途などに向けたSCiBセル・モジュールの生産を計画している。生産開始当初の能力は月産50万セルで、車載用途向けの市場が本格化する2011年度中に、生産能力を順次拡大していく。

新工場は、設備の自由な配置を可能とする「ボールルーム方式」を採用し、将来の需要や品種の変化にフレキシブルに対応できる構造とする計画で、市場動向にタイムリーに対応できる生産体制を構築していくとしている。

同社は、SCiB事業を成長性の高い新規事業と位置づけている。新工場の建設により、電動車両用途向け、さらに将来的にはスマートグリッドなどで利用される電力貯蔵向けなど新たな市場における需要急増にタイムリーに対応できる体制を整えることで、2015年度に売上高2000億円を目指す。

経済産業省が推進する「EV・pHVタウン」に選定され、低炭素社会実現・関連産業の創出を目指す柏崎市とも協調しながら、地域社会・経済へも貢献していくとしている。

新型二次電池「SCiB」量産工場の建設開始について
東芝

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■ビジネス関連の記事をもっとよくみる
名誉毀損訴訟に終止符!楽天、新潮社と和解
ビックカメラとソフマップがポイント交換サービス開始
国内でも本格展開へ!マイクロソフト、クラウドサービス「Azure」
日本と海外の技術の架け橋に!Time, Incを辞めて日本にくるエンジニアは愛妻家

電池切れにさよなら!充電しないで使える「燃料電池」【最新ハイテク講座】

- 新しいスタイルの「持ち運べる電源」-

現在、携帯電話を中心とするモバイル機器は、ワンセグ、ゲーム、WEBコンテンツの充実などにより、高機能・多機能化が進んでいる。

一方で、こうしたモバイル機器の機能の進化により、電池切れは大きな悩みの種となっている。外出時にモバイル機器の電池切れで困った経験は、誰しもあるだろう。

電池切れ問題を解決する策のひとつが、充電しないで使える燃料電池だ。残念ながら、燃料電池を内蔵したモバイル機器はまだ試作の段階だが、モバイル機器を充電可能なモバイル燃料電池「Dynario(ディナリオ)」が東芝より製品化され、一般の人でも直販際とから購入できるようになった。

そこで今回は、モバイル燃料電池「Dynario」にフォーカスして、理科系でない人にもわかりやすくまとめてみた。

■「Dynario」ってなに?
燃料電池は、化学反応によって電力を取り出す電池のことだ。モバイル燃料電池「Dynario」は、携帯電話などのモバイル機器向けの燃料電池であり、ダイレクトメタノール方式を採用した。

ダイレクトメタノール方式は、メタノールを燃料として発電する燃料電池の方式のひとつ。「Dynario」はリチウムイオン電池とのハイブリッド構造を採用し、専用燃料カートリッジから燃料を注入することにより発電を開始し、モバイル機器へ電気を供給することができる。

■どれくらい使えるの?安全性は?
「Dynario」では、専用燃料カートリッジからの燃料注入時間が約20秒で、1回燃料を注入すると携帯電話を約2回ぶん充電することができる。

東芝の技術資料によると、燃料に高濃度メタノールを使用する技術を開発したことで、燃料電池と燃料カートリッジの小型・軽量化を実現したそうだ。実際、大きさは約62(幅)×122(高さ)×29.1(奥行)mm、重さは約92gなので、持ち運びにも苦にならないだろう。

また安全性については、メタノールを少ない液量で発電できる独自のセル技術とともに、燃料をより均一に、かつ安定して発電部へ供給する機構の採用および独自開発の内蔵マイコンによるきめ細かな制御を行い、出力の安定化、信頼性の向上を図っている。

■今あるパソコンやケータイに使える?
「Dynario」の出力は、DC 5V 400mAなので、残念ながら一般のパソコンに使うことはできない。携帯電話については、東芝によって動作確認した機種一覧があるので、それが参考になるだろう。
機種一覧にない機種でも、DC 5VでUSB端子から充電できる携帯電話であれば、「Dynario」を使える可能性は残されているが、同社の保証外だ。

モバイル燃料電池「Dynario」は電池切れの問題解決に向けた新世代のモバイル電源だ。今後、燃料電池を本体に内蔵した携帯電話やパソコンが登場すれば、燃料を注入することで電気を作り出し、充電時間ゼロという夢のモバイル環境が実現する。すでに試作品があることからも、燃料電池のモバイル機器の登場は、そう遠い話ではなさそうだ。

「Dynario」製品情報
東芝

■関連記事
ノートPCの駆動時間がのびる!パナ、新電池を開発
さらば電池切れ!KDDI、燃料電池内蔵ケータイ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

最新ハイテク講座をもっとみる
速いだけじゃない!高い互換性を持った「USB3.0」の秘密
マイクロソフトが本気になった! コンテンツ強化されたWindows phoneの凄さ
どれを購入すればいい?マイクロソフトの次世代OS「Windows 7」
どこがスゴイ?ソニー、新型ウォークマンの魅力をさぐる

ノートPCの駆動時間がのびる!パナ、新電池を開発

パナソニック株式会社は2009年12月25日、 ノートパソコン等で使用されている18650サイズ(直径18mm 高さ65mm)のリチウムイオン電池で、ニッケル系正極を進化させた3.4Ah電池と、ニッケル系正極を用い、さらにシリコン系合金負極を採用した4.0Ah電池の2つの高容量電池を開発したと発表した。

この電池の採用によりノートパソコンの長時間駆動が可能となるとともに、実用化検討中の電池モジュール[4]に適用することにより、家庭用太陽光発電(PV)や燃料電池との蓄電システム、電気自動車(EV)用電源など環境エネルギー分野向けの各種電源の高エネルギー化が可能になる。

リチウムイオン電池は、ノートパソコンなどユビキタス社会を支えるモバイル機器の電源として不可欠なものとなっている。また、現在、CO2削減などの環境問題を背景に、PVなどの再生可能エネルギーの普及やEVの実用化が期待されており、これらには高容量の蓄電システムが不可欠だ。

リチウムイオン電池を用いた蓄電システムは、他の二次電池を利用したものに比べ小型・軽量でありながら高容量であるため、その実用化が期待されている。

高容量リチウムイオン電池を開発
パナソニック株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■ビジネス関連の記事をもっとみる
NTT東日本が痛恨のミス!ユーザの一部に過大請求
USEN、ISP事業をSo-netに譲渡
ノートPCに朗報!パナ、業界最高容量の電池を量産へ
NECエレとルネサスが合併!新会社を設立へ
NTTが痛恨のミス!なんと、2億3000万円の過大請求

Panasonic EVOLTA 充電式エボルタ ニッケル水素電池 単3 ( 4本入) ブリスター HHR-3MRS/4B
パナソニック (2008-10-01)
売り上げランキング: 422
おすすめ度の平均: 4.5
5 勇気を出して。
4 エネループの対抗馬の真打ち
5 今までとは 大違い。
5 長持ち
4 持続力に満足です。

ノートPCに朗報!パナ、業界最高容量の電池を量産へ

パナソニック株式会社は2009年12月18日、ノートパソコン等で使用されている18650サイズ(直径18mm 高さ65mm)のニッケル系正極を採用した3.1Ah高容量リチウムイオン電池(エネルギー密度675Wh/L)を開発し、本年12月より量産を開始すると発表した。

リチウムイオン電池は、軽量でエネルギー密度が高いという特長があり、ノートパソコンや携帯電話などのモバイル機器の電源として需要が拡大しています。機器の高性能化や高機能化によりさらなる高容量が求められている一方で、異常発熱などを生じさせない高い安全性が必要となる。

同社は、正極と負極の間に絶縁性の金属酸化物からなる耐熱層(HRL:Heat Resistance Layer)という独自の安全技術を開発し、万が一、電池の内部で短絡が発生しても異常に発熱することを抑え、高容量と安全性の両立を実現した。

同社は、2006年度にニッケル系正極を採用した2.9Ah(エネルギー密度620Wh/L)の高容量リチウムイオン電池を商品化した。量産を開始した3.1Ah高容量リチウムイオン電池は、ニッケル系正極とHRLの採用をベースに改良を加えることにより、18650サイズで業界最高の高容量※を実現した。
※2009年12月18日現在

この電池の採用により、ノートパソコンの長時間の駆動が可能になる。また、エネルギー密度が高いことから、使用機器の小型化、軽量化に寄与します。さらに、ニッケル系正極の採用により、実使用での耐久性と充電放置後の容量劣化が小さく保存性に優れている。

パナソニックは、安全性と高容量の両立を追求した高容量リチウムイオン電池の開発を行うとともに、この技術を用いて環境エネルギー用蓄電システムの実用化を進めていくとしている。

3.1Ah高容量リチウムイオン電池を量産
パナソニック株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
できるビジネスマンのためのメール活用術
これは便利!今のPC環境を新PCへ引っ越せるソフト
地上デジタル放送もOK!マウス、AVパソコンを発表
本日発売!パソコンいらずの「Skypeテレビ電話」
それってスゴくない?VHSビデオをDVDに変換する製品

パナソニック PLCアダプター スタートパック 据置型 BL-PA510KT
パナソニック (2008-10-25)
売り上げランキング: 1113
おすすめ度の平均: 5.0
5 買ってよかった
5 超快適!
5 良かったです
5 これはいいものです!!
5 こりゃ便利

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) エスプリブラック DMC-GF1C-K
パナソニック (2009-09-18)
売り上げランキング: 4617
おすすめ度の平均: 5.0
5 GF1C 購入レビュー

Panasonic EVOLTA 急速充電器セット ニッケル水素電池 単3 (4本入) ブリスター K-KJQ91M34R
パナソニック (2008-10-01)
売り上げランキング: 681
おすすめ度の平均: 4.5
5 このスターター・セットで始めましょう!
4 充電池も良くなったもんだ
4 充電器の真打か?

モバイル機器を手軽に充電!スリム&軽量なハンディ電源「eneloop stick booster」

「eneloop stick booster」を手に持ったところ


三洋電機株式会社は2009年11月11日、「eneloop universe products」新商品として、いろいろな場所に自由に持ち運んでモバイル機器を手軽に充電できる、スティックタイプのハンディ電源「eneloop stick booster(エネループ スティックブースター)」を12月1日より発売すると発表した。
スリム&軽量なハンディ電源「eneloop stick booster」

同社は“くり返し使うライフスタイル”を提案する充電池「eneloop(エネループ)」のコンセプトが広がる商品群「eneloop universe products(エネループ ユニバースプロダクツ)」の展開を2006年11月からスタートしている。

「eneloop stick booster」は本体に内蔵したUSB端子により、携帯電話をはじめ、携帯オーディオ、携帯ゲーム機など、モバイル機器を手軽に充電することができる。
携帯電話を充電しているイメージ

乾電池を用いた一般的な携帯電話用緊急充電器は、充電時に大電流を必要とする一部の携帯電話などでは、うまく充電できない場合があるが、出力制御技術で充電電流をコントロールすることにより、iPhoneをはじめとした大電流を必要とする機器へも安定した充電が可能となった。

「eneloop stick booster」本体には、スライド式のスイッチを内蔵し、自在に出力のオン・オフの切り替えができるようになっている。

「eneloop」公式サイト
三洋電機株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
写真で見る!リコー、ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」
ニコンダイレクト、Fマウント50周年記念キャンペーンを実施
新垣結衣さんと中高生が夢の競演!ウォークマン「歌え、10代。」プロジェクト
手軽に楽しめるデジタルガジェット「カラオケchumby」が登場

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ